SDHF Newsletter No.207J 中国が反論できない 真実の尖閣史 1

『中国が反論できない 真実の尖閣史』
石平著/いしゐのぞむ資料監修(扶桑社)
その1―まえがき・序章 

 中国から尖閣への軍事的脅威が高まりつつあります。政府は国防体制づくりを急がねばなりませんが、同時に尖閣の領有権に関する世論戦、情報戦を大々的に展開していく必要があります。
 近代国際法に基づけば、尖閣の日本の領有権は、明々白々です。なにしろ1970年以前には、中華民国・中華人民共和国とも、あるいは公文書において、あるいは国家承認のもとに作成された地図において、更には共産党機関紙「人民日報」において明確に日本領と認めていたのですから。
 中国は古い歴史文献を持ち出してきて、その領有権を主張しています。これに引っかかる人が世界には多いのですが、実は根拠薄弱、全く領有権の証明などにはなっていないのです。
 長崎純心大学准教授のいしゐのぞむ氏は、十数年来専門家としての知識と漢文の読解力を生かして、尖閣に関する膨大な漢文の資料を収集し整理してきました。石平氏がこれを活用してわかりやすく解説したものが本書です。この英訳をこれから9回にわたってご紹介していきます。
 世界に「これが真実の尖閣史」だとアピールしていきます。みなさんも是非これを拡散してください。

  日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/senkaku-1.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/The-Senkaku-Islands-1.pdf

海外には、下記の通り英文で発信しました。

平成30年5月11日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

The Truth About the Senkaku Islands: An Undeniable History
By Seki Hei
(with document collection and editing by Ishiwi Nozomu)
Series No.1: Preface & Introduction

From view point of modern international law, there can be no doubt that the Senkaku Islands belong to Japan.
Until 1970, both the Republic of China and People’s Republic of China had acknowledged that the islands were the territory of Japan, in writing, in official statements (e.g., a letter of appreciation for rescuing distressed fishermen), and in maps made with the approvable of the respective governments, as well as in the party newspaper, the People’s Daily (January 8, 1953).
Today, China asserts that the Senkaku Islands have been described in historical documents as Chinese territory for many centuries, but China only started making this claim in 1970. However, meticulous examination of historical records of old Chinese literature demonstrates beyond any shadow of a doubt the illegitimacy of China’s claim to the Senkakus. These facts will be presented, chapter by chapter, in this series.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1157/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/The-Senkaku-Islands-1.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

コメントは受け付けていません。