SDHF Newsletter No.332J 慰安婦はみな合意契約をしていた その3 第1章

「慰安婦」はみな合意契約をしていた』

—ハーバード大学教授ラムザイヤー論文の衝撃—
有馬哲夫著(ワック株式会社)

その3—第1章 「太平洋戦争における性契約」とはどんな論文か

ラムザイヤー論文の批判はほとんど論文の曲解や、論文とは関係ないことをさも論文が言っているかのような前提でなされているものが大部分です。
まず、「ラムザイヤーは慰安婦制度への日本政府と日本軍の関与を否定している」という批判があります。
全くの虚論です。「政府は第一義的にはこの施設を性病と戦うために設置したこと、日本軍の厳格な衛生管理と否認処置を順守することに同意した売春所であること」を明確に述べています。さらに、レイプも減らしかったことものべています。

そもそも古今東西を問わず、あらゆる軍隊は、兵士の戦場の性に関して3つの選択肢しか持っていません。強姦を放置する、売春を放置する、軍事売春所を作って兵士の性を管理する、の3つです。ソ連は、一つ目の方法を選択した結果、占領地で女性に暴行の限りを尽くしました。アメリカは2番目の方法でしたが、性病を広め、風紀を著しく乱したことがわかっています。さらに実際には、イタリア、モロッコ、アルジェリアでは軍事売春施設を設置していたこともわかってきました。つまり、日本軍と同じく3番目の方法を実際には取っていたのでした。そのアメリカが日本の慰安婦制度を口を極めて非難し、下院で非難決議迄したのですから、あきれたものです。
また、「論文は慰安婦制度と公娼・私娼制度を混同している」と批判する人がいます。
とんでもない話で、論文では「慰安所は日本の公娼の契約といくつかの面で似た契約で娼婦を雇用したが、相違点が重要である。」として2つのポイントを挙げています。前線に行くリスクのために、一つは年季が通常の6年(日本)、3年(朝鮮)であったのに対して、2年(あるいはそれ以下)と短くなっていたことです。もう一つは、報酬です。
また、「論文は女性が騙された可能性を否定している、あるいはそのようなケースを無視している」という批判です。
悪徳業者の存在は触れられています。しかし、それは日本軍がダマしたわけではなく、業者がダマしたのであり、朝鮮総督府、警察はその取り締まりに尽力していました。また、業者がダマすといっても、女性の親権者に巨額の前渡し金を支払っていることを当人は知っていたのです。もし問題があるとすれば、親の方でしょう。
いずれにしても、ラムザイヤー論文批判は全く成り立っていません。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Agreement3.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/AgreementE3.pdf

令和3年11月1日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

“Comfort Women” All Signed a Contract of Agreement
—Impact of the Ramseyer Article
Arima Tetsuo, Professor, Waseda University

(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)
Series No. 3: Prologue: Part I Chapter 1: Nature of the Article
“Contracting for Sex in the Pacific War”

Criticisms of Ramseyer’s paper are either distorted interpretations or blatant falsification of the paper based on sheer ignorance.
Firstly, is the claim that “Ramseyer denies the involvement of the Japanese government and the Japanese Army in the comfort women system” reasonable?
This is demonstrably false. Ramseyer’s paper outlines the Japanese government’s involvement with the comfort station system. “…the government established the institution to fight venereal disease. To be sure, it had other reasons too. It wanted to reduce rapes.”
All armies, in all ages and places, have only three options concerning their soldiers’ sexual activity in warzones: turn a blind eye to inevitable rape, turn a blind eye to prostitution, or establish military brothels to control their soldiers’ sexual activity. Soviet Russia adopted the first, resulting in wide-scale rape by Soviet soldiers in occupied areas. The U.S. Army ignored their soldiers’ use of paid sexual services, which caused a spread of venereal diseases, general corruption of public morals and social unrest. Moreover, it is now known that the U. S. established military brothels in Italy, Morocco, Algeria and Liberia. Thus, it is preposterous that the U. S. denounced the Japanese army comfort women system and went as far to adopt a House resolution condemning Japan.
Secondly, some claim that “the article confuses the comfort women system with licensed/unlicensed prostitution”. Ramseyer, in fact, wrote: “Although the comfort stations hired their prostitutes on contracts that resembled those used by the Japanese licensed brothels on some dimensions, the differences were important.” The most important difference was the duration of the contractual term because of the risk of being in a warzone—only two years compared to six years in Japan and three years in Korea.
Thirdly, the claim that “the article denies the possibility of women being deceived or ignores cases of deception” is wrong. Ramseyer clearly states that “It was not that the government – either the Korean or the Japanese government– forced women into prostitution. It was not that the Japanese army worked with fraudulent recruiters.” A considerable amount of up-front money was presented and, if the woman saw this, it would be difficult to say that the woman had absolutely no knowledge about what was involved.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1807/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/AgreementE3.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

コメントは受け付けていません。