SDHF Newsletter No.337J 慰安婦はみな合意契約をしていた その6 第4章

『「慰安婦」はみな合意契約をしていた』

—ハーバード大学教授ラムザイヤー論文の衝撃—
有馬哲夫著(ワック株式会社)
その6 第4章 慰安所は違法でも悪でもなく戦場では必要なものだった

ラムザイヤーを批判する学者たちは、そもそも慰安婦制度を悪とみなしています。

すでに第1章に述べられていますが、あらゆる軍隊は兵士の戦場の性に関して、現在でも次の3つの選択肢しか持っていないと筆者は言います。

1)強姦を放置する、2)売春を放置する、3)軍事売春所を作って兵士の性を管理するの3つです。

日本軍の慰安所は性病と兵士のレイプを防ぐためにつくられました。慰安所は日本軍の厳格な衛生管理と避妊処置を順守することに同意した業者によって運営されました。

吉見義明は、レイプを防ぎたかったらそれを厳罰にすればよいといいますが、実際にはそうはいかないために各国の軍は苦労しているのです。ソ連軍は結局1)を選んだため、強姦が多発して悲惨な結果をもたらしたことは、日本人なら満州で体験しています。またベルリンでの強姦のすさまじさについては、それを記録している本がいくつもあります。

アメリカ軍は、表向きは3)を選びませんでしたが、後に明らかになったところでは、イタリア、モロッコ、アルジェリアで軍事売春所を作っていたことが明らかになっています。ヨーロッパ戦線で、アメリカ軍の強姦が多発したことについては、アメリカの女性作家が詳しく述べています。

慰安婦制度は日本の公娼制度の延長上にあるものです。前渡金や年期や女性と経営者との関係もほぼ同じですので、公娼制度と同じように合法です。軍が関わったといっても、強制動員などは全く行っていなかったので、合法であることは間違いありません。

合法でもモラルの問題があるという人がいますが、これはそれこそ主観の問題であり、当事者の女性からしたら、「余計なことは言うな!」ということになるでしょう。

しかし、吉見教授に至っては、満州でソ連軍から開拓団に女性を出せと脅迫してきたのに対して、ソ連兵相手の慰安施設を作ったという対応を批判して、女性差別であると非難しているそうです。非難さるべきはソ連軍の方でしょう。それを、娼婦を差し出した開拓団の副団長を非難するというのですから、あきれてものが言えません。君が開拓団の副団長だったらどうするんだね?と聞いてみたいです。こういう偽善者が、慰安婦問題で世界的に「活躍」しているというのが実態です。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Agreement6.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/AgreementE6.pdf

令和3年12月9日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

“Comfort Women” All Signed a Contract of Agreement

—Impact of the Ramseyer Article
Arima Tetsuo, Professor, Waseda University
(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)

Series No. 6: Chapter 4: Comfort Stations were Neither Illegal Nor Evil but Necessary in Battlefield

Scholars who criticize Ramseyer regard the comfort women system as evil.

As mentioned in Chapter 1 of this book, all armies have only three options concerning their soldiers’ sexual activity in war zones, even today. 1) ignoring rapes, 2)ignoring the use of prostitutes or 3)establishing military brothels to control soldiers’ sexual behavior.

Japanese military comfort stations wee established for the prevention of venereal disease and rapes by soldiers. Comfort stations were establishments and station owners agreed to abide by the Japanese army’s strict hygienic measures and contraceptive management.

Prof. Yoshimi Yoshiaki says that in order to prevent rape, Japanese soldiers should have been severely punished. However, since it can be said and cannot be actually done military administrations in every country contended with this issue. The Soviet army chose 1) and its results are well known. Japanese residents in Manchuria experienced Soviet soldiers rampant rapes. In Berlin Soviet soldiers’ rapes were extraordinary leaving many unwanted babies. US army did not officially chose 3), but it is now recognized that US army established military brothels in Italy, Morocco and Algeria. In the European continent front heavy rapes were spread according to a book written by American scholar.

The comfort women system was an extension of Japan’s licensed prostitution system. The two systems were similar in terms of an up-front advance, term of service and the relationship between a woman and her manager. As far as licensed prostitution was legal, the comfort women system was also legal. While the latter had involvement of the Japanese army. But forced conscription did not took place, so it was legal.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1835/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/AgreementE6.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

コメントは受け付けていません。