SDHF Newsletter No.344J 慰安婦はみな合意契約をしていた その8 第6章

『「慰安婦」はみな合意契約をしていた』
—ハーバード大学教授ラムザイヤー論文の衝撃—

有馬哲夫著(ワック株式会社)

その8 第6章 慰安婦制度を人権の問題として糾弾するのは間違っている

慰安婦制度は、当時の国内法、国際法いずれから見ても合法でした。国際法として当時「婦人及び児童の売買禁止に関する条約」がありましたが、日本は第5条の娼婦の年齢制限21歳以上を保留したうえで、署名していました。台湾、朝鮮などで、16歳、17歳以上という法律があったからです。

したがって、国内法にも国際法にも違反していない慰安婦制度を人権侵害と非難するのは、全く間違っています。しかも、人権侵害を問題にするのなら、現在と将来の人権侵害が発生することを問題にすべきで、法に違反していない過去の慰安婦制度を、人権問題にするのは全く不当としか言いようがありません。

そもそもこんな不当な糾弾が発生したのは、吉田清治が書いた済州島における慰安婦狩り、という大ウソを朝日新聞が大々的に取り上げた結果、大ウソを世界中の人が信じてしまった結果なのです。

このウソにお墨付きを与えた国連のクマラスワミ報告書ですが、本来の委託事項を無視して過去のことを取り上げて日本だけを攻撃する「付属文書」としてなのです。しかも彼女の事実認定は、基本的に吉田清治が朝日新聞にした証言に基づいており、これに加えて、北朝鮮の元慰安婦と称する女性が慰安婦を殺しその肉を他の慰安婦に食べろと命じたなどの証言を真に受けたという信じられないものでした。事実チェックなどみじんも行われていないものでした。このウソに基づいて、慰安婦制度は1926年の奴隷条約に反すると結論づけたのです。

さらに国連人権委員会に出されたマクドゥーガル報告書ですが、これも事実認定はクマラスワミとほとんど同じで、全くの事実無根といえるものです。そして彼女の場合、兵士が慰安所を利用することをレイプと断定し、これはハーグ条約に反する戦争犯罪だというのです。そして、人道に反する戦争犯罪には時効がないという理屈で、日本非難を行うのです。ウソの上にとんでもない罪をでっちあげて日本非難を行うのが彼女の論なのです。

しかも彼女は彼女の論拠に河野談話やその後の日本の謝罪を取り上げ、日本は悪いことをしたと認めているではないか、と居丈高になるのです。

要するに、善人ぶって謝罪したことが、なんと時効のない戦争犯罪にまで持って行かれてしまったというわけです。真実については、1ミリも譲ってはいけないということを著者の有馬教授は強調しています。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Agreement8.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Agreement8E.pdf

令和4年2月8日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

https://hassin.org

“Comfort Women” All Signed a Contract of Agreement
—Impact of the Ramseyer Article
Arima Tetsuo, Professor, Waseda University

(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)

Series No. 8: Chapter 6: It is Wrong to Condemn the Comfort Women System as a Human Right Issue

The comfort women system was legal, both domestically and internationally, at that time. Therefore, it cannot be violation of human rights.

When we take up “women’s human rights,” we must be aware that it is wrong to discuss based on the application of the present standards to the past. Currently, prostitution is seen critically from the perspective of “women’s human rights” but it was not the case in the days when the comfort women system existed. Naturally, “women’s human rights” are important but they can only protect women of the present and in the future and not comfort women in the past.

The Coomaraswamy Report, which is well-known as a criticism of the comfort women system of Japan, was not in keeping with the gist of the UN’s initiatives for women’s human rights. It is an Addendum 1 because it is not the main content. The main Coomaraswamy Report certainly set “women’s human rights” as the agenda in a future-oriented manner.

In addition, her way of fact-finding could only be described as faulty. That is, it was based on Yoshida Seiji’s “testimony” given to the Asahi Shimbun, which had already been confirmed to be a fabrication at that time.

MacDougall Report, another report to UN, holds quite similar facts recognition as Coomaraswamy’s without any verifications. She calls comfort stations “rape centers” and regards soldiers’ use of comfort stations as “rape”. She asserted that statues of limitation do not apply crime against humanity.

Japanese government concession at an initial stage finally led to “war crime against humanity”. The author emphasizes that “Give him an inch and he’ll take an ell” in the international community, we have to keep fighting for correcting the unfair and wrong recognition with persistence and patience and without daunting or giving up.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1871/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Agreement8E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

コメントは受け付けていません。