SDHF Newsletter No.346J 慰安婦はみな合意契約をしていた その9,第7章

『「慰安婦」はみな合意契約をしていた』

—ハーバード大学教授ラムザイヤー論文の衝撃—
有馬哲夫著(ワック株式会社)

その9—第2部 無知で卑劣なラムザイヤー批判者たち

第7章 ソク・ジョンの悪質な誹謗中傷

ソク・ジョンはハーバード大学ロースクールの教授です。同じハーバード大学ということもあり、ラムザイヤー論文批判の中心的存在とみなされている人物です。しかし、彼女は、とても学者、研究者のいうこととは思えない、低レベルというより、ウソ、デッチアゲに満ちた論者なのです。

彼女は、韓国のメディアに次のように語っています。
「ラムザイヤー論文の脚注を調べた結果、戦時慰安所の韓国人女性に関する契約内容がなかったうえ、該当契約を記述した二次出所もなかった。」

実はこれは、とんでもない大ウソなのです。ラムザイヤー論文の脚注には、“U.S. Office of War Information Report No. 49, Oct. 1,”が載っています。これは、ビルマで米軍が韓国人慰安婦に尋問した記録です。ここには、「募集」という項目があり、そこに「自ら署名した契約により、前借の金の額に応じ半年から1年の仕事に従事させられた。」と契約について明確に書かれているのです。

この脚注は、米軍が直接慰安婦を尋問した記録であり、極めて信頼性が高く重要なものであって、ソク・ジョン教授がこれを見逃したとしたら、とんでもない大ミスであり、ラムザイヤー教授に平身低頭して謝罪すべきことです。しかし、こんな嘘を言ってる彼女は、批判もされず、ラムザイヤー批判のスターになっているのです。

そればかりではありません。この大ウソ論文を根拠にして、韓国の鄭栄愛韓国家族相は、ラムザイヤー論文を「研究者の基本がそろっていない内容」と決めつけているというんですから、ヒドイはなしです。

慰安婦問題は、学界ぐるみ、政府ぐるみ、マスコミぐるみで大ウソを世界規模で宣伝している、現代の国際犯罪となっているのです。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Agreement9.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/book-article/1883/

令和4年3月4日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

https://hassin.org

“Comfort Women” All Signed a Contract of Agreement
—Impact of the Ramseyer Article
Series No. 8: Part II: Ignorant and Nasty Critics against Ramseyer
Chapter 7: Jennie Suk Gersen’s malicious slander

Arima Tetsuo, Professor, Waseda University
(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)

Jennie Suk Gersen is a professor at Harvard Law School. She is regarded as one of Ramseyer’s most strident critics. Her criticism, though, is very minor in nature. She engages, however, in mostly lying and demagoguery, which are very much beneath most academics.

She wrote in the Korean newspaper Joong Ang Ilbo;

“I examined the references of Professor Ramseyer’s article and found out that there were no contracts related to South Korean women at the wartime comfort stations nor secondary sources indicating the presence of contracts in question.”

This statement is in fact a sheer lie. Among the references cited in Ramseyer’s paper is “U.S. Office of War Information, 1944, Interrogation Report No. 49, October 1, 1944, in Josei (1997:5-203).” The US Army interrogated Korean comfort women captured in Burma, and so this report is very reliable and very important. It contains as Preface, and sections on Recruiting, Personality, Living and working conditions, prior system, Pay and living condition. The “Recruiting” section clearly mentions:

“The contract they signed bound them to Army regulations and to war for the “house master” for a period of from six months to a year depending on the family debt for which they were advanced … ”

Therefore, Suk’s statement, that “there were no contracts” is plainly a lie. Are academics allowed to state such lies in the media? Since the information in Ramseyer’s note is not trivial but very long, it is not the case that Suk overlooked it. If so, then she needs to openly apologize for her grievous error—which she has yet to do.

Furthermore, based on Suk’s lie, South Korean Minister of Gender Equality and Family Chung Young-ai is said to have claimed that Ramseyer’s paper was fundamentally flawed.

The fact is that sheer lies concerning the comfort women are spread throughout the world by academics who claim to know better.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1883/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Agreement9E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

コメントは受け付けていません。