2019年 のアーカイブ

『慰安婦と戦場の性』 秦郁彦著(英訳:ジェイソン・モーガン) 書評


Comfort Women and Sex in the Battle Zone

日本文ダウンロード

英文ダウンロード

3月の集計

3/1,H.K.様 10,000 個人会員
3/5,I.T.様 10,000 個人会員
3/7,N.S.様 30,000 個人会員
3/8,S.K.様 10,000 寄付
3/9,K.S.様 5,000 寄付
3/11,H.Y.様 10,000 個人会員
3/11,T.S.様 10,000 個人会員
3/11,S.K.様 10,000 個人会員
3/11,H.K.様 20,000 個人会員
3/12,O.Y.様 10,000 個人会員
3/12,K.T.様 10,000 個人会員
3/14,Y.Y.様 10,000 個人会員
3/14,T.M.様 10,000 個人会員
3/14,M.K.様 10,000 個人会員
3/14,N.S.様 10,000 個人会員
3/15,K.I.様 20,000 寄付
3/16,T.T.様 10,000 個人会員
3/18,Y.A.様 10,000 寄付
3/18,K.N.様 10,000 個人会員
3/18,S.S.様 10,000 個人会員
3/18,O.S.様 10,000 個人会員
3/19,A.K.様 10,000 個人会員
3/19,M.H.様 10,000 個人会員
3/20,Y.Y.様 10,000 個人会員
3/20,Y.F.様 10,000 個人会員
3/20,T.M.様 10,000 個人会員
3/22,S.N.様 10,000 寄付
3/26,Y.M.様 10,000 個人会員
3/28,U.K.様 10,000 寄付
3/31,T.様 1,000 寄付

合計 326,000 円

誠に有難うございました。

SDHF Newsletter No.238J 日本のIWC脱退と捕鯨について

日本のIWC撤退と捕鯨について
八木景子Behind the Cove監督にインタビュー
(Voice3月号、webVoice3月3日号掲載)

日本政府は、平成30年12月26日、国際捕鯨委員会(IWC)に対して脱退の通告をしました。本年6月30日に正式脱退となり、7月から商業捕鯨を再開することになります。
この問題について、映画「Behind the Cove ~捕鯨問題の謎に迫る~」を制作した八木景子監督に、Voice誌が、この政府の決断をどう評価しているのか、またIWCという組織の実態についてインタビューを行いました。そしてVoice3月号に掲載しました。(3月3日号のwebVoiceにも掲載されました。)
webVoice(原文):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Voice1.pdf
〃 (英訳文):http://www.sdh-fact.com/CL/Voice-Interview-Behind-the-Cove-.pdf

お読みいただくとお分かりのように、IWCという本来は鯨資源の保護を目的につくられた組織(現在も規約ではそうなっている)が、捕鯨そのものを「悪」と決めつける国が多数派を占め、科学的な証拠に基づく資源保護の議論を圧殺するものになっています。いわば「魔女狩り」組織です。その根底には、人種差別的な正義感が潜んでいることも否定できません。
八木監督は日本の脱退が遅きに失したと言っていますが、もっと強く正論を主張してくるべきだったということです。慰安婦問題と同じで、強く主張してこなかったがために日本はいわれなき非難を浴び、悪者にされ、その上に生業まで奪われる羽目に陥ってしまったわけです。

*八木監督のホームページ:
http://www.behindthecove.com/
予告編:

平成31年3月28日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

The truth is that anti-whaling America “kills” whales
An interview with
Keiko Yagi, Director of the film Behind the Cove

The Japanese Government announced its withdrawal from the IWC (International Whaling Commission), which is charged with the conservation of whales and the management of whaling, and the restart of commercial whaling for the first time since 1988 on December 26 last year. From July this year onward, Japan plans to resume commercial whaling within its 200 nautical mile exclusive economic zone off Japanese shores.
The monthly magazine Voice interviewed Ms. Keiko Yagi, director of a film Behind the Cove—Approaching the Puzzle of the Whaling Controversy, concerning the Japanese government’s decision and the true nature of the international organization called the “IWC”. (The interview was published in the March issue of Voice and uploaded at webVoice on March 3.)
webVoice (translated from the Japanese version)
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1328/
PDF: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1328/
As you will clearly see from the interview, the IWC, which was initially established for the proper conservation of whale stocks and this is still prescribed in the ICRW (International Convention for the Regulation of Whaling), has become an organization dominated by anti-whaling dogma, ignoring any discussion of the conservation of whales based on scientific data. In other words, the IWC is a “witch hunting” organization. Under the guise of this anti-whaling dogma, a European-centric, discriminatory view is palpable.
Ms. Yagi asserts the that the Government’s decision to withdrawal is the correct one but a little late. Japan has eagerly followed the voices of European countries for so long. Japan should have stated its own view more forcefully, pointing out that European views are not based on scientific data but based on their own preconceived notions and biases.
*Director Yagi’s website:
http://www.behindthecove.com/index_en.html
Video summary “Behind ‘The Cove’”:

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

鯨を“殺し続ける”反捕国アメリカの実態 (八木景子 映画監督)

The truth is that anti-whaling America “kills” whales

WEB Voice 日本文ダウンロード

英文ダウンロード

SDHF Newsletter No.237J 韓国呪術と反日4

韓国の呪術と反日(青林堂)
但馬 オサム
その4―第3章 愛と呪いの国

韓国はシャーマニズムと呪術の宝庫であると著者はいいます。
現在人口の4分の1がキリスト教信者だといわれますが、その大部分は土俗のシャーマニズムと融合したものであるといいます。その特徴の第1は徹底した現世利益の追求、そして2番目の特徴は、シャーマン信仰から引き継いだ「悪魔祓い」「心霊治療」などの降霊儀式です。
そして3番目の特徴が、「反日」なのです。汝矣島純福音教会のチョー・ヨンギ牧師が東日本大震災の直後「今回起こった大地震は、日本人が神様を遠ざけ偶像崇拝し続けていたための点の懲罰だ」と発言したことには驚かされますが、江南教会のキム・ソングァン牧師、在米の佐ヨンジン牧師など同様なことを公然と発言しているといいます。
これらの韓国キリスト教は「日本はかつて韓国に罪深いことをした。神に帰依して許しを乞う時が来た」と、韓国=許す国、日本=許しを乞う国、という見事な上下関係を持ち込んでいるわけです。
罪にはクライム(crime)とシン(sin)があります。クライムは法律上の罪は有限なものです。法的な刑罰を執行されれば、罪は清算されます。しかし、シンは刑期の満了のない無限の罪です。恨と結びついた無限の罪で日本を断罪しようとするわけです。
愛の宗教であるはずのキリスト教とこのような恨とが結び付くところに韓国の異常性があることを筆者は明らかにしていきます。

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Korean4.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Korean-Mysticism-No.4.pdf

平成31年3月21日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
Korean Mysticism and Anti-Japanese (Seirindo Co. Ltd.)
By Tajima Osamu
Series No. 4: Chapter 3 A Country of Love and Curse

The Korean Peninsula, the author points out, is a treasure-house of shamanism and mysticism
It is said that one-fourth of the entire Korean population are Christians. But, the author mentions, nearly all Korean Christianity originated from newly established sects that emphasized local shamanism. Characteristics of Korean Christianity include, firstly, the total pursuit of material profit. The second characteristic is the practice of calling out souls, as in “exorcisms” and “spiritual therapy,” which are inherited from shamanism.
The third characteristic of Korean Christianity is an “anti-Japanese” ideology. Immediately after the Great East Japan Earthquake, Reverend Yonggi Cho proclaimed, “The earthquake that happened this time is Heaven’s punishment against the Japanese people who alienated God and kept worshipping idols.” He is not the only case–Rev. Kim Song-an of the Konan Church said, “The disastrous earthquake occurred because Japanese people worship eight million idols [The Japanese expression, yaoyorozu, meaning ‘many’, is literally interpreted as meaning ‘eight million’ here] and the Emperor.” Reverend Sa Jonjin, who lives in the United States, made a similar assertion: “To save the Japanese people’s soul, we must spread our religion.”
In their mission, they play on the Japanese peoples’ sense of contrition, and claim that “since Japan once committed a sinful deed against Korea, it is time to follow God and ask for forgiveness.” Following their line of logic, Korea is then the country that forgives while Japan is one that seeks forgiveness, which perfectly constitutes a relationship between a master and a slave. This is in complete contrast to the Christian idea of brotherly love. Rather, the relationship is based on blackmail and coercion.
By their shamanistic concept of “han” (hate), the Japanese annexation of Korea was not just a crime but a sin of eternal nature.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1326/
PDF:   http://www.sdh-fact.com/CL/Korean-Mysticism-No.4.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.236J 国連 人種差別撤廃委員会 韓国審査総括所見への公開質問状

国連人種差別撤廃委員会(CERD) 韓国審査総括所見(1/10付け)
に対する公開質問状

「人種差別に反対するNGO日本連合」は、国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)にたいして、2018年11月に韓国における人種差別を糾弾する2つのNGOレポートを提出」しました。一つは、「親日恨民族行為者財産没収の国家帰属に関する特別法」について、もう一つは「韓国における反日の実態」に関するものです。2本とも、人権委員会の公式ホームページに掲載されています。
ところが、今年の1月10日付で出された、委員会の総括所見は、このレポートを完全に無視するというとんでもない、不当極まりない内容のものであったことが明らかとなりました。
「人種差別に反対するNGO日本連合」のメンバーの「国際歴史論戦研究所」(会長:杉原誠四郎、所長:山下英次)、「不当な日本批判をただす学者の会」(会長:田中英道)は、この不当な「総括所見」に対する公開質問状を人権委員会委員長、韓国審査総括所見主査あてに、このほど提出しましたので、ご案内いたします。今回は、「親日恨民族行為者財産没収の国家帰属に関する特別法」についてのレポートに絞った、質問状となっております。
なお、もう一つのレポート「韓国における反日の実態」は、『月刊Hanada セレクション』に全文が掲載されております。
誠意ある回答があるまで、追及していく方針であるということです。

公開質問状(原文): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ajkorea3.pdf
〃 (英訳):http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Questions-to-CERD-for-Korea_.pdf

NGOレポート原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ajkorea2.pdf
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ajkorea1.pdf

平成31年3月12日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Open Questions to the CERD Concluding Observations on the Combined Seventeenth to Nineteenth Periodic Reports of the Republic of Korea on Jan. 10, 2019

Japan NGO Coalition against Racial Discrimination (JNCRD) submitted two NGO reports to the CERD in November 2018 concerning racism in Korea. One report was titled “Special Law on the Inspection of Collaborations for the Japanese Imperialism” and the other was titled “The Real Circumstance of Anti-Japanese Thinking in the Republic of Korea”, which were uploaded in the official CERD website:

https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CERD/Shared%20Documents/KOR/INT_CERD_NGO_KOR_33052_E.pdf
https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CERD/Shared%20Documents/KOR/INT_CERD_NGO_KOR_32993_E.pdf

However, “The Concluding Observations for the Republic of Korea” of January 10, 2019 completely neglected those two reports.
Against their unfair and wholly inappropriate Observations, two members of the Japan NGO Coalition against Racial Discrimination (JNCRD), International Research Institute of Controversial Histories (iRICH) and Academics’ Alliance for Correcting Groundless Criticism of Japan (AACGCJ) sent an open letter of protest to Professor Noureddine Amir, Chair of the CERD and to Ms. Gay McDougall, Country Rapporteur for the Republic of Korea:

URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1314/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Questions-to-CERD-for-Korea_.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

国連人種差別撤廃委員会(CERD)韓国審査総括 所見 (1/10付け) に対する公開質問状

Open Questions to the CERD Concluding Observations on the Combined Seventeenth to Nineteenth Periodic Reports of the Republic of Korea on Jan.10, 2019

日本文ダウンロード

英文ダウンロード

ICERD違反の日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法

Special Law on the Inspection of Collaborations for the Japanese Imperialism

日本文ダウンロード

英文ダウンロード

韓国における反日の実態

The Real Circumstance of Anti-Japanese Thinking in the Republic of Korea

日本文ダウンロード

英文ダウンロード

2月の集計

2/1,H.I.様 10,000 個人会員
2/1,W.M.様 10,000 寄付
2/1,Y.Y.様 10,000 寄付
2/4,M.K.様 10,000 個人会員
2/5,M.T.様 10,000 個人会員
2/5,H.S.様 10,000 個人会員
2/5,Y.T.様 2,200 寄付
2/7,T.K.様 5,000 寄付
2/12,I.M.様 100,000 寄付
2/12,Y.T.様 3,000 寄付
2/12,T.H.様 10,000 寄付
2/12,S.T.様 20,000 個人会員
2/12,K.I.様 20,000 寄付
2/12,H.M.様 1,000 寄付
2/12,K.H.様 10,000 個人会員
2/13,U.Y.様 10,000 個人会員
2/13,O.A.様 10,000 個人会員
2/14,I.T.様 10,000 個人会員
2/14,A.I.様 10,000 個人会員
2/14,K.S.様 10,000 個人会員
2/15,U.S.様 10,000 個人会員
2/15,N.M.様 10,000 個人会員
2/15,H.K.様 10,000 個人会員
2/18,Y.D.様 10,000 個人会員
2/18,S.S.様 10,000 個人会員
2/18,K.T.様 10,000 個人会員
2/18,T.H.様 10,000 個人会員
2/18,K.K.様 10,000 個人会員
2/19,T.M.様 10,000 個人会員
2/19,N.M.様 10,000 個人会員
2/20,S.H.様 60,000 個人会員
2/20,S.Y.様 20,000 寄付
2/21,Y.K.様 10,000 個人会員
2/21,O.M.様 3,000 寄付
2/21,T.Y.様 10,000 寄付
2/25,O.H.様 3,000 寄付
2/25,T.E.様 10,000 個人会員
2/26,I.H.様 10,000 個人会員
2/27,A.M.様 10,000 個人会員

合計 517,200 円

誠に有難うございました。

ページ 4 of 512345