‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No. 310J 書評「南京事件 日本人目撃者の証言」

2021年5月7日 金曜日

<書 評>
『「南京事件」—日本人48人の証言』(小学館文庫)
(英訳版)(史実を世界に発信する会)
阿羅健一著/英訳:マヤ・グローン
書評者:タダシ・ハマ(日本語訳:「史実を世界に発信する会」 )

阿羅さんの『「南京事件」日本人48人の証言』(小学館)は、南京戦が起こったときに南京にいた人たちの証言を徹底的に集めた画期的な証拠資料です。
ジャーナリスト、陸海軍の軍人、画家、写真家、外交官など多岐にわたっています。
すでにご紹介しておりますが、発信する会では、これを英訳し、アマゾンから
“The Nanjing Incident: Japanese Eyewitness Accounts—Testimony from 48 Japanese Who Were There” というタイトルで、Kindle 版(¥518)、オン・ディマンド・ペーパーバック版(¥2365)で発売しました。

この英文版を読んだ書評をタダシ・ハマさんが書いてくださいました。
http://www.sdh-fact.com/CL/NanE.pdf
その日本語訳がこちらです。
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Nan.pdf
是非ご覧ください。

令和3年5月7日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

SDHF Newsletter No.309J 日米首脳会談から見えてきた道 王明理

2021年5月6日 木曜日

日米首脳会談から見えてきた道
台湾独立建国連盟日本本部
委員長王明理

「4月16日に行われた日米首脳会談後の共同声明で、「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調する」と明記されたことは実に画期的なことであり、台湾はもちろんのことアジアの将来に希望の光を与える力強いメッセージとなった。」と王明理委員長は、先月4月16日の日米共同声明の意義を強調しています。
それは、「日米が中国の理不尽な覇権主義を看過せず、台湾への侵略を許さないという正論がやっと発せられたからである」といいます。
「1945年以来、台湾人はずっと「台湾は台湾であって中国人のものではない」と言いたくても、その心の叫びは中国国民党に弾圧され、国際社会に届くことがなかった。その状態のまま更に、1972年に国連の中国(中華民国)の議席が蒋介石代表から中華人民共和国に継承されて以降は、中国の国力が増大するのと反比例して、台湾の国際的な地位や外交関係はどんどん失われていった。中国による台湾いじめと、それに追随する日米をも含む国際社会のなかで、台湾人2300万人の人権は無視されてきたのが事実である。」というこれまでの経過があったが故です。
さらにこの共同声明に続き、各方面で台湾に有利な動きが起こっていることがあげられています。4月17日世界医師会が「台湾を次のWTO年次総会に招待すること及びもう2度とWHOを政争に利用しないこと」というテドロス事務局長あての決議文を22対1で採択したこと。19日、フィリピンのドゥテルテ大統領が海底資源問題で中国に警告を発したこと。同じく19日、アメリカの議会で超党派の議員が「台湾国際団結法案」を提出したこと。21日、日本台湾交流協会の泉博康代表の名刺が「大使 泉博康」に変わったこと。同じく21日、オーストラリア政府が2018年と2019年にビクトリア州政府が中国と結んだ「一対一蘆」契約を破棄したこと。等々です。
「台湾有事は日本有事」です。日本の取るべき道はシンプルに見えてくるのではないか、と王明理委員長は結んでいます。

王明理声明(日本語): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Foreseen.pdf
〃  (英訳文): http://www.sdh-fact.com/CL/ForeseenE.pdf

令和3年5月6日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

A Path Foreseen through the U.S.-Japan Leaders’ Meeting
Wang Ming-li, Chair, World United Formosans for Independence (WUFI)-Japan

The U.S.-Japan Joint Press Statement released after President Biden and Prime Minister Suga met on April 16 clearly stated, “We underscore the importance of peace and stability across the Taiwan Strait and encourage the peaceful solution of cross-Strait issues.” This was truly epoch-making and sent a strong message, of a bright future not only for Taiwan but also for all of Asia.
The United States and Japan have shown that they will not overlook China’s irrational hegemonic encroachment, including its attempt to seize Taiwan. From the Taiwanese standpoint, the right view was finally expressed.
Ever since 1945, the Taiwanese forthrightly stated, “Taiwan belongs to the Taiwanese, not to the Chinese.” However, our cry, emanating from the bottom of our hearts, has been suppressed by the Chinese Nationalist Party, never to be heard by the international community. Worse still, in 1972, the Republic of China’s seat in the United Nations, held by representatives of Chiang Kai-shek, was taken by the People’s Republic of China. Since then, as China’s national strength rose, Taiwan’s international standing and diplomatic relations have declined. The fact is that amidst China’s bullying of Taiwan and with the international community, including the United States and Japan, following suit, the human rights of 23 million Taiwanese have been totally neglected.
Now, finally, after fifty long years, the United States clearly manifested its commitment to the sovereignty of Taiwan and urged Japan to do the same.
The importance of the recent U.S.-Japan Joint Press Statement is reflected in the fact that numerous actions, one after another, have arisen in various parts of the world. The World Medical Association adopted a resolution on April 17, addressed to WHO Director General Tedros, demanding that the WHO invite Taiwan to the next World Health Assembly. On April 19, President Duterte of the Philippines warned China, “If China ever attempts to explore seabed resources in the South China Sea, I will immediately send grey ships (warships) to claim our territorial right.” On the same day (April 19), in the United States Congress, the “Taiwan International Solidarity Act” was submitted by lawmakers of both political parties. Also on April 21, the business cards of Izumi Hiroyasu, Director of the Japan-Taiwan Exchange Association (equivalent to the Japanese Embassy in Taiwan), reportedly carried the title “Ambassador” Izumi Hiroyasu. Moreover, on the same day, the Australian Government announced its cancellation of the “One Belt, One Road Initiative (OBOR)” contract concluded between the State of Victoria and China.
The US-Japan Joint Statement on April 16 has significant meaning for Taiwan, Japan and the world.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1699/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/ForeseenE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.308J 中国ガンとの最終戦争 その1 まえがき、目次

2021年4月27日 火曜日

『中国ガンとの最終戦争』(勉誠出版)
林建良著

その1—まえがき、目次
林建良氏は、『中国ガン』(並木書房)(2012)を上梓しており、当会ではその英訳の全篇を、SDHFニュースレターの252J号に掲載し、さらにKindle 版、オン・デマンド・ペーパーバックをアマゾンより、昨年10月に出版いたしました。

THE CHINA CANCER: A Taiwanese Physician’s Remedy (English Edition) | Lin Kenryo

中国にかかわるすべての問題は、中国を癌と考えないゆえに生じた結果である、と著者は言います。未曽有の大危機に直面している今日、国際社会がこの中国が引き起こす問題を直視しない偽善的態度を改めないまま時を失えば、人類の生存が危うくなるほどの危機を招くことになってしまうだろう、との危機感からこの新著を出したわけです。
本書は5章で構成されています。
第1章は、なぜ中国は癌なのかの解析です。生物学的観点で説明されています。
第2章は、世紀の武漢コロナウイルスはなぜ中国で発生し世界に蔓延したのか、中国の隠蔽工作の説明です。
第3章は、大胆不敵な中国癌が、超大国であるアメリカを侵食する様々な経路と手法が取り上げられます。利権を侵食されたワシントンのエリートたちの腐敗と、なぜアメリカが覚醒したのかを検証します。
第4章では、攻勢に転じたアメリカの戦略とそれを達成するための戦術を解析しながら、来る中国ガンの最終局面を予測します。
最後に、日本は中国癌を無害化できる矛をもっていることを述べます。日本は中国癌の退治に責任もあれば、能力もあるのでぜひその責任を果たしてほしいと望んでいます。

『中国癌との最終戦争』:

英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/CancerE1.pdf

令和3年4月27日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

HOW TO DEFEAT CHINA CANCER: THE FINAL SHOWDOWN
(Bensei Publishing Inc.)
Lin Kenryo

(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)
Series No. 1: Foreword and TOC

In 2012, Dr. Lin Kenryo published “China Cancer,” Namiki-shobo. The Society for the Dissemination of Historical Facts translated it into English and the Kindle English version and the on-demand paperback were published in 2020.

THE CHINA CANCER: A Taiwanese Physician’s Remedy (English Edition) | Lin Kenryo

Dr. Lin asserts that all problems relating to China stem from the world’s refusal to consider it as a cancer. He wrote this book with a hope that the international community abandon its hypocritical refusal to confront the problems caused by China. Otherwise, before we know it, we will be facing a crisis that threatens the survival of the human race.
His new book comprises of five chapters. In Chapter 1, he explains why China is a cancer and delves into the theoretical aspect of the China cancer from a biological perspective, similar to what he mentioned in his earlier book. To make his new book more accessible to everyone, for Chapters 2-5, he presents updated information, as of 2020.
In Chapter 3, he discusses the various routes and methods whereby the audacious China cancer weaken the US. He also shows the corruption of the Washington, DC elite, and their self-serving greed, and explains why the US has now awakened to the China cancer. In Chapter 4, he outlines the American strategy (which is now on the offensive), suggests tactics to use to achieve desired outcomes, and predicts the final disposition of the China cancer.
In closing, Dr. Lin stresses that Japan has the capability and ammunition that can render the China cancer completely harmless, and Japan bears the responsibility to do so.
He hopes Japan, as an Asian superpower, will take on this challenge and fulfill its responsibility.
It is entirely possible that the final stages of the China cancer will arrive sooner than expected. Chinese resistance to the agony of death will, of course, be tremendous. But we must not falter. If we fail to remove the China cancer from our planet, and quickly, the human race will have no future.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1694/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CancerE1.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.307J 秘話:ルーズベルト、ハル、ウエルズ

2021年4月22日 木曜日

<書 評>

秘話: フランクリン・ルーズベルト、コーデル・ハル、サムナー・ウエルズ
アーウィン・ゲルマン著
ジョンズ・ホプキンス大学出版会 1995
書評: タダシ・ハマ(日本語訳「発信する会」)

フランクリン・ルーズベルトは1942年に、財務長官ヘンリー・モーゲンソーに次のようなことを言ったといいます。
「私が奇術師だということは知っているだろう。私は、自分の左手のしていることを右手には知らせないことにしている。矛盾しているように聞こえるかも知れないが。私は戦争に勝つのに役立つならば、人を騙すことでも、嘘をつくことでも平気な男なのだ」。
本書は、歴史学者、作家、ビジネスマンであるアーウイン・ゲルマンの世界大戦前後の米国の3人のリーダーの伝記物語です。3人の主役、その擁護者、及び中傷者たちの言葉を引用して組み立てた物語で、非常に面白いもののようです。
ところが、この作者はどうも都合に応じて重要な事実をカットして、話をつなげているようです。
ルーズベルトは、日本の奇襲計画は全く察知していなかったと、正統派の立場を擁護しています。それではいろいろな事実が説明つかなくなります。

・1941年11月25日、米国戦争内閣の閣議で、ルーズベルトは、「彼ら(日本)に最初の一発を打たせるように仕向けよう」と発言したが、その真意は何だったのだろうか。
・1941年12月6日、日本からの「これ以上の交渉を拒絶する」という解読電報を読んだルーズベルトは、「これは戦争を意味している!」と叫んだ、この発言はどういう意味だったのだろうか。
・日本がパールハーバーを攻撃するずっと以前から、ルーズベルトは米軍パイロットが中華民国に味方して日本と戦うことに反対していなかった——米国の中立法に違反してまで。
南京戦の時にアメリカの砲艦パネー号を日本軍が沈没させた時に、武力による報復まで考えていたことが紹介されています。しかし、南京虐殺など何も言っていなかったことがわかります。南京虐殺は、彼の関心事でなかったのか、そもそもそんな事件なかったのか、ということになりますが、普通に考えれば後者でしょうね。
ルーズベルトは妻エレノアの秘書だったルーシー・マーサーと長期にわたる性交渉を行っていてそれがばれた。しかし、エレノアが、社会扇動家のジョセフ・ラッシュと情事を持った時には「激怒」したといいます。国務次官ウエルズは、国務長官ハルのホモの相手だったそうです。
どうも、世界を左右していた米国の権力者たちには道徳的に信頼しうる人間ではなかったようです。

書評英語原文: http://www.sdh-fact.com/CL/FranklinE.pdf
書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Franklin.pdf

令和3年4月22日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

<回覧大歓迎>

Secret Affairs: Franklin Roosevelt, Cordell Hull, and Sumner Welles
Irwin Gellman
The Johns Hopkins University Press, 1995
Reviewed by Tadashi Hama

“You know I am a juggler, and I never let my right hand know what my left hand does… I may be entirely inconsistent, and furthermore I am perfectly willing to mislead and tell untruths if it will help win the war.”

— President Franklin Roosevelt to Treasury Secretary Henry Morgenthau, 1942.

Author and independent historian Irwin Gellman’s biography of three key American political leaders before and during World War II reads like a novel. Quotes from the protagonists (President Franklin Roosevelt, Secretary of State Cordell Hull and Undersecretary of State Sumner Wells) as well their allies and detractors fill the entire book. On reflection, the narration may have been a little too “conveniently intertwined”, with key events missing as the need arose.

The lack of attention to crucial details makes the book’s storyline too “convenient”. We are told that Roosevelt had no hand—none at all—in fomenting the Japanese attack on Pearl Harbor and that Roosevelt was blissfully unaware of Japan’s machinations. Gellman faithfully follows orthodoxy, dismissing any suggestion that Roosevelt knew of an impending Japanese attack on America as “erroneous” and “simplistic”.

So why was Roosevelt initially supportive, then ultimately dismissive, of an initiative to host a summit between himself and Prime Minister Konoye Fumimaro to reconcile differences between the US and Japan in mid-1941; what did Roosevelt mean with his comment, of maneuvering “them [the Japanese] into the position to fire the first shot” at his War Cabinet meeting of November 25, 1941?

If nothing else, after reading the current book, one will need to reflect on the mental stability and moral fortitude of those Americans who held power of life and death during a crucial period in history.

HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/1686/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/FranklinE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.306J 人種差別的反アジア人暴力について

2021年4月17日 土曜日

アメリカにおける人種差別的反アジア人暴力について考える
デイビッド・リー

英文毎日新聞は、4月2日号に「その歴史を通じてアメリカは常にアジア人を憎悪してきた。」と書き、さらに「今回のアメリカ人の反アジア人暴力の新しい波は、トランプ大統領のせいである」と言ってるそうです。毎日新聞は、第二次大戦中に在米日本人は強制収容所に送られたことも書いているということですが、デイビッド・リー氏は、それをやったのは民主党の神として西欧の自由主義者にあがめられたルーズベルト大統領ではないか、トランプを挙げるなら、ルーズベルトのことを言わないのはおかしいではないか、といわゆる自由主義者の偽善ぶりを指摘しています。
毎日新聞と同じくメディアの主流は、3月に起きたアトランタのマッサージ・パーラーで8人が殺害された事件を白人の差別主義者によるものという言うナンセンスを繰り返しています。8人のうち2人は白人であり、なんと4人は韓国人であり、売春婦であったという肝心のことは触れていません。むしろこの事件は、韓国人の売春婦がアメリカで異常に浸透していることがその問題の核心かもしれないにもかかわらずです。
また、最近欧米のメディアが発信する「アメリカはトランプによって引き起こされた反アジア人暴力という『波』に飲み込まれている」は全く間違っています。実は反アジア人暴力の波の背後にアメリカの黒人が存在している事実を指摘しています。サンフランシスコに住むアジア人は自分達が黒人の強奪や攻撃の格好の標的とされていることをずっと以前から知っているといいます。「身体への攻撃のような犯罪の85%は、被害者はアジア人であり、加害者はアフリカ系アメリカ人である。」とキャロル・モー氏は言っています。
デイヴィッド氏は言います。昨今の自由主義的風潮の特徴的な傾向は、黒人アメリカ人は白人優越主義の犠牲者とみなされていることである。つまり、アメリカの黒人社会で起きる否定的な事柄は、何でも大したことではないとみなすことである。従って、アジア人を殴打する黒人の話は、真の被害者たる黒人を不都合な立場にしてしまう。そこで、そのような話はなかったことにしたり、すぐに検閲し、修正する。
こんな偽善がメディアでまかり通っていることに強く警告している文章です。

エッセー(原文):http://www.sdh-fact.com/CL/ReflectingE.pdf
〃 (日本語訳)(発信する会訳):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Reflecting.pdf

令和3年4月15日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

Reflecting on the new wave of racist Anti-Asian violence in America
David Lee

The English language version of the Mainichi Shimbun, April 2, 2021, sneered that Americans throughout their history have always hated Asians and laid the blame for the current “wave” of American anti-Asian violence at the feet of former President Donald Trump. The Mainichi Shimbun dutifully reminds readers that Japanese in America were rounded up and sent to “internment camps” during World War II. However, it fails to point out that it was President Franklin Roosevelt, the New Deal Democrat god worshipped by Western liberals, who ordered the Japanese into “internment camps”.
The Mainichi Shimbun and other mainstream media reported the nonsense that the massage parlor killings in Atlanta in March were entirely due to white racism. They ignore the fact that two victims were white Americans and 4 victims were Korean, who were actually prostitutes. At the core of this incident is the widespread presence of Korean prostitution in American rather than racism.
The squawking emanating from the Western media recently, that America is engulfed in a “wave” of Trump-inspired anti-Asian violence, is grossly disingenuous. Today’s media in the West, as well as in Japan, overlook the fact that black Americans were behind previous “waves” and are behind the current “wave” of anti-Asian violence. Asians in San Francisco have long known that Blacks seek out Asians to rob or assault. Carol Mo, a community organizer, stated as such in the May 2, 2010 edition of the San Francisco Chronicle. She called the city’s black-on-Asian violence “San Francisco’s dirty little secret”. The article stated that Asian residents “are being targeted for robberies, burglaries and intimidation by young black men.” Mo further stated that “in 85 percent of the physical assault crimes, the victims were Asia and the perpetrators were African American.”
Mr. David Lee warns that the prevailing hypocrisy in the mainstream media will lead to people focusing on distractions rather than the core which will lead to wrong-headed thinking and solutions.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1684/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/ReflectingE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.305J 金柄憲韓国国史教科書研究所長記者会見(4月7日)

2021年4月15日 木曜日

少女像作家に問う! 少女の髪の毛は誰が切ったのか?

[第25回国民行動記者会見文](金柄憲:韓国国史教科書研究所所長) (2021.4.7)

金柄憲(キム・ビョンホン)(韓国国史教科書研究所長)は、第25回国民行動の記者会見を、ソウルの慰安婦像前、連合ニュース前で4月7日に行いました。その会見のポスターと会見の画像をまずご紹介します。
今回のアピールポイントは、慰安婦の少女像を製作したキムウンソン(金運成)、キムソギョン(金瑞景)夫妻のとてつもない虚言、ウソの糾弾です。挺対協が発行した慰安婦の証言集を読むと、金夫妻の言っていることはすべてウソであると確認できる、と金柄憲所長は言います。
そして、金柄憲所長は金夫妻に厳重に問う、として次の3点にこたえることを要求しています。
1.親と少女の間の縁を切った人は誰か?
2.あなたたちの邪悪な慰安婦の歪曲と捏造行為が怖くはないのか?
3.幼い娘に本当に恥ずかしくないのか?
記者会見声明文をご覧ください。

記者会見文(日本語訳/宮本富士子): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/kim47.pdf

〃  英訳(発信する会): http://www.sdh-fact.com/CL/kim47E.pdf

令和3年4月15日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

Ask the sculptors of the comfort girl statue (the Statue of Peace)—
Who cut the girl’s hair?
[The 25th People’s Action Press Conference ], April 7, 2021

Mr. Kim Byung-heon (Director of the Korean History Textbook Research Institute) held his 25th People’s Action Press Conference on April 7, 2021, in front of the comfort woman statute squatting in front of the Embassy of Japan and to the Yonhap News Agency.

A flyer and photo of his press conference below:

In his press conference, Mr. Kim Byung-heon focused on Mr. Kim Eun-sung and Ms. Kim Seo-kyung, the couple responsible for the eyesore that vaguely relates to “comfort women”. Mr. Kim Byung-heon says that according to what he has read in Collection Piece of Testimonies, published by the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan, what the sculptors have said about the “comfort women” issue are sheer lies.

Mr. Kim and his group call on the Kims to explain:

1) Who really cut the bond between the girl and her parents?
2) Are you not ashamed of your grotesque distortion and fabrication of real comfort women?
3) Are you not ashamed of yourselves, of how you present yourselves to your own young daughter?

Really, the so-called artists of the metal monstrosity have no choice but to keep quite.
Kim’s press conference statement:

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1679/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/kim47E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.304J アトランタ・マッサージパーラー銃撃事件

2021年4月5日 月曜日

2021年のジョージア州アトランタの
マッサージパーラー殺人事件をどう考えるべきか
デイヴィッド・リー
(日本語訳:「史実を世界に発信する会」 )

現在の世界で支配力を振るっている考え方に「多文化主義」があります。この論文は、多文化主義の正体、偽善をあきらかにしておりますが、特に韓国の問題についてメディアがおかしな報じ方をしていることに疑問を呈しています。
そもそも多文化主義の中心概念はまず、多数派であるネイティブを過去の差別ゆえに非難します。そして、将来人種差別が再び抬頭してしてくることがないように努めるわけですが、その代わりに、ネイティブの共通の文化と歴史を捨て去ることになるのです。したがって、共通文化の崩壊ということを内包しているのが、実は多文化主義なのです。
3月16日にアトランタで若い白人男性が数軒のマッサージパーラーを襲い合計8人を殺害、うち二人が白人でした。事件から4日もしないうちに韓国領事館は死者のうち4人が韓国人だったと発表しました。しかしマスコミでは白人優越主義者のアジア系差別の凶悪事件という伝え方が、殆どでした。なんで、アメリカ人口の0.6%しか占めていない韓国人が死者の半数を占めているのか、そしてそのほとんどが売春婦だったのか、ということに言及しないのは、きわめて不自然、というより、実態を糊塗していると言えましょう。韓国領事館が、事件4日後に早くも4人が韓国人と発表したのは、それ以前から、韓国人女性が売春をやっていることを知っていて、調査もしていたからなのです。つまり、アメリカで韓国人の売春が広く行われているということなのです。
こういう韓国が、偽の売春少女像をアメリカ中に建てようとしているのは、まさにブラックユーモアです。
しかし、このブラックユーモアは多文化主義思想が、アジア系差別という建前から、その当事者である韓国人がアメリカで売春を大々的にやっており、また韓国人がアメリカでどれほどの虐殺事件を引き起こしているのかについて触れることを避けているというところにあることに気づくべきです。(2012年コ・スナムによるウィスコン大学銃撃事件、7人殺害、チョ・スンヒによるバージニア工科大学銃撃事件、32人殺害)
エッセイ原文(英語): http://www.sdh-fact.com/CL/AtlantaE.pdf
エッセイ日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Atlanta.pdf

令和3年4月5日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org
What we should be thinking after the 2021 Atlanta, Georgia Massage Parlor Murders.
David Lee

It appears that the Western liberal democracies have finally succumbed to the poison that they imbibed like expensive wine, multiculturalism, and cannot stop imbibing. On one hand, multiculturalists invite the dissolution of their own culture and history while, on the other hand, promote a culture and history that is antithetical to the native people, as oil is to water.
On March 16, 2021, a young White American man went to several massage parlors in the Atlanta area and shot and killed a total of eight people. Two of those killed were Whites. Almost immediately, a foreign government reported that four of those killed were “Koreans”, one being a citizen of Korea. (The remaining victims were Chinese.) Why is it that there were that many Koreans in US Massage Parlors? Why are there so many Koreans in the US sex trade in general? One should really be wondering why the South Korean Consulate was so keen in this matter.
Predictably, the Western media has gnashed its teeth and lamented the “rise” of “anti-Asian violence” by “white supremacists” and the need for more “gun control”, yet nothing has been mentioned of the two Whites who were killed and why half of those murdered were Koreans, even though Koreans represent only 0.6% of the American population.
This incident suggests that the Korean government is fully cognizant of the problem of Korean prostitution in America. At the same time, Koreans are braying to anyone who will listen the so-called “comfort woman” issue in Western liberal democracies.
The Korean comfort women fairy tale is the bitter aftertaste of multiculturalism. One should really calmly examine the past to see that this is indeed the case.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1674/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/AtlantaE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.303J ラムザイヤー論文にミスなどない

2021年3月25日 木曜日

ラムザイヤー論文にミスなどない
ストローマン論法というウソを使って信用失墜をはかる韓国メディア
早稲田大学教授 有馬哲夫

ラムザイヤー論文にかみついて批判にならない批判を繰り広げているのは、韓国ばかりではなく、アメリカでも似たようなものです。

これまで、韓国の李宇衍博士の2つの論文を紹介することによって、批判をほぼ完全論破してきました。(ニュースレターNo.301J, 302J)

もうひとつ、「ラムザイヤー教授が慰安婦主張のミスを認めた」(中央日報)という極めて悪質な報道にたいして、有馬哲夫教授が反論している論文をご紹介します。

(中央日報)(前略) ソク・ジョン教授は「ラムザイヤー教授の論文の脚注を調べた結果、戦時慰安所の女性に関する契約内容がなかったうえ、該当契約を記述した2次出所もなかった」と指摘した。これに対しラムザイヤー教授は「韓国人女性の契約書を確保すればよいと考えたが、探せなかった」と認めた後「あなたも探せないのは確実だ」とソク教授に話したという。

すでに、李宇衍博士の「朝鮮人業者と契約し慰安所を転々とした慰安婦の証言」で、契約書があることが明らかにされていることをNo.302Jで紹介しました。したがって、ソク教授は、事実を知らないでラムザイヤー教授を攻め立てているにすぎません。ラムザイヤー教授が、契約書が見つからなかった、といっているのは、それは公文書ではなく、個人の家にある私文書なので、見つけることができない、ソク教授も見つけられませんよ、と言っているにすぎません。別に私が間違っていたといってるわけではないのに、「中央日報」はこういう歪曲報道をしているわけです。

該当箇所を記述した2次出所もなかった、ソク教授の言ってるのは全くの虚偽で、ラムザイヤー文書の注釈には「US Office of War Information, 1944. Interrogation Report No.49 がちゃんと載っていてそこに契約について書かれています。したがって、ソク教授は無知のためかここでは全くのウソを言ってます。

この中央日報の記事はとんでもない出鱈目、大ウソを書いていることになります。その責任は、ソク教授にあるのかもしれません。

有馬論文(日本語): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Ram.pdf
〃  (英訳文): http://www.sdh-fact.com/CL/RamE.pdf

令和3年3月25日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

There are no mistakes in Professor Ramseyer’s article
The Korean media is doing its best to discredit his article using “strawman” tricks
Professor Arima Tetsuo, Waseda University

In Korea, as well as in America, media and academic circles have attacked Professor Ramseyer’s article on the comfort woman, resorting to “strawman” tricks to discredit it.
We have previously introduced Dr. Lee Woo-yeon’s two articles (Newsletter No. 301 and No. 302), which completely demolished criticism against Ramseyer’s article.
The Korean newspaper Joong Ang Ilbo (Central Daily), February 27, 2021, maliciously stated: “Mr. Ramseyer admitted to errors in his article on the comfort women.”
Professor Arima states that is completely erroneous and demagoguery.
(Joong Ang Ilbo (Central Daily) [Omitted] Professor Jeannie Suk Gerson pointed out, “I examined the references of Professor Ramseyer’s article and found out that there were no contracts related to South Korean women at the wartime comfort stations nor secondary sources indicating the presence of contracts in question.” Against her criticism, Professor Ramseyer allegedly said to Professor Suk, “I should have obtained contracts from South Korean women, but I failed to search for them,” and added, “Certainly, you cannot find them, either.”
Firstly, if you would recall Dr. Lee Woo-yeon’s article in Newsletter No. 302: he showed that there were “contracts” between comfort women and comfort station owners. So Professor Suk’s argument is nonsense from the start.
Professor Ramseyer said to Suk “I should have obtained contracts from South Korean women, but I failed to search for them,” and added, “Certainly, you cannot find them, either.” What he meant by this was that since the contracts were not public in nature, they are not in public archives but in private homes. That is why he added “Certainly, you cannot find them, either.” Without understanding this, Professor Suk, and the newspaper, distorted Professor Ramseyer’s statement—that “he admitted to errors.”
As to “nor secondary sources indicating the presence of contracts in question,” Professor Ramseyer mentioned “US Office of War Information, 1944. Interrogation Report No. 49,” which showed the contents of the contracts, etc. So, Professor Suk was either very ignorant or flat out lied.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1670/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/RamE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.302J 慰安婦契約書は存在した

2021年3月18日 木曜日

朝鮮人業者と契約し慰安所を転々とした慰安婦の証言
「契約書がない」というラムザイヤー論文に対する批判への反証
李宇衍(『反日種族主義』共同執筆者)

この論文は、「決定的な」打撃をラムザイヤー批判者に与えるものと言えます。批判者たちの論拠といえば、慰安婦と慰安所経営者は契約関係というが、契約を証明する「契約書」がないではないか、というのが最後の砦になっていました。
なにしろ、吉田清治証言や、それをもとにしているクマラスワミ報告書などは、今や完全なウソであることが明白となっています。またわずかな元慰安婦の証言(と称するもの)がありますが、これもほとんど実証性がないものばかりです。
そこで「契約書が」がないではないか、と居丈高になってラムザイヤー教授を攻め立ててきました。しかしながら、れっきとした契約書が存在していました。それも、韓国挺身隊研究会が編集した『中国に連れていかれた朝鮮人軍慰安婦2』という韓国語の資料集のなかに、存在しているのです。
李宇衍氏は、このなかのヒョン・ビョンスクという慰安婦の証言を取り上げています。インタービューアーのぺ・ジョンチョルに対して答えています。
・最初の売春宿には、2年契約で500ウオンもらって働きに行ったこと。
・家に帰ったけれど、もっと稼ぎたいということで、業者を探し、3年契約で3000ウオンという契約をしたこと。この時には、父親の承諾が必要だということで家に帰り、父親を説得して、判を押してもらう。業者に、祖父の判も必要と言われ父親に頼んだという。契約書がなくては判を押せない。当たり前であるが、3000ウオンも前貸しするのだから、ある種の契約書があるのは当然なのだ。
・ヒョン・ビョンスクは、「当時は厳しかったです。」と言っている通りである。
・また、彼女は、どういうところへ行きどういう仕事をするのか「よく知っていた」と答
えてもいる。
このように自分たちで出した資料集にも、慰安婦の証言として、はっきり「慰安婦は
業者と契約をして働きにいった」と書いてあるのに、いつまで、強制連行だなどという
100%反対の大ウソを言い続けるつもりなのだろうか。
要するに、慰安婦問題人権問題でも何でもなく、史上まれな捏造プロパガンダに他
ならないことを、あらためて証明する李容洙論文です。

李宇衍論文日本語版(JBpress): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/story.pdf

〃 英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/storyE.pdf

令和3年3月18日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

The story of a comfort woman who contracted with Korean entrepreneurs and frequently changed comfort stations

Rebuttals of criticisms of Professor Ramseyer’s article, that “there were no contracts”.

Lee Woo-yeon, co-author of Anti-Japan Tribalism

One criticism of Professor Ramseyer’s essay focuses on a “lack of contracts”. However, Mr. Lee Woo-yeon completely pulverizes this excuse. He argues based on Korean Military Comfort Women Taken to China 2 (written by the Research Society, the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan, Hanol, 2003).

An alleged “comfort woman”, Hyun Byung-sook, made several statements to Bae Jung-chul.

*First, she received an advance of 500 won to work at a brothel for two years.

*After returning home, she wanted to earn money, so she found a broker who offered her 3000 won

for a three-year contract. However, she needed her parents’ consent. She persuaded her father for

his consent and he put his seal on the contract. The broker further demanded her grandfather’s seal. It is quite reasonable for a broker to make a written contract, paying 3000 won up-front. Hyun said that it was rather strict, at that time.

*To the question, “Did you know that you were to serve many Japanese military men?” She replied

replied “Of course, I knew.”

As Professor Ramseyer wrote in his academic paper, the comfort women are nothing more than prostitutes, just like those who worked in brothels in Japan and Korea, in accordance with the law. The Asahi Newspaper formally admitted that Yoshida Seiji’s testimony was false and retracted 15 articles it published based on his falsehood. Thus, the so-called comfort women “crime” is a lie, and academics including Nobel Prize winners have been ensnared in this lie.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1655/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/storyE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.301Jラムザイヤー論文批判への反論

2021年3月12日 金曜日

ハーバード大ラムザイヤー教授の「慰安婦論文」批判への反論
ようやく崩れ始めた「慰安婦強制連行説」の虚構
李宇衍(『反日種族主義』共同執筆者)

ラムザイヤー教授は「慰安婦と慰安所は相互の思惑」を一致させる契約に基づく関係にあったということを論理的、実証的に明らかにする論文を「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミックス」誌(電子)に掲載しました。韓国系団体をはじめ学者からも激しい抗議が起こされ、一時はプリント版への掲載が見送られそうな状況になりました。しかし、ハーバート大学学部長、雑誌編集者はこれに屈せず、予定通りプリント版が今月発行されます。
こうした批判に対して、『反日種族主義』の共同著者の李宇衍さんは徹底的な反論を書いております。研究者らの批判の中核は、契約関係を立証する契約書がないではないかということです。しかし、李宇衍さんは欧米と違って合意内容を必ず文書に残すよりも口頭契約依存度の高かった韓国との違いを理解していないと批判する。
また、批判者たちは、自分たちの確信の根拠は山ほどあるというのだが、実は突き詰めると、ごくわずかな被害者の「証言」しかないというのが真相なのです。いまだに、「吉田清治」のウソ話、吉見義明が発見したという軍関与文書、河野談話、クマラスワミ報告書などが彼らの根拠になっている有様です。吉見の文書は、軍が悪質業者を取り締まったものであり、強制連行などの証拠では全くありません。河野談話など政治談話であり、強制連行の証拠には全くなっていません。クマラスワミ報告に至っては、吉田清治のウソ+北朝鮮などのウソ宣伝をそのまま根拠にしたものにすぎません。
実は、元慰安婦の証言自体も、殆ど根拠薄弱なものばかりであり、信じるに値しないものなのです。
しかも、慰安婦になるためには、当時様々な公的文書が必要とされていました。本人意思の確認も行われていたのでした。
結局のところ批判者たちは、何一つ実際に強制連行が行われた証拠を提示することはできないということなのです。

李宇衍論文日本語版(JBpress):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Atlong.pdf

〃 英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/AtlongE.pdf

令和3年3月12日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

The fable of “forced abduction of comfort women” is finally imploding.
The reality of the comfort women was that they were ordinary sex workers.

Lee Woo-yeon, co-author of Anti-Japan Tribalism

Professor Mark Ramseyer at Harvard University made explicit in his article, “Contracting for sex in the Pacific War,” in the International Review of Law and Economic, that the relationship between comfort women and comfort stations was contractual. A group of American and South Korean scholars have rebuked Professor Manseyer’s article since its publication. At the core of their criticism is that there were no concluded indenture contracts or “paper” to verify the contractual relationship. Underlying their criticism though is the fact that they do not understand the difference in contractual cultures between that of European and American countries, where concluded contracts written, and that of Korea, where people tended to depend on verbal or oral contracts.

Critics say that there is a “mountain of evidence” that supports their contention—”testimonies from victim former comfort women”; “confession by perpetrator Yoshida Seiji”; a document of the Japanese Army instructing “forcible abduction”; the Kono Statement, which expressed “remorse”, by the Japanese Government in 1993; the Coomaraswamy Report issued by the United Nations Commission on Human Rights and other reports presented by Amnesty International, International Commission of Jurists and other NGOs. However, among these “mountains of evidence,” only testimonies of former comfort women have some “valid.” The rest turned out to be false or based not tangible primary sources but on the stories of the comfort women.

So how much are we to believe of their stories, that “they were forcibly abducted to be made comfort women”? When former comfort women came out in the early 1990s, their stories mentioned nothing about “forced abduction.” They said that they were deceived by Korean brokers or sold by their parents and became comfort women. The greatest drawback of former comfort women’s “testimonies” is the lack of consistency as this episode illustrates.

Moreover, a serious problem is that there is no objective means to verify their stories. Any official document stating that Japanese authorities were involved in “forcible abduction” has yet to be uncovered. Records left by a third party, including civilians, who might have witnessed coercion or testimony to that effect has also not been uncovered.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1652/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/AtlongE1.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 1 of 3212345...102030...最後 »