‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.362J アイヌ問題を放置していると北海道は第二のウクライナになる

2022年8月3日 水曜日

アイヌ問題を放置していると北海道は第2のウクライナになる

澤田健一(日本アイヌ研究会代表)

澤田健一氏は掲記の意見書を10月に開催予定の国連自由権規約委員会に提出し、委員会の公式サイトに掲載されました。国際歴史論戦研究所のメンバーとともに、ジュネーブに出かけ、意見を開陳する計画です。

・自由権規約委員会への意見書:  https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CCPR/Shared%20Documents/JPN/INT_CCPR_CSS_JPN_49219_E.pdf

・意見書の日本語原文:https://www.sdh-fact.com/CL/CCPR136.pdf

意見書で述べられている通り、ロシアはアイヌ問題を通して、北海道への領土的野心を主張し始めています。これに乗じて日本国内から、ロシアがアイヌ自治州を設立して北海道の一部を管轄下においてほしいとする要望するとんでもない要望書が、プーチン大統領あてに提出されています。まさにウクライナのドンバス地方で起こっていることが、北海道で起こらないとは言えない状況になっています。

これというのも、日本政府がアイヌを日本民族ではないかのような曖昧な認識を示していることが根本的な原因です。

最近の科学的な研究結果は、アイヌは日本民族の一員であることを明確に示しています。

2019年5月13日、国立科学博物館、国立遺伝学研究所、東京大学などの共同研究の結果、「アイヌは縄文人のDNAを70パーセント受け継いでいる」と発表しています。最近よく言われるアイヌが中世以降に北海道に入ってきたという説はこうした科学的な根拠からはずれた間違った見解です。

さらに、2020年8月25日に公表された、東京大学、東京大大学院、金沢大学による「縄文人ゲノム解析から見えてきた東ユーラシアの人類史」には、『本州縄文人であるIK002(愛知県伊川津貝塚遺跡出土の縄文人骨)は、アイヌのクラスターに含まれた。この結果は北海道縄文人の全ゲノム解析と一致し、アイヌ民族が日本列島の住人としてもっとも古い系統であると同時に東ユーラシア人の創始集団の直接の子孫である可能性が高いことを示している』と書かれています。すなわち、アイヌが縄文日本人の系統であるだけではなく、東ユーラシア人の始祖となった可能性まで指摘しています。つまり、アイヌが北方から入ってきたのではなく、逆にシベリアに進出していたということです。

こうした事実に基づいた見解を国連自由権委員会は、日本政府、ロシア政府に勧告するよう意見書は求めています。

令和4年8月3日 「史実を世界に発信する会」 会長 茂木弘道

Leaving the Ainu Issue Unaddressed Will Make Another Ukraine
Sawada Kenichi,

Japan Society for Ainu Studies

Mr. Sawada Kenichi sent the above-mentioned statement to the CCPR-International Covenant on Civil and Political Rights, whose 136 Session is scheduled 10 October 2022 – 04 November 2022. His statement is uploaded on the official site as stated bellow:

Mr. Sawada’s statement: https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CCPR/Shared%20Documents/JPN/INT_CCPR_CSS_JPN_49219_E.pdf

As mentioned in his statement, the Russian Federation is beginning to express its

territorial ambitions toward Hokkaido through the Ainu issue. A written request that Russia should establish an Ainu autonomous province to place part of Hokkaido under its control has been submitted to President Putin from within Japan. Claims such as “Ainu are of the Russian origin” and “Russia has all rights to Hokkaido” are completely wrong. These claims made in Japan and overseas that encourage the division of Hokkaido are caused by the obscure document of the Japanese government that recognized the Ainu. Leaving such a situation unaddressed is very dangerous. We should not give Russia a pretext for invading Hokkaido.

However, recent scientific DNA research shows that the Ainu are undoubtedly descendants of the Jomon Japanese people. On May 13, 2019, Japan’s leading research institutions, including the National Museum of Nature and Science, National Institution of Genetics and the University of Tokyo, announced the joint research result that the Ainu inherit 70% of the DNA of the Jomon people. The Ainu continuously inhabited Hokkaido at least since the Jomon period (more than 10,000 years ago).

Furthermore, the “Research content” of the article “Ancient Jomon genome sequence analysis sheds light on migration patterns of early East Asian populations” by the University of Tokyo, the University of Tokyo Graduate School and Kanazawa University, released on August 25, 2020, says that ‘IK002 (note: bone of a Jomon individual excavated from the Ikawazu shell-mound site in Aichi Prefecture), a mainland Jomon individual, was found to cluster with the Ainu.’ This result coincides with the whole-genome sequencing of the Hokkaido Jomon people, which indicates that the Ainu people are the oldest lineage of inhabitants of the Japanese archipelago, and, at the same time, they are likely to be one of the direct descendants of the founding population of East Eurasians.

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.361J 大東亜戦争への道 その2 序章 歴史問題

2022年7月27日 水曜日

『大東亜戦争への道』(展転社)
中村 粲

その2 序章 歴史問題

戦後、わが国最大の問題は歴史問題であると筆者は言います。前科者の烙印を押された男が一生を日陰者で過ごさなければならないように、歴史を断罪され、”侵略者“の汚名を追わされたままの日本は、国際社会への完全復権を達成したとは言えないからです。

特に、中国の主張する「日本=加害者」「中国=被害者」という図式が日中近代史に関する中国の「公式史観」であり、これをもとにして、「教科書」や「靖国問題」に対する尊傲な内政干渉的要求をしてきました。そして、情けないことに日本政府は、結局これに従ってきました。

筆者は大東亜戦争の構造を分析し、遡源することによって、門戸開放主義をめぐる日米抗争及び共産主義との戦いという大きな二つの筋道を探り当て、この二大潮流が合して高まる局頂点に大東亜戦争を定置することを得たと述べています。

大東亜戦争の史的背景を重視する立場をとる筆者は、どうしても近代化への第一歩を踏み出した明治日本と清韓両国との関係から説き起こしていきます。これに続く第一章は、したがって「近代日韓関係の始まり」となります。

・その2,日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Road2.pdf
・ 〃 英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Road2E.pdf
・著者プロフィール: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Naka.pdf

令和4年7月27日
「史実を世界に発信する会」 会長 茂木弘道
協力者代表:神奈川大学教授 小山和伸

*拡散大歓迎

THE ROAD TO THE GREATER EAST ASIAN WAR
Nakamura Akira, Professor Emeritus of Dokkyo University
(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Fact)

Part 2: Introduction

The author says that historical controversies are the most nagging problems confronting Japan during the postwar era. Because Just as an ex-convict, forever branded, must live out his days as a pariah, Japan has seen its history reviled. Encumbered with the aggressor stigma, our country has yet to resume its rightful status in the international community.

Especially, Chinese maintains the notion of Japan as the malefactor and China as its victim. Based on this notion Chinese employ arrogant, intrusive language to describe Japanese textbooks or pilgrimages to Yasukuni Shrine. Unfortunately, Japanese government has acquiesced to the Chinese demand.

By performing a structural analysis of Greater East Asian War, and retracting its process, the author came to discover two main themes, i.e., negotiation between Japan and US in connection with the Open Door Policy, and the battle against communism. That discovery enabled him to position the Greater East Asian War at the climactic point where those two themes met and expanded.

Since author’s position to emphasize the historical back ground of the war he begins with relationship between Meiji Japan and China Korea, both of which were on the verge of modernization. So, Chapter 1 is titled Beginnings of Modern Japan-Korea Relations.”

URL:  https://www.sdh-fact.com/book-article/1952/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Road2E.pdf
Author Profile:  https://www.sdh-fact.com/auther/nakamura-akira/

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.360J 大東亜戦争への道 その1 緒言・目次

2022年7月19日 火曜日

『大東亜戦争への道』(展転社)
中村 粲

その1 緒言・目次

大東亜戦争とは何であったのか、については多くの著作が刊行されています。その中で、本書は660ページを費やした最も本格的な研究書として高く評価されているものの一つです。

近代日本から始まり、日本がどのような道を歩んできたのかという背景をもとにして日本が大東亜戦争にどのような理由から、どのような経過をたどって進んでいったのかを分析しています。

緒言に述べられているように、戦争には多くの場合、複雑な史的背景と原因があります。あの戦争の原因責任ともに日本にありとする、いわゆる東京裁判史観が、あたかも絶対的な真実であるかのように世界の歴史学界ばかりか日本の歴史学界においても主流をなしていますが、本書は事実と優れた分析によってそれに真っ向から対峙する研究書です。

日本の歴史、特に先の戦争について改めて学ぼうとする日本の若者に是非ともこの書を読んでいただきたいと思っています。同時に世界中の研究者、政治家、ジャーナリスト、若い学徒に、この貴重な大著をお読みいただきたいと考え、英訳文をお送りする次第です。

目次をご覧いただけばお分かりのように、第1章:近代日韓関係の始まり、から第20章:日本の和平努力空し、まで20章、更に序章、終章を加えると22章にもなります。この後、章ごとに英訳文を発信していくことにしますので、毎号お読みいただき、もし疑問の点などあったらお寄せいただければありがたく存じます。

・その1,日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Road1.pdf
・  〃 英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Road1E.pdf
・ 著者プロフィール:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Naka.pdf

令和4年7月19日

「史実を世界に発信する会」 会長 茂木弘道

協力者代表:神奈川大学教授 小山和伸

*拡散大歓迎

THE ROAD TO THE GREATER EAST ASIAN WAR
Nakamura Akira, Dokkyo University Professor Emeritus

(English translation: Society for the Dissemination of Historical Fact)

Part 1: Preface and Table of Contents

The Greater East Asian War has prompted the publication of a great many works seeking to analyze the conflict. Among them, The Road to the Greater East Asian War, which devotes 660 pages to the topic, has won high praise for its author’s exhaustive research.

The analysis begins in the modern era, and explores the events that led up to the Greater East Asian War. It includes the background behind actions taken by Japan and the reasons for Japan’s choices.

As the Preface states, most wars are caused by a variety of complex factors, among them historical events. According to what is referred to as the IMTFE (International Military Tribune for the Far East) historical perception, Japan and only Japan bears the responsibility for the outbreak of the Greater East Asian War. That perception, which prevails in historical circles abroad, and even in Japan, is now embraced as an unassailable truth. The Road to the Greater East Asia War confronts that viewpoint head-on with the results of masterful research supported by fact.

It is our hope that the young people of Japan will read this book for a fresh look at an important phase in our nation’s history. We would also encourage scholars, politicians, journalists, and students in the world at large to become acquainted with this valuable resource; to that end, we have decided to prepare an English translation.

As a perusal of the Table of Contents will reveal, Chapter 1 deals with the beginnings of Japan-Korea relations in the modern era, and Chapter 20 with Japan’s strenuous but unsuccessful efforts to achieve peace. If we count the Introduction and Epilogue, there are 22 chapters in all. We hope you will read each installment when it appears. Your questions are always welcome.

URL: https://www.sdh-fact.com/book-article/1949/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Road1E.pdf
Author Profile: https://www.sdh-fact.com/auther/nakamura-akira/

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.359J77記念日=中国共産党が日本に戦争を仕掛けた記念日

2022年7月11日 月曜日

七七記念日=中国共産党が日本に戦争を仕掛けた記念日
「史実を世界に発信する会」 会長 茂木 弘道

85年前の1937年7月7日、盧溝橋事件が勃発しました。

いまだにこれは日本の謀略であるとか、あるいは偶発的な事件だとかいう人々がいますが、真実は中国共産党の謀略に他なりません。

そればかりではありません。この謀略の成功によって日中の戦争が起こり拡大して行ったのです。したがって、中国共産党にとっては言うまでもなく、中国自身、そして日本、世界に取って極めて重大な意味を持つ事件であったのであります。

本論文は事件が中国共産党の謀略によって引き起こされたあと、一旦停戦協定が結ばれたにもかかわらず、これを崩壊させ、戦争拡大へと進めていったのが、中国共産党であることを証明しています。

多くの皆様にご一読いただきたいと思います。もしご疑問などありましたら、できる限り疑問にお答えします、ご質問いただければと思います。

・日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Incident77.pdf
・英訳文:https://www.sdh-fact.com/CL/Incident77E.pdf

令和4年7月11日 「史実を世界に発信する会」 会長 茂木弘道

<回覧大歓迎>

COMMEMORATING JULY 7, 1937: THE DAY ON WHICH THE CCP INITIATED HOSTILITIES AGAINST JAPAN

MOTEKI Hiromichi

Chairman, Society for the Dissemination of Historical Fact

On July 7, 1937, the Marco Polo Bridge Incident arose. Even today we hear claims that the incident was orchestrated by the Japanese military, or that it was an accident. However, the truth is that it was the successful outcome of a CCP (Chinese Communist Party) conspiracy.

The incident was the direct cause of war between Japan and China, which expanded further into a full-scale conflict. Therefore, the Marco Polo Bridge Incident is of considerable significance not only to the CCP and China, but also to Japan and the rest of the world.

This essay proves that the incident was initiated by the CCP. Even after the 29th Route Army and the China Garrison Army signed a local ceasefire agreement, the CCP violated that agreement and a great war ensued.

Questions are welcome.

URL:  https://www.sdh-fact.com/essay-article/1939/
PDF:  https://www.sdh-fact.com/CL/Incident77E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.358J 一般社団法人歴史論戦研究所長挨拶

2022年6月14日 火曜日

科学ではない研究が世界的に出現してきていることを正すための
研究広報活動を推進
「一般社団法人国際歴史論戦研究所」会長挨拶

2022年4月1日をもって「国際歴史論戦研究所」は一般社団法人となりました。法人化に際して、杉原誠四郎会長は、改めて会の目的とするところを表明しました。

会長挨拶: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/iRICH.pdf
英訳文:  http://www.sdh-fact.com/CL/iRICHE.pdf

この中で特に強調しているのは、今日の世界の歴史研究は、科学としての研究から外れ、研究ならぬ研究が横行しているという実情です。その最たる実例が慰安婦問題です。そもそもいわゆる「従軍慰安婦」、強制連行なるものは、1983年に吉田清治という人物が『私の戦争犯罪−朝鮮人強制連行』(三一書房)という架空の物語を書き、それが朝日新聞によって大々的に取り上げたことによって世に出現してきたものです。すでに吉田はそれが作り話であったこを認め、また朝日新聞はこれを取り上げた16もの記事を全面的に削除しています。

ところが、ハーバード大学のラムザイヤー教授が2020年、「太平洋戦争における性サービスの契約」という論文を学術誌に発表するや、韓国、アメリカ、ヨーロッパ、日本を含む世界中の学者、研究者がこの論文撤回を要求するという事態が起こりました。

ラムザイヤー教授は、その後1年間この批判、抗議に対して反論を書き、発表していますが、事実をもとに完膚なき反論となっています。

最後に杉原会長は次の言葉であいさつを締めくくっています。

我々、国際歴史論戦研究所の研究員は、一般社団法人化を契機に、さらに広く世界に視野を向けて、いっそう事実に即したまさに科学としての研究に邁進し、世界人類の平和と発展に尽くしていきます。

令和4年6月14日 「史実を世界に発信する会」 会長 茂木弘道

Statement by Sugihara Seishiro,

President, International Research Institute for Controversial Histories (iRICH)

The International Research Institute for Controversial Histories (iRICH) became a general incorporated association with the official appellation of “General Incorporated Association International Research Institute for Controversial Histories,” as of April 1, 2022. Taking this opportunity, Mr. Sugihara issued the following statement:

Statement: URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1935/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/iRICHE.pdf

He emphasizes that presently, historical studies in the world tend to deviate from the scientific methodology and have become something very different. A typical example is the “comfort women issue.”

The “comfort women problem,” first started by Yoshida Sejji’s book published in 1983, which depicted comfort women “hunting” in Cheju Island. The Asahi Newspaper sensationally and repeatedly published the content of the book, in more than 18 instalments Then, story of “the comfort women” crime, the alleged abduction of Korean women and their sex slave-like treatment, spread all over the world. However, the story was proven to be a total fiction. Yoshida admitted it and in 2014, the Asahi Newspaper deleted all of the 18 articles based on Yoshida’s book.

In 2020, Professor Ramseyer of Harvard University posted a scholarly essay, “Contracting for Sex in the Pacific War,” on the International Review of Law and Economics’ website, in which he clearly stated that comfort women were engaged in sexual services under contract, definitively proving that there was no “forced abduction.” Then, many critics from South Korea, the United States, Europe and Japan, calling themselves scholars, issued a statement asking Professor Ramseyer to withdraw his essay. The number of scholars who joined in the statement demanding the removal of Professor Ramseyer’s essay amounted to 3,665 as of May 11, 2021.

This is an act digressing far from the standards of the scientific study and can no longer be called a study. Those self-proclaimed scholars simply asked for withdrawal of the essay, and did not refer to any facts, neither did they try to refute his arguments. This was not a study concerned with facts. It was not a study by any standards.

Mr. Sugihara closed his statement with the following words:

“We, the researchers of the International Research Institute for Controversial Histories, will look far and wide across the world, make further efforts to continue our study as science, based on facts, and contribute to the promotion of world peace and development of the world for the international citizens.”

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.357J 日本人に対するヘイトスピーチ解消法の制定を

2022年6月14日 火曜日

日本人に対するヘイトスピーチ解消法の制定を
国連自由権規約委員会への意見書

2016年に「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取り組みの推進に関する法律」、所謂「ヘイトスピーチ法」が制定されました。この法律は日本人のヘイトスピーチは規制するが、外国人が日本人にヘイトスピーチをしても全くお構いなしという、とんでもない日本人差別の法律です。

そもそもこんな法律ができたのは、日本の反日左翼の人たちが、外国人(特に韓国人)に対するヘイトスピーチを取り締まれというNGO意見書を国連に繰り返し提出した結果、国連の人権理事会が日本政府にヘイトスピーチ禁止の対策を取れとの勧告を出すようになったのがきっかけです。この影響下で、愚かにも、日本政府自身が日本人差別法を制定してしまったわけです。

国際歴史論戦研究所はこれまでにも人権理事会に対して「ヘイトスピーチ法」の不当性を訴える意見書を提出してきました。この度は、来る10月10日から開催予定の「自由権規約委員会」宛の意見書を提出しました。すでに委員会の公式サイトにも掲載されましたので、ご紹介いたします。

「日本人に対するヘイトスピーチ解消法の制定を」(日本語原文)
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CCPR136.pdf

同英訳文(自由権規約委員会公式サイトに掲載されたもの)  https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CCPR/Shared%20Documents/JPN/INT_CCPR_CSS_JPN_48627_E.pdf

令和4年6月14日 「史実を世界に発信する会」 会長 茂木弘道

Request for Enactment of a Law to Prevent Hate Speech
“against Japanese people”

Proposal to International Covenant on Civil and Political Rights

In 2016, “Act on the Promotion of Efforts to Eliminate Unfair Discriminatory Speech and Behavior against Persons Originating from Outside Japan” was enacted in Japan. The act aims to eliminate hate crimes, but it has a serious flaw because it restricts the target for protection only to “persons originating from outside Japan.”

Therefore The Japan Society for History Text Book and International Research Institute of Controversial Histories jointly submitted a proposal to CCPR-International Covenant on Civil and Political Rights 136 Sessions scheduled 10 Oct – o4 Nov 2022 requesting CCPR to recommend Japanese government to enact a corrective law to prevent hate speech against Japanese people.

Submission to CCPR: https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CCPR/Shared%20Documents/JPN/INT_CCPR_CSS_JPN_48627_E.pdf

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CCPR136e.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.356J 書評 ブラックアウト アメリカ黒人による”民主党の新たな奴隷農場”からの独立宣言

2022年6月6日 月曜日

< 書 評 >
Blackout:
How Black America Can Make Its Second Escape from the Democratic Plantation
Candace Owens, Simon & Schuster, 2020.

日本語版「ブラックアウト

アメリカ黒人による、”民主党の新たな奴隷農場“からの解放宣言」(方丈社)
英文書評者:タダシ・ハマ
日本語訳(「史実を世界に発信する会」 )

“民主党による新たな奴隷農場から黒人を解放する”という、意表を突いたタイトルのこの本は、アメリカの黒人女性が書いているということでも意表を突いたものです。しかも、著者である政治コメンテイターのキャンディス・オーエンズ女史の最初の著書であるにもかかわらず、すでに50万部を超えるベストセラーになっているのです。日本語訳は、4月に出版されましたが、「アメリカ史」部門ではアマゾンでベストセラーになっています。

差別されている被害者の黒人に同情し、その味方を装う左翼、その体現者である民主党は、実は、黒人の敵である、というのがオーエンズの主張です。「被害者の物語」から決別し自分の人生に責任を持つことによってのみ黒人は真に解放されるのであるという主張です。

この考え方の根底には、「自由と法の下の平等」に基づいた古典的民主主義こそが、「個人の自由に寛容な社会」を保証するという思想があります。左翼は自由と「法の下の平等」を蔑視し、「高次元の道徳的な善を求める」という口実で、個人の自由を侵害してやまないといいます。黒人は永遠の被害者と勝手に定義され、それに従い縛られていて黒人の自立はあるのか、とオーエンズは主張します。

我々の考えている常識を覆すこの書は、我々日本人にとってもぜひ読むべき「MUST」の書ではないかと思います。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/blackoutE.pdf
書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/blackout.pdf

令和4年6月6日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

<回覧大歓迎>

Blackout:
How Black America Can Make Its Second Escape from the Democratic Plantation
Candace Owens
Simon & Schuster, 2020.
Review by Tadashi Hama

American political commentator Candace Owens elaborates in her first book her thoughts on what is wrong with black America. Owens had a very large audience before publication of this book—several hundred thousand YouTube subscribers and several million Twitter followers. It is difficult to tell how many of these really agree with her, but at the very least, if anyone has seen her speak, she is a force of nature.

Owens identifies as a conservative—a black American conservative. Those who feed exclusively on mainstream media will regurgitate the media narrative, in that conservatives are white capitalist, gun-loving Christians. Furthermore, according to conventional wisdom, American conservatives are anti-immigration and nationalist; the very definition of a “bigot” and “fascist”. People deeply seeped in the dominant media narrative, unceasingly nag America of how horrible conservatives are and how these “bigots” and “fascist” are an imminent threat to American democracy, that is, the Leftist vision of “American democracy”. A black American identifying as a conservative, however, invites not only hate but derision—surely this black person is slightly mentally unbalanced!

While embracing true liberalism, Owens also rejects “the victim narrative,” in that one’s life is entirely based on the whims of some vague externality that appears every single time. For example, the Left claims that today’s black Americans are a “permanent underclass” due to “institutional racism” and “oppression”. The Left further claims that today’s blacks are still feeling “the lingering effects” of black slavery, which ended 160 years ago. A corollary to this is that today’s whites are responsible for pain and suffering caused by their slave-owning ancestors, from over 160 years ago, and are therefore liable for reparations. Owens believes that the only way blacks can advance themselves, is for them to assume responsibility over their own lives, and to reject “the victim narrative”.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1929/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/blackoutE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.354J 書評 英文版「大東亜戦争 日本は勝利の方程式を持っていた」

2022年5月9日 月曜日

< 書 評 >
Japan’s Master Plan for Victory: What Could Have Been.
Moteki Hiromichi

原書「大東亜戦争:日本は勝利の方程式を持っていた」(ハート出版)
英文書評者:ミロスラフ・マリノフ(哲学博士)
日本語訳(「史実を世界に発信する会」 )

冒頭、マリノフ氏は「茂木氏の新著は太平洋戦争についての読者の理解に挑戦するものである」と述べます。その挑戦は、「もし私が日本は戦争に勝利する現実的な方法を持っていたんだよ、と言ったとすると、君の反応は?」といったものであるといいます。

これにたいする反応は、「歴史修正主義者」の良く言う話か、”if”本の一つかというものに大別されるでしょう。

マリノフ氏によると、”if”本としては、本書は歴史的な事実の詳細な研究に基づいており、また前者、つまり歴史修正主義の範疇に入れるのも、茂木氏のバランスのとれた事実の提示は、「修正主義」検閲体系に挑み、太平洋戦争の現実的解釈への窓を開いてくれるものであると述べています。

1941年11月15日(開戦の3週間前)に開かれた大本営政府連絡会議で採択された「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」こそが日本の勝利の可能性を開く大戦略であったことをベースに茂木氏はその立論をしているわけです。南方資源地帯を抑えたあと向かうべきは、インド洋であり、イギリス東洋艦隊を駆逐した後、インド洋の制海権を握るという戦略でした。この戦略が実現すると、チャーチルが1942年4月にルーズベルト大統領に送った手紙で、「日本がインド洋に侵略し、インド洋の航海路を支配するようになれば、中東におけるイギリスの地位は崩壊し、原油供給の支配権を失うことになると警告した。」と訴えていたおそれが実現するわけです。

最後にマリノフ氏は次のようにまとめています。

本著の主たる価値は、冷静で客観的な太平洋戦争の現実の分析である。その分析は、日本を当時の国際社会の中での関係性でとらえ、様々な対立に対する日本の対応を検証しながら、西洋諸国についてはその責任をすべて免除し、日本については否定的なことすべてに関して日本の責任とし、アメリカの絶対的な力に対して戦いを挑んだ「愚かな日本人」という神話を払拭しようと試みている。残念なことに、この漫画的な神話は、西洋の人種的偏見に根差したものであり、1930年代の紛争よりもはるか以前から存在し、未だに厳然と存在し続けている。本書のような本が、一般の人々の認識を、「膝反射」作用のような感情的な反応から客観的なものに徐々に変えていってくれるよう願いたい。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/Miroslave.pdf

書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Miroslav.pdf

令和4年5月9日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

<回覧大歓迎>


Japan’s Master Plan for Victory: What Could Have Been.
Moteki Hiromichi

Society for the Dissemination of Historical Fact, 2020

Originally published as Daitoa senso: Nihon wa shori no hoteishiki wo motteita (Heart Publishers, 2018).

Reviewed by: Miroslav Marinov, Ph.D.

Mr. Marinov states that Mr. Moteki’s new book challenges the reader’s understanding of the Pacific War: “What if I told you that there was a realistic way for Japan to win the war?”

The readers’ first reaction could be that this is another “revisionist” treatise or that it is one of those popular “what if” books of alternative history.

He says that Mr. Moteki’s book is based on meticulous research of history and therefore it is not reasonable to categorize it as a “what if” type book. He also says that Mr. Moteki’s approach makes it very difficult to place the book in the category of historical “revisionism.” Mr. Moteki’s balanced presentation of the facts challenges the edifice of censorship and opens the window to a realistic interpretation of the Pacific War.

The central focus of Mr. Moteki’s book is the “Draft Proposal for Hastening the End of War against the United States, the United Kingdom, the Netherlands, and Chiang Kai-shek (Approved at the Liaison Conference between Imperial General Headquarters and the Imperial Government, held on November 15, 1941).” The Draft Proposal was realistic because it called for concentration of Japan’s forces near the area of South-East Asia and the Indian Ocean. Japan’s goal was to secure its resources, not to conquer the world. Taking full control over the British supply lines in the Indian Ocean was the next target, which alarmed Churchill who wrote to Roosevelt in April 1942 that the possible Japanese incursion into India and dominance over Indian Ocean routes would bring collapse to the British position in the Middle East and loss of control over the oil supplies.

Mr. Marinov concludes as follows:

The main value of Moteki’s book is the sober and objective analysis of the realities of the Pacific War. It shows Japan within the context of the international relations at the time and helps to understand its reactions to confrontations from which the Western countries are absolved and Japan is blamed for all negative consequences. In that sense, the book dispels the myth of the “foolish Japs” who dared to go against the power of the USA. Unfortunately, this cartoonish myth, rooted in Western racial prejudice, which is much older than the conflicts of the 1930s, still persists. Hopefully, such books will gradually change the public perception from a knee-jerk emotional reaction to objectivity.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1916/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Miroslave.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.353J 鯨は国を助く(全)

2022年5月6日 金曜日

鯨(げい)は国を助く(小学館)
小泉 武夫 著

クジラの資源保護を目的に設立されたはずのIWC(国際捕鯨委員会)が、野生動物保護の流れに乗る一部の反捕鯨国に牛耳られて、1982年に10年間のモラトリアムを決定してしまいました。調査捕鯨を行い、1992年までに科学的な調査結果に基づいて見直すことになっていました。調査結果によるとクジラはむしろ想定されているよりはるかに多くなっていることが分かってきました。

ところが、反捕鯨派はクジラをとること自体がいけないというIWC規約に反するイデオロギー的な主張によって、捕鯨の解禁が認められないという事態が続いた結果、日本はついにIWC脱退を決意し、2019年の7月から捕鯨の再開はできるようになりました。

反捕鯨の主張は、クジラは知能が高いだとかかわいそうだとか、全く客観性のない一方的なものです。しかし彼らは、自分たちの考えは高級で、日本などの考えは野蛮なだという「人種差別的」な思い込みをしているのです。

実態はどうかというと、縄文時代からクジラをとってきた日本は独特のクジラ文化を発展させていました。クジラのあらゆる部分を余すところなく活用するという極めてエコロジカルな使い方をしてきました。さらにクジラの恩恵に感謝する文化も持っていました。クジラ基地の寺にはクジラの過去帳があり、供養碑も数多くつくられています。

実は、日本の戦後の食糧難の時に動物蛋白源の48%を賄ってくれたのがクジラであり、日本国民は大恩があるのです。

このクジラの文化、実態を多方面から解説してくれているのが、東京農業大学名誉教授の小泉武夫先生の著書『鯨(げい)は国を助く』です。

日本の皆さんも知っていただきたいことが満載されていますが、諸外国の人たちの偏見をただし、むしろこれからの地球の環境保護ににクジラは大きな役割を果たす存在であることを知ってもらう本です。

近々、アマゾンとりkindle版、オン・ディマンド出版したいと考えています。

日本語原文:https://www.amazon.co.jp/dp/4093878978/

英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Countinge.pdf

令和4年5月6日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Counting the Blessing of Whales:
Insights from a Chopstics-wielding Patriot
Koizumi Takeo
(Complete version)

IWC (International Whaling Commission) was organized in 1948 for the purpose of conserving whale resources. However, under the trend of natural animal preserving movement, US and some other members dominated the IWC with strong assertion of anti-whaling and decided to adopt 10 years of moratorium of commercial whaling in 1982.

The resolution has a reservation that the moratorium should be reconsidered by 1992

based on the scientific result of research whaling. However, even though scientific data obtained by the research whaling proved that number of whales was much more than previously estimated, rather much increased, the anti-whaling members were stubborn to maintain their insistence of anti-whaling.

Against the purpose of the IWC, they began to assert that “whaling itself should be banned”. No scientific discussion could be permitted at the IWC meeting. Japan finally made a decision to withdraw from the IWC. From July 2018, Japan resumed commercial whaling.

The anti-whaling advocators say that the whale is high intelligent or it is sad to kill whales. Their thought is not based on scientific evidence, rather based on their arbitrary or self-centered conviction. The truth is that they think only they are high class minded, as against savage minded Japanese. This is self-centered typical racism.

Japan has a long tradition of whaling cultured back to Jomon period of nearly 10,000 years. Japan has developed a unique whaling culture. We utilized all part of whales in various purposes. This is extremely ecological use of whales.

The Japanese always treated whales with respect and spared no effort to show reverence. Japanese have been grateful for the blessings of whales and deeply love and respect them. Evidence of this is that there are memorial mounds and graves of whales in temples near whaling stations where whaling thrived. What is even more surprising is that many temples nationwide give a posthumous name to each of the whales caught and hold memorial services for them.

This book written by Koizumi Takeo, professor emeritus of Tokyo University of Agriculture introduces Japanese whale culture extensively. I believe many people in western countries will appreciate its high quality content of this book. Moreover he urges that whales will play an important role for the preservation of the globe environment in future. We are planning to publish this translation via Amazon in kindle and on/demand/publishing in near future.

URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1913/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Countinge.pdf
Profile: http://www.sdh-fact.com/auther/koizumi-takeo/

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.349J 中国ガンとの最終戦争その6 第5章 選択を迫られる日本

2022年4月5日 火曜日

『中国ガンとの最終戦争』(勉誠出版)
林建良著

その6—第5章 選択を迫られる日本

日本が持っている力とは中国の民主化を促す力だと林建良さんはいいます。中国の民主化は、中国を無害にするだけでなく、アジア全体の活性化につながります。

第1節 戦後日本人の独立心の欠如

台湾人が尊敬してやまない日本精神とは
真っ逆さまになった日本人の価値観
潔さという日本人の深層心理
都合のいい独立心の欠如
完全依存が軽蔑を生む
経済だけでは存続できない
日本はカルタゴになりたいのか

第2節 期待されている日本の役割

台湾人の憧れる日本=サムライの国?
そろばん勘定だけの政治家・官僚・経済人
軽蔑を招いた「無機質で抜け目のない日本人」
檻から出ようとしないライオン=日本人
アジアの国々は日本の正常化を願っている
中国癌にたいしてアメリカは盾、日本は矛となる
日本は中国の民主化を促すことができる
日本も人権法を制定すべき
中国癌を無害化するべし

第3節 日本と台湾=兄弟国の再認識

李登輝理念とは何か
深い愛情に根差す李登輝さんの「日台共栄」の理念
文化的日本人であり続けた李登輝さん
李登輝さんの死生観は武士道に通じている
日台共栄の理念とは
日台共同通貨と相互認証
日本の致命傷・中国に対する警戒心のなさ
中国は日本を敵とみなしている
台湾人の「一枝草、一点露」精神
「真実自然」という李登輝理念
一貫して台湾人の敵の側に立つ日本政府
誠実という李登輝理念
日本と台湾の国造り

第4節 間違わなければアジアの世紀はそこにある

頭と体が分離している中国人
儒教は統治者に都合のいいイデオロギー
「徳治」という詐術
中国癌の核心は「大統一思想」
癌の専門医は論語を勉強せよ
中国人を共産党から分断
大統一思想との直球対決
利益と恐怖、中国人の弱いところ
武漢コロナウィルスを利用して中国をバラバラに
上海と四川の独立運動
簡単な方法で中国の分裂を誘発できる
分裂は中国人の幸せにつながる
アジアの危機、その大半が解消される

『中国癌との最終戦争』:https://www.amazon.co.jp/dp/4585230831/
第5章 英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/CancerE6.pdf

令和4年4月5日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

HOW TO DEFEAT CHINA CANCER: THE FINAL SHOWDOWN
(Bensei Publishing Inc.)

Lin Kenryo

(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)

Series No. 6: Chapter 5: Japan at a Crossroads

Dr. Lin says that the US and Japan should fight China cancer together. Japan’s most important role in this fight is to help China democratize.

The worst evil in today’s China is its one-party dictatorship. On a whim, a dictator can rob citizens of their lives and appropriate their assets. In the eyes of the Chinese — of the entire world, for that matter — a monolithic dictatorship is a nightmare. The great majority of Chinese want to leave China and move to a democratic nation. The Chinese long for democracy, and many of them are making a real effort to democratize China.

In the past Japan supported Chinese revolutionaries, helping them to overthrow the Qing dynasty. But today’s Japan does not need to send money or weapons to China as it did in support of the Xinhai Revolution in 1911. Instead, the Japanese need to encourage the democratization of China. Pacifist Japan’s support for democratization would have a considerable impact, and would help motivate the Chinese.

Since the concepts of human rights and democracy are understood throughout the world, and since they transcend generational and ideological boundaries, there will be widespread approval of Japan’s stance and support for democratization. Such a movement would certainly become known to the Chinese people and begin to broaden. The members of the Chinese democratization movement and outside sympathizers could collaborate, and their activities would surely expand. Such an eventuality is the CCP’s biggest fear.

In other words, the democratization of China is the most effective means of mitigating China cancer.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1899/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CancerE6.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 1 of 3612345...102030...最後 »