2019年 のアーカイブ

8月の集計

8/1,S.T.様 10,000 寄付
8/7,O.T.様 10,000 個人会員
8/8,M.T.様 100,000 賛助会員
8/8,O.T.様 10,000 寄付
8/8,H.M.様 10,000 個人会員
8/9,H.T.様 20,000 個人会員
8/9,O.A.様 10,000 個人会員
8/9,O.T.様 10,000 個人会員
8/9,S.K.様 10,000 個人会員
8/10,S.Y.様 10,000 個人会員
8/13,Y.F.様 10,000 個人会員
8/13,O.K.様 10,000 個人会員
8/13,H.F.様 10,000 個人会員
8/13,I.H.様 3,000 寄付
8/14,S.M.様 10,000 個人会員
8/14,S.J.様 10,000 個人会員
8/14,Y.J.様 10,000 個人会員
8/15,K.I.様 20,000 寄付
8/16,N.S.様 10,000 個人会員
8/16,H.T.様 10,000 個人会員
8/16,K.H.様 10,000 個人会員
8/16,T.T.様 5,000 寄付
8/17,Y.R.様 10,000 個人会員
8/19,T.K.様 10,000 個人会員
8/19,E.H.様 3,000 寄付
8/20,I.T.様 100,000 賛助会員
8/20,T.T.様 10,000 個人会員
8/20,K.S.様 10,000 個人会員
8/20,O.Y.様 100,000 賛助会員
8/21,M.F.様 10,000 個人会員
8/21,N.Y.様 10,000 個人会員
8/22,S.M.様 10,000 個人会員
8/23,H.R.様 10,000 個人会員
8/25,S.T.様 10,000 個人会員
8/26,H.M.様 10,000 個人会員
8/27,O.Y.様 10,000 寄付
8/27,H.T.様 10,000 個人会員
8/28,T.K.様 10,000 個人会員
8/29,S.K.様 10,000 寄付
8/29,Y.Y.様 10,000 個人会員
8/29,F.I.様 10,000 個人会員
8/30,I.K.様 5,000 寄付
8/30,T.K.様 10,000 個人会員
8/30,S.Y.様 10,000 寄付

合計 706,000 円

誠に有難うございました。

SDHF Newsletter No.249J 書評「不都合と不愉快」

<書 評>
『不都合と不愉快:日本の慰安婦問題のパラダイム転換』
マーシャル・ワーズワース著
クリエイトスペース・インデペンデント出版
書評者 タダシ・ハマ(日本語訳:「史実を世界に発信する会」 )

これは、アマゾンのon-demand 出版ではありますが、欧米でもようやくまともな慰安婦論が本としても出てきたのは、大変喜ばしい限りです。われわれが、英文で様々なサイドからこの問題を発信してきたことが、それなりの貢献をしているのではないかと自負している次第です。
タダシ・ハマ氏の書評をお届けする次第です。その最初のパラグラフでは次のように概要を述べています。

韓国のナショナリスト(民族派)、人権活動家、マスメディアは、戦時中の日本の売春制度を、「国家がスポンサーとなった性奴隷システム」であり、「体系的に組織された不法(非合法?)かつ不道徳な軍事活動」の一環だったと主張する。日本軍の売春制度というものは、今では、多数の証拠書類によって、告発されているようなものではなかったということが明らかになっている。戦時中の米軍が記録し、戦後は捕虜の尋問や押収した日本側の書類などが出てきているのである。その史料の多くが公表されてから相当な期間を経ているというのに、なお韓国の民族派およびそのシンパは、鼻で笑って相手にせず、もしくはことさらに見て見ぬ振りをしているのである。本書の著者マーシャル・ワーズワースは、第二次世界大戦中の日本軍の売春システムについて事実を究明し、彼なりに分析・解釈を加えている。本書は、日本軍の売春システムの真の性質、および戦時中の慰安婦の役割について、分析し解釈するための史料(資料)を豊富に提供している。

いわゆる韓国の民族派、そしてそれを何の疑いもなく支持する欧米のマスコミ、学者たちは、全くの「作り話」を、相も変わらず前提にして人権だとかなんとか慰安婦問題を論じています。それはいかに空しいことであるか、本書をよめばはっきりするでしょう。

書評英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/hata-book-review.pdf
日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/hata.pdf

令和元年8月26日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道


Inconvenient and Uncomfortable:
Transcending Japan’s Comfort Women Paradigm
Marshal Wordsworth
CreateSpace Independent Publishing, 2018
Reviewed by Tadashi Hama

We are pleased that a straight-to-the-point book on the Comfort Women has been written by an American and published in the US, even though it is through Amazon’s on-demand publishing. We would like to think that our previous efforts in disseminating books and articles on this subject through our website and by other means have contributed to the emergence of books like this, and this one in particular.
Here is Mr. Tadashi Hama’s overview of the book:

The Korean nationalists, human rights activists and the mass media characterize Japan’s war-time brothel system as a “state-sponsored sexual slavery system involving a systematically organized illegal and immoral military operation.” Much of the details of the Japanese military brothel system, documented by the US military in war-time and post-war prisoner interrogations and captured Japanese documents that showed that these accusations were false, have been in the public realm for some time, yet they have been either downplayed or studiously ignored by Korean nationalists and their allies. Writer Marshall Wordsworth collects the facts and offers his reflection on the World War II Japanese military brothel system. In fact, the current book offers much for reflection, not only on the true nature of the Japanese military brothel system but also on the comfort women’s role during the war.

Korean nationalists, western media, intellectuals and human rights groups, with blind obedience, continue to support the Comfort Women story and espouse “justice” (revenge?) in terms of “violations of human rights” and “criminal” behavior. Readers of this book will immediately see how stupid and how unscrupulous they are.

Book:https://www.amazon.com/Inconvenient-Uncomfortable-Transcending-Comfort-Paradigm/dp/1724576763/ref=sr_1_1?keywords=inconvinient+and+uncomfortable&qid=1566369045&s=gateway&sr=8-1-spell

Book Review: HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/1393/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/inconvenient-and-uncomfortable1.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

不都合と不愉快:日本の慰安婦問題のパラダイム転換 マーシャル・ワーズワース 書評

Inconvenient and Uncomfortable: Transcending Japan’s Comfort Women
Paradigm

日本文ダウンロード

英文ダウンロード

7月の集計

7/1,O.T.様 5,000 寄付
7/1,T.H.様 10,000 個人会員
7/1,U.N.様 10,000 個人会員
7/2,O.Y.様 10,000 個人会員
7/3,T.H.様 5,000 寄付
7/3,H.M.様 10,000 個人会員
7/3,D.K.様 10,000 寄付
7/9,T.T.様 15,000 寄付
7/9,T.K.様 10,000 個人会員
7/9,K.Y.様 10,000 寄付
7/9,S.H.様 100,000 賛助会員
7/10,Y.Y.様 20,000 個人会員
7/10,I.M.様 10,000 個人会員
7/11,Y.M.様 50,000 個人会員
7/11,K.T.様 10,000 個人会員
7/11,F.Y.様 10,000 個人会員
7/11,I.T.様 10,000 寄付
7/12,S.T.様 10,000 個人会員
7/12,G.M.様 10,000 個人会員
7/13,M.M.様 10,000 個人会員
7/16,N.K.様 10,000 個人会員
7/16,W.T.様 10,000 個人会員
7/17,K.I.様 20,000 寄付
7/17,G.N.様 10,000 寄付
7/17,O.T.様 10,000 個人会員
7/17,A.H.様 10,000 個人会員
7/20,S.Y.様 10,000 個人会員
7/22,E.T.様 10,000 個人会員
7/23,A.M.様 10,000 個人会員
7/23,A.K.様 10,000 個人会員
7/23,N.T.様 100,000 賛助会員
7/24,T.H.様 20,000 個人会員
7/25,N.M.様 3,000 寄付
7/26,T.M.様 10,000 個人会員
7/29,H.T.様 10,000 個人会員
7/31,M.T.様 10,000 個人会員
7/31,T.S.様 50,000 寄付

合計 648,000 円

誠に有難うございました。

SDHF Newsletter No.248J 軍艦島3

軍艦島―韓国に傷つけられた世界遺産(ハート出版)
松木 國俊
その3 第1部:第3章、第4章、第5章

映画『軍艦島』が、事実の歪曲というよりも空想的な捏造映画、プロパガンダ映画であることを前回ご紹介しました。日本人労働者と同じ賃金を稼ぎ、子供は日本人と同じ学校に通っているのに、暴動を起こして日本の軍隊と熾烈な戦いに勝って軍艦島を脱出した、というあきれた話です。警官が2名しかいない島です。「幽霊」の軍隊とでも戦ったというのでしょうか。
さらに、この映画とほとんど似た内容の本が、なんと幼児向けに作られているのです。『軍艦島―恥ずかしい世界文化遺産」(尹ムニョン作)(ウリ教育)という児童用の絵本がその一つです。日本は朝鮮半島から幼い少年たちまで強制的に日本に連行したのです、と書かれています。そんなことをされても只の1件も暴動を起こさないという情けない民族が朝鮮だったのか、とまともな子供なら疑問に思うのではないかと心配になります。
『地獄の島 軍艦島』(金ヨンスク著)(ブルビット社)は小学校低学年向けの童話です。主人公のグンテの父親は「日本の奴らはトラックでやってきて道行く人を拉致して引っ張っていった。お前も用心しろ」といいます。もちろん、朝鮮で日本が道行く人を拉致して引っ張っていった」などということは「皆無」です。1943年10月、グンテの父に「令状」が届き、端島へ「連行」されます、と書かれていますが、朝鮮で「徴用令」が発動のされたのは、日本本土に遅れること5年後の1944年9月ですから、「令状」など来るはずもありません。よくウソを重ねるものです。こうしてウソを叩き込まれた韓国の子供がゆがんだ反日思想の持ち主になるのは不思議ではありません。
なお、一つ付け加えておくことがあります。第5章に書かれているように、「軍艦島は地獄」という情報は実は日本発でもあるということです。『軍艦島に耳を澄ませば―端島に強制連行された朝鮮人・中国人の記録』(長崎在日朝鮮人の人権を守る会)(2011年)には、「軍艦島」をアウシュビッツと同列とみなした、ウソが満載されています。さらに『<写真記録>筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』(林えいだい著)(弦書房)も全く虚構の証言を写真につけています。さらに、長崎市内に「岡まさはる記念長崎平和資料館」なるものがあり、強烈な反日イデオロギーに基づいた情報館となっています。
慰安婦問題の発端は、吉田清治の『私の戦争犯罪』という捏造物語本でした。同じような捏造本、ウソ資料が日本発で「徴用工」についても発信されているという事実を忘れてはいけません。

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/gunkan3.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima2.pdf

令和元年8月5日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Gunkanjima (Battleship Island): A World Heritage Site Soiled by Korea
–Another distortion of history, akin to the “comfort women”
By Matsuki Kunitoshi
Series No.3: Part 1: Chapter 3, Chapter 4, Chapter 5

In Series No.2, I demonstrated that the film Gunkanjima was a fantasy and a complete distorted of reality. The reality was that Korean workers were paid wages at the same level as Japanese workers and Korean children went school together with Japanese children. But the climax of the film, Korean workers revolting against the Japanese military and marching on to victory, was really laughable, in that there were no military units in Gunkanjima—just two police officers on the whole island. Perhaps the Koreans were fighting ghosts.
Books with similar content are marketed towards children! Gunkanjima—Shameful UNESCO World Heritage (written by Lee Munyon, Uri Education) states that Japan even forcibly abducted little boys from the Korean Peninsula and took them to Japan. We are not sure what to think of Koreans who did not even rebel once against the Japanese back then, if what the book states is true.
Hell Island Gunkanjima, was published by Pullbit Publisher and written by Kim Yon-suk for lower level primary school children. Gunte’s father said to him, “Those Japanese came aboard a truck and abducted people walking on the street at random. You’d better be careful.” Of course, this is a complete lie, in that Japanese abducted Korean people minding their own business. Not one Korean ever reported such an event. It is sad and disgraceful that Korean children are being taught false and hateful stories at an early age.
One thing I should mention. As written in Chapter 5, Japan is in fact one of the sources of lies concerning Gunkanjima, a so-called island of hell. The book Listen to Gunkanjima—A Record of Forcibly Abducted Koreans and Chinese in Hashima was published in 2011 by the Society to Vindicate the Human Rights of Korean Residents in Nagasaki. Photo documentation—Chikuho, Gunkanjima, Forced Abduction of Koreans and Later Years (hereinafter, Chikuho/Gunkanjima), written by Hayashi Eidai (Gen Shobo), is another book of that genre. Moreover, in Nagasaki City, there is a place called the Oka Masaharu Memorial Nagasaki Peace Museum. This museum extensively presents lies and distorts the contents of photographs.
The origin of the “Comfort Women sexual slavery” story was the book, My War Crime, written by Yoshida Seiji, published in 1983 in Japan. Today, it has been completely verified that his story was entirely fake. Once again, Japan issues lies concerning war-time labor conscription—Japan itself is creating the “Korea problem”.

URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1379/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima2.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.247J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!2

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)
茂木 弘道
その2 第1章 日本は侵略戦争をしたのか

本書の主目的は、真珠湾攻撃はだまし討ちであったのか、日本の侵略戦争であったのかを明らかにしようというものではありません。日本は勝利の戦略を持っていたのか、持っていたとしたらなぜそれが実現できなかったのか、を明らかにしようというものです。
しかし、侵略戦争であったのか否か、ということは基本的な前提として重要なことですので、1章を割いてこの問題を論じています。
その主要ポイントは次のことがらです。
1) 第二次大戦の根本原因としての1929年大恐慌とアメリカの超自己中心的な対応としてのスムート・ホーリー法
2) スムート・ホーリー法をきっかけとした世界主要国のブロック経済政策
3) スチムソン・ドクトリンという日本差別政策
4) コミンテルンの敗戦革命を狙いとした世界戦争促進政策
5) アメリカによる一方的な日米通商条約の破棄通告(1939年7月)
6) 経済封鎖は戦争行為である
7) 米上院軍事外交合同委員会におけるマッカーサー証言
8) 宣戦布告は絶対的な義務ではなく、真珠湾はだまし討ちではない
9) ルーズベルトは7月23日に日本本土爆撃計画にサインをしていた
10)ハーバート・フーバー第31代大統領の断言:
「日本との戦争のすべては、戦争に入りたいという狂人(ルーズベルトの欲望であった)(『裏切られた自由』(ハーバート・フーバー)
日米対立の元でもあった日中戦争については複雑になるので、ここでは詳しくは述べられていません。同じ著者の『戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのか』(自由社)を参照していただくよう注記してあります。一言述べれば、日本は何度となく和平提案を行い、また一片の領土要求もしていないということです。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater02.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.2-Chapter-1.pdf

令和元年7月31日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018
Series No.2, Chapter 1: Did Japan Wage a War of Aggression?

Was the Japanese strike on Pearl Harbor a “sneak” attack? Was Japan an “aggressor” in World War II?
These are weighty questions. However, my intent in writing this book was not to address them in great detail, as anyone who has read the Foreword can see.
Still, I see no reason to go to great lengths to avoid any mention of these topics. I will briefly describe my thoughts on these matters.
The followings are the main points I wrote in this Chapter concerning these matters:
1) The panic of 1929 and the Smoot-Hawley Tariff as foundations for WW II,
2) Proliferation of economic blocks leads to fragmentation of the world’s markets,
3) The Stimson Doctrine,
4) The Comintern embraces revolutionary defeatism and promotes war under an anti-war slogan,
5) Unilateral abrogation of the Japan-US treaty by America (announced July 1939),
6) Economic blockade are acts of war,
7) MacArthur’s testimony before the US Senate in 1951,
8) Declaration of war is not mandatory and the Pearl Harbor strike was not a “sneak” attack,
9) Roosevelt approves a plan for the bombing of Japan in July 1941,
10) The conclusion reached by the 31st President of the US, Herbert Hoover:
The whole Japanese war was a madman’s desire to get into war. By madman, Hoover meant Franklin D. Roosevelt.
The major reason for US-Japan conflict was the Second Sino-Japanese War. But it is a great task to thoroughly analyze this war in detail here, so readers are recommended to read my other book, Why Apologize to China, the Instigator of the Second Sino-Japanese War? http://www.sdh-fact.com/CL/How-China-Started-the-Second-SinoJapanese-War-Whole.pdf

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1377/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.2-Chapter-1.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.246J 軍艦島2

軍艦島―韓国に傷つけられた世界遺産(ハート出版)
松木 國俊
その2 第1部:第1章、第2章

「軍艦島」が徴用による「強制労働」「韓国人労働者虐待」の象徴とされるようになったきっかけは、「軍艦島」が、日本の「産業革命遺産」の一つとしてユネスコの「世界世界文化遺産」に登録されることになったことでした。
「軍艦島」が「世界文化遺産候補」として取り上げられることになると、韓国は組織的な妨害工作を行いました。その一つに「朝鮮人労働者が『軍艦島』で虐待された証拠写真なるものがあります。実は、これは大正14年9月9日付「旭川新聞」に掲載された道路工事現場で働く日本人労働者の写真であることがわかりました。
これほどのウソを根拠に執拗に反対する韓国に対して、日本の外務省はまたしても禍根を残す対応をしてしまいました。韓国の主張を受け入れて、登録時に「forced to work」という言葉を世界文化委員会遺産委員会で表明してしまったのです。これはどう見ても「徴用工の強制連行」を認めたと解釈されてしまいます。韓国は自らの立場が認められたと確信して、「強制労働」非難のキャンペーンを進めてきました。
前回のその1で、ご紹介しましたように、『軍艦島』という全くのウソに基づく映画を作り、国内ばかりか、ニューヨークのタイムズスクエアの巨大電光掲示板を使って宣伝するなど世界に広めようとしています。
日本政府は、強制連行を確認する証拠はないと反論していますが、「強制労働」を認めてしまっているので、韓国は居丈高に「強制」「虐待」を主張しているわけです。「何?証拠がない」それなら「これが証拠だ」とばかり、大ウソ満載のプロパガンダ映画を平然と作り、宣伝しているわけです。
第2章では映画にはいかにひどい大ウソが取り上げられているのかの実例が紹介されていきます。

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/gunkan2.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima1.pdf

令和元年7月26日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Gunkanjima (Battleship Island): A World Heritage Site Soiled by Korea
–Another distortion of history, akin to the “comfort women”
By Matsuki Kunitoshi
Series No.2: Part 1: Chapter 1, Chapter 2

In July 2015, the former coal mining facility of Gunkanjima (Battleship Island), located southwest of the Port of Nagasaki, was inscribed as UNESCO World Heritage Cultural Property.
When it was made known that Gunkanjima’s facilities were included on the UNESCO World Heritage List, Korea opposed this, arguing that Korean workers were forced to work in an inhumane environment. Their opposition was strident and persistent. They produced much propaganda that allegedly showed Korean workers in misery. Included was a photo that allegedly demonstrated abused Korean workers at Gunkanjima. However, an expert examined the photo and found that it was a photo from the Asahikawa Newspaper, dated September 9, 1926. The photo was of Japanese workers at a construction site.
Regrettably, as always, the Japanese Ministry of Foreign Affairs took a very compromising attitude towards Korean pressure. To appease Korea, Japan’s Foreign Ministry acknowledged the use of “forced labor” to the Committee on World Cultural Heritage at the time of Gunkanjima’s inscription. Koreans were no less appeased by these words. Rather, they were further encouraged to attack Japan, on the ground that the Japanese government acknowledged the use of “forced labor”.
The Koreans turned up their propaganda campaign. As introduced in No.1 of this series, they produced a film Gunkanjima (Battleship Island), which is nothing but lies and fabrications. Towards the end of the film, Korean “mobilized workers” and “comfort women” take up arms and overcome the Japanese soldiers. The Koreans then escape to freedom from Gunkanjima by boat. This is really laughable, as at the time there were only two police officers in one koban on the entire island—there were no Japanese military personnel.
The film was not only promoted in Korea but worldwide. The film was advertised in the US, for a week, with the help of the Times Square billboard in New York City.

URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1372/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima1.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.245J 国連人権理事会で徴用工問題に対する意見表明

国連人権理事会で徴用工問題に対する意見表明
「徴用工は朝鮮半島からの戦時労働者」
松木 國俊
[name]
「国際歴史戦研究所」(International Research Institute of Controversial Histories/ iRICH) は、6月24日から7月12まで開催されたジュネーブ国連人権理事会の第41セッションに3人の代表を派遣し、徴用工問題に関する意見表明を行いました。メンバーは、松木國俊(朝鮮近現代史研究所長)、坂本道徳(軍艦島元島民、NPO法人軍艦島を世界遺産にする会理事長)李宇衍(イ・ウヨン)(韓国落星台経済研究所研究員、経済学博士)の3名です。
徴用工問題について、真実はこれである、ということを日本人研究者、徴用工が虐待されたとされている軍艦島の元島民、韓国の経済学者がそれぞれの立場から明らかにしたものです。
松木國俊氏の意見書と国連でのスピーチ動画とをご紹介します。
まず、ショートスピーチ(制限90秒)は下記のとおりです。

動画:https://www.youtube.com/watch?v=h3KzUgNBQkw
(iRICH のYouTube チャネルより)

松木國俊氏の意見書 「徴用工は朝鮮半島からの戦時労働者」
日本語 https://i-rich.org/wp-content/uploads/2019/07/Wartime-Laborers_JPN.pdf
英語  https://i-rich.org/wp-content/uploads/2019/07/Wartime-Laborers_EN.pdf

李宇衍氏の意見書 「韓国人戦時労働者の実態」
日本語https://i-rich.org/wp-content/uploads/2019/07/The-True-Circumstance-of-Mobilized-Korean-Laborers_JPN.pdf
英語https://i-rich.org/wp-content/uploads/2019/07/The-True-Circumstance-of-Mobilized-Korean-Laborers_EN.pdf

平成31年7月25日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

A Pronouncement on “mobilized workers from Korea”
at the UN Human Rights Council 41st session

The International Research Institute of Controversial Histories (iRICH) sent a mission to the UN Human Rights Council’s 41st session, held from June 24 to July 12, 2019, to make a statement concerning wartime workers mobilized from Korea. The mission consisted of three members: Mr. Matsuki Kunitoshi, Modern Korea Research Institute; Mr. Sakamoto, former “Battleship Island” resident and Mr. I U-yon, NAKSONDE Economic Research Institute (Korea). The pronouncement reflected several positions, of a Japanese Korean Researcher, a Japanese former resident of Battleship Island, which was called a hell for mobilized Korean workers, and a Korean economist.

Mr. Matsuki Kunitoshi made a presentation at the session:

Mr. Matsuki’s speech on You Tube: https://www.youtube.com/watch?v=h3KzUgNBQkw
Mr. Matsuki’s statement:
Mobilized workers were wartime laborers from the Korean Peninsula
http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-9.pdf

Mr. I U-yon’s Statement: The true circumstance of mobilized Korean laborers
https://i-rich.org/wp-content/uploads/2019/07/The-True-Circumstance-of-Mobilized-Korean-Laborers_EN.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.244J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!1

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)
茂木 弘道
その1 はじめに、目次

大東亜戦争は、日本がABCD包囲によって追い込まれ、石油という決定的な資源供給を絶たれたことにより、その包囲網を打破するために已むに已まれず立ち上がった戦争であるということは紛れもない事実です。
しかし、よく言われているように負けるとわかっていても戦わざるを得なかったのかというと、必ずしもそうではありませんでした。10倍以上のGNP、資源を持つアメリカに勝てるはずがない、というのはいかにももっともらしい見方ですが、しかし、日本は単純にアメリカを「打倒」する戦争を行ったわけではありませんでした。
開戦の3週間前の昭和16年11月15日に大本営政府連絡会議において「対米英蘭蒋戦争終結促進に関する腹案」という、戦争のグランドデザインというべき戦略が採択されました。
この戦略は、太平洋という日本にとって地理的な戦力・武器を活用し、米英の補給線を遮断することにより、弱い輪である英国をドイツと協力して追い詰めるというものです。この戦略の中心は、インド洋を制圧し、イギリスのスエズ軍へのインド、オーストラリア、ニュージーランドからの物資、兵士の補給を絶ち、重慶の蒋介石軍へのアメリカからの武器補給を断って蒋政権を屈服させ、汪蒋連合親日政権の樹立を狙うというもので、きわめて実現の可能性の高いものでした。さらに、セイロン上陸、インドへの上陸からインド独立も視野に入ったものです。アメリカに対しては、太平洋という「距離」を活用して、おびき出してせん滅するという作戦です。
この戦略の実現可能性をシミュレーションによって証明し、ではなぜこれが実現できなかったのか、ということを明らかにしていこうというのが本書の趣旨です。
今回は、まえがきと目次ですが、英訳版には「英訳版向け」のものを追加しましたので、その日本語版も掲載してあります。

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater01.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.1-Foreword-TOC.pdf

令和元年7月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018
Series No.1: FOREWORD & TOC

If I were to say that Japan had a formula (and a viable one at that) for victory in World War II, what sort of reaction would I get? Perhaps most people would be dismissive, wondering how I could be suffering from such a delusion at this late date. Certainly most citizens of the Western world would react that way.

James B. Wood of the William College history professor sums up the mentality of Western world regarding this topic in his book Japanese Military Strategy in the Pacific War: Was Defeat Inevitable? As follows.

“Why were the Japanese so crazy as to take on the United States?” or “How could a country with a GNP about that of Italy or Canada, expect to win?” or “Why should we expect anything else from a country with a feudal warrior code and culture, emperor worship, racial supremacy notions, and a total lack of sympathy or respect for her neighbors?” The implication is that those responsible for Japan’s path to war were ignorant or irrational, perhaps a blend of both, as well as basically evil — a perfectly other counterpoise to the victor of modernity in all respect, the United States.

However, I would like to present quite a different view on this topic in this book. On November 15, 1941, three weeks prior to the Pearl Harbor strike, the Japanese government and Imperial General Headquarters held a liaison conference. Those present discussed the Draft Proposal for the Promotion of the End of the War Against the United States, the United Kingdom, the Netherlands, and Chiang Kai-shek), and decided to execute it. I consider this the master plan, the plan for victory, and will be analyzing it with the aid of practical simulations throughout this book.

If Japanese military leaders abided by this master plan, the situation will be very likely to become the one, which Winston Churchill feared as expressed in his letter to Franklin D. Roosevelt sent on April 15, 1941.

I must revert to the grave situation in the Indian Ocean … arising from the fact that the Japanese have felt able to detach nearly a third of their battle fleet and half their carriers, which force we are unable to match for several months. The consequences of this may easily be: (A) The loss of Ceylon. (B) Invasion of Eastern India with incalculable internal consequences to our whole war plan and including the loss of Calcutta and of all contact with the Chinese through Burma. But this is only the beginning. Until we are able to fight a fleet action there is no reason why the Japanese should not become the dominating factor in the Western Indian Ocean. This would result in the collapse of our whole position in the Middle East, not only because of the interruption to our convoys to the Middle East and India, but also because of the interruptions to the oil supplies from Abadan, without which we cannot maintain our position either at sea or on land in the Indian Ocean Area. Supplies to Russia via the Persian Gulf would also be cut. With so much of the weight of Japan thrown upon us we have more than we can bear.

I’ll also present analysis why this victorious strategy was not realized in this book.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1370/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.1-Foreword-TOC.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!  茂木 弘道(著) ハート出版


JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY: WHAT COULD HAVE BEEN No.1

日本文ダウンロード(はじめに、目次)

日本文ダウンロード(第一章)

日本文ダウンロード(第二章)

英文ダウンロード(はじめに、目次)

英文ダウンロード(第一章)

英文ダウンロード(第二章)

ページ 2 of 512345