SDHF Newsletter No.141J スノー作戦(書評)

『Operation Snow』『スノウ作戦』

本書は2012年に Regnery Publishing より出版されました。


 ハリー・デクスター・ホワイトはルーズベルトの最側近であったヘンリー・モーゲンソウ財務長官の懐刀(財務次官補)として活躍した男である。本書は、ソ連のスパイであったホワイトが、ソ連赤軍情報部(GRU)のアメリカ駐在部代表ボリス・ブコフ大佐指揮による「Snow Operation」工作により、「日米戦争をそそのかせる」活動をしたことを明らかにし、真珠湾攻撃にソ連が果たした役割を強調する論を展開している。
 また、本書は、「アメリカ善玉・日本悪玉」という常識化されている見解に大きな疑問を投げかけてもいる。本書には、「史実を世界に発信する会」 のサイトに掲載されている英訳文献がかなり引用されていることも付け加えておきたい。
本書評は、Tadashi Hama 氏による英文の書評を日本語訳としてご紹介するものです。ぜひご覧ください。


平成28年9月23日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

Operation Snow:
How A Soviet Mole in FDR’s White House Triggered Pearl Harbor
John Koster
Regnery Publishing, 2012
(Reviewed by Tadashi Hama)

There are a number of works on the 1941 Japanese strike on Pearl Harbor that clearly demonstrate that the Franklin Delano Roosevelt Administration had ample warning of an attack by Japanese forces (Toland, 1982; Barnes, 1972). Furthermore, these works show a deliberate withholding of information by the Administration to US forces in Pearl Harbor, leading to the loss of over 2,000 lives. There are those who suggest that the Administration chose to sacrifice American lives in such a manner so that anglophile FDR could enter European War “on his white horse and save England” from Germany.
Historian John Koster’s findings are a significant extension of the current literature on Pearl Harbor. The book is fascinating on two accounts, not only in detailing the Soviet role and the person responsible for provoking war between Japan and the US but also in vivid depiction of the personalities and events of a grim era.

Book Review: HTML:

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact