‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.283J 書評「知的劣化」

2020年7月27日 月曜日

<書 評>
困ったことだ:
なぜ我々は知的に劣化してきているのか、その将来に対する意味は?
エドワード・ダットン&マイケル・ウッドリー・オブ・メニー著
インプリント・アカデミック 2018
書評者:アルドリック・ハマ

現在、われわれ(直接的には欧米の人々)の知性が劣化してきている、というかなり衝撃的な論を主張している人がいます。本書にその論拠が書かれています。ブリタニックス(英国人及び海外に植民した人々の子孫)の歴史・行動・心理・遺伝表現形態などのデータをベースにこの主張を組み立てており、恣意的な判断、というわけではなさそうです。
特に、産業革命以来科学テクノロジーの分野で「重要な改革」に貢献した「大改革者」やエリートの天才が減りつつあることを指摘しています。全般的な知性の劣化の論証についてはなるほどと思わせるものも多いですが、書評者が最もショックを受けたのは、コンコルドという画期的な超音速機が、2003年に墜落して以来、全く姿を消すてしまったことだといいます。これは結局は、人類がもはや超音速輸送機を開発し維持するだけの「認知能力」を持たなくなってしまった、つまり「無能」のせいだというのです。
さて、劣化した知性が示す将来にかかわる問題として、「反理性的なイデオロギー」が「認知エリート」の間に広まりつつあることを評者は取り上げています。
生物学的な現実を無視して、結果の平等を期待し、要求する考えです。「性差別」と「人種差別」さえなければ万人は能力的にも平等になる。したがって、どんな手段を使ってでも差別を根絶するという全体主義的な思想です。
東アジアの国々もこうした影響を強く受け、西洋と同じ運命をたどりそうな状況にも見えます。西洋の自由民主主義イデオロギーに否定された、血縁と集団の絆こそ、東アジア諸国が自らの衰退という問題に対応し、西欧の衰退という世界の中で大きな役割を果たしていく可能性があるのではないか、と評者はいいます。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/Whye.pdf
日本語訳:  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Why.pdf

令和2年7月27日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>

At Our Wit’s End: Why We’re Becoming Less Intelligent
and What it Means for the Future
Edward Dutton and Michael Woodley of Menie
Imprint Academic, 2018
Reviewed by Tadashi Hama

A previous book by Woodley of Menie, Rhythm of the West (Council for Social and Economic Studies, 2017), outlined the rise and fall of general intelligence in the West, extrapolating from historical, behavioral, psychological and phenotypic data obtained from Britannics (meaning the British and those descended mainly from British colonists overseas). The current book, co-authored with Edward Dutton, reiterates the observation that general intelligence is currently declining and demonstrates the decline with data that did not appear in Rhythm of the West. The current book goes further than the previous book, addressing the source of the decline, lucidly spelling out what is in store for western civilization if current trends continue unabated and suggests what could be done to halt or at least retard the decline.
The authors demonstrates that general intelligence is decreasing and has been in decline since the Industrial Revolution, particularly in the number of “macro-innovation” or elite geniuses who are responsible for the “significant innovations” in science and technology that have led to fundamental changes in our lives.
The book’s overall message, that the West will fail due to its own success, should be remembered upon reviewing current events, particularly the political turmoil in the US. As intelligence in post-industrial humans is in decline, as suggested by recent studies in European countries, there appears to be greater adoption of “anti-rational ideologies”. The more intelligent, the cognitive elite, are most affected. They are caught by the foolish and highly divisive idea that everyone is equally capable were it not for “racism” and “sexism”, which need to be suppressed using old-fashioned totalitarian methods pioneered by the likes of Hitler and Stalin.
In any event, it seems that some but not all East Asian countries understand the root of the problem as outlined by the current book.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1569/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Whye.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.282J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!5

2020年7月9日 木曜日

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)
茂木 弘道
その5 第4章 なぜ勝利の戦略が実現できなかったのか

第3章で、「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」に沿った戦いを進めれば、チャーチルがルーズベルト宛書簡(17年4月7日)で悲鳴を上げているように、日本の勝利は極めて現実的なものとなっていたのでした。
しかし、実際に行われた日本軍の作戦は、「腹案」に全く背いたものでした。ミッドウエー、ガダルカナル、ニューギニアと太平洋方面前方決戦に突入し、最も避けるべき消耗戦へのめり込んでいってしまったのでした。
ではなぜそうなってしまったのか。結論をいえば、もともと「腹案」にはあり得ない「真珠湾攻撃」が、余りにも大成功を収めたために、「勝利病」が海軍のみならず、陸軍にも影響を与え、本来の戦略から逸脱していってしまったということです。
17年の2-3月、第2段作戦の検討会において、陸軍は「腹案」にそった長期不敗の防衛体制を整えることを主張したのでしたが、海軍は敵の前進大拠点(オーストラリア)攻撃を主張するという対立が生じたのでした。結果として、「勝利病」蔓延の状況下で、妥協というより、海軍よりの路線が選択されてしまったというのが真相です。3月7日に決定した「今後採るべき作戦指導の大綱」がそれです。
こうして、太平洋前方決戦が行われていき、ガダルカナルで途方もない消耗戦に引き込まれることになります。そして発動直前であった勝利の決定打であるはずの、5号作戦、11号作戦が中止となり、勝利の可能性が消えていったのでした。
その根本原因は、陸軍と海軍の統帥権が分立していて、統合参謀本部が不在てあったところにあると考えています。「腹案」の実行を「命令する」部署が存在していなかったということです。天皇がいるではないか、という方がいるでしょうが、天皇は究極の権威ではありますが、具体的な実行命令者ではありませんでした。具体的な軍事の統合者=統合参謀総長の不在が致命傷でした。
いいかえれば、アメリカにはルーズベルト、イギリスにはチャーチル、ソ連にはスターリンという陸海軍を直接統帥し、政治権力も支配する独裁者が日本にはいなかったということです。天皇が独裁者であったなどというのは全く実態を知らない人の錯覚です。
日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater05.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.5.pdf

令和2年7月9日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018
Series No.5, Chapter 4: Why Japan Could Not Implement Master Plan

As I described in Chapter 3, had Japan adhered to the “the Master Plan,” Japan would have had a good chance of winning the war. I showed Churchill’s letter of April 15, 1942 addressed to Roosevelt in which he pointed out that the UK was facing a critical situation with Japan’s advance to Ceylon and India.
However, Japan took a very different course; starting with Pearl Harbor, followed by Midway, New Guinea, and Guadalcanal. The Pearl Harbor attack itself was a deviation from the Master Plan. But the dramatic success at Pearl Harbor spawned a “victory contagion”, which greatly affected not only the Navy but also the Army.
In February and March of 1942, a time when Phase 1 operations were proceeding smoothly, a heated debate was exchanged between Army and Navy staff officers concerning Phase 2 operations.
• The Army’s viewpoint: Bring about the downfall of England, which was the objective of operations in Western Asia. Use political strategy to achieve the surrender of China without outside help. Avoid launching major operations in outlying areas; instead, concentrate on strengthening occupied areas.
• The Navy’s viewpoint: Launch aggressive operations aimed at crushing the main strength of the US Navy and attacking the enemy’s advance bases. Attack Australia, an advance base.
On March 7, 1942, a liaison conference between Imperial General Headquarters and the Japanese government was held to adopt Phase 2 operation guidelines. The guidelines were a compromise between the Army and the Navy, but more along the lines of the Navy’s thinking. Consequently the Navy’s offensive operations in the Pacific were carried out. Both the Navy and the Army were bogged down at Guadalcanal.
Operations 5 and 11, key operations for victory, as Churchill so feared, were cancelled just before commencement.
I conclude that the basic reason for Japanese wartime failure was the split in supreme command authority between the Army and the Navy. In Japan, there was no overall commander of operations, but the Army and Navy chiefs of staff executed their respective operations anyway.
It is widely believed that the Emperor was a dictator, but this is not true at all. While the Emperor was the ultimate authority, he was not a director of operations, as Roosevelt, Churchill, Stalin, and so on were.
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1564/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.5.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.281J 韓国の詐欺的なNGOによって提起された慰安婦問題

2020年6月23日 火曜日

韓国の詐欺的な市民団体(NGO)によって提起された慰安婦問題

皆様ご存じのように、去る5月7日、慰安婦の象徴的存在である李容洙(イ・ヨンス)は記者会見で衝撃的な発言をしました。
1) 挺対協(現在正義連)は集めた寄付金をほとんど慰安婦のために使っていず、その代表者(尹美香)の私的目的のために使われている。
2) 自分の慰安婦時代の経験についての証言は、尹美香(ユン・ミヒャン)から言われたとおりにしたものである。
3) 自分は「性奴隷」ではない。尹美香に「私が性奴隷ではない」といったが、尹美香は「こう表現してこそ米国が怖がる」といって使わされた。
要するに、慰安婦問題の虚構性、そしてこの問題が特定団体のために利用されていたということを、内部告発したものです。アメリカ議会で証言を行った張本人が行った「内部告発」です。
慰安婦問題の虚構性をつとに指摘してきた「新しい歴史教科書をつくる会」と「国際歴史論戦研究所」は、連名でこの度の証言に関連して、強硬な意見書を国連人権理事会に送りました。

意見書日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Deceitful.pdf
意見書英文(国連に送付したもの):http://www.sdh-fact.com/CL/Deceitfule.pdf

「国連人権理事会」とその諸委員会が、今回暴露されたような虚偽を真実と仮定して、日本政府に対して慰安婦問題に対する反省と謝罪を迫ってきたという事実に対して、その謝罪と事実の見直しを迫ったものです。
国連の人権理事会並びに諸委員会は、MGOが提出する意見書に対して、まともな事実確認をすることなく、またそれに対する反論があるにもかかわらず、勧告を出すという傾向が顕著です。その問題性の見直し、改革を迫る画期的な意見書といえるものです。

令和2年6月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

A Deceitful Korean Citizens’ Group (NGO) and Comfort Women Issue

On May 7, 2020, Ms. LEE Yong-soo, spokesperson for the former comfort women stated the following at a press conference in Daegu, South Korea.
1) The donations collected by The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan (KCWDMS) (now The Korean Council for Justice and Remembrance for the Issues of Military Sexual Slavery by Japan (KCJR)) were not used for former comfort women. Instead, the money was used primarily for Ms. YOON Mi-hyang’s personal expenses. Ms. YOON was the head of the group until this past March 2020.
2) Ms. YOON gave Ms. LEE instructions regarding her statements on her comfort woman days.
3) Ms. LEE was not a “sex slave.” Ms. LEE asked Ms. YOON Mi-hyang to not use the phrase “sex slave” but Ms. YOON made it a point of using the phrase at the UN because “the expression was effective in scaring America.”
This statement was made by the very symbol of former comfort women—Ms. LEE stated her experience as the comfort woman in the US House of Representatives. YOON Mi-hyang forced Ms. LEE to use the phrase “sex slave”. The comfort women story we have all heard of is in fact “fake news”.
The Japan Society for History Textbook, which has repeatedly demonstrated that the stories of the comfort women are not true, and the International Research Institute of Controversial Histories jointly submitted a statement to the UN Human Rights Council:

URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1555/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Deceitfule.pdf

The groups demanded the following:
・The matter of the KCJR (the former KCWDMS) must be vigorously investigated and resolved by the ROK Government and the findings reported to the UN Human Rights Council. The UN Human Rights Council must demand immediate action by the ROK Government.
・The accusations made by six human rights treaties-based bodies against Japan were based on the KCWDMS’s falsehoods and deceit. These bodies repeatedly issued misinformed recommendations to the Japanese government concerning the comfort women issue. We demand that the human rights treaties-based bodies thoroughly investigate the facts without reliance on the victims’ so-called testimonies and report their findings. A fact based investigation on this issue is most desirable.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.280J 皇統問題ー女子差別撤廃委員会への意見書

2020年6月18日 木曜日

皇統問題についての国連女子差別撤廃委員会への意見書

3月9日付で、国連の女子差別撤廃委員会から日本政府に「皇室典範について、現在は皇位継承から女性を除外するという決まりがあるが、女性の皇位継承が可能になることを想定した措置についての詳細を説明せよ。」という質問が送られてきました。日本の伝統と国家の主権にかかわる問題に内政干渉介するとんでもない質問です。
そもそも、これは日本の左派系NGOが女子差別撤廃委員会に出した意見書をもとにして出されたものです。いわば反日左翼が、国連を利用して日本の伝統破壊を行おうというたくらみに、国連が悪乗りしたよくあるケースです。
さすがに外務省もこれははねつけてはいますが、いつの間にか、国連のお墨付きを得たかのように左翼が悪宣伝するようになる恐れがあります。我々が「声」を挙げることが必要です。
この度、国際歴史論戦研究所の呼びかけにより二つの意見書が、国連の女子差別撤廃委員会に送られました。
一つは、「皇統(父系男子)を守る国民連合の会』(会長:葛城奈海)からのものです。
日本の皇室典範「皇位の男系男子継承」は古代伝承に基づく信仰であり、
女性差別として扱うことは「宗教の自由」への侵犯である
日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CEDAW1.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW1e.pdf
もう一つは、百地章日本大学名誉教授と「国際歴史論戦研究所」(所長:山下英次)連名のものです。
「男系男子による皇位の継承」は、わが国の2千年近い「皇室の伝統」にかかわる、純然たる国内問題であって、国際組織の管轄外にある
―国連女子差別撤廃委員会の日本政府に対する事前質問に答える―
日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CEDAW2.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW2e.pdf
女子差別などと次元の違う国家の伝統と主権にかかわる問題に対する見当はずれな見解を真っ向から批判する卓論かと思います。こうした論を内外に発信していくことが必要ではないでしょうか。
令和2年6月18日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

“The succession of the Imperial Throne” in Japan
Response from two NGOs to the questions to Japanese Government
concerning the above mentioned issue

The Japanese government received a demand from the Committee on Elimination of Discrimination against Women, March 9, 2020, “Regarding the Imperial House Act, the provisions of which currently exclude women from succeeding to the royal throne, please provide details on the steps envisaged to enable female succession to the throne.” This is extraordiny, a demand that meddles in a matter of national tradition and infringes on the sovereignty of the Japanese state.
Actually this inquiry is based on Japanese leftist NGOs that are intent on imposing their ideology through the United Nations. At the same time, the Committee accepts this very biased ideological assertion without any investigation and submitted this demand in the ninth periodic report of Japan.
Against such demands, two Japanese NGO sent responded to the Committee on Elimination of Discrimination against Women.
One was from the People’s Alliance for Protection of Imperial Lineage by Paternal Male Succession to the Imperial Throne (PAPIL), Katsuragi Nami, Chairperson:
The Japanese Imperial House Act states that “succession to the throne by the paternal male” is handed down as tradition since ancient times and to regard this as discrimination against women is an infringement of our “freedom of religion.”
URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1547/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW1e.pdf
One other response was from Momochi Akira, Prof. Emeritus at Nihon University, with the International Research Institute of Controversial Histories:
“Succession to the Imperial Throne by paternal-lined male” is a purely domestic issue related to a nearly two thousand years old Imperial Family tradition and is totally outside the jurisdiction of any international organization.
URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1551/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW2e.pdf
These papers state that “discrimination against women” is a matter unrelated to “the succession of Imperial Throne” in Japan.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.279J 書評「グアム軍政に関する研究」

2020年6月16日 火曜日

<書 評>
グアム軍政に関する研究 1941-1944:
口頭史料による占領と融和統合政策の研究
樋口和佳子
マックファーランド社 2013
評者:タダシ・ハマ(日本語訳:世界出版)

日本軍は1941年12月にグアム島を占領し、1944年7月まで統治していました。グアムという小さな島の日本軍の占領統治の研究をオーストラリア国立大学研究員の樋口和佳子が表記の書籍にまとめています。
この小さな島での日本海軍の軍政を観察することによって、この戦争における日本が抱いていた意図を知ることができると著者はいいます。そして著者は、従来の日本悪玉論を踏襲し、日本の意図は占領地域をテロリズムによって支配することだった、というのですが、書かれている実態とこの結論は必ずしも結びつかないことを書評者ハマ氏は指摘しています。
グアムには原住民のチャモロ族の人々だけでなく、以前から働きに来ていた日本人居住者もかなりいました。チャモロの人たちを主に雇っていた日本人経営の「南洋興発株式会社」は、チャモロ族には特別の注意を払うように「民政部」から指示されていたといいます。チャモロ族の労働者は応募してやってきたのであり、賃金も「会社の賃金レベル」を適用されていました。
確かに、チャモロ族の労働の技術と効率は、日本人の70%くらいだったようです。しかし、日本側の監督指導によって90%まで改善されたといいます。また、時間外手当を払おうと提案しても休日に働くことを嫌がったといいます。「全体として労働を嫌悪した」と彼らの仕事観を述べている日本人がいます。
慰安所は、4,5軒設置され、日本人、沖縄人、朝鮮人、チャモロ人女性が日本人と朝鮮人の管理者のもとで働いていたといいます。当然のことで、給料を受け取って働く、当時として当たり前の職業でした。軍の関与は、毎週月曜日に行う性病検査でした。つまりこれが「いわゆる慰安所」の実態で、日本軍占領下の実態だったということです。これはほかの地域でも同じであったと考えてよいでしょう。慰安婦性奴隷説などあり得ないということになります。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/Guame.pdf
日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Guam.pdf

令和2年6月15日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>


The Japanese Administration of Guam, 1941-1944:
A Study of Occupation and Integration Policies, with Japanese Oral Histories
Wakako Higuchi
McFarland & Company, Inc., 2013
Reviewed by Tadashi Hama

Japan landed Guam in December 1941 and occupied till July 1941. Wakako Higuchi, a Visiting Research Fellow at the Australian National University reflects on Japanese military administration of small lands of Guam to clearly understand Japan’s intentions in the war.
In line with the conventional wisdom, Higuchi states that the military administration “enforced a reign of terror”, implying that Japan’s “real intention” during the war was to rule its area of occupation through terrorism.
However, the reviewer points out that the stories told in this book do not always match with her above statement.
In Guam, in addition to native Chamorros many Japanese people were there working prior to Japanese occupation. Nan’yo Kohatsu(South Sea Development Co.), employed Chamorros with instruction to pay “extreme attention” to Chamorro labor treatment. For Nan’Yo Kohatsu’s Chamorro workers, the “Company’s wage level” was in fact applied.
Actually, Chamorro’s work skill and efficiency was very low of about 70% of Japanese, but it improved about 90% later. Their attitude to work was different from Japanese. “For Japanese, working hard was natural, but on Guam, it was said to be an abusive treatment.”
With a Japanese military presence, there were comfort women and “four or five” comfort stations were created in Guam. A wide range of women worked at the comfort stations. “Japanese, Okinawans, Koreans, Chamorro and Chamorro-Spanish mixed-blood women” staffed these stations and were managed by Japanese and Koreans—there was no talk of enslavement. Both Japanese and Korean “managers” ran the comfort stations, indicating that these establishments were fee-based and not centers of criminal activity. Prior to the Japanese occupation, experienced female Chamorros, “public women”, served as “girlfriends” of US soldiers.
This situation in Guam suggests the situation in other Japan occupied places. There were never situation of “sex slave” nor the word “sex slave” under Japanese occupation.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1545/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Guame.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

SDHF Newsletter No.278J 鯨は国を助く3

2020年6月2日 火曜日

鯨(げい)は国を助く(小学館)
小泉 武夫 著
その3 第2章 クジラは日いま一度、日本人を助ける

日本の食糧自給率は、驚くべき状態です。2009年度に41%でした。現在はさらに減少しています。このままいくと20%を割ってしまうという予測もあるくらいです。
イギリスは、1970年に46%でしたが、2003年には70%にまで上がっています。ドイツは68%でしたが、84%にまで復活しています。
海外から食料は安心して入ってくると期待するのは極めて危険です。異常気象などの影響で急激に食料生産が減少することは大いにあります。例えば、オーストラリアは2000年の食糧自給率は、280%でしたが、3年後の2003年には237%と、50%近くも下がりました。また食糧の輸入が急増する国のために、日本への輸入がままならなくなることもあります。2005年ごろから日本に入ってくるチーズが激減しだしました。原因は、中国という巨大な新興輸入国の参入のためでした。
いつまでも海外に大量の食糧をゆだねていたら、我々の農産物や、水産物の安全が保障できないという問題もあります。ある国から入ってきた大量の野菜に、日本側で把握していない農薬が大量に混じっていたことがあったそうです。そこで、その国に問い合わせて文句を言ったら、「ではもう日本へは売りません」ということで日本への輸出が止まってしまったといいます。
食料は国民の生存にかかわることです。この自給率を高めていくことは日本にとって、まったなしの優先課題であると思います。
くじらは、日本の食糧自給率を高める、という観点からも極めて大きな役割を果たしてくれる可能性があるということを著者は強調しています。実際50年前の日本の食糧自給率は、70%でしたが、くじらは動物性タンパクの70%を担っていたのでした。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Counting-2.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Counting-2e.pdf

令和2年6月2日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Counting the Blessing of Whales:
Insights from a Chopsticks-Wielding Patriot
Koizumi Takeo
Series No.3: Chapter 2 Whales Help the Japanese Once Again

Japan’s food self-sufficiency rate is critical. In 2009, it dropped to 41% and is currently at this rate. It may further drop to less than 20%, unless effective measures are taken.
For the UK it was 46% in 1970 but since then it has improved to 70%. For Germany the food self- sufficiency rate was 68% and is currently at 84%.
It is very dangerous to expect that critical food imports are guaranteed. In 2000, Australia’s food self-sufficiency rate was 280%. Three years later, it fell to 237%, a nearly 50% decrease.
Japan once faced a sudden, large decrease in cheese imports. The reason for this was that China began importing vast amounts of cheese and consequently Japan was left with almost nothing.
Safety and security of our agricultural products and seafood cannot be guaranteed if we continue to depend on imports from foreign countries. A few years ago, a large quantity of vegetables imported from a certain country was found to have been contaminated with an agrochemical that is unregistered in Japan. Accordingly, Japan notified the exporter and Japan was told that it would stop exporting to Japan. In this way, food exports to Japan stopped.
Since food is essential to sustain our life, increasing food self-sufficiency should be the first national priority.
The author emphasizes that whales still has a very big role in increasing the food self-sufficiency rate for Japan. As mentioned in Series 2, whales accounted for 70% of the total animal protein supply for Japan 50 years ago, when Japan’s food self-efficiency rate was 70%.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1540/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Counting-2e.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
accordance with Japanese custom.

SDHF Newsletter No.277J 国立公文書館への公開質問状-その4

2020年5月11日 月曜日

インターネット特別展
「公文書に見る日米交渉―開戦への経緯」
における疑義と要請―その4

国立公文書館からの3月15日付回答に対して、杉原誠四郎氏は3月16日付で、反論と再度の疑義を提出しました。(その3参照)
これに対して、4月8日付で、公文書館側からは、加藤館長と、アジア歴史資料センター長波多野澄夫氏の連名の回答が来ました。
第3回回答書 原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Nationa4.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/National4.pdf

今回の回答文では、
「貴書(『日米開戦以降の日本外交の研究』)は、日米交渉に関する重要な研究文献であることは、当センターとしても十分、認識しております。」
と杉原教授の本の価値を評価するものに変わったものの、
「しかしながら、当該特別展は、開戦までの日本とアメリカの交渉過程を、公文書によってたどることをねらいとするもので、当該特別展の冒頭に記されていますように、まずは初学者に基本的な事実関係を学んでいただくために開設したものであり、優れた研究書を紹介するためのものではありません。」
と論点を変えてきています。また、
「この真珠湾攻撃前後の日米双方の暗号解読の実態とその活用、最後通告の遅延事情などにつきましては、日本外交の評価にもからむ論争的なテーマであるため、それらの「解釈」は敢えて示さないこととし、当該特別展の冒頭説明に、「特定の解釈やイメージを皆さんに提示しようするものではない」」
というのですが、逆にこれはある特定の「解釈」のみを示す展示になっているということです。
杉原教授は、これまでの首尾一貫しない誠意のない回答の謝罪を求め、「参考資料」に当然取り上げることを要求して再度の手紙を送りました。この問題への公平な扱いの仲介人として原田義昭衆議院議員に依頼しております。
再度の要請の手紙(4月14日付)
原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Nationa5.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/National5.pdf

令和2年5月11日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝
<回覧大歓迎>

Open Letter to the National Archives of Japan
Regarding the Special Internet Exhibit
“Diplomatic Negotiation between Japan and the United States”
No.4

As reported in No.3 of this series, Prof. Sugihara sent a response on March 15, 2020 to Mr. Hatano’s letter of March 13.
The National Archives replied to his questions with Mr. Kato Takeo and Mr. Hatano Sumio of the Japan Center for Asian Historical Records, on April 8, 2020.

*The third response from the National Archives:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1530/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/National4.pdf

In their letter, Kato and Hatano commented on Prof. Sugihara’s book:
“We, at the Japan Center, fully understand that your book, Study on Japan’s Diplomacy after the Opening of the War between Japan and the United States, is a very important scholarly work with respect to US-Japan negotiations.”
However, they also wrote that the Exhibit aims to have beginners learn basic facts ant not to introduce excellent academic materials, thus excusing themselves for not including Sugihara’s book as a reference.
Prof. Sugihara demanded an apology for their insincere attitude and for changing their reasons for not including his book as reference material. Prof. Sugihara again asked that his book be included as reference material. He proposed Member of the House of Representatives Mr. Harada mediate to settle this issue.

*Prof. Sugihara’s forth letter:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1532/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/National5.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.276J WGIPと「歴史戦」その2序章

2020年5月5日 火曜日

WGIP(ウオー・ギルトインフォメーション・プログラム)と「歴史戦」
(モラロジー研究所)
高橋 史朗 著
その2 序章 在外文書調査研究の旅へ

高橋史朗教授が、戦後の占領軍教育史、そしてその中核である『WGIP(ウオー・ギルト・インフォーメーション・プログラム)の研究に本格的に取り込むようになるまでは、直線的ではない経緯があったことが、序章に書かれています。
日本の戦後教育史を見直すために、1980年に渡米してアメリカに保存されているGHQ文書を研究する志を立て3年間間の苦闘をします。ようやく、ルーズベルトが「敵国の哲学そのものを破砕する」と声明した対日政策の核となった「神道指令」関係文書を発見する成果を挙げました。
帰国後は、教育改革活動へのかかわりが中心となり、政府の臨時教育委員会の専門委員をはじめとして、数えきれないくらいの役職を引き受けて活躍して来たため、「戦後教育史」研究の方に手が回らないという状況が続きました。
2012年62歳の誕生日を迎えて、「初心」の戻る決意をしたところから、
WGIP の本格研究が開始されます。アメリカ、イギリスなどの在外文書を求めて夫妻での研究旅行が始まります。
この研究旅行で収集した重要文書は、16点に上りますが、これは、英訳版の最終ページに<注>(Notes)として掲載されていますので、ご興味のある方は、英文版の方をご覧ください。

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WGIPJ2.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/WGIPe2.pdf

令和2年5月5日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

War Guilt Information Program (WGIP) and “History Warfare”
By Takahashi Shiro
Published by The Institute of Moralogy
Series No. 2: Prologue: A trip to visit overseas archives

In this prologue, Professor Takahasi Shiro traces his involvement in research of postwar education history, the core of which was the War Guilt Information Program (WGIP) conducted by the US occupation force (GHQ). His route was not a straightforward one.
He visited the United States in 1980 with a firm determination to study the history of Japanese postwar education by reading as many GHQ-related papers as possible. His three years of research was not smooth but on the final leg he finally came across very important papers concerning the “Shinto Directive”, which formed the kernel of Allied occupation policy against Japan, which “would destroy the enemy’s philosophy itself” as President Roosevelt stated.
After he returned to Japan, Professor Takahashi was heavily involved in educational reform projects, an expert on the Government’s ad hoc educational reform committee, a lecturer and entrance examination examiner for Matsushita Seikei Jyuku, chairman of a committee for research and study on sound growth and development for youths for the Ministry of Home Affairs, and so on. So, his ongoing study on the WGIP did not make significant progress.
On his sixty-second birthday, November 20, 2012, he made up his mind to return to his “beginning”, the study of postwar Japanese education history. His trip to visit overseas archives started December 2012. From these trips, he collected 16 important papers, which are listed in the notes on page 18:

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1528/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/WGIPe2.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: +81-3-3519-4366
Fax: +81-3-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

SDHF Newsletter No.275J 書評「無能と犯罪のはざまで」

2020年4月21日 火曜日

<書 評>
無能と犯罪の狭間で:真珠湾からポツダムまでの日本外務省の外交を査定する
(ユニヴァーシティプレス・オブ・アメリカ)
杉原 誠四郎
書評者:タダシ・ハマ(日本語訳:世界出版)

本書の日本語版のタイトルは、『日米開戦以降の日本外交の研究』で、1997年に亜紀書房から出ています。本書は英訳、中国語訳、韓国語訳になっていまして、今回の書評は、英訳版(University Press of America 社)をもとに書かれたもので、その日本語訳を下記に載せております。(日本語版をもとにした書評はニュースレター57号にジャーナリストの伊達国重氏が書かれたものが掲載されています。)
3か国語に訳されること自体、日本ではかなりまれなケースです。また日米交渉中、日本もまたアメリカの外交電報を一定程度解読していたことを他に先駆けて明らかにし、その史実に基づいた展開をするなど、きわめてユニークで優れた研究書です。
にもかかわらず、国立公文書館のインターネット特別展「公文書に見る日米交渉―開戦への経緯」の参考文献にリストアップされていない、という不可解な扱いを受けていることに疑義を提起し、公文書館との間で論争が続いています。
これにつきましては、これまでニュースレター262号、267号、272号でご紹介してきました。
今回の書評をご覧いただきますと、著者杉原氏の論が日本外交の問題点を鋭く追及しているがゆえに、外務省に都合の悪い内容ということで、参考文献から外されたのではないかと疑わざるを得ないかと思います。公正であるべき公文書館の展示が、このような「外務省擁護展」になってしまうことは大問題ではないかと思います。

書評英語原文:
http://www.sdh-fact.com/CL/Between-Incompetence-and-Culpability-Reviewd-by-Hama.pdf
日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Between.pdf

令和2年4月21日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>


Between Incompetence and Culpability: Assessing the Diplomacy of Japan’s Foreign Ministry from Pearl Harbor to Potsdam.
By Seishiro Sugihara
University Press of America, 1997
Reviewed by Tadashi Hama

This book was first published in the Japanese language and later translated into English, Chinese and Korean. The English edition was published by University Press of America in 1997.
It is actually a rare case for a Japanese language book to be translated into three languages. The book is also unique in that it revealed, for the first time ever to the Japanese people, that before the war, Japan decrypted US diplomatic cables. The Americans heard about this through a leak from Tomihiko Ushiba, Prime Minister Fumimoro Konoe’s personal secretary. Rather than change its codes, the US quietly feed Japan disinformation, with the goal of misleading the Japanese leadership.
In spite of its uniqueness and deep delving into Japanese foreign policy from the start of the war against the US and thereafter, his book was not included as reference material for the special Internet exhibit, “Diplomatic Negotiation between Japan and the United States,” organized by the National Archives of Japan. Professor Sugihara protested by writing letters to the National Archives. The exchange between Prof. Sugihara and the National Archives has been previously noted in SDHF Newsletter Numbers 262, 267 and 272.
Professor Sugihara’s research reveals serious problems within the Ministry of Foreign Affairs on how it conducts foreign policy. It appears that the National Archives excluded Professor Sugihara’s findings in order to protect the Foreign Ministry. This bias and obvious partisanship needs to be corrected.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1521/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Between-Incompetence-and-Culpability-Reviewd-by-Hama.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.274J WGIPと「歴史戦」その1はじめに、目次

2020年4月15日 水曜日

WGIP(ウオー・ギルトインフォメーション・プログラム)と「歴史戦」
(モラロジー研究所)
高橋 史朗 著
その1 はじめに、目次

『WGIP(ウオー・ギルト・インフォーメーション・プログラム)と「歴史戦」』は、GHQ(連合国総司令部)が、占領期間の間に行った検閲・ウソ情報拡散・洗脳・焚書などの言論弾圧活動の実態を研究してきた第一人者である高橋史朗麗澤大学特任教授が昨年の1月に刊行した書です。
高橋教授は占領下の検閲文書が保管されているアメリカのメリーランド州立大学大学院で学びながら、米国立公文書館所蔵の連合国総司令部の民間情報局(CIE)文書の研究を3年間にわたって行っております。さらにトレイナーCIE教育課長補佐の個人文書が保管されているスタンフォード大学フーバー研究所に移り、トレーナー文書とCIE文書のすべてをマイクロフィルムの形で購入して明星大学に持ち帰ったということです。こうした資料を基にして、高橋教授のWGIP研究は進められてきました。
本書で、高橋教授はWGIPというものがどれほど用意周到に実行されてきたのかを明らかにしています。特にこの中で、アメリカの学者の果たした役割が、いかにむごいものであったかも明らかにしています。
まさに「歴史戦」の原点は、ここにあります。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WGIPJ1.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/WGIPe1.pdf

令和2年4月15日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

War Guilt Information Program (WGIP) and “History Warfare”
By Takahashi Shiro
Published by The Institute of Moralogy
Series No. 1: Introduction and TOC

A new book by renowned historian Shiro Takahashi shows that the American government, and in particular the General Headquarters under the control of Supreme Commander of the Allied Powers, Gen. Douglas MacArthur, carried out a massive campaign of censorship, disinformation, and brainwashing against the Japanese public in the years following the end of World War II.

The name of this psychological warfare operation is the “War Guilt Information Program,” or WGIP. It was designed to spread false information and instill in the Japanese people a view of history and politics in alignment with the needs of Washington, DC. And it succeeded brilliantly.

The WGIP was a wartime and postwar program, but it began in practice long before it was given an official name. For example, during the run-up to America’s involvement in the Pacific War, when President Franklin D. Roosevelt was, by his own admission, maneuvering Japan into firing the first shot in the conflict that Roosevelt badly wanted, American academics worked hand-in-hand with the U.S. government to produce blatantly false propaganda about Japan.

This book illustrates the entire picture of the WGIP based on primary source materials archived at the University of Maryland, the Hoover Institute, Stanford University, the Hoover Institute, Stanford University, etc.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1519/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/WGIPe1.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 2 of 41234