‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.71J 『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)

2014年7月22日 火曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第1章 故郷イギリスで見たアメリカ軍の戦車
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

昨年12月に出版された本書は大きな反響を呼び、すでに10万部を超すベストセラーとなっています。
日本犯罪国家論、東京裁判史観を批判する本はあまたあります。しかし戦勝国史観を何疑うことなく信じ込んでいた、イギリス人のジャーナリスト、しかもニューヨーク・タイムズの東京支社長の経歴を持つストークス氏が、根底的に東京裁判史観を批判するに至ったことを述べた本書の衝撃、説得力は鮮烈なものがあります。
日本悪者論に固執する既成勢力はこれを何とか葬ろうとしたいようで、共同通信事件が起きたことは知る人も多いでしょう。海外メディアも巻き込んで、ストークス氏は本当は「南京事件なるものは存在しない」などとは言っていない、日本語訳者が勝手にでっち上げた、などという虚報を流しましたが、本人と訳者の藤田氏によって、完璧に否定されました。
英語版を出すことがその何よりの反論になります。目下それに取り掛かっていますが、インタビューをもとに日本語版を作成したので、若干時間がかかっています。全体が出来上がったら、アメリカの出版社を見つけて出版したいと考えていますが、まずは、1章ごとに我々のサイトに掲載して世界に発信していくことにしました。
まずは、第1章です。日本語は、http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf
です。
英文版は下記の通り発信しました。どうぞご覧ください。

平成26年7月22日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter one: US Army Tanks I Saw in My Homeland in England
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of the New York Times

Mr. Henry Stokes, former Tokyo Bureau Chief of the New York Times, published Japanese version of the above mentioned titled book in December, 2013. It sold more than 100,000 copies in five months and still continues to sell well.
To this Japanese version book strong reaction came from overseas. So as to respond to this reaction, English version editing is now underway.
By the permission of Mr. Stokes, English version is to be introduced in our site chapter by chapter from now on.
Here is Chapter One: US Army Tanks I Saw in My Homeland in England;

Text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.70J 慰安婦問題の正しい理解のために

2014年6月21日 土曜日

慰安婦問題の正しい理解のために
「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道

慰安婦問題の正しい理解のためには、次の5つの基本的な「事実」を確認しておくことが絶対的に必要である。この5つの基本的な事実は、幾多の「見解」の一つではなく、否定のしようのない客観的な社会的な事実である。しかも大事なポイントである。これらの重要な事実を無視した慰安婦問題の議論は、空論、もしくは事実の歪曲にならざるを得ない。
1、「慰安所」は、当時日本全国に合法的に存在していた「遊郭」「妓楼」「売春宿」を戦地でも開業したものである。
2、従って、慰安婦の大半は日本人であり、特に朝鮮をどうこうなどということは全くなかった。従って、現在慰安婦問題が、「朝鮮人慰安婦問題」として議論されていることは極めて異常なことと言わなければならない。 
3、従って、米軍尋問調査(US Office of War Information No.49)では、「A comfort girl is nothing more than a prostitute or “professional camp follower”」と極めて正確に報告されている。
4、慰安婦の収入は、上等兵(10円/月)の約30倍~100倍という高収入
5.軍の関与は「義務」であった。
 妓楼など売春施設については、地方自治体、東京都では衛生局が衛生管理を義務として行い、警察は悪徳斡旋業者を摘発し、売春婦が不当な扱いを受けないよう監視するなどしていた。戦地では、之に加え、身の安全を確保するなどの当然の義務を軍が果たしていた。軍の関与は良い悪いの次元ではなく、当然の義務であった。
 全文はこちらです。 http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Guide.pdf
英訳版は、 下記の通り、英文版 Newsletter で海外4000の宛先にemail 発信された。http://www.sdh-fact.com/CL02_1/113_S4.pdf
平成26年6月17日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

A GUIDE TO UNDERSTANDING THE COMFORT-WOMEN CONTROVERSY
Anyone who wishes to arrive at an accurate understanding of the comfort-women controversy needs to be aware of five basic facts. I am referring not to opinions or perceptions, but to irrefutable, objective, social facts. Furthermore, they convey important information, ignorance of which is certain to render debates about the comfort-women problem speculative, or worse, fraudulent. The five basic factors are as follows:
1. Until the latter half of the 20th century, prostitution was legal in Japan and houses of prostitution could be found in every entertainment district. Military brothels were established in overseas war zones.
2. The majority of comfort women were Japanese; Korean comfort women received the same remuneration and treatment, and had the same responsibilities
3. “A ‘comfort girl’ is nothing more than a prostitute or ‘professional camp follower;” this description of the comfort women in Report No. 49, issued by the US Office of War Information, is remarkably accurate.
4. The comfort women were extremely well paid; receiving 30 to 100 times more than the salary of a private first class (10 yen per month)
5. Involvement of Japanese military authorities was obligatory
In Japan, local government (for instance, the Public Health and Hygiene Bureau in Tokyo Prefecture) was responsible for the oversight of brothels. The police apprehended deceitful recruiters and kept watch to ensure that prostitutes were not mistreated. In war zones the military authorities fulfilled these functions, and also exercised their obligation to keep the comfort women safe. Japanese military administrators were simply doing their duty.
Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/113_S4.pdf
Questions are welcome.
Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.69J 南京戦はあったが南京虐殺はなかった

2014年6月9日 月曜日

『南京戦はあったが「南京虐殺」はなかった』
「南京の真実」国民運動編

 平成24年2月、河村たかし名古屋市長は、姉妹都市である南京市との交流の中で、日中間に刺さったトゲともいうべき歴史認識に言及し、南京で日中間の戦闘はあったがいわゆる「南京事件」なるものはなかったのではないかと思うとの私見を述べ、この問題について討論したいと呼び掛けました。
 ところが、南京市は名古屋との姉妹都市交流を中断するとし、中国共産党は「必ず代償を払うことになる」(人民日報)と報復措置を示唆しました。
 しかし、南京虐殺がなかったことは「日本『南京』学会」を中心とした過去十数年間の実証研究によって明らかになってきたことです。まして河村市長の発言は私見を押し付けたわけではなく、相互の討論を呼びかけたものです。それを封殺することは、自由な歴史研究と言論の自由を奪うことに他なりません。
 河村発言を支持する「南京の真実国民運動」が、「新しい歴史教科書をつくる会」を中心に同憂の団体が結集して結成されました。(代表:渡部昇一)「国民運動」は集会のほか、意見広告(2回)、署名運動、研究集会、パネル展など精力的に展開しました。12月13日(南京陥落75周年)には、憲政記念館で大集会を開催しました。
 パネル展のために、最新の南京事件研究の成果をまとめたパネル44点を作成しましたが、これを骨子に論文を加えた冊子が『南京戦はあったが「南京虐殺」はなかった』です。 http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Nanking2.pdf
 その英文版がこのほど完成し、 http://www.sdh-fact.com/CL02_1/112_S4.pdf
下記の通り海外向けに紹介されました。(すでに、駐日大使館、公使館には送付されています。) 1部1000円で販売もしております。日本語版と合わせてご活用いただければと思います。
    平成26年6月10日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

There was a Battle of Nanking but There was no “Nanking Massacre”
by Campaign for the Truth of Nanking
In February, 2012, Nagoya city Mayor Kawamura Takashi stated that he personally believes that there was a battle fought between Japan and China but the so called “Nanking Incident” never took place, referring to the historical view, which is regarded as a thorn that prevents a normal relationship between the two countries, during a friendship exchange with visiting Chinese Communist Party leaders from the City of Nanking, the sister city of Nagoya. Mayor Kawamura also expressed his sincere hope for having mutual discussion over this issue.
However, the City of Nanking responded to Mayor Kawamura’s suggestion by announcing the discontinuation of the sister-city exchange program with Nagoya. Furthermore, the Chinese Communist Party hinted at taking retaliatory measures, saying that “Japan is sure to pay for it” in The People’s Daily.
In order to support Mayor Kawamura’s statement, a body called “People’s Campaign for the Truth of Nanking” was established by those who share the same concern as Mayor Kawamura. It developed strong campaigns including paid advertisement in news papers, public lectures, panel exhibitions, circulating bills. It also made a thorough study on the Nanking Incident collecting up-to-date research results and compiled them into a book titled There was a Battle of Nanking but there was no “Nanking Massacre”.
We are convinced if you read through the book you will realize that the so called “Nanking Massacre” is only a matter of propaganda, not a matter of fact. If you have any questions, please don’t hesitate to contact us.
Summary:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/112_S2.pdf
Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/112_S4.pdf
 *This is printed in book. (ISBN978-4-916079-15-2 C0022 \1000E)
If you send us your name and address, we are happy to send a copy free of charge.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.68J The New Korea (Alleyene Ireland)

2014年5月13日 火曜日


THE NEW KOREA(朝鮮が劇的に豊かになった時代)
By Alleyne Ireland, F.R.G.S.

 この韓国論は、20世紀前半に於いて世界的に著名であった植民地研究者であるアレン・アイルランド氏によって書かれたもので、1926年にE.P. Dutton社から出版されたものである。この度桜の花出版社が、日本語訳をつけて再刊した。
 アイルランド氏はなぜ、日本の朝鮮統治を研究したのか。氏は「ある文明化された民族がもう一つの文明化された民族を統治したという稀有な光景を見せてくれる」
からだと書いている。
 氏は客観的な視点に立って、日本政府が朝鮮統治で何を目指し、どのような方法を採用したのか、結果はどうだったのかを事実を通して明らかにすることを第一の目標としたと述べている。その結果は、タイトルにあるように、「劇的に豊かになった時代」の「New Korea」「新しい朝鮮」をもたらしたのである。
 国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこ氏がこの本のレビューを平成26年1月23日号の『週刊新潮』の連載コラム「日本のルネッサンス」に載せている。題して「英国人学者が高く評価した韓国併合」。
 本書の紹介としてこれに勝るものなしと思い櫻井氏にお願いしたところ、心よくこの文章の掲載をご了解いただいた。
  * (書評)  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Koreas.pdf
  *(目次) http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Koream.pdf
 さらに英訳文が、櫻井よしこサイトに載っているが、これも使わせていただけることになったので、海外向け発信に下記のように載せさせていただいた。心より御礼申し上げる次第である。

平成26年5月13日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝


THE NEW KOREA By Alleyne Ireland, F.R.G.S.
This book was originally published by E.P. DUTTON & COMPANY, New York in 1926.
Sakuranohana Shuppan Publication Inc. reprinted the book with full Japanese translation in 2013. Now you can now obtain it at a price of ¥2800 from the publisher in Japan. (Tel: 81-042-785-4442)
Alleyne Ireland was a British Fellow of the Royal Geographical Society and leading expert on colonial policies in East Asia during the early 20th century. His comprehensive study on Japanese rule of Korea is an objective view on this issue.
Ms. Sakurai Yoshiko, journalist and President of Japan Institute for National Fundamentals, wrote a review essay on this book titled “Japan‘s Annexation of Korea Given High Marks by Prominent British Scholar” in the January 23, 2014 issue of The Weekly Shincho. An English translation of this essay has been published on her official site.
With her kind permission, her review essay has been uploaded for your reference together with the book’s Cover photo, Preface and Table of Content.
http://www.sdh-fact.com/CL02_4/7_S1.pdf

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.67J ケネディ大使への手紙

2014年4月23日 水曜日

SDHF Newsletter No.67J ケネディ大使への手紙

ケネディ大使への手紙
靖国といとこの君の「特攻」をめぐって
小川栄太郎

 ベストセラー本『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)、『『永遠の0』と日本人』(幻冬舎)などで知られる新進文芸評論家の小川栄太郎氏が、靖国問題をめぐってキャロライン・ケネディー大使にあてた「手紙」を雑誌『正論』誌上に発表した。既にこの論文は、英訳され、文字通りの手紙と共にケネディー大使に送付されている。
 靖国問題を歴史的文化的な背景から説き、安倍首相の参拝が当然のことであることを丁寧に説明した極めて説得性の高い文章である。しかも、大東亜戦争が決して日本の戦争犯罪などではないという肝心な点に踏み込んだ本格論文である。
 しかし、この論文の優れているところは、単純にこちら側の主張を述べているのではなく、何故とてつもない誤解が生じているのか、その理由はわれわれ日本サイドが海外の人々に対して自己説明、発信を怠ってきたことにあることを実例を引きながら述べているところにある。
 小川氏は、ケネディー大使のいとこのマクスウェル・テイラー・ケネディが”Danger’s Hour”という本を書いているが、そこで日本の特攻兵士を極めて公正に評価していることを紹介する。しかし、そのケネディーが明治憲法では「天皇は神と書かれている」だとか、とんでもない日本誤解を本の中で多々述べていることに対して、その誤解を正しつつ、相手を非難するのではなく、こんな誤解を生んだのは我々日本の責任を強調している。
 この手紙が、是非ともケネディー大使の関心を引き、日米相互理解の新しい局面を開拓してくれるきっかけになってくれることを願うものである。
    日本文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ALetter.pdf
英訳版は、下記の通りNewsletter で海外4000ほどのアドレスにemail 発信した。
平成26年4月15日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道

Open letter to Ambassador Kennedy by OGAWA Eitaro
Over the Issue of Yasukuni and “Suicide Attack” as Described by Maxwell Taylor Kennedy
Mr. OGAWA Eitaro, well-known writer for his best-seller book Day of Promise—Preliminary Essay on Abe Shinzo (Gento-sha Library), wrote an essay “A Letter to Madam Ambassador Kennedy: Over the Issue of Yasukuni and the “suicide attack” Described by Your Cousin –There Are Several Things I Would Like to Convey, As A Japanese, to Madam Ambassador, Who Recognizes the Importance of Honestly Discussing Diverse Points of View,” for a leading political monthly magazine Seiron’s April, 2014 issue.
He explains the reason why Prime Minister Abe paid a visit to Yasukuni from a historical and cultural background, referring to the Japan-America War of the past. In this context he touches on the book entitled Danger’s Hour, written by Maxwell Taylor Kennedy, Ambassador Kennedy’s cousin. He greatly appreciates Mr. Kennedy’s fair evaluation of the Kamikaze suicide attack pilots in the book. Even though fair in this regard, Mr. OGAWA finds a lot of serious misunderstands regarding Japan and the Japanese in the book. Here is one example.
Mr. Kennedy writes “Their fundamental precepts stressed ultimate loyalty and ideal fealty throughout the lives of every citizen. Ogawa and his fellow college students had known no other type of regime.” This is far from the truth. Mr. OGAWA notes that many of the Japanese youths were in fact highly literate, at a rate that was one of the highest in the world at that time. It was usual practice for sons and daughters of poverty-stricken peasants to read difficult novels and philosophical books in Pre-War Japan. In the 1930’s, a Japanese scholar of French literature named Kuwabara Takeo went to see Alain. Kuwabara told Alain that 100,000 copies of the pocket-book edition of The Red and the Black by Stendhal were sold in Japan. Alain, in disbelief, said to him, “It’s unbelievable. Here in France, Stendhal is read only by several thousand readers.” But the former number was no exaggeration.
Mr. OGAWA does not fault Kennedy’s lack of knowledge but blames the Japanese for not having done enough to explain Japan to Western people. Thus, he emphasizes that in order to have Western people understand Japan, we Japanese should exert more effort in this regard.
With Ambassador Kennedy’s appreciation and understanding of the nature of this letter, I believe that the open letter to Ambassador Kennedy will lead to a new horizon of mutual understanding between Japanese and Americans.

Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/111_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/111_S3.pdf

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.66J 「この本はユダヤ魂、日本魂を教えてくれる」

2014年3月27日 木曜日

「この本はユダヤ魂、日本魂を教えてくれる」
―イスラエル建国の英雄ヨセフ・トルンペルドールー
西村真悟(衆議院議員)

この文章は、前駐日イスラエル大使エリ・エリヤフ・コーヘン著『日本で目覚めたユダヤ魂:
国のために死ぬのはよいことだ―イスラエル建国の英雄ヨセフ・トルンペルドール』(日新報
道)の序文として書かれたものです。本は当然お読みいただきたいですが、この序文をまず是
非ともお読みいただきたいと思います。
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Jewish.pdf
トルンペルドールは日露戦争に於いてロシア軍将校として旅順で乃木軍と戦い、捕虜とな
り、大坂の堺の浜寺捕虜収容所に収容されましたが、そこで日本軍・日本人の生き方に触発さ
れ、イスラエル独立軍の設立を志すようになりました。イスラエル建国は、彼の設立した軍こ
そがその礎となったのです。
 「国のために死ぬのはよいことだ」は、トルンペルドールが大坂の浜寺捕虜収容所で心に刻
みつけた言葉であり、戦死する直前に戦友に語り、そして現在イスラエル北部の彼が戦死した
テル・ハイにある彼の墓標の前に立つライオンの石像に刻まれている言葉です。
 あるヨーロッパ人は「20世紀は、勇敢な戦士あった日本人が卑しい商人になり、卑しい商
人であったユダヤ人が勇敢な戦士になった世紀である」といったそうです。今こそ日本人は、
トルンペルドール、ユダヤ人に学び、勇敢な戦士に戻らなければならないことを西村氏は強調
しています。
 なお、エピソードとして西村氏がエルサレムでモサド長官ナホム・アニモド氏と妻にーナさ
んに会った時に、ニーナさんが語った話が載っています。彼女が7歳の時にナチスから逃れて
シベリアを横断して船に乗って敦賀についた。そしてしばらく神戸で過ごしたが、その時日本
人がユダヤ人に大変親切にしてくれたことを忘れることができないと語ったという話です。
 ユダヤ難民を救ったのは、杉原千畝だけではありません。東條英機、樋口季一郎他軍人が沢
山いました。中国は、東條はヒットラーだなど言う相変わらずの低級な嘘プロパガンダをガナ
リ立てていますが、本当はユダヤ人の恩人が東條英機でした。中国などデマと虐殺以外何もし
ていない!
 英訳版を下記の通り海外に発信しました。
平成26年3月24日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道

A Book That Tells Us about Jewish Spirit and Japanese Spirit
Nishimura Shingo, Member of the House of the Representatives

This essay, written by Nishimura Shingo, Member of the House of Representative, is a preface for a book authored by Eli-Eliyahu Cohen, former Israeli Ambassador to Japan. The book is entitled ” Joseph Trumpeldor, Zionist hero ― It is great to die for the country: The Jewish sprit ignited in Japan ”
Trumpeldor fought against General Nogi’s Third Japanese Imperial Army at Port Arthur as a Russian officer and was imprisoned at Camp Hamadera, Osaka prefecture, which happens to be Mr. Nishimura’s hometown. “It is great to die for the country” is what Trumpeldor inscribed in his heart while spending time as a POW at Hamadera Camp, what he told to his comrades just before his death and what now reads, inscribed on the stone statue of a lion standing in front of his epitaph in Tel Hai in the northern part of Israel, where he fell in battle.
Mr. Nishimura mentions a comment from a European: “The 20th century saw the valiant Japanese warriors turn into mean merchants and mean Jewish merchants into valiant warriors.” Through this book we must now learn from Trumpeldor in order to become valiant warrior again, Mr. Nishimura emphasizes.
An interesting episode is introduced in this essay. He met Mr. Nahum Admoni, former Director of Mossad and his wife Nina in Jerusalem. Nina told him
“Seventy years ago, when I was seven, fleeing from Nazis, I escaped Europe with my parents, crossed Siberia and boarded a boat, arriving at Tsuruga, Japan. Then, we stayed in Kobe for a while. I never forget how kind Japanese people were to us Jews then.” As she was telling me her story, Nina’s beautiful blue eyes were filled with tears.
Even though Japan allied with Germany, Japan never persecuted Jews but helped many Jewish refugees. Sugihara Chiune is only one example of many cases, including Tojo Hideki, Higuchi Kiichiro, etc. It is ridiculous that some Chinese leaders compare Tojo Hideki to Hitler!

Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/110_S4.pdf
Author Profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/110_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.64Jヘンリー・ストークス講演

2014年2月18日 火曜日

SDHF Newsletter No.64Jヘンリー・ストークス講演

(大東亜会議70周年記念シリーズ-3)
“日本はアジアの希望の光だった”
元ニューヨーク・タイムズ東京支社長 ヘンリー・ストークス

 大東亜会議70周年記念大会(平成25年11月6日:憲政記念館)において、ストークス氏は、渡部昇一氏、スルヤ・ボース氏に続き講演を行いました。
 まず、ストークス氏は「20世紀で最も驚くべき出来事は、500年続いた植民地支配、その呪いが終焉を迎えたことであります。白人による支配が霧散してしまいました。誰もが全く予想しなかったことです。」と述べました。
 1930年末にネルーは70年代には独立ができるかもしれないと言っていたのが、40年代初頭には独立の気運が大きく高まりました。なぜか?
 その理由は簡単です。第2次大戦が勃発し、500年のドラマのなかでの新興勢力が、白人植民地支配に痛烈な打撃を与えたからです。その新興勢力が日本でした。
 1943年11月に開催された大東亜会議は、人類の長い歴史に於いて、有色人種のよって行われた最初のサミットとなりました。
 インド仮政府代表チャンドラ・ボースは、「大東亜宣言がアジア諸国民ならず、全世界の被抑圧民族のための憲章になることを願う」と訴えました。そして、日本はアジアの希望の光だと述べました。
(日本語訳全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japan.pdf )
英文版下記のように発信しました。
平成26年2月18日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道

“Japan was the Light of Hope in Asia”
Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times

Mr. Henry Stokes addressed at the 70th Conference for Greater East Asian Assembly held at Kensei Kinen Hall in Tokyo on November 6, 2013.
He says that one of the most surprising developments in the 20th century has been the sheer speed at which the 500 year curse of colonialism came to an end. Rule by white men petered out in mid-air. No one seems to have expected this.
What had happened to concertina all expectations?
The simple answer is the Second World War had broken out and it had shown that one relative newcomer to the world stage in 500-year drama, capable of delivering enormous blows to colonialism. And that was Japan.
He continues to say that the Greater East Asian Conference was held on November 5, 6, 1943 in Tokyo was the first Summit of colored races held for the first time in the long history of human beings. At this conference Mr. Chandra Bose, head of the provisional government of India, appealed, “let the joint declaration not only for fellow Asians but also for all the people of the world, who are suffering from suppressions as the Charter for Equality of Human Rights.” He said Japan was “the Light of Hope” for non-white people of the world. 

*Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S4.pdf
*Author profile: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.63J 人種世界平等の出発点となった大東亜会議

2014年2月18日 火曜日

SDHF Newsletter No.63J
(大東亜会議70周年記念シリーズ-2)
人種世界平等の出発点となった大東亜会議
「史実を世界に発信する会」会長
加瀬 英明

No.62で70周年記念大会でのスルヤ・ボースさんの演説をご紹介しました(http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf)これに続きシリーズで70周年大会関係の記事を載せていきます。
まず、大会開会の加瀬代表の挨拶をご紹介します。
今から70年前に開催された大東亜会議は、初めての有色人種の国家リーダーのサミットであり、“人種平等”という人類の長い歴史に新しい時代を開いた、人類のあり方を変えた、本当に歴史的な会議でありました。
ところが日本では、「大東亜会議は、日本が先の大戦中に占領したアジア各地の“傀儡”を集めて催した」という、こういったことが日本の学校の教科書にまで載っています。「そういうことを言う愚かな日本人こそ、占領軍の傀儡である」というべきです。
 大東亜会議を正しく理解することによって、日本がアジアを「侵略した」のではなく、アジアを「解放した」ということが、日本国民にも理解されるようになるでしょうし、それからまた、世界が大東亜会議を評価することによって、いわゆる「日本がアジアを侵略した」という誤った史観が正されることになります。
全文こちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater.pdf
英訳版下記のように発信しました。
平成26年2月10日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道

The Greater East Asia Conference Paved the Way to Universal Human Equality
Kase Hideaki, Chairman, Society for the Dissemination of Historical Fact

In our 62nd Newsletter, we present Mr. Surya Bose’s speech given at a conference memorizing the 70th Anniversary of Greater East Asia Conference, held on the 5th and 6th of November, 1943: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
Following Mr. Bose’s speech, Mr. Kase’s opening address is presented.
Mr. Kase emphasizes that this Conference was the first summit held by non-white leaders from various nations and “racial equality” was conceived and promoted at this Assembly. It opened up a new era in human history and changed the way in which people behave towards one another.
Even in Japan, many say that “Greater East Asia Conference was convened by Japan, gathering “puppet governments” that Japan had established in various regions of Asia.” But we will say that those who say this are the real puppets of the forces of occupation.

*Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S4.pdf
*Author profile: http: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.62J スルヤ・ボース講演

2013年12月5日 木曜日

スルヤ・クマール・ボース氏の講演
(大東亜会議70周年記念大会)

 11月6日、東京憲政記念館において大東亜会議70周年記念大会が開催されました。70年前の大東亜会議で、感動的なスピーチをした、インド仮政府のチャンドラ・ボース首班の親族(兄の孫)である、スルヤ・ボース氏が、基調講演を行いました。
 素晴らしい内容でした。ビルマのバー・モウ首相が会議で「インドの独立なくしてアジアの独立なし」と述べたこと、そしてこれに答えて、チャンドラ・ボースが「本会議は解放された諸国民の会議であり、正義、主権、国際関係における互恵主義及び互助の原則に基づき、世界のこの地域に新秩序を創建しようとする会議です。」と述べたことを紹介しつつ、いかにこの会議がアジアの人々にとって画期的な意義のある会であったのか、またそれは世界にとって大きな意味のある会議であったのか、ということを述べています。
 大東亜会議が、日本の傀儡政権を集めた会議だなどと偉そうに言う人は、このボース氏の講演に耳を傾け、さらに会議の参加者の烈々たる主張に一度は耳を傾けてほしいものです。あなたこそが欧米の傀儡かもしれません。アジア人を馬鹿にしてはいけません。
英文を下記の通り英語版サイトに掲載し、NewsletterNo.62で海外に広く発信しました。
日本語訳はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf

  平成25年11月30日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Surya Kumar Bose’s Address at 70th Anniversary of
Greater Asia Conference
Mr. Surya Bose, grand children of brother of Netaji Subhas Chandra Bose made a speech at a conference memorizing 70th Anniversary of Greater East Asia Conference which was held on 5th and 6th of November, 1943.
The modern media claims that Japan’s war against Europeans and Americans 70 years ago was merely an extension of the global “aggressive war” that was World War II. However, a closer look at the Greater East Asia War will demonstrate that it was in fact an Asian struggle against Western colonialism. A show of Asian unity was the Tokyo Greater East Asia Conference.
The aim of the Conference was to declare a new order in East Asia, an order that was free of Western colonialism and to start a new era with Asians in full control of their own destiny. Given her historical and cultural significance, India was seen as pivotal to Asian freedom. Indeed, Prime Minister of Burma Dr. Baw Maw, who spoke at the Conference, emphatically stated: “Asia… cannot be truly free unless India is also free”.
*Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
*Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S2.pdf
*Author profile: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.61 戦後日本を支えた大東亜戦争の遺産(江崎道朗)

2013年11月1日 金曜日

戦後日本を支えた大東亜戦争の遺産(江崎道朗)

 今から70年前の昭和18年11月5日、6日に国会議事堂で世界史上初の有色人種による人種平等サミットが開かれました。参加国は、日本のほか中華民国(南京政権)、タイ国、満洲国、フィリピン、ビルマ、インド(仮政府)
です。インドネシアはまだ独立への体制が整わず、参加できませんでした。(日本政府は翌19年の9月にインドネシア独立を決定しています。)
 この会議を傀儡政権を集めたものと切り捨てる人がいますが、各国代表の堂々たる、そして熱烈なアジア独立を訴える演説を一度でも読んだことがあるのでしょうか。読みもせず、そんなことを言っているのは、精神的に欧米の「傀儡」もしくは、既成観念の奴隷になっているということを知っていただきたいものです。
 さて、江崎さんのこの論文は、大東亜戦争はアジアの独立をもたらしたことは言うまでもなく、日本は戦後その恩恵をアジア色から受けているのだ、ということも述べています。
 何よりの皮肉は、日本を侵略国家であると断罪した「東京裁判」が行われている正にその時に、日本が解放したアジアを軍事侵略していたということです。
オランダはイギリスのバックアップにより、インドネシアに再襲来し、日本が育てたペタを中核とする独立軍と何と3年半も戦い、多くの犠牲者を出したのですが、その時東京裁判ではオランダ・イギリスを含む連合軍が、何と日本を「侵略者」として裁いていたのでした。
 この江崎論文は、最初『別冊正論』第10号に「東京裁判克服もうひとつの意義」と題して掲載されたものですが、『コミンテルンとルーズベルトの時限爆弾』(展転社)に掲記タイトルで収録されたものです。
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Legacies.pdf
英訳版を下記の通り英語版サイトに掲載し、NewsletterNo.61で海外に広く発信しました。
  平成25年11月1日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Legacy of the Greater East Asia War that Supports Postwar Japan
by EZAKI Michio, political analyst
November 1st, 2013

Mr. EZAKI Michio, writes that turmoil and conflict in Asia did not end with the Greater East Asia War in August 1945. Japan forcibly ended foreign colonialism in Asia and Asians declared independence, yet Europeans and Americans rush in to fill the void at the end of the War. As an ironic twist, Mr. Ezaki points out that while Europe and America were reasserting their supremacy over their former colonies, with countless Asian lives being lost in the process, Japan was accused of being an “aggressor” and tried for “crimes against peace” at the Tokyo Trials.
For those who have forgotten, Mr. Ezaki reiterates how the indigenous Asian peoples rejoiced upon the arrival of the Japanese and the departure of the Americans and Europeans. For example, leaders of post-war India and Indonesia have expressed their appreciation of the Japanese in training and arming their people. Furthermore, Mr. Ezaki describes how, after the end of the Greater East Asia War, the Allies waged their own “aggressive war” against Asia. The murderous attempts by the Dutch to reclaim Indonesia as its colony, what they called “police actions,” were merely a different shade of “aggressive war”. After three and a half years of conflict, between an ill-equipped Indonesia militia against modern European military machines (of the British as well as the Dutch), hundreds of thousands of Indonesian lives were lost. As if the lives lost and property destroyed were not enough, the Dutch audaciously sued the Indonesians for damages as the price for independence. It was not until 2005 that the Dutch finally recognized Indonesia’s 1945 Declaration of Independence.

*Summary:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/102_S2.pdf
*Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/102_S4.pdf
*Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/102_S3.pdf

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 21 of 28« 先頭...10...1920212223...最後 »