‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.354J 書評 英文版「大東亜戦争 日本は勝利の方程式を持っていた」

2022年5月9日 月曜日

< 書 評 >
Japan’s Master Plan for Victory: What Could Have Been.
Moteki Hiromichi

原書「大東亜戦争:日本は勝利の方程式を持っていた」(ハート出版)
英文書評者:ミロスラフ・マリノフ(哲学博士)
日本語訳(「史実を世界に発信する会」 )

冒頭、マリノフ氏は「茂木氏の新著は太平洋戦争についての読者の理解に挑戦するものである」と述べます。その挑戦は、「もし私が日本は戦争に勝利する現実的な方法を持っていたんだよ、と言ったとすると、君の反応は?」といったものであるといいます。

これにたいする反応は、「歴史修正主義者」の良く言う話か、”if”本の一つかというものに大別されるでしょう。

マリノフ氏によると、”if”本としては、本書は歴史的な事実の詳細な研究に基づいており、また前者、つまり歴史修正主義の範疇に入れるのも、茂木氏のバランスのとれた事実の提示は、「修正主義」検閲体系に挑み、太平洋戦争の現実的解釈への窓を開いてくれるものであると述べています。

1941年11月15日(開戦の3週間前)に開かれた大本営政府連絡会議で採択された「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」こそが日本の勝利の可能性を開く大戦略であったことをベースに茂木氏はその立論をしているわけです。南方資源地帯を抑えたあと向かうべきは、インド洋であり、イギリス東洋艦隊を駆逐した後、インド洋の制海権を握るという戦略でした。この戦略が実現すると、チャーチルが1942年4月にルーズベルト大統領に送った手紙で、「日本がインド洋に侵略し、インド洋の航海路を支配するようになれば、中東におけるイギリスの地位は崩壊し、原油供給の支配権を失うことになると警告した。」と訴えていたおそれが実現するわけです。

最後にマリノフ氏は次のようにまとめています。

本著の主たる価値は、冷静で客観的な太平洋戦争の現実の分析である。その分析は、日本を当時の国際社会の中での関係性でとらえ、様々な対立に対する日本の対応を検証しながら、西洋諸国についてはその責任をすべて免除し、日本については否定的なことすべてに関して日本の責任とし、アメリカの絶対的な力に対して戦いを挑んだ「愚かな日本人」という神話を払拭しようと試みている。残念なことに、この漫画的な神話は、西洋の人種的偏見に根差したものであり、1930年代の紛争よりもはるか以前から存在し、未だに厳然と存在し続けている。本書のような本が、一般の人々の認識を、「膝反射」作用のような感情的な反応から客観的なものに徐々に変えていってくれるよう願いたい。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/Miroslave.pdf

書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Miroslav.pdf

令和4年5月9日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

<回覧大歓迎>


Japan’s Master Plan for Victory: What Could Have Been.
Moteki Hiromichi

Society for the Dissemination of Historical Fact, 2020

Originally published as Daitoa senso: Nihon wa shori no hoteishiki wo motteita (Heart Publishers, 2018).

Reviewed by: Miroslav Marinov, Ph.D.

Mr. Marinov states that Mr. Moteki’s new book challenges the reader’s understanding of the Pacific War: “What if I told you that there was a realistic way for Japan to win the war?”

The readers’ first reaction could be that this is another “revisionist” treatise or that it is one of those popular “what if” books of alternative history.

He says that Mr. Moteki’s book is based on meticulous research of history and therefore it is not reasonable to categorize it as a “what if” type book. He also says that Mr. Moteki’s approach makes it very difficult to place the book in the category of historical “revisionism.” Mr. Moteki’s balanced presentation of the facts challenges the edifice of censorship and opens the window to a realistic interpretation of the Pacific War.

The central focus of Mr. Moteki’s book is the “Draft Proposal for Hastening the End of War against the United States, the United Kingdom, the Netherlands, and Chiang Kai-shek (Approved at the Liaison Conference between Imperial General Headquarters and the Imperial Government, held on November 15, 1941).” The Draft Proposal was realistic because it called for concentration of Japan’s forces near the area of South-East Asia and the Indian Ocean. Japan’s goal was to secure its resources, not to conquer the world. Taking full control over the British supply lines in the Indian Ocean was the next target, which alarmed Churchill who wrote to Roosevelt in April 1942 that the possible Japanese incursion into India and dominance over Indian Ocean routes would bring collapse to the British position in the Middle East and loss of control over the oil supplies.

Mr. Marinov concludes as follows:

The main value of Moteki’s book is the sober and objective analysis of the realities of the Pacific War. It shows Japan within the context of the international relations at the time and helps to understand its reactions to confrontations from which the Western countries are absolved and Japan is blamed for all negative consequences. In that sense, the book dispels the myth of the “foolish Japs” who dared to go against the power of the USA. Unfortunately, this cartoonish myth, rooted in Western racial prejudice, which is much older than the conflicts of the 1930s, still persists. Hopefully, such books will gradually change the public perception from a knee-jerk emotional reaction to objectivity.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1916/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Miroslave.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.353J 鯨は国を助く(全)

2022年5月6日 金曜日

鯨(げい)は国を助く(小学館)
小泉 武夫 著

クジラの資源保護を目的に設立されたはずのIWC(国際捕鯨委員会)が、野生動物保護の流れに乗る一部の反捕鯨国に牛耳られて、1982年に10年間のモラトリアムを決定してしまいました。調査捕鯨を行い、1992年までに科学的な調査結果に基づいて見直すことになっていました。調査結果によるとクジラはむしろ想定されているよりはるかに多くなっていることが分かってきました。

ところが、反捕鯨派はクジラをとること自体がいけないというIWC規約に反するイデオロギー的な主張によって、捕鯨の解禁が認められないという事態が続いた結果、日本はついにIWC脱退を決意し、2019年の7月から捕鯨の再開はできるようになりました。

反捕鯨の主張は、クジラは知能が高いだとかかわいそうだとか、全く客観性のない一方的なものです。しかし彼らは、自分たちの考えは高級で、日本などの考えは野蛮なだという「人種差別的」な思い込みをしているのです。

実態はどうかというと、縄文時代からクジラをとってきた日本は独特のクジラ文化を発展させていました。クジラのあらゆる部分を余すところなく活用するという極めてエコロジカルな使い方をしてきました。さらにクジラの恩恵に感謝する文化も持っていました。クジラ基地の寺にはクジラの過去帳があり、供養碑も数多くつくられています。

実は、日本の戦後の食糧難の時に動物蛋白源の48%を賄ってくれたのがクジラであり、日本国民は大恩があるのです。

このクジラの文化、実態を多方面から解説してくれているのが、東京農業大学名誉教授の小泉武夫先生の著書『鯨(げい)は国を助く』です。

日本の皆さんも知っていただきたいことが満載されていますが、諸外国の人たちの偏見をただし、むしろこれからの地球の環境保護ににクジラは大きな役割を果たす存在であることを知ってもらう本です。

近々、アマゾンとりkindle版、オン・ディマンド出版したいと考えています。

日本語原文:https://www.amazon.co.jp/dp/4093878978/

英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Countinge.pdf

令和4年5月6日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Counting the Blessing of Whales:
Insights from a Chopstics-wielding Patriot
Koizumi Takeo
(Complete version)

IWC (International Whaling Commission) was organized in 1948 for the purpose of conserving whale resources. However, under the trend of natural animal preserving movement, US and some other members dominated the IWC with strong assertion of anti-whaling and decided to adopt 10 years of moratorium of commercial whaling in 1982.

The resolution has a reservation that the moratorium should be reconsidered by 1992

based on the scientific result of research whaling. However, even though scientific data obtained by the research whaling proved that number of whales was much more than previously estimated, rather much increased, the anti-whaling members were stubborn to maintain their insistence of anti-whaling.

Against the purpose of the IWC, they began to assert that “whaling itself should be banned”. No scientific discussion could be permitted at the IWC meeting. Japan finally made a decision to withdraw from the IWC. From July 2018, Japan resumed commercial whaling.

The anti-whaling advocators say that the whale is high intelligent or it is sad to kill whales. Their thought is not based on scientific evidence, rather based on their arbitrary or self-centered conviction. The truth is that they think only they are high class minded, as against savage minded Japanese. This is self-centered typical racism.

Japan has a long tradition of whaling cultured back to Jomon period of nearly 10,000 years. Japan has developed a unique whaling culture. We utilized all part of whales in various purposes. This is extremely ecological use of whales.

The Japanese always treated whales with respect and spared no effort to show reverence. Japanese have been grateful for the blessings of whales and deeply love and respect them. Evidence of this is that there are memorial mounds and graves of whales in temples near whaling stations where whaling thrived. What is even more surprising is that many temples nationwide give a posthumous name to each of the whales caught and hold memorial services for them.

This book written by Koizumi Takeo, professor emeritus of Tokyo University of Agriculture introduces Japanese whale culture extensively. I believe many people in western countries will appreciate its high quality content of this book. Moreover he urges that whales will play an important role for the preservation of the globe environment in future. We are planning to publish this translation via Amazon in kindle and on/demand/publishing in near future.

URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1913/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Countinge.pdf
Profile: http://www.sdh-fact.com/auther/koizumi-takeo/

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.349J 中国ガンとの最終戦争その6 第5章 選択を迫られる日本

2022年4月5日 火曜日

『中国ガンとの最終戦争』(勉誠出版)
林建良著

その6—第5章 選択を迫られる日本

日本が持っている力とは中国の民主化を促す力だと林建良さんはいいます。中国の民主化は、中国を無害にするだけでなく、アジア全体の活性化につながります。

第1節 戦後日本人の独立心の欠如

台湾人が尊敬してやまない日本精神とは
真っ逆さまになった日本人の価値観
潔さという日本人の深層心理
都合のいい独立心の欠如
完全依存が軽蔑を生む
経済だけでは存続できない
日本はカルタゴになりたいのか

第2節 期待されている日本の役割

台湾人の憧れる日本=サムライの国?
そろばん勘定だけの政治家・官僚・経済人
軽蔑を招いた「無機質で抜け目のない日本人」
檻から出ようとしないライオン=日本人
アジアの国々は日本の正常化を願っている
中国癌にたいしてアメリカは盾、日本は矛となる
日本は中国の民主化を促すことができる
日本も人権法を制定すべき
中国癌を無害化するべし

第3節 日本と台湾=兄弟国の再認識

李登輝理念とは何か
深い愛情に根差す李登輝さんの「日台共栄」の理念
文化的日本人であり続けた李登輝さん
李登輝さんの死生観は武士道に通じている
日台共栄の理念とは
日台共同通貨と相互認証
日本の致命傷・中国に対する警戒心のなさ
中国は日本を敵とみなしている
台湾人の「一枝草、一点露」精神
「真実自然」という李登輝理念
一貫して台湾人の敵の側に立つ日本政府
誠実という李登輝理念
日本と台湾の国造り

第4節 間違わなければアジアの世紀はそこにある

頭と体が分離している中国人
儒教は統治者に都合のいいイデオロギー
「徳治」という詐術
中国癌の核心は「大統一思想」
癌の専門医は論語を勉強せよ
中国人を共産党から分断
大統一思想との直球対決
利益と恐怖、中国人の弱いところ
武漢コロナウィルスを利用して中国をバラバラに
上海と四川の独立運動
簡単な方法で中国の分裂を誘発できる
分裂は中国人の幸せにつながる
アジアの危機、その大半が解消される

『中国癌との最終戦争』:https://www.amazon.co.jp/dp/4585230831/
第5章 英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/CancerE6.pdf

令和4年4月5日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

HOW TO DEFEAT CHINA CANCER: THE FINAL SHOWDOWN
(Bensei Publishing Inc.)

Lin Kenryo

(English Translation: Society for the Dissemination of Historical Facts)

Series No. 6: Chapter 5: Japan at a Crossroads

Dr. Lin says that the US and Japan should fight China cancer together. Japan’s most important role in this fight is to help China democratize.

The worst evil in today’s China is its one-party dictatorship. On a whim, a dictator can rob citizens of their lives and appropriate their assets. In the eyes of the Chinese — of the entire world, for that matter — a monolithic dictatorship is a nightmare. The great majority of Chinese want to leave China and move to a democratic nation. The Chinese long for democracy, and many of them are making a real effort to democratize China.

In the past Japan supported Chinese revolutionaries, helping them to overthrow the Qing dynasty. But today’s Japan does not need to send money or weapons to China as it did in support of the Xinhai Revolution in 1911. Instead, the Japanese need to encourage the democratization of China. Pacifist Japan’s support for democratization would have a considerable impact, and would help motivate the Chinese.

Since the concepts of human rights and democracy are understood throughout the world, and since they transcend generational and ideological boundaries, there will be widespread approval of Japan’s stance and support for democratization. Such a movement would certainly become known to the Chinese people and begin to broaden. The members of the Chinese democratization movement and outside sympathizers could collaborate, and their activities would surely expand. Such an eventuality is the CCP’s biggest fear.

In other words, the democratization of China is the most effective means of mitigating China cancer.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1899/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CancerE6.pdf

MOTEKI Hiromichi, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.347J 一次史料が明かす南京事件の真実 その7 第六章

2022年3月8日 火曜日

一次史料が明かす 南京事件の真実』(展転社)(改訂版)
池田 悠 著

その7 第六章 アメリカ宣教師団による中国軍支援背景

中国におけるプロテスタント教会の全会派の連合体は、1922年に全国基督教連盟として設立されました。1937年5月6日、上海で開催された全国基督教連盟の総会において、蒋介石が推進している『新生活運動』に全面的に協力する決議を採択したのです。

『新生活運動』は単なる文化運動ではありませんでした。運動スローガンの生活の三化の第1は、「軍事化」でした。それは軍隊の組織・軍隊の規律・軍隊の精神・軍隊の行動及び生活を以て、政治・経済・教育を普及せしめ、社会全体がそれによって一つの戦闘隊ことを目的とするものでした。

『新生活運動』は従って、日中戦争勃発後に国民党の「抗戦建国」という戦時体制に組み込まれ、「戦地服務」活動を行うことになります。

宣教師たちの中にはこの軍事的な色彩の濃い新生活運動を警戒しているものもいました。しかし、蒋介石の権力基盤が確立され、また西安事件時に蒋介石が表明した信仰告白がクリスチャンに与えた強い影響もあり、この時期に全面的に支援する決定をしたわけです。

南京の宣教師グループの会合で、リーダー格のミルズ師が中国軍支援をしたいという発言をしたことが、ヴォ—トリンの日記に出てきますが、この決議の延長上のことであることが理解できます。

一方、中国側の動きはどうであったかと言いますと、まず1937年2月、「黄仁霖大佐」が、『新生活運動』の幹事長に任命されています。ミルズ師がアメリカ宣教師団による南京安全区での中国軍支援保護の意向を申し出たのは、この黄仁霖大佐なのです。

つまり、南京でおこったことは、上海でカソリックのジャキーノ神父が中立の安全区を作って、住民保護をしていたのと同じようなことをしていることを装いながら、実は中国軍との密接な連携の下、中国軍支援を行っていたということなのです。南京安全区を作り管理していた南京安全区国際委員会は中立のヴォランタリー・グループではなく、中国軍を支援保護することを目的としたアメリカ人宣教師グループであったのです。

日本語原文: http://www.sdh-fact.com/book-article/1885/
英訳文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Primary7.pdf

令和4年3月8日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Primary Historical Sources Reveal The Truth About
The Nanjing Incident (Revised Version)
Ikeda Haruka

(Translated by The Society for the Dissemination of Historical Fact)
Series No.7: Chapter 6 The background of the American Missions
in Nanjing supporting the Chinese Army

The National Christian Council, representing Chinese Protestant churches, was established upon the union of all Protestant sects in 1922. On May 6, 1937, at the National Council General Assembly, resolution was passed supporting cooperation to the extent possible with Chiang Kai-shek’s “New Life Movement”.

However, the “New Life Movement” was not just about cultural reform. The first of its three slogans was “Militarization of Life.” “Militarization means to have the military organization, disciplines, spirits, actions and life permeate through economy and society, and by doing so, to make the entire society one combat unit.”

Consequently, the New Life Movement was incorporated into the Nationalist Party’s wartime scheme of fighting the enemy for the purpose of nation-building, “as planned,” after the start of the Second Sino-Japanese War. The Movement was to be involved in “War Area Service” and other actions.

Some Protestant churches hesitated in officially joining a political movement. But Chiang Kai-shek’s political leadership was established by this time and because of his profession of his Christian faith while he was held prisoner during the Xi’an Incident, the NCC decided to fully cooperate with Chiang’s “New Life Movement.”

As mentioned in Chapter 2, 3. (2) of this book, Minnie Vautrin wrote in her diary that, as a secret matter, Mr. Mills, leader of the American missionary group in Nanking, emphasized encouragement and comfort of the Chinese army. Mill’s intention along was the NCC’s policy.

As to the Chinese side, Colonel Huang Jen Lin was appointed general secretary of the “New Life Movement”. Colonel Huang was the very person missionary Mills informed of the American missionaries’ intention to support and protect the Chinese Army within the Nanking Safety Zone.

Therefore, what happened in Nanjing Safety Zone, which pretended to be something similar to that organized by Catholic priest Jacquinot in Shanghai, was not the result of neutral missionaries but of American missionaries who actively cooperated with the Chinese.

URL:   http://www.sdh-fact.com/book-article/1885/
PDF:   http://www.sdh-fact.com/CL/Primary7E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.345J スリランカの独立

2022年2月16日 水曜日

スリランカはアジアの国々とともに自由を勝ち取った
(原文英語、日本語訳:「史実を世界に発信する会」 )
セナカ・ウィーララトゥナ(スリランカ弁護士、仏教活動家)

2月4日は、スリランカの独立記念日です。この記念日にちなんで、スリランカの弁護士で仏教活動家のセナカ・ウィーララトゥナ氏は、スリランカのビジネス日刊紙 Daily FTにこの論文を寄稿しました。

https://www.ft.lk/columns/Sri-Lanka-s-march-to-freedom-alongside-the-rest-of-Asia/4-730421

本ニュースレターへの掲載の許可を得ましたので、日本語訳文とともに掲載いたします。

セナカ氏はスリランカの独立は、自らの戦いは微弱なもので、インドの独立闘争に便乗したものであったと言います。インドはスバス・チャンドラ・ボースの指導の下、日本と協力してインド国民軍によりイギリスと戦ったからこそ、インドが独立できたのだと言います。

インドでは今やネタジ・チャンドラ・ボースこそがインド解放の父であるといわれるようになっていると言います。ガンジーをインド解放の英雄に仕立て上げたのは、英国人か英帝国に飼いならされたインド人の陰謀に過ぎないとすら言います。実際のところ、ガンジーもインド国民会議もイギリスにとっては痛くもかゆくもない存在だったのです。

要するに、西洋のアジアにおける植民地主義は最終的にはアジアの人々の武力によって打倒されたわけです。日本、ベトナム、インドネシア、ビルマ、インド、フィリピンの人々が見事に西欧と戦い、500年近くも続いた植民地支配を打倒したというのが歴史の真実なのです。特に日本は、インドを解放する青写真を持っていました。これこそ20世紀を記念する偉大な出来事でした。

さらにセナカ氏は、精神的な「脱植民地化」の必要性を強調しています。そのためには、1505〜1948年の植民地時代の歴史の見直し、書き換えが何よりも大事だと言います。まさしく「歴史修正主義」です。世界を支配する、左翼的な、また東京裁判史観の歴史学者、インテリは、「歴史修正主義者!」「否認者=ディナイアー!」と叫んでこれを押しつぶそうとするでしょう。しかし、西洋植民地主義がベースにある歴史、歴史観は、アジアの独立派によって正しく「修正」すべきなのです。

セナカ氏は、さらに「憲法」も、「脱植民地化」されなければならないと言っています。日本人もこの正義の訴えに目を覚ますべきでありましょう。

英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/SriLankaE.pdf
日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/SriLanka.pdf

令和4年2月16日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

https://hassin.org

Sri Lanka’s march to freedom alongside the rest of Asia
By Senaka Weeraratna (Attorney-at-law, Sri Lanka)

Commemorating Sri Lanka’s Independence Day, February 4, Mr. Senaka Weeraratna wrote, “Sri Lanaka’s march to freedom alongside the rest of Asia,” in the Daily FT, Sri Lanka’s only national daily business newspaper. With Mr. Weeraratna’s kind permission, we republish his commentary here:

https://www.ft.lk/columns/Sri-Lanka-s-march-to-freedom-alongside-the-rest-of-Asia/4-730421

He writes that Sri Lanka’s independence rode on the back of India’s struggle. India, under the leadership of Netaji Subash Chandra Bose, marched on to Delhi with Japanese military assistance. Even though his struggle failed, it led the way to Indian independence.

The Government of India has declared Netaji Subash Chandra Bose the father of India’s struggle for freedom, displacing Mahatma Gandhi from a pedestal that many thought was unassailable. This represents a historic shift towards changing the overall narrative of India’s liberation from British occupation.

The view that Mahatma Gandhi, utilizing ‘Ahimsa’ and ‘non- violence’ in his civil disobedience campaigns, won India’s freedom has been discarded.

Western colonialism in Asia was ultimately defeated by force of arms on the part of the people of Asia. The Japanese, Vietnamese, Indonesians, Burmese, Indians, and Filipinos successfully challenged the West– resisting foreign occupation and finally emerging victorious. The departure of the West from the East after nearly 500 years of military adventurism and hegemonic rule is one of the defining landmarks of the 20th century.

Mr. Weeraratna further calls for spiritual “decolonization.” He says “… our written History particularly of the colonial era from 1505 – 1948 should be reviewed and rewritten by top scholars with de-colonized minds. This principle also applies to the drawing of the national constitution.”

European historians and intellectual elitists will condemn such “historical revisionism”! Yes, this is in fact revision of history, written with a decolonized view of history.

HTML: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1877/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/SriLankaE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.343J 一次史料が明かす南京事件の真実 その6 第五章

2022年1月26日 水曜日

『一次史料が明かす 南京事件の真実』(展転社)(改訂版)
池田 悠 著

その6 第五章 「中立の第三者」アメリカ宣教師団が導いた東京裁判判決

東京裁判で検察側の証言の中心を形成したのはアメリカ宣教師団でした。第三者の良心的な人々の証言とされ、南京事件の見方を決定づけたわけです。その後出てくる「証拠」「証言」と称するものも、この見方の延長上に位置付けられていきました。

東京裁判の証言者、ウイルソン、ベイツ、マギー、そして宣誓供述書を出したスマイス、フィッチ、マッカラム、はすべてアメリカ宣教師団メンバーです。そして、アメリカ大使館員による報告書、実質宣教師団によって作成された「南京安全地帯の記録」など。

ドイツ人ファルケンハウゼン将軍がトラウトマン大使に提出した「あるドイツ人目撃者による報告」がこれに加わります。しかし、ファルケンハウゼンは、蒋介石政権の軍事顧問団長ですので、この信憑性には問題があります。さらに、これは偽造文書である可能性が高いことを池田氏は証明しています。

東京裁判では10万人以上の虐殺があった証拠として、埋葬記録が提出されています。紅卍会が43,071人、崇善堂が112,266人です。紅卍会は日本軍の許可を得て(実際埋葬料金を得て)埋葬行っていました。シャルフェンベルグの記録にも、このことは出てきます。しかし、崇善堂などという記載はどこにも出てきません。当時ほとんど活動してなかったからです。したがって、死体数はほぼ4万であったということです。中国軍総数が、約10万とみられていますので、4万は戦死者であり、市民の死体はほとんどなかったということになります。

東京裁判で、意図的に避けられていた問題が人口のことです。弁護側が、人口問題を取り上げると、ウエッブ裁判長はこれを取り上げずそのままにされました。国際委員会の報告書に、「貴国部隊が南京に入場した13日、私共は市民のほぼ全員を安全地帯という一地区に集合させていた」と書いています。そして「安全地帯を運営する際には、総計約20万人の世話をする必要があると見積もられている。」とも書かれています。そのご、12月中の報告書には20万人という数字が書かれていて、1月14日にこの数字が25万人と書かれるのです。南京の門は閉ざされていたので、外部から多くの人が入れるはずがありません。日本軍が行った住民登録をもとに増加させたわけです。いずれにしても、虐殺などありえないと彼ら自身が書いた文書は物語っているわけです。ウエッブ裁判長も、これをまともに論じられたらどうしようもなくなったので逃げたわけです。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Primary6.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Primary6E.pdf

令和4年1月26日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Primary Historical Sources Reveal The Truth About
The Nanjing Incident (Revised Version)

Ikeda Haruka
(translated by The Society for the Dissemination of Historical Fact)

Series No.6: Chapter 5

Verdict at the Tokyo Trials induced by neutral third party American Missionaries

Currently, the prevailing view of the Nanjing Incident can be called “the American missionaries’ view of history.” This view is based on the accounts of American missionaries who were regarded as neutral, third-party witnesses and as such constituted the core of statements for the prosecutors at the Tokyo Trials. The view justified the missionaries’ activities during the period surrounding the Nanjing Incident and their statements were blindly swallowed up as fact without verification. Thus, China’s propaganda after the War and “newly discovered” documents by a handful of Japanese of cases of disorderly conduct during the postwar years were created along the American missionaries’ view.

There were also reports made by American Embassy officials, Documents of the Nanking Safety Zone prepared by the International Committee, reports to the German Embassy by the German, Mr. Rabe, and “A Report of a German Eyewitness,” submitted by German Lieutenant General von Falkenhausen to Ambassador Trautmann. But Falkenhausen was a military advisor to Chiang Kai-shek–any claim to “neutrality” from Falkenhausen is dubious. The author verifies that there are forged sections in “A Report of a German Eyewitness.”

It was said at the Tokyo Trials that contemporary burial records were the basis for an alleged massacre of more than 100,000 people. According to sources submitted to the court, the Red Swastika Society buried 43,071 and Chong Shan Tang buried 112,266. In a memorandum that Chancellor Scharffenberg wrote, “The Red Swastika Society has been given permission to bury the bodies.” But no mention was made about Chong Shan Tang. Burials were allowed with permission of the Japanese army and there was no mention about Chong Shan Tang in Japanese army records. Mr. Ara Kenichi says that Chong Shan Tang was not active at that time. So, Chong Shan Tang’s records are merely forgeries. It is reasonable to estimate that about 40,000 out of a total 100,000 Chinese soldiers were killed in battle, rather than a massacre of civilian.

The defense brought up the population of Nanjing, but Chief justice Webb overruled the defense.

The International Committee wrote: “It is estimated that altogether some 200,000 people will have to be cared for, when the zone is put into operation.” Throughout December, the Committee’s record stated that there were 200,000 in the Nanjing Safety Zone. But on January 14, they wrote that the population was 250,000, as a result of the Japanese army’s registration of citizens. Anyway, there is no evidence the population decreased—there was a huge slaughter of people but no population decrease?

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1864/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Primary6E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.342J 書評 英文版「大東亜戦争 日本は勝利の方程式を持っていた」

2022年1月21日 金曜日

< 書 評 >
Japan’s Master Plan for Victory: What Could Have Been.
Moteki Hiromichi

原書「大東亜戦争:日本は勝利の方程式を持っていた」(ハート出版)
英文書評者:タダシ・ハマ
日本語訳(「史実を世界に発信する会」 )

いわゆる「太平洋戦争」については、決まりきった解釈が定番になっている。片や日本帝国、片や西欧とその同盟国の間の紛争であり、そもそも、日本側には勝つ見込みは皆無だった。無謀な戦争だったというわけだ。日本のGNPはカナダとほぼ同じだった。そんな国がどうして西欧に勝てるはずがあったろうか。一方では、日本は「心底からのワル」と蔑まれていた。「近隣諸国に対して全く同情心を持たない侵略国家」と決めつけられていたのである。その理窟を貫けば、日本はどんな無慈悲な攻撃を受けても自業自得だったということになる。

日本の歴史学者も怠慢なことでは西欧の学者にひけを取らない。唯々諾々と「定番の解釈」に追従している。日本帝国がなぜ武器を取って西欧に立ち向かう羽目になったのかを解明しようという努力を怠っている。しかし、米国人の中にも少数ながら、日本が西欧に立ち向かうに至った経緯を直視して来た人々はいた。米国でも、分別ある学者の中には、「定番の解釈」に束縛されずに、ありのままの真実を解明しようとしている人も少なくない。チャールズ・タンシルの『裏口からの参戦』はその例である。

連合国最高司令官だったダグラス・マッカーサー将軍は、1951年、米国上院軍事外交委員で証言をした。日本は基本的な資源の供給を全面的にアジア海域に依存していたのだから、これが手に入らなくなると社会的経済的に崩壊するしかなかったと述べた。したがって、「したがって彼らが戦争に飛び込んで行った動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」ということだった。

ところで、日本の戦争に大義があったばかりではなく、「勝利の戦略があった」ということを「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」という大本営政府連絡会議で16年11月15日に採択された戦略構想に基づき主張したのが、本書である。その英文版が昨年発売されたが、英文版に対する書評をタダシ・ハマ氏が書いている。是非お読みいただきたい。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/JapansmasterE.pdf
書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japansmaster.pdf

令和4年1月21日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

<回覧大歓迎>

Japan’s Master Plan for Victory: What Could Have Been.
Hiromichi Moteki

Society for the Dissemination of Historical Fact, 2020

Originally published as Daitoa senso: Nihon wa shori no hoteishiki wo motteita (Heart Publishers, 2018).

Reviewed by: Tadashi Hama

The dominant narrative of the so-called Pacific War, the conflict between Imperial Japan, the West and its allies, is that Japan’s defeat was “inevitable,” even “irresistible”. “How could a country with a GNP [gross national product] about that of… Canada expect to win…” against the West? On the other side of the same coin, Japan was written off as “basically evil,” an “aggressor nation” showing a “total lack of sympathy or respect for her neighbors.”

Few Japanese historians, as well as most Western historians, have bothered to transcend the “dominant narrative” in order to clearly understand Imperial Japan’s motivation to go to war against the West. A few Americans, though, have mulled over Imperial Japan’s decision to take on the West such as Charles Tansill, in his Back Door to War. General Douglas MacArthur, former Supreme Commander for the Allied Powers in Japan, stated his thoughts before a US Senate subcommittee in 1951. He stated: “[Japan’s] purpose… in going to war was largely dictated by security.”

Author Moteki Hiromichi picks up on the missing thread, of Japan’s strategic plan to ensure its own survival by grinding away at the US’s will to fight through a series of bold tactical, psychological, economic and military maneuvers. Moteki tells us that the missing thread that clearly showed that Japan thought carefully of her own survival, rather than world domination, was the “Draft Proposal for Hastening the End of War Against the United States, the United Kingdom, the Netherlands, and Chiang Kai-shek.”

This plan was duly adopted at a Liaison Conference between Imperial General Headquarters and the Imperial Government, held on November 15, 1941.

He analyzes the “Draft Proposal” as the strategy for Japanese victory In fact, Moteki points out that Prime Minister Churchill’s expressed his concern to President Roosevelt on April 15, 1942, in that should Japan control the Western Indian Ocean the British position in the Middle East would collapse and supplies to Russia would be cut. With the UK in a weakened position, according to the “Draft Proposal,” the US would “lose the will to continue hostilities against Japan.” Indeed, as we have seen with the US, a war without a strategy leads to a humanitarian disaster.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1861/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/JapansmasterE.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.341J 国立公文書館への公開質問状-最終報告

2022年1月13日 木曜日

インターネット特別展
「公文書に見る日米交渉—開戦への経緯」
における疑義と要請—最終報告

杉原誠四郎氏は平成17年より国立公文書館で公開されている<インターネット特別展「公開文書に見る日米交渉—開戦への経緯」>に関して令和元年12月8日付で疑義と要請の公開書簡を提出しました。以後、合計4回にわたり、文書を提出してきました。

本ニュースレターでは、その英訳文をつけて発信してまいりました。

この度、杉原氏より最終報告が寄せられましたので、ご紹介する次第です。

・最終報告:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/SugiharaF.pdf
・同英訳版:http://www.sdh-fact.com/CL/SugiharaFE.pdf

まずご紹介すべきなのは、国立公文書館のこの件の直接の担当部署である「アジア歴史資料センター」センター長の波多野澄雄氏が杉原氏の問題提起を諒とされ、杉原氏の『日米開戦以降の日本外交の研究』(亜紀書房)とその英訳版、中国語訳版、韓国語版を、特別展の参考文献に載せることになったことです。

外務省にとって都合の悪い文献は、排除するといった悪習が正されとことは、大きな意味があるかと思います。

さらに、杉原氏と波多野氏が質問、回答を重ねていくうちに、多くの共通の問題意識をお互い抱えていることが明らかになってきたということです。そこで杉原氏は、外務省の問題点を糾弾するという方法に代わって、二人の問題意識を論じあい、それを本にまとめとようという考えを抱くようになり、波多野氏も私的な立場としてそれに参加することになったということです。

かくて、昨年12月8日に『吉田茂という病—日本が世界に帰ってくるか』(自由社)を共著で刊行しました。吉田茂という病とは、日本が今患っている自虐史観的な病の根源であるという考え方から、占領時代、現代の問題を詳しく論じあった好著です。

今月23日には『続・吉田茂という病—日本は世界に帰ってくるか』(自由社)が刊行される予定です。

是非皆様にお読みいただきたいと思います。

令和4年1月13日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

<回覧大歓迎>

Open Letter to the National Archives of Japan
Regarding the Special Internet Exhibit
“Diplomatic Negotiation between Japan and the United States”
A Final Report

Professor Sugihara Seishiro sent an open letter of protest to the National Archives of Japan regarding the Special Internet Exhibit, “Diplomatic Negotiation Between Japan and the United States—the process leading to the outbreak of the War seen through archives,” on December 8, 2019. He thereafter sent three additional open letters rebutting the responses from the National Archives.

Since the open letter touched on very important issues on the Japan-US War and the US occupation of Japan, we published the open letters with English translations in our Newsletter.

Now, Professor Sugihara issued his final letter on this subject:

*English translation of the final letter:

URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1853/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/SugiharaFE.pdf

The point of contention concerned the treatment of Sugihara’s book, Study on Japan’s Diplomacy after the Opening of the War between Japan and the United States, which addressed the very crucial issues raised in the Exhibit. Moreover, the book was translated into English, Chinese and Korean but was not listed in the reference materials of the Exhibit.

Later, it turned out that responsibility for producing this Special Exhibit rested with the Japan Center for Asian Historical Records. Mr. Hatano Sumio, Director of the Center, recognized both Sugihara’s protest and demand as valid. Mr. Hanato took action to include Sugihara’s book in the reference materials, reforming the Exhibit.

Professor Sugihara intended to ask the National Archives for an apology, but after discussions with Mr. Hatano, he believed that it would be better to publish a book of the discussions with Mr. Hatano.

On December 20, 2021, on the occasion of the 80th anniversary of the outbreak of the War between Japan and the United States, A Disease Called Yoshida Shigeru—Will Japan Return to the World? (Jiyu-Sha) was published. Its sequel, Sequel: A Disease Called Yoshida Shigeru—Will Japan Return to the World? (Jiyu-Sha) is slated for publication on January 23, 2022.

These two volumes have more than a total of 1000 pages, with valuable information and thoughts on the issue mentioned above.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.339J 一次史料が明かす南京事件の真実 その5 第四章

2022年1月9日 日曜日

『一次史料が明かす 南京事件の真実』(展転社)(改訂版)
池田 悠 著

その5 第四章 南京事件対外宣伝の構図

南京事件宣伝が客観的な第三者による事実であるかのように広まった中心的な文書は次の三つです。

A.『戦争とは何か』(What War Means – Japanese Terror in China)(ティンパーリ編)
B.「南京地区における戦争被害」(スマイス偏)
C.『南京安全地帯の記録』(Documents of the Nanking Safety Zone)(重慶国際委員会監
修、徐淑希編集)

実は、このうちA,Bの二冊は国民党国際宣伝処の所長であった、曾虚白が自叙伝で述べているように、宣伝処がティンパーリとスマイスに依頼して作ってもらいお金を払って出版させたものでした。

また、Cは実質アメリカ宣教師団が取り仕切って記録した文書をプロテスタント長老派の徐淑希博士が編集し、国民党の外郭団体である国際問題委員会が監修して上海の英国系出版社のKelly & Walsh社から出版したものでした。

国民党の宣伝方針は曾虚白が自叙伝で述べているように、「われわれはこの時期の国際宣伝について、中国人は絶対に自ら表に出てはならず、われわれの抗戦の真相と政策をよく理解する国際友人を探して我々の代弁者とすることを決定した」のでした。

このような方針に沿って抗日国際宣伝を国民党は行ったのですが、この中で最も成功を収めたのが「南京事件」であったわけです。その理由は、A, B, Cの三つの中立を装った書籍が英文で発行されとことが大きいと著者はいいます。

たとえば、爆撃があった上海の線路上で一人泣いている赤ん坊の写真は、『ライフ』

誌1937年10月4日号で大きく取り上げられ、世界中で反響がありました。しかし、上海で市民大虐殺があったという話にはなりませんでした。南京のアメリカ宣教師団のようにそれを事実と証言する、第三者とされる外国人がいなかったからです。

南京事件の宣伝の核となる「客観的第三者」とされた南京のアメリカ宣教師団による、記録・発信がなければ、上海の赤ん坊の写真と同様、一過性のイメージ操作で終わっただろうと著者は言います。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Primary5.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Primary5E.pdf

令和4年1月6日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Primary Historical Sources Reveal The Truth About
The Nanjing Incident (Revised Version)

Ikeda Haruka
(translated by Society for the Dissemination of Historical Fact)
Series No.5: Chapter 4 The Structural Outline of International
Propaganda of the Nanjing Incident

There were three core pieces of documentation, written as if from an uninterested third party, that facilitated the successful spread of the Nanjing Incident propaganda:

1) What War Means – Japanese Terror in China, edited by Australian journalist Timperley,
2) War Damage in the Nanking Area, edited by missionary Smythe,
3) Documents of the Nanking Safety Zone, edited by Dr. Shushi Hsu.

In fact, 1) and 2) were produced by the Nationalist Party’s International Bureau of the Central

Propaganda Division. Mr. Zeng Xu-bai, director of the Bureau writes in his autobiography:

“To begin with, we decided to pay Timperley and Smythe via Timperley to write two books as eyewitnesses to Japanese military’s massacre in Nanking, print and publish them.”

The third book was edited by Dr. Shushi Hsu, a Chinese Presbyterian, under the auspices of the Nationalist organization, of the documents of the Safety Zone written by American missionaries.

Mr. Xeng Xu-bai stated in his autobiography China’s international propaganda policy:

“Regarding our international propaganda at this time, we decided that we Chinese will never appear in front on our part but search for foreign friends who understand the truth of our fight and political goal and let them speak for us.”

The most successful case of international propaganda conducted by this policy was the dissemination of the “Nanjing Incident”. The main reason for this was because the three books mentioned earlier were published as if they were objective documentation from a third-party.

A photograph of a baby sitting on a railroad, crying, in Shanghai after the city was bombarded appeared in the October 4, 1937 issue of Life and the photo attracted tremendous worldwide sympathy. However, this famous photo did not lead to stories of grave civilian massacres in Shanghai. Without the books allegedly written by “objective third parties,” which were central to the so-called Nanjing Incident, the whole operation would have ended quickly, nothing more than, for example, “image manipulation,” like the baby crying in Shanghai, sitting on a rail.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1849/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Primary5E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.338J 一次資料が明かす南京事件の真実 その4 第三章

2021年12月15日 水曜日

『一次資料が明かす 南京事件の真実』(展転社)(改訂版)
池田 悠 著
その4 第三章 アメリカ宣教師団が必要とした「南京事件」

安全区の区域設定が宣教師団によってきめられていたことは、イギリス人のシールズが述べています。シールズ曰く「設定される区域は中国人の貧民区を含むよう線引きされるべきではないか、と尋ねたところ、場所の問題はすでに決定済みと言われた」。さらに、曰く「安全区設定以前から中国軍は区内に対空砲を設置していたし、その後も引き続き使用していた。」。かくしてシールズは国際委員会委員をやめるのです。
ラーベも言っています。「安全区内の南西側の境に高射砲台がずらっと並んでいるのに気が付いた。」「いまだに武装した兵士たちが居座っており、彼らをここから追い出そうという我々の努力は全くの無駄だった。」
ところがアメリカの宣教師たちは、明らかな虚偽を言っています。『戦争とは何か』の中で、YMCAの中国代表で委員会委員のフィッチは、「将軍は首都防衛の任務を帯び、安全区から軍隊と高射砲を一掃するという非常に困難な仕事に概して非常によく協力してくれました。」とぬけぬけと言っているのです。
さらに、中国兵が安全区内に侵入・潜伏したことが『南京安全地帯の記録』に書かれています。「13日に兵士数百名が北側境界線を通って安全地帯に近づいたり、あるいは入ってきて…」「その夜の混乱とあわただしさの中で、国際委員会は武装解除された兵士たちを一般市民から分離しておくことができませんでした。」
それどころか、ニューヨークタイムズ1月4日号に書かれているように、「(逃亡中の大佐1名と6人の部下の将校たち)‥は中国軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、大学の建物の一つに住んでいるところを発見された。彼らが、大学の建物の中に、ライフル6丁、拳銃5丁、砲台から外した機関銃1丁、そして弾薬を隠していた…」
安全区の存在の必要性をジョンソン、アメリカ駐中国大使は「入城した日本軍の南京市民に対する恐怖支配があまりにも激しかったために、外国人による安全区の治安維持と食料提供をやめるわけにはいかなかったのも確かである」と述べていますが、これは宣教師団に主張をうのみにしたものにほかなりません。なぜなら、ドイツ大使館のシャルフェンベルグ事務局長が言っているように「これらすべての暴行事件は、単に、一方の話を聞いただけ」なのです。
現に、2月4日に日本軍は半強制的に安全区の市民に帰宅を命じ、安全区を廃ししたのですが、その結果暴行など全く起こっていないのです。
要するに、日本軍の暴行事件を宣伝することにより、宣教師団は安全区を維持し、それを中国軍の保護、日本軍にイメージ悪化に役立てたのです。
ミルズは中国軍支援保護計画を中国軍の戦地服務団の責任者で、蒋介石の最側近の黄仁霖大佐に伝え、黄大佐はこれに呼応して南京安全区の活用を図っているのです。
是非事の詳細を本文を読んで、知っていただきたい。
日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Primary4.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Primary4E.pdf
令和3年12月15日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Primary Historical Sources Reveal The Truth About
The Nanjing Incident (Revised Version)
Ikeda Haruka
(translated by Society for the Dissemination of Historical Fact)
Series No.4: Chapter 3 “The Nanjing Incident”
needed by American missionary group

The location fixing of the Safety Zone had been decided by the missionary group as British Shields stated; “When he asked if the zone to be proposed might not be drawn to include the Chinese poor section he was told simply that the matter of location had already been investigated and determined.”
Moreover, he also stated “The Chinese had a large anti-aircraft gun in it even before it was defined; they continued to use it.” Thus he resigned the Committee member.
Rabe also said “We discover a row of antiaircraft batteries within the southwest border of our Zone.” “The Zone is a long way from being safe; there are still armed soldiers inside, and all our efforts to get them out have thus far been to no avail.”
However, the American missionaries told an apparent counterfeit story. Fitch, YMCA China chief wrote in What War Means ”Gen. Tang, recently executed we have been told, charged with the defense of the city, cooperated splendidly on the whole in the very difficult task of clearing the Zone of the military and anti-aircraft.”
It is written in Documents of the Nanking Safety Zone that Chinese soldiers entered and hided in the safety zone. At that time [December 13] several hundred soldiers approached or entered the Zone through the northern boundary,” “In the confusion and haste of that evening, the Committee was unable to keep the disarmed soldiers separate from civilians, particularly because some of the soldiers had abandoned their military clothing.”
Furthermore, New Yok Times January 4, 1938 reported “American professors remaining at Ginling College in Nanking … were seriously embarrassed to discover that they had been harboring a deserted Chinese Army colonel and six of his subordinate officers. The professors had, in fact, made the colonel second in authority at the refugee camp. The officers, who had doffed their uniforms during the Chinese retreat from Nanking, were discovered living in one of the college buildings. They confessed their identity after Japanese Army searchers found they had hidden six rifles, five revolvers, a dismounted machine gun and ammunition in the building.”
The American missionaries said the Safety Zone was needed to protect the civilian population against the reign of terror imposed by the Japanese army. But Japanese army dissolved the Zone on February 4, and thereafter no looting or murder occurred. The American missionary needed the Nanking incident as a pretext to create the Safety Zone and protect the Chinese soldiers.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1844/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Primary4E.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 2 of 3612345...102030...最後 »