‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.96J 台湾人は漢民族ではない

2015年6月3日 水曜日

台湾人は漢民族ではない
「台湾の声」編集長、医学博士 林建良(りんけんりょう)

台湾人の原住民はごく少数で、大部分は福建省から渡ってきた中国人の子孫であると多くの日本人は思っているようです。日本人がそう思っているくらいですから、世界中の人もそうしたイメージを持っています。

しかし、事実はとんでもない話で、DNA分析を行ってみると、台湾人は大陸の中国人、いわゆる漢人とは全く異なっている、という驚くべき事実があることを医学博士の林建良さんはのべています。

では、なぜそうなったのか?林建良さんの文章をお読みいただき、誤った思い込みを正していただきたいと思います。歴史的にも人種的にも台湾は、台湾であり、中国の一部などではないというのが真実です。

 林建良論文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/not.pdf

英訳文を下記の通り海外の人々にも発信しました。

平成27年6月3日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

THE TAIWANESE ARE NOT HAN CHINESE

Lin Jianliang, Ph.D. in Medicine
Editor, Voice of Taiwan

Many people think that the Taiwanese belong to the same ethnic group as the mainland Chinese. Not only ordinary people, but also scholars and researchers studying Taiwan labor under this false impression. They believe what they’ve heard, i.e., that 2% of the Taiwanese population are aborigines, 13% are natives of the mainland who fled to Taiwan with Chiang Kai-Shek in 1949 (and their descendants), and the remaining 85% are natives of the mainland who arrived in Taiwan prior to World War II. Therefore, they reach the conclusion that 98% of Taiwanese are Han Chinese.

This impression, however incorrect, is widely embraced. And it does not help that Taiwanese born in the postwar period were taught that they are Han Chinese. But this is completely wrong from the viewpoint of the genetic make-up of the Taiwanese. Dr. Lin Mali, professor of hematology at Mackay Memorial Hospital in Taipei discovered that the genetic make-up of the Taiwanese is completely different from that of the Han Chinese.

How was this difference occur? Dr. Lin Jianliang elaborates the historical process. Read Dr. Lin’s essay.

Dr. Lin’s essay: http://www.sdh-fact.com/essay-article/418
Dr. Lin’s profile: http://www.sdh-fact.com/auther/lin-jianliang

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.95J尖閣を狙う中国の嘘八百に反論する

2015年5月21日 木曜日

「台湾と尖閣は不可分」?
尖閣を狙う中国の嘘八百に反論する
下條正男(拓殖大学教授)

 中国の国家海洋局は2014年12月30日、尖閣諸島問題についてのウェッブサイトを解説し、大々的に尖閣諸島が中国領であるとの宣伝を行っている。
 しかし、一見膨大な資料にも続いているかのようにみえるその中身は、言ってみれば嘘だらけ、ただの一つも尖閣が中国領であることを実証する資料は存在していないのである。
 中国は明の時代から『使琉球録』などの文献に尖閣が出てくることを根拠にしているが、文献に出てくれば領土である、などということは少なくとも近代法的には全く無意味である。明の時代には、台湾は文献には出てきても、中国の領土には入っていなかった。清の時代にようやく台湾の一部が領土になったに過ぎない。
 清の時代になっても、尖閣諸島は台湾の付属諸島と記されている文献は存在していないのである。そのなると「台湾と尖閣は不可分」ということを論拠とする中国の尖閣領有権論は雲散霧消してしまうのだ。
 下條教授はこの論文でその事実を詳細に説明している。ぜひとも下條論文を読み、中国の不当な主張、そして一部日本でそれに似たことをいう(例えば孫崎など)論が誤っており、完全な虚説であることを理解していただきたい。またこれを海外に向けて大々的に主張していくべきである。
 日本語: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/senkaku1.pdf
英訳文は、下記の通り、発信する会のサイトに掲載し、海外の4000ほどの学者、マスコミなどに発信した。
 
平成27年5月21日 「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝

A REBUTTAL TO CHINA’S FRAUDULENT CLAIMS ON THE SENKAKU ISLANDS
Professor Shimojo Masao, Takushoku University
On December 30, 2014, the PRC’s State Oceanic Administration launched a website entitled “Diaoyu Dao: The Inherent Territory of China.” The site is China’s platform for its claims on the Senkaku Islands, which the Chinese call “Diaoyu Dao and its affiliated islands”.
However, the historical perception and the State Oceanic Administration’s website are utterly flawed, which maintain that the Senkaku Islands are an integral part of China, and that they are islands affiliated with Taiwan. The creators of the website do not offer any evidence supporting these claims.
The mere appearance of the so-called Daioyu Dao in a written work is not definitive proof that the Senkaku Islands were Chinese territory several hundred years before Japan discovered them. To prove that the islands were under Chinese jurisdiction at that time, the Chinese must establish that Taiwan was an integral part of Ming China in official regional topographical works like Comprehensive Gazetteer of the Ming Dynasty or official histories such as History of the Ming Dynasty. These classic works, however, do not at all support the ludicrous contentions of the PRC.
It was the Qing Dynasty that incorporated Taiwan, but official documents, such as the Comprehensive Gazetteer of the Great Qing Real, show that the Senkaku Islands were never a part of Taiwan. Thus, the very basis of the Chinese claim that the Senkaku Islands belonged to Qing China is completely shattered.
The current article verifies the facts based on key Chinese historical documents.

Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL/SENKAKU-Shimojo.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/auther/shimojo-masao

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.94J 中国は靖国に参拝せよ

2015年4月22日 水曜日

中国は日本に感謝し、靖国に参拝せよ
黄文雄(評論家)

過激な事を言っているように感じる方もおられるかと思います。しかし、黄文雄氏のこの主張は、明確な論拠をもったものです。
 黄文雄氏は言ってます。「日本軍は中国やアジアに対して侵略、虐殺、暴行、略奪を働いたというのが中国側の主張であると同時に、戦後日本人の一般的な歴史認識でもあるが、台湾では違う。」なぜ違うかというと、「台湾人は幸い、東京裁判史観に染まることがなかった」からであるというのです。
 「日本の戦争が、まさしくアジアのレコンキスタ(失地回復)であり、それによって欧米植民地勢力が駆逐された史実を”率直“に受け止め”日本が負けたことが悪かった“」と黄文雄氏は台湾の識者と共に認識しているわけです。
 この論文は、『歴史通』3月特集号に掲載されたものですが、『歴史通』の許可をいただき、英訳文とともに冊子として刊行することにしました。これを読めば、日本が謝罪するどころではなく、中国こそが感謝して靖国に参拝しなければならないのが筋であるということが理解できると思う次第です。
 日本語原文:
英訳文は、下記の通り海外に発信しました。
平成27年4月22日「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝

A Grateful China Should Also Pay Respect To Yasukuni Shrine
Huang Wenxiong (Ko Bunyu), commentator
The title of this essay may sound extremely radical and really emotional. But if you read through this essay, you will find that it is in fact very rational and factual.
China has alleged that the Japanese Army was responsible for aggression, massacres, rape, and pillage directed against the Chinese and other Asian peoples, and since the end of the war this is also what people in Japan have generally believed. However, this is not what people in Taiwan think. Rather, most intellectuals knowledgeable of Japan, including Mr. Huang, are of the belief that “Japan did no wrong–Japan’s only sin was that it lost the war.”
This is because the people of Taiwan were never indoctrinated to the version of history promoted at the Tokyo War Crimes Trials. Because of this, the people of Taiwan have lamented that Japan lost the war and had no problem in accepting the historical fact that Japan’s true objective in fighting the war was to take back Asia and rid it of the invasive colonial powers.
Mr. Huang states: “Stopping the civil war, famine relief and relief for farmers, preventing China’s dismemberment by the great powers… No matter how you look at it, China should be thanking the Japanese rather than criticizing them. Accusing Japan of waging a war of aggression on China is nonsense. Instead China should show gratitude to Japan, a country which was burdened by its foolish neighbor.”

Full text:
Author profile:

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.93J大東亜会議70周年記念シリーズ8

2015年4月8日 水曜日

(大東亜会議70周年記念シリーズ-8)
ホセ・ラウレル(フィリピン大統領)の演説

 前回のワン・ワイタヤコーン殿下の演説に続き、フィリピンのラウレル大統領の演説をご紹介します。
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/JOSE1.pdf
昭和18年10月14日、フィリピンは日本軍の軍政が撤廃され、正式に「フィリピン共和国」として独立の日を迎えました。対スペイン独立戦争時から愛唱されてきた歌を国歌として制定し、その演奏とともに、アギナルドとリカルテが革命旗をもとにデザインされた国旗を掲げました。(これらの国号、国旗、国歌は現在まで引き継がれて、この時に就任したラウレル大統領は、現在でも第2共和国の大統領として、マラカニアン宮殿に歴代大統領と並んで肖像画が飾られています。)
 独立国の大統領として、大東亜会議に望んだ、ラウレル大統領の演説をぜひ全文お読みいただきたいと思います。傀儡に過ぎなかった、などという先入観を捨てて。
 これまでにシリーズとして掲載した7回の演説等をご参考までに付記します。

・スルヤ・ボース氏演説(チャンドラ・ボースインド仮政府首班親族)
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf
・加瀬英明氏の開会あいさつ「人種世界平等の出発点となった大東亜会議」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater.pdf
・ヘンリー・ストークス氏「日本はアジアの希望の光だった」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japan.pdf
・渡部昇一教授 私の記憶する大東亜会議、その意義
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greaterw.pdf
  ・汪兆銘(中華民国行政院長)の演説
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WangChing.pdf
  ・張景恵(満洲国総理)の演説
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Chang.pdf
  ・ワン・ワイタヤコーン殿下(タイ国内閣総理大臣代理)の演説
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WAITHAYAKON.pdf

平成27年4月8日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

70th Conference Series (8)
Address of President Jose P. Laurel, Representative of The Philippines,
Given at The Greater East Asian Conference held on November 5, 1943
Following Wan Waithayakon’s address, presented previously, we preset President Jose Laure’s address.
  http://www.sdh-fact.com/CL/ADDRESS-OF-Jose-LAUREL.pdf
He emphasizes “I feel that this meeting of the peoples of Greater East Asia should have been held a long time ago. Whereas, in the past we have been kept as strangers, one and all, it is really gratifying to note that through the trying efforts of the great Empire of Japan, for the first time in history we are gathered and grouped together, never again to be separated as in the past, ready to fight oppression, exploitation and tyranny so that we may proclaim to the world that, no longer shall the one billion peoples of Asia be subjected to domination and exploitation by a few Western Powers.”
For your reference, the series of 7 addresses:
Mr. Surya Bose (grandson of the brother of Netaji Subhas Chandra Bose)
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
Mr. Kase Hideaki: The Greater East Asia Conference Paved the Way to Universal Human Equality http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S4.pdf
Mr. Henry Stokes: Japan was the Light of Hope in Asia
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S4.pdf
Mr. Watanabe (Professor Emeritus at Sophia University): Greater East Asian
Conference which I remember http://www.sdh-fact.com/CL02_1/129_S4.pdf
Wang Chin-wei’s Address http://www.sdh-fact.com/CL/Wang-Ching-wei-address.pdf
Chang Ching-hui’s Address http://www.sdh-fact.com/CL/Chang-Ching-hui-address.pdf
Wan Waithayakon’s address http://www.sdh-fact.com/CL/ADDRESS-OF-Wan-Waithayakon.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.92J大東亜会議70周年記念シリーズ7

2015年3月20日 金曜日

(大東亜会議70周年記念シリーズ-7)
ワン・ワイタヤコーン殿下(タイ国内閣総理大臣代理)の演説

 前回の張景恵満洲国総理に続きタイのワン・ワイタヤコーン殿下の演説をご紹介します。
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WAITHAYAKON.pdf
「アジア大陸は人類発達の源であるにもかかわらず、欧米諸国の進出により、植民地化して独立と主権を失うに至った。しかし、大日本帝国は先見の明を持って、現代社会の発展は、その手段に置いて西洋文明によらねばならないと同時に東洋的文化に信倚する必要必要のあることを洞察した結果、その発展形式を現代式に調整させ、急速に一大強国の地位に躍進した」と評価しています。
 そして「日本は八紘一宇の理想に従い、共栄圏を確立し、正義、康生及び平和の基礎の上に立つ一家の結束をもたらさんとする政策をとっている。しかしながら日本の平和的手段による国策遂行は、米英が加えて来たった種々の障害により成功を見ず、ここに大東亜戦争勃発のやむなきに立ち至ったのである。日本行軍の輝かしき大戦果は牢固たる土台の上に大東亜共栄圏を樹立し得べしとの希望を生み、全アジア民衆の胸を歓喜に満ち溢れさせている」と日本への熱い期待を述べています。これがアジアの人々の本当の声でした。
 これまでに掲載した6回の演説等をご参考までに付記します。
・スルヤ・ボース氏演説(チャンドラ・ボースインド仮政府首班親族)
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf
・加瀬英明氏の開会あいさつ「人種世界平等の出発点となった大東亜会議」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater.pdf
・ヘンリー・ストークス氏「日本はアジアの希望の光だった」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japan.pdf
・渡部昇一教授 私の記憶する大東亜会議、その意義
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greaterw.pdf
  ・汪兆銘(中華民国行政院長)の演説
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WangChing.pdf
  ・張景恵(満洲国総理)の演説
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Chang.pdf
平成27年3月20日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

70th Conference Series 7)
Address of Prince Wan Waithayakon, Representative of Thailand,
Given at The Greater East Asian Conference held on November 5, 1943
Following Chang Ching-hui’s address, presented previously, we preset Prince Wan Waithayakon’s address.
http://www.sdh-fact.com/CL/ADDRESS-OF-Wan-Waithayakon.pdf
He says “With profound foresight, the Japanese Empire has seen that progress in the modern world has to depend on the methods of Western civilization, but with reliance on the cultural principle of the East. She has, therefore, modified her form of development to conform to the
modern pattern, did away with extraterritoriality and advanced with rapidly to the status of a Great
Power.
“The Japanese Empire had followed the policy of establishing a Co-Prosperity Sphere, abiding
by the ideal of justice, righteousness and peace. .. Consequently, the War of Greater East Asia had
perforce to break out, and the great and glorious victories achieved by the Imperial Japanese Armed Forces filled the people, throughout, Asia with joy, for therein lies the hope of the people of Greater
East Asia to be able to establish on a solid basis the Co-Prosperity Sphere, in this region.”

For your reference, the series of 5 addresses:
Mr. Surya Bose (grandson of the brother of Netaji Subhas Chandra Bose)
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
Mr. Kase Hideaki: The Greater East Asia Conference Paved the Way to Universal Human Equality http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S4.pdf
Mr. Henry Stokes: Japan was the Light of Hope in Asia
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S4.pdf
Mr. Watanabe (Professor Emeritus at Sophia University): Greater East Asian
Conference which I remember http://www.sdh-fact.com/CL02_1/129_S4.pdf
Wang Chin-wei’s Address http://www.sdh-fact.com/CL/Wang-Ching-wei-address.pdf
Chang Ching-hui’s Address http://www.sdh-fact.com/CL/Chang-Ching-hui-address.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.91J大東亜会議70周年記念シリーズ6

2015年3月4日 水曜日

(大東亜会議70周年記念シリーズ-6)
張景恵(満洲国総理)の演説
 前回の汪兆銘演説に続き、張景恵満洲国総理の演説をご紹介します。
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Chang.pdf
1931年9月18日柳条溝事件が起こり、30万を数える張学良の東北軍が1万5千の関東軍に壊滅されると、満州各地(奉天、吉林、遼寧、ハルピン等々)の軍閥実力者は次々と独立を宣言しました。関東軍がそれを糾合して組織されたのが満州国ですが、なんとあの広大な満州で9月の事件から5ヶ月後には、満州国の建国が宣言されました。
 張景恵は、ハルピンで独立を宣言した指導者ですが、満州国の総理に就任します。関東軍の強力な『内面指導』がありましたが、それは決して満州人、張景恵などの指導者の意に反したものではなく、当時世界の奇跡といわれる大発展をもたらしたものでありました。
 張景恵総理は言っております。
 「「10年前・・当時満洲の支配者として人民にあくなき搾取を加えつつあった張学良軍閥が、米英の東亜撹乱政策に乗ぜられて露骨な反日態度に出たのに対し、日本が敢然起って張軍閥を打倒した結果・・真に国民を向上し、国土を発展せしむべき自主的なる道義国家の樹立に、三千万民衆の総意が翕然として集まったのは当然のなり行きでした」「この10年間・・国家財政は建国当初二億七千万円であったものが・・実に16倍余たる四十四億五千万円に膨張し、…初等学校児童数五十万は、二百五十万人に達しているのであります。」
 これが、傀儡国家と批判されている満州国の実態でした。
 これまでに掲載した5回の演説等をご参考までに付記します。
・スルヤ・ボース氏演説(チャンドラ・ボースインド仮政府首班親族)
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf

・加瀬英明氏の開会あいさつ「人種世界平等の出発点となった大東亜会議」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater.pdf
・ヘンリー・ストークス氏「日本はアジアの希望の光だった」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japan.pdf
・渡部昇一教授 私の記憶する大東亜会議、その意義
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greaterw.pdf
  ・汪兆銘(中華民国行政院長)の演説
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WangChing.pdf
平静27年3月4日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

70th Conference Series 6)
Address of Chang Ching-hui,
Prime Minister of the Empire of Manchuria,
Given at The Greater East Asian Conference held on November 5, 1943
Following Wang Ching-wei’s address, presented previously, we present Chang Chin-hui’s address.
http://www.sdh-fact.com/CL/Chang-Ching-hui-address.pdf
On September 18, 1931, the Mukuden Incident broke out in Shenyang, Manchuria. The Zhang Xueliang army, 300,000 strong, was quickly broken down by the 15,000 strong Kwantong Army, warlord leaders in each area thereafter declared independence, one after another. The Japanese Kwantong Army unified these independent local leaders and established Manchuquo only in 5 months.
The Kwantong army took to strong leadership in running Manchuquo, but it was greatly welcomed by the Manchurian people, because Manchuquo then realized the miracle of unprecedented national advancement.
Chang Ching-hui was the leader of independent Harpin, and became Prime Minister of Manchuquo. He said in his address;

It was the militaristic clique of Zhang Xueliang that practically assumed control of the district of Manchuria, cruelly squeezing the people. …Japan decisively launched a counterattack until, at last, the Zhang government broke down. As a result, it was no wonder that thirty million people got together to give support to the new country of morality and autonomy. …Now I give some figures. The scale of national finances was, at the time of the foundation of the country, two hundred seventy million or so yen. It has rapidly expanded by sixteen times in ten years. It now exceeded four billion and four hundred and fifty million. …The number of elementary school students increased from half million to two and a half million.

Is this really the puppet state that the People’s Republic of China denounces as such? Before deciding on Manchuquo, you are strongly recommended to read Chang Ching-hui’s address yourself.
For your reference, the series of 5 address is;
Mr. Surya Bose (grandson of the brother of Netaji Subhas Chandra Bose)
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
Mr. Kase Hideaki: The Greater East Asia Conference Paved the Way to Universal Human Equality
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S4.pdf
Mr. Henry Stokes: Japan was the Light of Hope in Asia
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S4.pdf
Mr. Watanabe (Professor Emeritus at Sophia University): Greater East Asian
Conference which I remember http://www.sdh-fact.com/CL02_1/129_S4.pdf
Wang Chin-wei’s Address http://www.sdh-fact.com/CL/Wang-Ching-wei-address.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter NO.90J 大東亜会議70周年記念シリーズ5

2015年2月16日 月曜日

(大東亜会議70周年記念シリーズ-5)
汪兆銘(中華民国行政院院長)の演説
 一昨年11月6日、大東亜会議70周年を記念する大会を開催し、そのあと大会での演説などを4回にわたり、紹介してきました。
  ・スルヤ・ボース氏演説(チャンドラ・ボースインド仮政府首班親族)
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Bose.pdf

・加瀬英明氏の開会あいさつ「人種世界平等の出発点となった大東亜会議」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater.pdf

・ヘンリー・ストークス氏「日本はアジアの希望の光だった」
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Japan.pdf

・渡部昇一教授 私の記憶する大東亜会議、その意義
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greaterw.pdf

 これに引き継ぎ、大東亜会議に参加した7カ国のアジアの独立国の代表の実際に行った演説を順次紹介していきます。7人は、日本の東條首相、中国の汪兆銘行政院院長、満州国の張景恵首相、タイ国のワン・ワイ・タヤンコン総理大臣代理、フィリピンのホセ・ローレル大統領、ビルマのバー・モウ首相、インドのチャンドラ・ボース仮政府首班の各氏です。
 まず、中国の汪兆銘行政院院長の演説です。中国語で行われた演説を日本語に訳したものです。 http://hassin.org/01/wp-content/uploads/WangChing.pdf
この中で、「大東亜戦争勃発するに至り、米英は・・益々重慶を利用して日本を牽制する方途を強化せることは、すでに世人の知る事実でありますが、我々は敢えて米英のかかる計画が間もなく失敗に帰すべきことを断定する次第であります。何故ならば、重慶側の将士及び民衆は悉く国父孫先生の遺教に帰依しているのでありまして、本年1月9日以来、日本は中国に対し早くも租界を還付し、治外法権を撤廃し、最近に至り日華条約を以って日華基本条約に代え、同時に各種付属文書を一切破棄せられたのであります。」
 日本が中国を侵略していたなどという俗説を、孫文の後継者汪兆銘の演説は木っ端微塵に粉砕していることがお分かりいただけるでしょう。
英訳版は、下記の通り発信しました。
平成27年2月16日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

70th Conference Series 5)
Address of Wang Ching-wei,
President of the Executive Yuan of the Republic of China
Given at Greater East Asian Conference held on November 5th, 1943
On the sixth of November, 2013 we held a conference in memory of the 70th Anniversary of Greater East Asia Conference, which was held on the fifth and sixth of November, 1943. We have since then mentioned in our Newsletter the following speeches given at the conference:
Mr. Surya Bose (grandson of the brother of Netaji Subhas Chandra Bose)
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/103_S4.pdf
Mr. Kase Hideaki: The Greater East Asia Conference Paved the Way to Universal Human Equality http://www.sdh-fact.com/CL02_1/104_S4.pdf
Mr. Henry Stokes: Japan was the Light of Hope in Asia
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/105_S4.pdf
Mr. Watanabe (Professor Emeritus at Sophia University): Greater East Asian
Conference which I remember http://www.sdh-fact.com/CL02_1/129_S4.pdf
In addition, I would like to introduce the actual addresses given by the seven representatives of the independent countries from East Asian region, one by one.
They are Prime Minister Tojo Hideki from Japan, President Wang Ching-wei from China, Prime Minister Chang Ching-hui from Manchuquo, Prince Wan Wai Thayakon from Thailand, President Jose P. Laurel from Philippines, Prime Minister Ba Maw from Burma and President Subhas Chandra Bose from the Provisional Government of India.
The first presented is by Wang Ching-wei, President of the Republic of China. This was originally addressed in Chinese and translated into English. If one reads this address, it will be understood that Japan actually tried to help China in numerous areas, which conflicts with the generally held notion that Japan unilaterally invaded China and brutally harassed the Chinese people.

Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL/Wang-Ching-wei-address.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.89J 虚偽情報の分析

2015年1月28日 水曜日

虚偽情報の分析―第二の吉田清治のウソ
ケネディー日砂恵

 The Asia-Pacific Journal: Japan Focus(アジア・パシフィック・ジャーナル)という英文サイトがあるが、そこにアイルランド人ジャーナリスト、デヴィッド・マックニール記者が<「やっぱりね、過去をちゃんと見てないものは、また同じことを始める」慰安所と日本軍の関わりについてある衛生兵が報告>と題した記事を書いている。
 相模原在住の92歳の元牧師で、中国戦線で衛生兵をしていたという松本栄好氏が「日本兵が村を急襲して、逃げ遅れた女性達を兵舎に連れて帰って強姦した」と証言したと書いているのである。
 ケネディー日砂恵さんは、アメリカ人ジャーナリストのマイケル・ヨン氏、調査マンのアルフレッド・ジョンソン氏とともに、松本氏に直接会ってインタビューしてみたところ、驚くべき事実が判明した。
 まず第1に、松本氏はマックニール記者に会ってなどいなかった。マックニール記者はおそらく赤旗を元に勝手な記事を書いたことが判明した。
 さらに松本氏は吉田清治は嘘つきだと批判し、慰安婦はもともと売春婦たちですと断言し、慰安婦が暴力や虐待を受けたのを見たこともないというのだ。戦争犯罪を目撃したこともない、というのだ。それがいつの間にか慰安婦虐待の話になっていった経過について心理学的な観点からケネディーさんは分析している。くわしくは本文をお読みいただきたい。
 日本語原文(WiLL27年1月号):http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Anatomy.pdf
 英訳文は下記の通り発信した。 
平成27年1月28日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

THE ANATOMY OF A FALSEHOOD
Hisae Kennedy
The Asia Pacific Journal carried an article about testimony given by Matsumoto Masayoshi. The 92-year-old resident of Sagamihara City (Kanagawa Prefecture) is a former Christian minister who served as a medical corpsman in China during World War II. The author of the article is David McNeill, an Irish journalist. McNeill has consistently written articles that are anti-Japanese in nature. This one begins as follows:
“If we don’t face our past, we’re bound to repeat the same mistakes.” Japanese wartime medical orderly reports on the army’s role in maintaining the “comfort women” system.
According to Matsumoto, when Japanese troops raided a village, they would capture any women who were unable to escape, take them back to their barracks, and rape them. He also provided descriptions of his physical examinations of the women.
Ms. Kennedy, together with American journalist Michael Yon and researcher Alfred Johnson, visited Mr. Matsumoto at his residence and interviewed him face-to-face on this issue. The results are really astounding.
Firstly, Mr. Matsumoto denied that he ever met David McNeill. He further felt strongly that Yoshida Seiji was a liar. He stated that “Before they were comfort women, they were prostitutes.” He still held, however, a common misconception about the Women’s Volunteer Corps, which he, perhaps, learned through the leftwing media. Even though he never witnessed an abduction or war crimes against comfort women he thought that comfort women were abducted from their homes and raped. A falsehood unintentionally created through no ill will.
Ms. Kennedy analyses how such a false story developed, adopting Dr. Elizabeth Loftus’ psychological analysis. For more details we recommended reading her essay.

*Essay: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/131_S4.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.88J 『慰安婦の真実』(論文集)(日本語版)

2015年1月9日 金曜日

『慰安婦の真実』(論文集)(日本語版)
ヘンリー・ストークス、トニー・マラーノ、加瀬英明、茂木弘道

 いわゆる慰安婦問題は日本および日本人に対する侮辱であるだけでなく、韓国および韓国人にとっても侮辱的なことです。
慰安婦強制連行などというひどい話が本当であるということになると日本人は厳しい批判を受けるのは当然です。しかし、これは同時に韓国人への重大な侮辱ともなります。なぜなら、20万人もの韓国の女性が家から強制的に連れ去られたというのに、ただの一件の暴動どころか抵抗すら起こっていないのですから。こんなことは韓国人にとってこれ以上ない屈辱ではないでしょうか?世界の歴史上これほどの臆病な国民がいたことはないからです。
慰安婦の真実を理解していただくためにこの小冊子をまとめました。イギリス人、アメリカ人、日本人二人、計4点の論文で構成されています。これを読んでいただければ、世界中の公平で開かれた考えを持つ人なら、慰安婦問題に対する正しい理解を持っていただけるものと確信する次第です。
日本語版全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Women.pdf
英語原文版は昨年末米上下両院などに手紙を付け、クリスマスプレゼントとして送付しました。昨年末下記の通り海外に紹介しました。
平成27年1月9日「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝

The Truth about Comfort Women
By Henry Stokes, Tony Marano, Kase Hideaki, Moteki Hiromichi
The so-called Comfort Women controversy is humiliating, not only to Japan and the Japanese people, but also to Korea and the Korean people.
If this outrageous story is correct, it is, of course, a serious charge against the Japanese people. But at the same time, it is a a great insult to the Korean people. Because even though 200,000 Korean girls were snatched from their homes, not a single act of resistance, to say nothing of rebellion, occurred in Korea. Isnt’t this seriously disgraceful of the Korean people? Nothing, in the history of the world, compares to such cowardice!
We have compiled this booklet of four essays written by an English reporter, an American author and two Japanese writers. Throuh this booklet, we hope that fair and open minded people throughout the world will come to understand the truth concerning the comfort women issue. A copy of this booklet has been sent to Glendale city council members, all the US congress members, etc. together with a letter as a Christmas gift!

Full text:   http://www.sdh-fact.com/CL02_1/130_S4.pdf

Questions are welcome

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.87J US Office of War Information

2014年12月16日 火曜日

US Office of War Information
日本軍捕虜尋問報告戴号

 このアメリカ陸軍の公式文書は、1944年にビルマのミートキナにおいて米軍が捕虜にした韓国人慰安婦20名と民間業者2名の尋問調書であるが、当時の慰安所、慰安婦の実態に関するもっとも重要な資料の一つといえる。
なぜなら、これはうわさ話、あるいは後になってから集めた情報ではなく、現地で慰安婦本人の尋問に基づいた情報であるからである。もちろん、日本軍に対して敵対的な感情を持っていた米兵の尋問であり、予断に基づいた解釈も含まれていることは当然予想される。しかし、基本的には実態を反映した内容であるとみることができる。
この報告書の最も大事なポイントは、「序文」のところで「慰安婦は売春婦にすぎない」という明確な性格付けをしていること、「給与と生活条件」のところで実収入が、月平均750円(上等兵は月10円なのでその75倍)という超高収入であったと記録されていることである。
つまり、米軍は慰安婦を超高収入を稼ぐ売春婦、という認識をしていたのであり、「性奴隷」などとは全く考えていなかったのである。
 慰安婦の真実を知るため、そして海外の人達に理解させるために、極めて貴重な資料である。英文の案内は下記の通り。

日本語訳全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/No49.pdf

平成26年12月17日「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道拝

UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION
Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49

This official US record made by direct interrogation of comfort women captured on the battlefield is one of the most important source materials related to documenting the real comfort women.
In 1944, the United States Army captured some Comfort Women in Burma and were interrogated by the U.S. Army. The Army filed “Report Number 49” and it stated that the ladies were well-paid prostitutes.
It clearly defined a “comfort girl” as nothing more than a prostitute or “professional camp follower.” (Preface) It also stated that their average month net pay was 750 Yen, which was 75 times higher than that of a private first class soldier’s pay of 10 Yen. (Pay and Living Condition)
These show that the comfort women were merely very highly paid prostitutes, and having absolutely nothing to do with “sexual slavery.”

*Whole copy of Report No.49:  http://www.sdh-fact.com/CL02_4/8_S1.pdf

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 10 of 19« 先頭...89101112...最後 »