‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.80J ヘンリー・ストークス、加瀬英明対談

2014年9月30日 火曜日

ヘンリー・ストークス、加瀬英明特別対談
「東京裁判史観の受け入れは愚かだ」
(国民新聞平成26年9月25日号掲載)

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)がロングセラ
ーになっています。著者はニューヨーク・タイムズ元東京地局長のヘンリー・ストークス氏。共同通信は5月、本書を貶めるために翻訳者が「南京虐殺を否定、無断で加筆した」という捏造記事を配信しました。
 「国民新聞」にストークス氏と共著『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』(祥伝社)を著した外交評論家、加瀬英明氏との対談が掲載されました。
 ストークス氏は、共同通信捏造記事について反論するとともに、南京事件について、そして東京裁判等について対談で語っています。
日本語原文はこちらです。http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSKASE.pdf
英文は下記の通り発信しました。

平成26年9月30日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Special interview with Mr. Henry Stokes and Mr. Kase Hideaki
It was utterly stupid to accept
the Tokyo Trials’ Views of History

The book entitled Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History, as Seen by a British Journalist (Shodensha, New Books) has now become a best seller. The author is Mr. Henry Scott Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times.
In May this year, the Kyodo News distributed a fabricated article claiming that the translator “added lines to deny the Nanking Massacre without the author’s consultation,” in order to disgrace this book. Mr. Stokes talks with Mr. Kase Hideaki, who co-authored Why did the United States Wage a War against Japan with Mr. Stokes (published by Shodensha).
Mr. Stokes completely denies the Kyodo News article explaining the issue in detail. The talks are concentrated on the Nanking Massacre and the Tokyo Trials/

*Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/123_S4.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.79J ヘンリー・ストークス第8章

2014年9月22日 月曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第8章 私が会ったアジアのリーダーたち
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 第7章に引き続き第8章の英文をご紹介します。
 ロンドン・タイムス、ニューヨーク・タイムスの東京支局長としてストークス氏はアジアのリーダーであった政治家に数多く会い、インタビューしていますが、この章ではそのうち金大中、金日成、シアヌーク、スカルノが取り上げられています。
金大中には、12回以上もインタビューしているといいます。金大中は常に民主化運動の闘士というイメージを演出していましたが、その正体になかなか気がつかなかった不明を恥じています。
1980年に一触即発の状態にある北朝鮮にアメリカが特使を派遣した時にニューヨーク・タイムズから記者一人がどうこうすることになった時に、ストークス氏が選ばれ金日成に会い、また平壌郊外の金日成の宮殿で5日間を過ごすという体験をしています。北朝鮮高官に威厳と高尚な精神を感じていたストークス氏ですが、政治犯収容所の囚人が運ばれていくのを偶然目にしてそのギャップに驚いたことも書かれています。
シアヌークには平壌の宮殿で偶然会い、インタビューしています。面白いのは、シアヌークは『ボゴールの薔薇』という映画をつくっていますが、その撮影は平壌で行われ、日本兵の役は朝鮮人民軍兵士がエキストラとして演じていることです。この映画では日本軍は解放者としてカンボジア国民から狂喜して迎えられているということです。この試写会に金日成は正日と現れ「素晴らしい作品だ」口を揃えて褒めそやしたそうです。
日本語原文は『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)をご覧ください。
 英訳文は、下記の通り発信しました。
平成26年9月22日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Eight: Asian leaders I have met
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times

We now present Chapter Eight.
As the Tokyo bureau chief of The Times of London and The New York Times, Mr. Stokes met and interviewed many Asian leaders. In this chapter, he discusses Kim Dae-jung, Kim-Il-sung, Sihanouk and Sukarno.
Mr. Stokes interviewed Kim Dae-jung more than 12 times. But he regrets, as a journalist, not having been aware of his true nature. Kim Dae-jung posed as a champion of democracy when in fact he only pretended to be so, as he actually fooled democracy. He was a fake, not a real person.
In June, 1980 Mr. Stokes entered Pyongyang, accompanying US Congressman Solarz, as a reporter for The New York Times. He had an opportunity to spend 5 days in Kim Il-sung’s Palace in a suburb of Pyongyang. He was with high-ranking North Korean officials. He was deeply impressed and thought they had a noble soul, having deep discussions with them. However, by accident, he came across a convoy of about 15 trucks loaded with a lot of men. He knew from their eyes that they were in a miserable situation. Immediately, he knew that they came from a prison for political prisoners. He was shocked by seeing the reality: the gap between the leaders and political prisoners in North Korea.
In Kim Il-sung’s Palace, Mr. Stokes met Sihanouk. He produced a movie entitled “Rose of Bokor,” which was shot in a film studio in Pyongyang. The story starts with a scene of Bokor, Cambodia. All the villagers come out and stand along the street to welcome the advance of the Imperial Japanese Army. North Korean People’s Army soldiers play the role of Imperial Japanese soldiers. It’s very interesting that both Kim Il-sung and his son, Kim Jong-Il, showed up for the preview of the movie and after the preview, both of them praised the movie by saying, “It was an excellent piece.”
Chapter 8: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/122_S4.pdf
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf
Chapter 5: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/119_S4.pdf
Chapter 6: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/120_S4.pdf
Chapter 7: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/121_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.78J ヘンリー・ストークス第7章

2014年9月9日 火曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第7章 日本はアジアの希望の光
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 第6章に引き続き第7章の英文をご紹介します。
 2012年12月に日印国交60周年を祝う集会が開かれましたが、ストークス氏は基調講演を行いました。タイトルは「日本はアジアの光だった」です。
 20世紀で最も驚くべき展開は、500年続いた植民地支配が終焉したことにありますが、それを主導したのは日本であったとストークス氏は語ります。
 1943年5月に来日したインド国民軍司令官チャンドラ・ボースは日比谷公会堂で講演し「日本はアジアの希望の光だった」とはっきり語りました。
 その年の11月には有色人種によって行われた最初のサミット「大東亜会議」が東京で開催され、アジアの独立国6カ国とインド仮政府代表が参加しました。会議では「大東亜共同宣言」が満場一致で採択されましたが、ボースは「この宣言がアジア諸国のみならず、全世界の被抑圧国民のための憲章となることを願う」と訴えました。
 この会議を「占領地の傀儡」を集めた会議というようなことを言う日本人こそ、日本を得る外国の傀儡と言うべきだと述べています。
 日本語原文は『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)をご覧ください。
 英訳文は、下記の通り発信しました。
平成26年9月9日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Seven: Japan as the Light of Hope for Asia
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times

We now present Chapter Seven.
In December, 2012, the 60th Anniversary of the Restoration of Diplomatic Relations between Japan and India was carried out in Tokyo.
Mr. Stokes was the key-note speaker and the title of his speech was “Japan as the Light of Hope for Asia.” One of the most surprising developments in the 20th century has been the sheer speed at which the 500 year curse of colonialism came to an end. And it was Japan that caused that surprise. On May 16, 1943, Chandra Bose, representative for Provisional Government of India came to Japan and gave his address at Hibiya Public Hall. Bose clearly said, “Japan was the ‘Light of Hope’ for Asia.”
In the fall of the same year, 1943, the Greater East Asian Conference was held from November 5 to 6 in Tokyo. This was the first Summit of the colored races held for the first time in the long history of humanity. At the Conference, the Greater East Asian Joint Declaration was approved unanimously. Bose appealed, “I pray to God that this Joint Declaration… may prove to be a charter for the nations of East Asia and what is more, a charter for the suppressed nations of the whole world. May this Joint Declaration be the new charter of liberty….”
Chapter 7: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/121_S4.pdf
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf
Chapter 5: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/119_S4.pdf
Chapter 6: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/120_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.77J ヘンリー・ストークス第6章

2014年9月2日 火曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第6章 『英霊の声』とは何だったか
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 第5章に引き続き第6章をお送りします。
 第6章では、三島論『三島由紀夫 死と真実』を書いたストークス氏が、なぜ三島は市谷で決起して檄文をまきそして自刃したのかを書いております。
 実は自決の直前に三島本人から英文の手紙の手紙がストークス氏に送られて来ていました。
「親愛なるヘンリー
 僕が書いた論文と短編小説とを同封した。
 気に入ってくれるといいが。 
未だ最後の一遍を書いている思いによって、囚われている。
長編を書き終えてしまうと、なんだかこの世の終わりであるかのように、 感じる。   三島由紀夫」
 三島は自分を理解者として懸けた、という責任を痛感したストークス氏は、三島のことを書かねばならないと決意しました。しかしなかなか思うようにならず悪戦苦闘しているうちに、突然自然に手が動き出して原稿をタイプしていた、何かが憑依した体験をして著作を書いたことが語られています。
第6章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS06.pdf
(第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf
  第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf
第3章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf 
第4章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS04.pdf
第5章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS05.pdf
 英訳文は、下記の通り発信しました。
平成26年9月2日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Six: What was “The Voice of the Heroic Dead” all about?
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times
We now present Chapter Six.
As already mentioned Mr. Stokes wrote The Life and Death of Yukio Mishima (Farrar, Straus and Giroux).
On October 4, 1970, one month before Mishima’s suicide manifestol, Mr. Stokes
received a letter, hand-written in English, by Mishima;

Dear Henry:
Enclosed are copies of my essay and short-story, which, I hope, might interest you.
I am still occupied by writing the last volume.
Finishing the long novel makes me feel sometimes as if it will be the end of the world.
As always
4 Oct, 1970 Yukio Mishima

Mr. Stokes thought that Yukio had placed his faith in him, in some way. He felt that he had a responsibility. So, he began to write. He wrote passages that were either boring or untrue…One afternoon, the writing came as if an invisible hand or an inner voice did the job. Something took over. Something worked. He had 40 pages or so of a manuscript that day that came out right.

Chapter 6: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/120_S4.pdf
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf
Chapter 5: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/119_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.76J ヘンリー・ストークス第5章

2014年8月25日 月曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第5章 蒋介石、毛沢東も否定した「南京大虐殺」
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 第4章に引き続き問題の第5章をお送りします。
 第1章で、ストークス氏は書いています。「国際社会で「南京大虐殺はなかった」などと言ったら、相手にされない。南京大虐殺は、歴史の事実とされている。それを否定する人とまともな議論はできないと思われている。」と。
にも拘らず、ストークス氏はこの第5章で敢えて真っ向から南京大虐殺を否定しました。外国人特派員協会内に衝撃が走りました。それをもとに、「共同通信社」は「翻訳者がストークスの言葉を正確に訳していない」という批判記事を流しましたが、直ちにストークス氏によって否定されました。(5月9日付の祥伝社のリリース)。全くの虚報、もしくは歪曲報道でした。
さて、いよいよ5章の英文が出てきたわけです。ストークスさんは、5章のはじめに「南京大虐殺なるものはⅠ937-8年にかけて行われた国民党の情報戦におけるプロパガンダに他ならない」ということを強調する文章を付け加え、南京虐殺の虚構についてさらに詳しく論じています。是非詳しくご覧ください。
第5章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS05.pdf
(第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf
  第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf 
第3章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf 
第4章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS04.pdf
 英訳文は、下記の通り発信しました。
平成26年8月25日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Five: “Nanking Massacre”: Denied by Chiang Kai-shek and Mao Zedong
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times
We now present Chapter Five, the most controversial chapter.
Mr. Stokes writes in Chapter One, “In international society, one will be ignored if he or she said “Nanking massacre did not take place.” Nanking massacre is a historical fact and nobody wants to debate seriously with deniers of historical facts.”
Nevertheless, he dares to thoroughly “deny” the “Nanking Massacre” in this chapter. Against this shocking statement Koyodotsushin, Japan’s leading news agency spread a press release saying that Japanese translator mistranslated Mr. Stokes’s original comment. However, Mr. Stokes immediately rebuffed this by a statement released from the Japanese publisher on May 9, 2014 that the Japanese translation correctly expressed his comment.
Now the full English version of Chapter Five is available. Mr. Stokes updates the beginning of this chapter emphasizing that The so-called “Nanking Massacre” was a Propaganda Strategy launched in China in the context of an Intelligence War dating to 1937-8. You can examine for yourself the facts and logic-based analysis on which he based his assertion.

Chapter 5: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/119_S4.pdf
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.75J 書評、田中英道(ストークス・ダワー)

2014年8月22日 金曜日

書評:田中英道(東北大学名誉教授)
ジョン・W・ダワー『忘却のしかた、記憶のしかた 日本・アメリカ・戦争』
外岡秀俊訳、岩波書店、二〇一三年
ヘンリー・S・ストークス『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』
祥伝社新書、二〇一三年、

ヘンリー・ストークス氏の『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』は10万部を超すベストセラーとなり、内外に大きな波紋を広げています。左翼史観の危機を感じた「共同通信」は、ストークス氏の原文を訳者の藤田氏が誤訳しているなどという虚偽報道を行ったほどです。
インタビューのテープ起こしをして現在英文版を作成中で、すでに第4章まではご紹介しました。次の第5章は、「共同通信」がケチをつけた「南京虐殺」に関する章です。「南京虐殺」など「謀略宣伝」以外の何物でもなかったことを、ストークス氏は日本語版よりも詳しく説明しているので、乞うご期待です。
さて、田中英道先生が、ストークスの本とジョン・ダウアーの本と比較しながら論ずるという大変ユニークな書評を『日本国史学』4号掲載されました。先生の御許可を戴きその英文を下記の通り発信しました。
学者のダワー氏が、何の疑いもなく今でも南京虐殺などという大嘘を前提に日本を論じているのに対して、フレキシブルな考え方をするジャーナリストのストークス氏が、事の真相に迫っているというパラドックス、というより現代の病理を鋭く突いた書評です。
日本語原文はこちらです。http://hassin.org/01/wp-content/uploads/TANAKA1.pdf
平成26年8月22日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Book Review
By Tanak Hidemichi ,Professor Emeritus of Tohoku University, Ph.D.
John W. Dower: Ways of Forgetting, Ways of Remembering: Japan in the Modern World (Translated by Sotooka Hidetoshi, Iwanami Shoten, 2013)
Henry S. Stokes: Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History, as Seen by a British Journalist (Shoden-sha New Books, 2013)
Mr. Stokes’s Book Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History, as Seen by a British Journalist in Japanese version became a best seller and its English version is being edited. We have so far presented Chapter 1 to Chapter 4 in this Newsletter.
Prof. Tanaka wrote a unique book review on this controversial book in comparison with John Dower’s book Ways of Forgetting, Ways of Remembering: Japan in the Modern World.
Prof. Tanaka points out that a flexible thinking journalist Stokes rather present objective historical truth concerning Japanese modern history, especially Nanking Incident or Comfort Women issue than academician Dower, who sticks to victorious view of history which arte still prevailing in the world.

Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/118_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/118_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.74J ヘンリー・ストークス第4章

2014年8月20日 水曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第4章 橋本市長の記者会見と慰安婦問題
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 第3章に引き続き第4章をお送りします。
 本章では、慰安婦問題を扱っています。
 まず、橋本大坂市長の外国人特派員協会での記者会見を取り上げ、弁明的な発言なら、しない方がましであること、外国人特派員協会というものがどういうところかもっとよく知らなければならいと忠告しています。
 日本、韓国、ベトナムでの経験を交えて戦場での慰安婦、売春婦について歴史的な視点から論じ、日本の慰安婦「性奴隷」では全くない、売春婦だった、そのことを米国側の資料が裏付けしているとして、米軍心理戦争チームの報告書を引用しています。「慰安婦は売春婦に過ぎない」と。又、日本は兵士の性処理に当たっておおむね秩序をもって対応した。戦場のどこであっても、現地の女性の人権が蹂躙されないように「慰安所」を設置した。日本は女性の人権に、他国よりもはるかに配慮していた、と結論付けています。

第4章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS04.pdf
(第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf
  第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf 
第3章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf )

 英訳文は、下記の通り発信しました。

平成26年8月20日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Four: The Press Conference of Osaka City Mayor Toru Hashimoto
and the “Comfort Women” issue
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times
We now present Chapter Four.
This Chapter deals with the “Comfort Women” issue. Mr. Stokes first refers to this issue in relation to Osaka Mayor Hashimoto’s press interview, based on his stance as a journalist and nature of the Foreign Correspondent’s Club of Japan. Then he elaborates his thinking concerning the comfort women from a historical point of view. His conclusion is that “Japan adopted an orderly form of catering to the sexual needs of soldiers in overseas battlefield. So as not to infringe upon the human rights of women in the local area, the comfort station was prepared. The Japanese military paid much attention to prevent rapes by these establishments. In this sense it can be said that the Japanese military was by far more concerned about of the protection of human rights than other countries.”

Chapter 4: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/117_S4.pdf
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.73Jヘンリー・ストークス第3章

2014年8月8日 金曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第3章 三島由紀夫が死を賭して問うたもの
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

第2章に引き続き、第3章をお送りします。
ストークス氏が「ロンドン・タイムズ」紙の東京支局長なった1968年に、当時世界的に最も話題性に富んだ日本人である三島由紀夫の自宅に電話を入れ、インタビューの申し込みをした時から付き合いが始まり、三島の最も良き理解者となって行く。市谷事件後、”The Life and Death of Yukio Mishima2 を、アメリカの一流出版社から刊行するまでになる。(日本語訳版は『三島由紀夫 死と真実』(ダイヤモンド社)から出版。)

第3章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf
(第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf
 第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf )

 英訳文は、下記の通り発信しました。

平成26年8月8日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Three: What did Yukio Mishima want through his death?
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times
We now present Chapter Three.
Mr. Stokes became Tokyo Bureau chief of The Times of London in 1968. He represented the world’s most prestigious daily newspaper in Japan. He thought of interviewing the then-most famous man in Japan, Yukio Mishima and phoned him at his residence in Magome.
Thereafter, he became quite familiar with Mishima to the extent that he later wrote “The Life and Death of Yukio Mishima” (Farrar, Straus and Giroux Inc., New York) in1974 after Mishima committed suicide at Japanese Self Defense Force HQ at Ichigaya on November 25, 1970.

Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

「史実を世界に発信する会」たより Vol. 7

2014年8月5日 火曜日

「史実を世界に発信する会」たより Vol. 7

日本文ダウンロード(PDF)

SDHF Newsletter No.72 Jヘンリー・ストークス第2章

2014年8月1日 金曜日

『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)
第2章 日本だけが戦争犯罪国家なのか?
元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス

 第1章に引き続き第2章をお送りします。
 第2章のタイトルは、「日本だけが戦争犯罪国家なのか?」です。
 バンダー・ポストの『バー・オブ・シャドー』を読んだことがストークスさんに大きな影響を与えたことが1章で述べられていますが、第2章ではより詳しくこれに触れられています。さらに次のように書かれています。

 「英語で侵略というと、ひとつの国が他国の領土へ武力を使って、強制的に入ってゆくことを意味する。この定義では、日本は大英帝国の領土である植民地に侵略したと、認められる。
 しかし、加瀬氏の話を聞いて、私は違った視点を持ち、認識を改めるようになった。日本は大英帝国の植民地を侵略しただけでなく、欧米の植民地支配をうけたアジア諸民族が、独立するにあたって大きな役割を果たしたのだった。
 日本は欧米のアジア植民地を占領し、日本の招聘が宣教師のような使命感に駆られて、アジア諸民族を独立へ導いた。」

2章全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf
 (1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf

 英訳文は、下記の通り発信しました。

平成26年8月1日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

Falsehoods of the Allied Nations’ Victorious Views of History,
as Seen by a British Journalist
Chapter Two: Is Japan the Only Country That Committed War Crimes ?
By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of the New York Times
Following Chapter one, Chapter Two is presented. He writes how he changed his view on Japanese war in Asia as follows;
In English, invasion means that one country forcefully goes into the territory of another country by the use of force. According to this definition, we can acknowledge that Japan invaded the territory of the colonies of the British Empire. But having heard Hideaki Kase’s explanation, I learned about Japan’s viewpoint and changed my view as well. Japan not only invaded the territory of the British Empire but also played a vital role for Asian people, who suffered from Western colonial rule, for independence. Japan invaded and occupied the territories of western colonies. And then, Japanese officers and soldiers, with a sense of mission like that of missionaries, led their fellow Asians to independence of their countries.
Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
Chapter 2:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

Questions are welcome.

Sincerely,

MOTEKI Hiromichi, Secretary General
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 10 of 18« 先頭...89101112...最後 »