‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.217J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート2

2018年8月6日 月曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その2―1、琉球/沖縄の状況
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの最初は「1、琉球/沖縄の状況」です。

1、 琉球/沖縄の状況(日本文):
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-2.pdf
〃   (英文):
     http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-2.pdf
 
 国連人種差別撤廃委員会は2014年、日本政府に対する最終見解の中で、「日本政府が琉球を先住民族として承認することを検討し、また彼らの権利を保護するための具体的な措置を取ることを勧告する」というとんでもないことを言ってきました。
 もちろん国連自体が調査をした結果出した勧告ではありません。沖縄先住民説、沖縄独立論を唱える極左人権派の少数グループのNGOが、人種差別撤廃委員会に提出したレポートが、何の検証もされることなく、勧告に化けて国連から出されたものです。
 この撤回を求めているのがこのレポートです。その理由として、
(a) 沖縄県民は自らを日本人だと認識しており、沖縄先住民としての自己
認識を持っていない。その根拠として石垣市、豊見城市の撤回意見書、沖縄選出衆議院議員宮崎正久氏に撤回要求質疑などを付属書として添付。また沖縄で独立を公約に掲げて当選した政治家はいない。
(b) 国会でも自治体の議会でも沖縄県民が先住民族なのか議論されたこともない。沖縄県議会翁長知事発言(付属書)
(c) 日本人である沖縄県民に先住民勧告を出すことは、沖縄県民に対する差別であり人権侵害であり、人種差別撤廃委員会の存在意義に反する。
(d) 沖縄の言語は日本の方言であり、日本語の一部である。
(e) 琉球列島に住む人々の核ゲノムDNAを解析した結果、遺伝的に琉球列島の人々は、台湾や大陸の人々とつながりがなく、日本本土により近いという研究結果が出ている。
等々、この「1、琉球/沖縄の状況」は詳しい根拠データを示しています。

平成30年8月6日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No.2: 1. The Circumstance of the Ryukyu/Okinawa

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The first report of the Japan NGO Coalition is “1. The Circumstance of the Ryukyu/Okinawa.”
In its recommendation issued in September 2014, the following were mentioned:
Committee recommends that the State party review its position and
consider recognizing the Ryukyu as indigenous peoples and take concrete steps to
protect their rights.
This recommendation is really preposterous and greatly infringes on the human rights of Okinawa people. The NGO report, written by “Okinawa Policy Research Forum of Japan,” demands the retraction of the recommendation for the following reasons:
a. The citizens of Okinawa Prefecture regard themselves as Japanese and do not recognize themselves as indigenous people. Evidence attached.
b. There has never been, in either the Diet or in local assemblies, a discussion on whether Okinawans are either Japanese or indigenous people. Demands for rights as indigenous people have never been taken up by local assembly.
c. It is an act of discrimination against Okinawans, who are Japanese, as well as an infringement on their human rights and against the reason d’etre of the Committee, for the UN Human Rights Council to recommend that the Okinawan people be recognized as an “indigenous people”.
d. The Language of Okinawa is a Japanese dialect and a part of the Japanese language.
e. Analysis of the human genome of people living in the present-day Ryukyu Islands shows that they have no genetic relatedness with people living in Taiwan or on the Asian Continent. They are, in fact, genetically close to people of Japan Proper.
f. Others

1. The Circumstance of the Ryukyu/Okinawa:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1211/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-2.pdf  Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.216J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート1

2018年8月2日 木曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その1(概要)
人種差別に反対するNGO日本連合

 国連の第96回人種差別撤廃委員会(CERD)が、8月6日より開催されます。対日審査は16日、17日に行われます。「慰安婦の真実 国民運動」は、友好団体に呼びかけ、21団体で「人種差別に反対するNGO日本連合」を結成し、7件のNGOレポートを国連に提出しました。また対日審査に合わせて委員会に代表団を派遣し、報告書について発言することにしています。
 報告書(英文)は、すでに国連の Official Site に掲載されています。
 今回はその1、概要として、人種差別に反対する日本NGO連合のメンバー団体、7件のレポートの目次、レポートの序文をご案内します。

 概要(日本文): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96.pdf
概要(英文):http://www.sdh-fact.com/CL/CERD96-Japan-JNCRD.pdf

 序文では、日本が1919年2月13日、ヴェルサイユで開催されたパリ講和会議の国際連盟規約を草案する委員会において、人種差別撤廃を盛り込む提案をしたことを述べています。ことしはそれから、100年を迎えようとしています。日本の提案の50年後の1969年にようやく国際人種差別撤廃条約が発効しました。
 日本は、人種差別撤廃運動のリーダーとして、またパイオニアとして、今後とも国際社会で大いなる貢献をしていくものと信じる、と序文を結んでいます。

平成30年8月2日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No.1 Outline

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The 96th session of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination will be held this year beginning August 6. State Reports on Japan will be considered on the 16th and 17th. Japan NGO Coalition against Racial Discrimination, comprised of 21 NGOs, submitted a report composed of 7 items to the Committee. The report is uploaded at UN’s official web website: https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
We will introduce the main contents of the report as a series. No. 1 is an Outline that
includes list of member NGOs, table of contents and preface.

Outline: URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1208/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/CERD96-Japan-JNCRD.pdf
Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.215J 中国ガン その2

2018年7月31日 火曜日

中国ガン―台湾人医師の処方箋(並木書房)
林建良
その2―第1章 中国という名のガン細胞

 ガンとは細胞が持つ「アポトーシス」すなわち「細胞の自殺」という機能を欠いた細胞の増殖のことです。普通の細胞と大きく異なり、非常に利己的で自己中心的で、無限増殖していきます。
 今の中国を見ているとガン細胞そっくりであり、そのどの特徴も中国そのものである、と著者は言います。
 中国の国内の状況はガン細胞のモザイク現象そのものだといいます。貧富の格差、犯罪増加、環境汚染といった共食い現象がそれです。それに加えて、「転移」もあり、毎年、数百万人規模の中国人が世界に散らばり、各地で秩序を崩壊させています。
 問題は、日本人はじめ世界の人々にこの認識があるかどうかだと著者は言います。
 たとえば「チャイナ・ウオッチャー」という医者が10人いるとすれば、9人はこの中国という名のガン細胞を見ても「大丈夫だ」と診断する。つまり「これは育ち盛りの少年だから、どんどん栄養(資本と技術)を与えればいい」「今は暴れん坊だけれど、まだ心と体のバランスが取れていないだけ。いずれ知的成長を伴って、いい大人になるだろう」だどといっている。
 ところが最近「これはガンではないか。この行動は異常だ。いくら待っても正常にならない」と考える医者も出てきた。と著者はいっていますが、すでにかなり、ほとんどの医者が、という状況になりつつあるようです。
 宮埼正弘さんのメルマガ(7月28日号)が伝えています。
  「そして誰もいなくなった」(ワシントンから中国擁護派が消えた)。中国専門家の嘆き。「ホワイトハウスの電話のベルが鳴らない(相談がない)」「パンダハガー(中国びいき)の多くもスタンスを変えた」という状況になってきている。
 今こそ中国の本質認識を深め、正しい対中対応策を考え、実行していくべき
時です。

  日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/cancer2.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Series-No.2-Lin-chapter-1.pdf
中文訳: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.2C.pdf

平成30年7月31日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

THE CANCER THAT IS CHINA
A Taiwanese Physician’s Prescription
(Namiki Shobo)
Lin Jianliang
Series No.2 CHAPTER 1: THE CANCER THAT IS CHINA

Cancers are made up of cells which lack the mechanism to terminate its own functioning. The main difference between cancer cells and normal cells is that cancer cells are extremely selfish and “egocentric”. They also have a tendency to proliferate indefinitely. The more malignant they are, the more likely they are to exhibit mosaicism, or the lack of uniformity. Cancer cells’ selfish desires turn them into cannibals. The strong create havoc by devouring the weak.
Present-day China bears an eerily close resemblance to cancer cells. Egocentrism and selfishness are the same spirits we find in China, where the watchword is, “What’s mine is mine, what’s yours is mine.” The mosaicism within China is exactly the same as that of cancer cells. There is also the phenomenon of cannibalism: the wide gap between the rich and poor, increased in crime, and environmental pollution.
But the important question here is how many of the world’s people, including the Japanese, are aware of this situation?
What if those who call themselves “China watchers” were physicians? Nine out of 10 of them would tell us that the patient (China) is just fine. One doctor may say, “This patient is a growing boy. Just give him nutritious food (capital and technology) and he’ll be fine.” Another may declare, “He’s a little wild now because his mind and body haven’t not matured. Give him time.” Both are saying that as intellectual growth progresses, the patient will become an upstanding adult.
But recently, some doctors have come forward and said, “This might be cancer. The patient is behaving strangely. We’ve given him time, but he still hasn’t come around.” Such doctors have increased in number, but even as they examine the patient, they adopt a wait-and-see attitude. Even though the cancer cells have begun to spread, not one physician has discovered a treatment.

  HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1202/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Series-No.2-Lin-chapter-1.pdf
Chinese version(中文)
HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1205/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.2C.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.214J 国連人種差別撤廃条約に対する中国の違反状況

2018年7月27日 金曜日

国連人種差別撤廃委員会へのNGO報告
国連人種差別撤廃条約に対する中華人民共和国における違反状況
アジア自由民主連帯協議会

 国連の第86回人種差別撤廃委員会(CERD)が、8月6日より開催されます。対中国審査は9日、10日、対日審査は16日、17日に行われます。「慰安婦の真実 国民運動」は、友好団体と協力してNGOレポートを提出し、またジュネーブの委員会に代表団を派遣することにしています。
 最初に行われる、対中国審査に向けて「アジア自由民主連帯協議会」(会長:ペマ・ギャルポ)は、中国に人種差別を受けているウイグル、南モンゴル、チベットの状況を報告し、結論の3で、「国連常任理事国の一つである中華人民共和国が、このような人種差別と迫害・民族ジェノサイドの可能性があることを行っていることは、国連の存在意義に関わる重要な問題であり、国連は,人種差別撤廃と人権擁護の視点から、中華人民共和国の上記各民族自治区に対し、中立的、国際的な人権査察団の派遣と調査を行うべきである。」との提言を行っています。

 レポート全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/un.pdf

 この英訳レポートは、国連に提出され、国連の Official Site に、すでに掲載されています。

  Official Site: http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
  →Consideration of State Report →China →Info from Civil Organization

英文全文:http://www.sdh-fact.com/CL/The-report-is-for-consideration-of-the-State-Party-China.pdf

平成30年7月27日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
Situation of the Violation of the United Nations’ Convention on the Elimination
of All Forms of Discrimination in the People’s Republic of China

Submitted by the Asian Solidarity Council for Freedom and Democracy

The 86th session of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination will be held this year beginning August 6. State Reports on China will be considered on the 9th and 10th. The Asian Solidarity Council for Freedom and Democracy has submitted a report titled:
Situation of Violation of the United Nations’ Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination in People’s Republic of China, which has been uploaded on the UN’s official website: https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
This is the Report:
http://www.sdh-fact.com/CL/The-report-is-for-consideration-of-the-State-Party-China.pdf
The following appeal is made in the Conclusion of the Report:

As it is a serious problem for U.N. of its significance of existence that suspicions of such racial discrimination, persecution and ethnic genocide have been recognized in China as one of U.N. permanent members, U.N. should dispatch international neutral team of inspectors for human rights survey to the above-mentioned each Ethnic Autonomous Regions in China from perspectives of racial discrimination elimination and human rights protection.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.213J 1910-1945朝鮮における日本の植民地支配

2018年7月11日 水曜日

<ブックレヴュー>
1910~1945朝鮮に於ける日本の植民地支配の遺産:新しい視点から
ジョージ・アキタ & ブランドン・パーマー
MerwinAsia Publishers 2015

書評者:アルドリック・ハマ

 韓国は日本の帝国主義の犠牲者だったのであり、「文化抹殺」「搾取」「慰安婦(性奴隷)」などの諸悪の根源は日本人だった、というのが韓国の民族主義的な歴史観です。
 ハワイ大学のジョージ・アキタ教授は、この広く広まっている史観を素朴に信じていたそうです。あるきっかけからこれを徹底的に検証してみようと決意し、ブランドン・パーマー教授とともに取り組んだ研究成果が『1910-1945朝鮮における日本の植民地支配の遺産:新しい視点から』という本です。
 「文化抹殺」を調べていくと、それどころか総督府は「朝鮮の文化遺産を保存する法律」まで制定して歴史遺産を保存することに尽力していたことが分かりました。朝鮮衣装ハンボクを禁止したわけでおないし、ハングルを使って朝鮮語と朝鮮の歴史を公立の学校で教えていたのでした。
 「搾取」についても、朝鮮人は課税もされましたが、朝鮮の近代化を賄うにはとても足らず、日本からの資金を当てました。もちろんこれは日本の納税者の負担によるものです。
 すなわち、韓国の民族主義的な歴史観は全く事実という根拠をもたない、イデオロギーに過ぎないことが明らかにされています。しかし、評者が、大きな問題と指摘しているのは、このような根拠のない幻の「歴史観」が韓国だけでなく、アメリカをはじめとして世界に当たり前のように広がっていることです。アメリカ議会で慰安婦非難決議が可決されたというのも、このような土台があったらばこそのことです。この虚偽イデオロギーとの戦いは容易なことではないことが痛感されます。しかし、虚偽は虚偽、戦い続けるしかないと思っています。

  書評英語原文: http://www.sdh-fact.com/CL/1910-1945-Japanese-rule.pdf
  書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1910.pdf

平成30年7月11日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
http://hassin.org


The Japanese Colonial Legacy in Korea 1910-1945: A New Perspective
George Akita and Brandon Palmer
MerwinAsia Publishers, 2015
Reviewed by Aldric Hama

The prevailing Korean “nationalist” narrative of the colonial era (1910-1945) portrays the Koreans as victims of Japanese imperialism and ascribes numerous evils to the Japanese, including “cultural annihilation,” “exploitation” and “sexual slavery of women”.
Professors George Akita and Brandon Palmer shared this view until they conducted a thorough research into the colonial period history based on a wide range of sources.
The conclusion of their research completely contradicts the prevailing view. Japanese policies were “embedded in realism, moderation, mutualism and proportionality in its application” to Korea, thereby forming the “foundation for South Korea’s postwar developmental miracle.”
Regardless of the facts, the reviewer laments that the Korean “nationalist” narrative has been wholeheartedly accepted not only in Korea but also in Western countries, including America. This has led to US government pronouncements against Japan that are ideologically based and historically inaccurate–such as the House Resolution that condemned Japanese “forced military prostitution” during World War II.

Book Review: http://www.sdh-fact.com/review-article/1194/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/1910-1945-Japanese-rule.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.212J 中国ガン その1

2018年6月29日 金曜日

中国ガン―台湾人医師の処方箋(並木書房)
林建良
その1―まえがき、目次

 4000年の中国の伝統を畏敬し、そして共産主義という理想国家を敬慕する日本人が一昔前までは「知識人」を中心に沢山いました。意外にもといいますか、海外でも左翼が「マオ」に憧れ、発展する中国に期待する人々が、これも知識人の主流であったといえるほどでした。さすがに、最近になって中国の正体に気づき始めた知識人が現れ始めています。その代表的なものとして、マイケル・ピルズベリーの『China 2049―秘密裏に遂行される「世界制覇100年戦略」』をあげることができます。
 しかし、それらにしてもまだまだ中国の本質を十分にとらえた分析ではない、ということを示してくれるのが林建良著『中国ガン―台湾人医師の処方箋』です。
 林建良医師は中国の本質は「ガン」であると診断します。利己的で自己中心的で無制限に増殖していくのが「ガン」の基本的な性質です。中国の本質はまさにこれと同じところにある、然るがゆえに、「中国はガン」であるというものです。通常の細胞が持っている「アポトーシス」という「自己犠牲=自己死」の機能を持たないのが「ガン」であり、利己的に無限増殖していくわけです。
中国にもこの「自己犠牲=自己死」の原理が欠けていることを林医師は指摘します。その最たる実例は深刻な飢饉に見舞われた時に中国人がとってきた行動です。その中でよく見られたのが「易子而食」(子を交換して食す)という現象であることをあげています。子供のために自己犠牲になるというという普通の人間が行ってきたのと際立った違いです。
次号より、詳しく中国を診断していき、そして最後に処方箋も示されます。ご期待ください。

  日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/cancer1.pdf
  英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.1.pdf
  中文訳: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.1C.pdf
  プロフィール:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/lin.pdf

平成30年6月29日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

THE CANCER THAT IS CHINA
A Taiwanese Physician’s Prescription
(Namiki Shobo)
Lin Jianliang

The author raises a question to the readers; “Is China a land filled with opportunities for the world? Or does it pose a serious threat to the world?”
His answer is; “To tell the truth these questions are tantamount to asking whether cancer is beneficial or harmful.”
He asserts that if we adopt biological standpoint, it is obvious that China is a cancer. The basic reason is concerned with apoptosis. Normal cells maintain the body’s equilibrium through apoptosis, or programmed cell death. However, cancer cells are not endowed with the spirit of self-sacrifice. Their mission is to spread forever, and without limit.
China’s behavior is eco-centric and it is proliferating without limitation like that of cancer because of the lack of apoptosis, spirit of self-sacrifice. It is most represented by a well known phrase of “change child to eat each other” when they encounter serious starvation. Parents will not sacrifice themselves, but want to survive even eating their children.
The book explores deep into the true nature of Chinese and China and presents prescriptions to remedy China cancer.

HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1185/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.1.pdf Profile: http://www.sdh-fact.com/auther/lin-jianliang/
Chinese version(中文)http://www.sdh-fact.com/book-article/1188/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.1C.pdf
Profile: http://www.sdh-fact.com/auther/lin-jianliang/
Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.211J 韓国呪術と反日1

2018年6月20日 水曜日

韓国の呪術と反日(青林堂)
但馬 オサム
その1―まえがき(日韓関係は変態関係である)、目次

 韓国の反日が異常としか言いようのないものであることは、多くの人が感じていることでしょう。もっとも、朝日新聞に代表される東京裁判史観の信奉者からすると、日本の朝鮮侵略、帝国主義的植民地支配は類例のない過酷なものであったのだから=戦前の日本=異常、したがって韓国反日は理解し、受け入れるべきであると考えているのかもしれません。
しかしながら、そもそも日本は韓国を植民地にしたわけではありません。国際的に認められた日韓併合条約によって、併合したのであって、国王は日本の皇族に次ぐ高位の華族に列せられました。いわば破産状態の国を吸収合併したものであり、併合後数年間は朝鮮人からの税は予算の3割余を賄うに過ぎず、他は日本からの支援でした。搾取したなどという批判は見当外れもいいところで、搾取されていたのは日本の方でした。
 しかし、日帝の植民支配は諸悪の根源として「親日派財産没収法」を制定して過去にさかのぼって、親日=日本協力者の財産を没収までします。およそ近代法では考えられないことが反日であればまかり通ってしまうのが韓国です。
 また、韓国政府は、いまだに慰安婦は女子挺身隊という100%間違っていることを言い続けるなど、どう見ても「異常」なのは韓国の方です。
 これを深層心理に立ち入って解明しようと言いうのが但馬さんの試みです。
 海外の人々にもこういう「異常」「特殊」を理解してもらうのに大いに役立つのではないかと思っています。 

  日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Korean1.pdf
  英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Korean-Mysticism-No.1.pdf

平成30年6月20日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Korean Mysticism and Anti-Japanese Thinking (Seirindo Co. Ltd.)
By Tajima Osamu
Series No.1: Introduction & Table of Content

Korean anti-Japanese thinking is quite abnormal.
Former Korean President Geun-hye Park, in her speech at a March 1st Movement Anniversary in 2015, mentioned that the “historical dynamic of one party being a perpetrator and the other party a victim will remain unchanged even after a thousand years have passed,” implying that Korea will bear a grudge that will last for 1,000 years.
This statement itself is extremely abnormal but there is more. The Japanese annexation of Korea was conducted lawfully based on a mutually agreed upon pact. The reason why America, Great Britain and other European countries approved of the annexation without objection was that the annexation was thought to be reasonable, considering Korea’s situation at the time. Korea was entirely bankrupt. After the annexation, for a few years, taxes from the Korean people financed only one-third of the total budget of Korea. It was the Japanese government that provided the balance of funding. The Japanese government’s supplementation of Korean finances continued to the last year of the annexation. Still, President Park stated that Koreans will continue to hold a grudge against Japan for the next thousand years.
Mr. Tajima, the author of the current book, tries to get to the bottom of this bizarre thinking by reflecting on the psychology of the Korean people, which is a product of Korean history.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1180/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Korean-Mysticism-No.1.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.210J 1945年夏(書評)

2018年6月12日 火曜日

<ブックレヴュー>
1945年夏、ドイツと日本、そして憎悪の結果
Summer, 1945: Germany, Japan and Harvest of Hate
トーマス・グッドリッチ (Th0mas Goodrich)
The Palms Press, 2018
評者:Tadashi Hama タダシ・ハマ

 著者のトーマス・グッドリッチは「Hellstorm: The Death of Nazi Germany, 1944-47」(連合軍のドイツに対する戦争の実態)「The Dixie Died」( 南北戦争後の南部占領の歴史)、「Scalp Dance」(白人とインディアンの戦争)など、
戦争、闘争とその惨劇をドキュメンタリー風に描く作家です。
 その最新作が、この「1945年夏」で主題は第二次世界大戦です。勝者の一方的な立場からこれを描くのではなく、資料に基づいて公平な立場で記述しています。
 その結果は、公式的な物語の信奉者が大ショックを受けるものになっています。正義の連合軍は、捕虜を殺害したり、民間人を虐待したりすることは想像もできないはずですが、次のことばはだれが言ったのか、記録があります。

*「できるだけ早く、奴らを片付けるべきである」
*「奴らを全部殺せ。壮年も、老人も、子供も女も。嬲り殺しにするのだ」
*「多数の女や子供を殺さなければならないことが分かっていた。やらなればならなかったのだ」

最初のものは、ウインストン・チャーチル首相です。2番目の悪罵は、ソ連のジャーナリストイリヤ・エレンブルグが言ったものです。3番目のものは、あの東京空襲という一夜にして10万人の非戦闘員の市民を殺戮したアメリカのカーチス・ルメイ空軍大将が言った言葉です。
 本書には、こんなものに止まらない、素朴な連合軍正義信奉論者が驚愕する事実が大量に示されています。歴史を公正な目で見直すための貴重なドキュメンタリー小説である本書の日本語訳版を是非刊行していただきたいものです。

  書評英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/Summer-1945.pdf
  書評日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1945.pdf

平成30年6月12日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
http://hassin.org

Summer, 1945: Germany, Japan and the Harvest of Hate
Thomas Goodrich
The Palms Press, 2018
Reviewed by Tadashi Hama

Thomas Goodrich is a professional writer whose main theme is the atrocities that inevitably occur during human conflict. His main books include Hellstorm (Greatspace, 2014), an account of the Allied war against Germany, The Day Dixie Died (Stockpole Books, 2001), a history of the postwar occupation of the South by the Union Army after the Civil War and Scalp Dance, a narrative of the war between the Indians and Whites and the torture and slaughter committed by all sides. What gives his books its visceral realism is that he cites from diaries and personal recollections, allowing both perpetrators and survivors to freely express themselves.
Summer, 1945 is his latest book, in which he covers the final days of the Second World War. Most people believe the official narrative, the politically correct view of the Second World War: the Allies fought for “freedom” and “democracy”. Most people could never imagine that the righteous Allied soldiers murdered prisoners of war or raped civilians–the reality is far removed from their cherished beliefs. Most people will be shocked to know from whom these quotes were taken:

“We ought to get rid of them as soon as possible.”
“Kill them all, men, old men, children and women, after you have amused yourself with them!”
“We knew we had to kill a lot of women and kids… Had to be done.”

It is documented that the first one was stated by Prime Minister Winston Churchill, the second was by Soviet Journalist Ilya Ehrenburg and the third was by General Curtis LeMay, who ordered the March 1945 firebombing of Tokyo, killing 100,000 unarmed civilians.
This book objectively illustrates the real Second World War, of the savagery inflicted on Germany and Japan by the Allies. There needs to be a fair view of this war to eliminate the biased and prejudiced view of the war, which leads to prejudice against the losers of the war.

Book Review: http://www.sdh-fact.com/review-article/1171/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Summer-1945.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.209J 黄文雄の「歴史とは何か」(全)

2018年5月30日 水曜日

『黄文雄の「歴史とは何か」』(自由社)
<日・中・台・韓>の歴史の差異を巨視的にとらえる

 本書の英訳を7回に亘ってご紹介してきましたが、今回はその全編、すなわち全訳をご紹介します。
            
 第1章 歴史とはなにか
 第2章 中華文明の原理
 第3章 中国の残虐な戦争の歴史
 第4章 人を殺さないで発展した日本の歴史
 第5章 日本を平和の中で発展させたのは
     天皇の存在だ
 第6章 中華文明から仕掛けられた歴史戦に
     日本が負けない方法は  

 他の3大文明が他の後進の新たな文明の誕生のもとに滅んでいったのに対して、中華文明は現在に引き継がれて発展しています。他の3大文明の周辺ではその後、複数の国家が「共存」する「国家文明」が生まれたのに対して中華文明では天子が支配する「天下」が力に応じて周辺を支配する形態が発展しました。「国家文明」を発展させることがなかったのが中華「天下文明」でした。
 日本はこの「中華文明」に接しつつも、全く異なった独自の文明を発展させていったのです。
 
 英訳全文:http://www.sdh-fact.com/CL/KO-BUNYU.pdf
 黄文雄プロファイル:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/ko.pdf

 海外には下記の通り発信しました。

平成30年5月30日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

KO BUN’YU’S DEFINING HISTORY
A macroscopic analysis of the differences among the histories of
East Asian nations: Japan, China, Taiwan, and Korea

The English translation of this book has been serialized. The translated book in its entirety is presented here.
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1168/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/KO-BUNYU.pdf

CHAPTER 1: DEFINING HISTORY
CHAPTER 2: PRINCIPLES OF CHINESE
CIVILIZATION
CHAPTER 3: THE BRUTAL HISTORY OF CHINESE
WARFARE
CHAPTER 4: JAPANESE HISTORY: PROGRESS
WITHOUT MURDER
CHAPTER 5: EMPEROR SYSTEM PAVES WAY FOR
PEACEFUL PROGRESS IN JAPAN
CHAPTER 6: HOW JAPAN CAN WIN THE HISTORY
WARS INSTIGATED BY CHINA

The evolution of the Yellow River civilization was different from that of the Mesopotamian, Egyptian, and Indus Valley civilizations. In the regions where they arose, newer civilizations appeared. Eventually, peoples formed communities called nations, each governed by a ruler. The “civilization of nations” evolved, with multiple nations in “coexistence.” But in case of the Yellow River civilization, the concept of a “nation” was absent. Instead, an empire evolved, the realm of which expanded or shrank depending on the power of the emperor.
Even today, the PRC, the latest bearer of Chinese civilization, was forced to establish borders to appease the international community. But in Chinese minds, the Chinese realm includes all territories that China is capable of controlling through its power. Chinese national borders exist but they expand as the “Emperor” acquires more power.
Although Japan has been influenced by its neighbor China, it has a completely different civilization from that of China.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.208J 南京事件48人の証言 10

2018年5月23日 水曜日

『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)
阿羅健一著
その10―第四章 外交官の見た南京 
領事官補・岩井英一氏の証言
領事官補・粕谷孝夫氏の証言
補遺

 最終回は第4章「外交官の見た南京」、そして補遺です。
 
 岩井英一氏は東亜同文書院を出た中国通の外交官で、軍に多くの人脈を持っていたといわれる人です。占領地視察の目的で、南京に年初に入りましたが、虐殺など見たことも聞いたこともないということです。
 南京攻略軍の旅団長として活躍した佐々木少将は陸軍きっての中国通で、蒋介石以下の国民党領袖のほとんどと親しく、国民党の革命にもよく理解を示していたし、中国に愛情も持っていた。その佐々木少将は日記を『ある軍人の自伝』として発表している。これが最も参考になるのではないか、というのが、岩井英一氏の見解です。
 粕谷孝夫氏が上海総領事館勤務になって5か月目に南京が陥落し、粕谷氏は年明けに南京総領事館勤務を命ぜられます。南京では、外国との交渉、折衝を担当していて、例のアリソン領事殴打事件にも遭遇しました。粕谷氏によると「アリソン氏が日本兵の宿舎に抗議か確認化に行って、歩哨の制止を振り切って歩哨線を越えようとしたので殴られたといっていました。」「アリソン領事は知日派だと思います。そのことで特別感情を悪くしたことはなかったようです。」
といっています。
 補遺のところでは、お会いすることはできなかったけれど手紙やはがきでご返答くださった方11人のことば、そして連絡を取っている途中に亡くなったり病気で返事を戴けなかった人たち19人のお名前が載っています。11人の中には、作家の石川達三氏がいました。次のような返事をいただいたそうです。
 「私が南京に入ったのは入場式から2週間後です。大殺戮の痕跡は一片も見ていません。何万お慕いの処理はとても2,3週間では終わらないと思います。あの話は私は今も信じてはおりません。」

  日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/48-10.pdf
  英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-10-.pdf

海外には、下記の通り英文で発信しました。

平成30年5月23日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

The Nanjing Incident: Japanese Eyewitness Accounts
-Testimony from 48 Japanese Who Were There-
By Ara Ken’ichi
No. 10: Chapter 4 Nanjing, as Observed by Diplomats
Mr. Iwai Eiichi, Assistant Consul
Mr. Kasuya Yoshio, Assistant Consul
Supplement

Mr. Iwai Eiichi, a China expert in the Ministry of Foreign Affairs, graduated from the Dong A Dong Wen Shu Yuen, or the East Asian Literary School. It was said that he had a strong network of acquaintances in the military.
He went to Nanjing in the beginning of 1938 to inspect Japan’s area of occupation. While there, he says he didn’t see anything that suggested a massacre or didn’t hear about a massacre.
He says that Major General Sasaki Toichi, who participated in the Nanjing attack as Brigadier Commander, would be the best person to hear from concerning what happened in Nanjing. Because Major General Sasaki was the top expert on China in the Army, had friendly relationships with most of the main leaders of the Chinese Nationalist Party, including Chiang Kai-shek, and understood the Nationalist Party’s Revolution. He loved China. Major General Sasaki published “Autobiography of a Soldier” in 1965, in which he mentioned the Battle of Nanjing.
Mr. Kasuya Yoshio was assigned to the Nanjing Consulate in early 1938. His duty was to contact and negotiate with foreign countries. The assault on American Consul Allison occurred at the end of January. He says “Mr. Allison went to the Japanese soldiers’ barracks to either confirm his suspicion or to investigate, and tried to cross a sentry line despite the guard’s warning and he was hit–that’s what I heard.” He also mentions that, “Mr. Allison was knowledgeable about the Japanese. It seemed that he didn’t take the incident badly in particular.”
The Supplement covers the words of 11 person Mr. Ara contacted but could not interview–he received letters from them instead. Also, another 19 persons’ names are listed, who Mr. Ara tried to contact and was unable to meet and did not receive any letters from them. Among the 11 persons Mr. Ara received a letter from, very well-known novelist Ishikawa Tatsuzo was one of them. He wrote the following:
“When I entered Nanjing, it was two weeks after the entrance ceremony. I didn’t see any trace of a massacre. It is impossible to clear out hundreds and thousands bodies within a couple of weeks. I have never believed that Nanjing massacre story and I don’t believe now.”

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1165/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-10-.pdfQuestions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 2 of 2412345...1020...最後 »