‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.222J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート7

2018年8月17日 金曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その7―6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの6番目は「6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害」です。

6、反日の事例:日本政府の外交失策がもたらした被害(日本文):
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-7.pdf
〃   (英文):     http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-7.pdf
 本レポートは、カナダ在住の日系人、日本人のグループのNGO「トロント正論の会」が、NGO日本連合の一員として提出したものです。
 日本政府が、「南京虐殺」などの悪意を持った政治プロパガンダにたいして、日系人・日本人を守るために必要な情報提供を怠ってきたことを委員会に訴えるという、ある意味ユニークなNGOレポートです。
 「南京虐殺」などが政治的なプロパガンダである、という現実を認めず、その対応を歴史家にゆだねてきたのは政府としての義務を怠っているということを強調している。
 歴史捏造キャンペーンがカナダの政府機関、メディア、学校などの社会のあらゆる階層に浸透していること、この結果日系人、日本人が社会的な不利益と不名誉を受けている現実を説明し、日本政府が日系人、日本人を守るための行動を起こすことを具体的に提起しています。

平成30年8月17日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No. 7: 6. The Case against Japan: Casualties of Japan’s Foreign Policy Disaster

Submitted by the Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The sixth report of the Japan NGO Coalition is “6. Case against Japan: Casualties of Japan’s Foreign Policy Disaster.”
This report was prepared by a grassroots Japanese-Canadian group, “Toronto Seiron”, as a part of the Japan NGO Coalition, which urges that the Committee recommend that the Japanese Government take necessary actions to protect Japanese-Canadians and Japanese residents in Canada from a vicious propaganda attacks, specifically a disinformation campaign related to the “Nanjing Massacre”.
The Government of Japan has consistently refused to recognize the fact that this propaganda campaign is by definition political. Rather than responding in kind, the Government has deferred the matter to historians, whose task is primarily scholarly – research, study, analysis and publication of their findings – not dissemination of their findings to the lay public or communication with foreign agencies.
The Government of Japan has consistently failed in its duty to protect its own nationals living in Canada, who are exposed to a campaign of vicious and relentless false history. Disinformation has deeply penetrated every level of Canadian society–government institutions, media, schools and so on.
The report asks the Committee to make recommendations to the Japanese Government to take necessary actions to protect Japanese-Canadians and Japanese nationals living in Canada from vicious propaganda campaigns like those related to the “Nanjing Massacre”.

6. Case against Japan: Casualties of Japan’s Foreign Policy Disaster
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1224/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-7.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.221J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート6

2018年8月16日 木曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その6―5、外国人の政治的権利と地方参政権
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの5番目は「5、外国人の政治的権利と地方参政権」です。

5、 外国人の政治的権利と地方参政権(日本文):
      http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-6.pdf
〃   (英文):
      http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-6.pdf
 本レポートは、
(a) 外国人に地方参政権を与えないことは、人種差別撤廃条約に違反しない。なぜなら、条約第1条2項「この条約は、締約国が市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先については適用しない」とあるからである。日本では、政治的権利と地方参政権について日本国民と外国人の関係は、この市民と市民でない者との関係に該当するからである。
(b) さらに、日本では人種、皮膚の色、家系又は民族的もしくは種族的出身に一切かかわりなく国籍を取得することができる。国籍を再取得するにおいても差別は全くない。
(c) 日本では国籍を取得すると直ちにすべての政治的権利が与えられる。これは世界でも最も進んだ、差別のない制度である。
を指摘して、外国人に参政権を認めないのは決して差別ではないことを明快に説明しています。

平成30年8月16日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No. 6: 5. Political Right and Local Suffrage for Foreign Residents

Submitted by the Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The fifth report of the Japan NGO Coalition is “5. Political right and Local Suffrage for Foreign Residents.”
The NGO report urges:
(a) Not giving local suffrage to foreign residents is not a breach of International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination (ICERD), because Article 1-2 of ICERD stipulates: “The Convention shall not apply to distinctions, restrictions or preference made by a State Party to this Convention between citizens and non-citizens.” The relationship between Japanese nationals and foreign residents is equivalent to the one between citizens and non-citizens. Therefore, this is not “discrimination”.
(b) In Japan, any person is eligible to acquire Japanese nationality, regardless of race, color, genealogy or racial or ethnic origin. There is no discrimination with regard to the acquisition of nationality.
(c) In Japan, as soon as a person acquires nationality, that person receives all political rights. The Japanese system is one of the most advanced and impartial systems in the world.

5. Political Right and Local Suffrage for Foreign Residents:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1222/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-6.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.220J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート5

2018年8月14日 火曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その5―4、ヘイトスピーチ解消法について
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの4番目は「4、ヘイトスピーチ解消法について」です。

3、 ヘイトスピーチ解消法について(日本文):
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-5.pdf
〃   (英文):
       http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-5.pdf

 2016年5月24日、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取り組みに関する法律」(通称ヘイトスピーチ解消法)という奇妙な名前の法律が成立しました。これは、実は国連人種差別撤廃委員会が2014年に日本政府に出した勧告がきっかけとなってできた法律です。 
しかし、この法律は明らかに、日本人を差別する法律であり、人種差別撤廃条約に違反しています。
 なぜかというと、この法律の趣旨は「人種差別等を理由にした不当な差別的言動の解消」に向けられるはずなのですが、「本邦外出身者にたいする」という表現になり、「日本人に対しては」問題にされないのですからです。簡単に言えば、本邦外出身者=韓国・朝鮮人に対する不当な言動はいけないが、日本人に対しては、どんな不当な発言をしても問題にされないということです。
 そもそも、国連の勧告なるものは、在日系の活動家NGOが持ち込んだレポートをもとに作られたものです。日本人のヘイトスピーチを一方的非難しており、在日韓国・朝鮮人が歴史捏造などに基づく日本非難のヘイトスピーチをしていることは一切無視したレポートが基になっているわけです。
 この法律は、「ヘイトスピーチ」の定義があいまいなこと相俟ってすでに日本人の表現の自由を抑圧するケースが起きています。
 1919年に日本が国際連盟に人種差別撤廃提案をしてから、100年になろうとする今、世界にまれな人種差別法案が日本に存在していることは、はなはだ残念であり、悲しいことです。一刻も早くこの差別法案は撤廃すべきであります。

平成30年8月14日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No. 5: 4. The Elimination of Hate Speech

Submitted by the Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The fourth report of the Japan NGO Coalition is “4. The Elimination of Hate Speech.”
Based on the recommendation from the Committee on the Elimination of Racial Discrimination in 2014, in May 2016, the “Act on Promotion of Efforts towards Elimination of Unjustifiable Discrimination Letters to Outside Japan”, the so-called Hate Speech Removal Act, was established in Japan.
The alleged purpose of this law was to abolish racial discrimination, but this law in fact discriminates against Japanese citizens.
This law narrowly defines speech involving “Persons Originating from Outside Japan”, such as Koreans in Japan, as “hate speech” and does not address hate speech against Japanese people. According to this law, hate speech against Japanese people is not an issue at all.
The phenomenon of hate speech has a number of sources. In response to Korean hate speech, some Japanese people have denounced Korean hate speech. Do not forget this basic point: we cannot think about measures against “hate speech” without considering the cause of “hate speech”.
This law should be changed to an Act “On the Promotion of Efforts to Eliminate Unfair Discriminatory Speech and Behavior Based on Racial Bias and Other Forms of Discrimination,” which would be fairly and equally applied to every person living in Japan.
This NGO report urges the immediate abolishment of the current unreasonably racist law.

4. The Elimination of Hate Speech Act:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1219/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-5.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.219J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート4

2018年8月10日 金曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その4―3、朝鮮人学校の状況
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの3番目は「3、朝鮮人学校の状況」です。

3、 朝鮮人学校の状況(日本文):
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-4.pdf
〃   (英文):
       http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-4.pdf

 国連人種差別撤廃委員会が2014年に日本政府に出した最終見解で、高等学校就学支援金制度からの朝鮮学校の除外、および朝鮮学校に対して地方自治体から割り当てられた補助金の停止あるいは継続的な縮小を含む、在日朝鮮の子供の教育を受ける権利を妨げる法的規制及び政府の行動に懸念を示しています。
 しかし、この委員会の見解は大事な点を無視した見解であることを本レポートでは指摘しています。
 日本の憲法には「公金その他の公の財産は、宗教上の組織もしくは団体の使用、便益もしくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育もしくは団体の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない」(第89条)とあります。
 朝鮮学校はこれらの定義に則った「学校」ではないため、公金の支出は違憲・違法となるのであって、朝鮮人差別をしているわけではありません。
 日本においては、ヨーロッパやアジア各国をはじめ様々なインターナショナルスクールや民族学校があり、民族教育そのものは否定されていません。また、現に水準を満たした中国や韓国などの民族学校もあります。
 肝心な点を無視した、委員会の勧告は撤回すべきである、と本レポートは主張しています。

平成30年8月10日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No. 4: 3. The Circumstance of Korean Schools in Japan

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The third report of the Japan NGO Coalition is “3. The Circumstance of Korean Schools in Japan.”
In its concluding observations, the Committee stated its concern over legislative provisions and government actions that hindered the right to an education of children of Korean origin, as: (a) the exclusion of Korean schools from the High School Tuition Support Fund; and (b) the suspension or continued decrease of funding allocated by local governments to Korean schools.
However, as this NGO report points out, the Committee’s claim fails to recognize very important facts.
The Constitution of Japan stipulates in Article 89 that, “No public money or other property shall be expended or appropriated for the use, benefit or maintenance of any religious institution or association, or any charitable, educational or benevolent enterprises not under the control of public authority.”
Korean schools do not qualify as “schools” as defined by the Constitution, and it is against the Constitution, in fact, illegal, to spend public money on Korean schools. There is no discrimination against Korean Schools.
There are many international and ethnic European and Asian schools in Japan and ethnic education itself should not be prohibited. At present, there are numerous Chinese and Korean schools which meet Japanese educational standards.
The Japan NGO Coalition report urges the retraction of the Committee’s recommendation, which is based on ignorance of fundamental facts concerning ethnic schools in Japan.

3. The Circumstance of Korean Schools in Japan:
URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1217/
PDF:   http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-4.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.218J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート3

2018年8月8日 水曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その3―2、アイヌの人々の状況
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの2番目は「2、アイヌの人々の状況」です。

2、 アイヌの人々の状況(日本文):
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-3.pdf
〃   (英文):
     http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-3.pdf

 国連人種差別撤廃委員会が2014年に日本政府に出した最終見解は事実誤認とそれに基づく勧告が多数含まれています。
 まず、日本におけるアイヌ民族は他の国における先住民族とは違います。それは明治時代、日本政府が蝦夷地に居住していたアイヌの土地や権利を奪った、という歴史はなく、逆に「北海道旧土人保護法」という法をアイヌの方々からの要請をうけ国会で制定し、彼らの権利を守った経緯からも明らかです。
 人種差別撤廃委員会85会期提出NGOレポートには「日本政府は、明治以後、アイヌ民族の土地を侵略し、征服し、支配してきた」、「アイヌの土地を奪い、強制的に国民国家に組み入れる植民地支配をした」、「アイヌ語を禁止し、すべての風俗習慣を陋習として禁止した」、「アイヌ民族の権利を侵害したのは日本国であり、北海道庁である」などの記述がありますが、これが悉く事実に反していることを「レポート2、アイヌの人々の状況」が詳細、かつ具体的に説明しております。
 戦後、アイヌ団体の代表者3名がGHQから「アイヌ民族は独立するのか?」と問われ「いいえ。我々は今までもこれからも日本人である」と答えてことが北海道アイヌ協会発行の記念誌に書かれているそうです。アイヌが日本国や明治政府に虐げられていたという虚論に対する何よりの反論といえましょう。

平成30年8月8日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No. 3: 2. The Circumstance of the Ainu People

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The second report of the Japan NGO Coalition is “2. The Circumstance of the Ainu People.”
The CERD recommendation issued in September 2014 included numerous misunderstandings and errors in fact, such that the recommendations were based on erroneous assumptions.
Firstly, the Ainu people in Japan are different from indigenous, aboriginal races found in other countries. This is clear from the following points: there is no historical basis to the contention that that during the Meiji era, the Japanese Government robbed the Ainu people of their land and rights. On the contrary, at the request of Ainu people, the Diet enacted a law called the Act on the Protection of Indigenous People in Hokkaido, and vindicated their rights.
Some NGOs submitted a report asking that the Ainu people be given “rights”. However, their statements, listed below, are not based on facts as precisely explained in the report of the Japan NGO Coalition “2. The Circumstance of the Ainu People.”
a. “Since the Meiji Restoration, the government of Japan has encroached on the land of the Ainu and conquered and ruled them.”
b. “The government forcibly took the land of the Ainu, integrated in the nation state and colonized it.”
c. “The language, unique religion and all cultural manners and customs of the Ainu people were prohibited as evil custom. The government of Japan also banned their traditional vocations and forced them into agriculture.”
d. The statement, “It is the state of Japan and the Hokkaido local government who have been violating the rights of the Ainu,” is also false.

1. The Circumstance of the Ainu People:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1213/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-3.pdf
Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.217J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート2

2018年8月6日 月曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その2―1、琉球/沖縄の状況
人種差別に反対するNGO日本連合

 人種差別に反対するNGO日本連合のレポートの最初は「1、琉球/沖縄の状況」です。

1、 琉球/沖縄の状況(日本文):
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96-2.pdf
〃   (英文):
     http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-2.pdf
 
 国連人種差別撤廃委員会は2014年、日本政府に対する最終見解の中で、「日本政府が琉球を先住民族として承認することを検討し、また彼らの権利を保護するための具体的な措置を取ることを勧告する」というとんでもないことを言ってきました。
 もちろん国連自体が調査をした結果出した勧告ではありません。沖縄先住民説、沖縄独立論を唱える極左人権派の少数グループのNGOが、人種差別撤廃委員会に提出したレポートが、何の検証もされることなく、勧告に化けて国連から出されたものです。
 この撤回を求めているのがこのレポートです。その理由として、
(a) 沖縄県民は自らを日本人だと認識しており、沖縄先住民としての自己
認識を持っていない。その根拠として石垣市、豊見城市の撤回意見書、沖縄選出衆議院議員宮崎正久氏に撤回要求質疑などを付属書として添付。また沖縄で独立を公約に掲げて当選した政治家はいない。
(b) 国会でも自治体の議会でも沖縄県民が先住民族なのか議論されたこともない。沖縄県議会翁長知事発言(付属書)
(c) 日本人である沖縄県民に先住民勧告を出すことは、沖縄県民に対する差別であり人権侵害であり、人種差別撤廃委員会の存在意義に反する。
(d) 沖縄の言語は日本の方言であり、日本語の一部である。
(e) 琉球列島に住む人々の核ゲノムDNAを解析した結果、遺伝的に琉球列島の人々は、台湾や大陸の人々とつながりがなく、日本本土により近いという研究結果が出ている。
等々、この「1、琉球/沖縄の状況」は詳しい根拠データを示しています。

平成30年8月6日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No.2: 1. The Circumstance of the Ryukyu/Okinawa

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The first report of the Japan NGO Coalition is “1. The Circumstance of the Ryukyu/Okinawa.”
In its recommendation issued in September 2014, the following were mentioned:
Committee recommends that the State party review its position and
consider recognizing the Ryukyu as indigenous peoples and take concrete steps to
protect their rights.
This recommendation is really preposterous and greatly infringes on the human rights of Okinawa people. The NGO report, written by “Okinawa Policy Research Forum of Japan,” demands the retraction of the recommendation for the following reasons:
a. The citizens of Okinawa Prefecture regard themselves as Japanese and do not recognize themselves as indigenous people. Evidence attached.
b. There has never been, in either the Diet or in local assemblies, a discussion on whether Okinawans are either Japanese or indigenous people. Demands for rights as indigenous people have never been taken up by local assembly.
c. It is an act of discrimination against Okinawans, who are Japanese, as well as an infringement on their human rights and against the reason d’etre of the Committee, for the UN Human Rights Council to recommend that the Okinawan people be recognized as an “indigenous people”.
d. The Language of Okinawa is a Japanese dialect and a part of the Japanese language.
e. Analysis of the human genome of people living in the present-day Ryukyu Islands shows that they have no genetic relatedness with people living in Taiwan or on the Asian Continent. They are, in fact, genetically close to people of Japan Proper.
f. Others

1. The Circumstance of the Ryukyu/Okinawa:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1211/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2018-08-CERD96_Japan_JNCRD-2.pdf  Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.216J 国連人種差別撤廃委員会へのレポート1

2018年8月2日 木曜日

国連人種差別撤廃委員会96セッション
第10回・第11回日本政府報告に関するNGOレポート
その1(概要)
人種差別に反対するNGO日本連合

 国連の第96回人種差別撤廃委員会(CERD)が、8月6日より開催されます。対日審査は16日、17日に行われます。「慰安婦の真実 国民運動」は、友好団体に呼びかけ、21団体で「人種差別に反対するNGO日本連合」を結成し、7件のNGOレポートを国連に提出しました。また対日審査に合わせて委員会に代表団を派遣し、報告書について発言することにしています。
 報告書(英文)は、すでに国連の Official Site に掲載されています。
 今回はその1、概要として、人種差別に反対する日本NGO連合のメンバー団体、7件のレポートの目次、レポートの序文をご案内します。

 概要(日本文): http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CERD96.pdf
概要(英文):http://www.sdh-fact.com/CL/CERD96-Japan-JNCRD.pdf

 序文では、日本が1919年2月13日、ヴェルサイユで開催されたパリ講和会議の国際連盟規約を草案する委員会において、人種差別撤廃を盛り込む提案をしたことを述べています。ことしはそれから、100年を迎えようとしています。日本の提案の50年後の1969年にようやく国際人種差別撤廃条約が発効しました。
 日本は、人種差別撤廃運動のリーダーとして、またパイオニアとして、今後とも国際社会で大いなる貢献をしていくものと信じる、と序文を結んでいます。

平成30年8月2日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
NGO Report in relation to the tenth to eleventh periodic reports of Japan
Series No.1 Outline

Submitted by Japan NGO Coalition against Racial Discrimination

The 96th session of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination will be held this year beginning August 6. State Reports on Japan will be considered on the 16th and 17th. Japan NGO Coalition against Racial Discrimination, comprised of 21 NGOs, submitted a report composed of 7 items to the Committee. The report is uploaded at UN’s official web website: https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
We will introduce the main contents of the report as a series. No. 1 is an Outline that
includes list of member NGOs, table of contents and preface.

Outline: URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1208/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/CERD96-Japan-JNCRD.pdf
Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.215J 中国ガン その2

2018年7月31日 火曜日

中国ガン―台湾人医師の処方箋(並木書房)
林建良
その2―第1章 中国という名のガン細胞

 ガンとは細胞が持つ「アポトーシス」すなわち「細胞の自殺」という機能を欠いた細胞の増殖のことです。普通の細胞と大きく異なり、非常に利己的で自己中心的で、無限増殖していきます。
 今の中国を見ているとガン細胞そっくりであり、そのどの特徴も中国そのものである、と著者は言います。
 中国の国内の状況はガン細胞のモザイク現象そのものだといいます。貧富の格差、犯罪増加、環境汚染といった共食い現象がそれです。それに加えて、「転移」もあり、毎年、数百万人規模の中国人が世界に散らばり、各地で秩序を崩壊させています。
 問題は、日本人はじめ世界の人々にこの認識があるかどうかだと著者は言います。
 たとえば「チャイナ・ウオッチャー」という医者が10人いるとすれば、9人はこの中国という名のガン細胞を見ても「大丈夫だ」と診断する。つまり「これは育ち盛りの少年だから、どんどん栄養(資本と技術)を与えればいい」「今は暴れん坊だけれど、まだ心と体のバランスが取れていないだけ。いずれ知的成長を伴って、いい大人になるだろう」だどといっている。
 ところが最近「これはガンではないか。この行動は異常だ。いくら待っても正常にならない」と考える医者も出てきた。と著者はいっていますが、すでにかなり、ほとんどの医者が、という状況になりつつあるようです。
 宮埼正弘さんのメルマガ(7月28日号)が伝えています。
  「そして誰もいなくなった」(ワシントンから中国擁護派が消えた)。中国専門家の嘆き。「ホワイトハウスの電話のベルが鳴らない(相談がない)」「パンダハガー(中国びいき)の多くもスタンスを変えた」という状況になってきている。
 今こそ中国の本質認識を深め、正しい対中対応策を考え、実行していくべき
時です。

  日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/cancer2.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Series-No.2-Lin-chapter-1.pdf
中文訳: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.2C.pdf

平成30年7月31日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

THE CANCER THAT IS CHINA
A Taiwanese Physician’s Prescription
(Namiki Shobo)
Lin Jianliang
Series No.2 CHAPTER 1: THE CANCER THAT IS CHINA

Cancers are made up of cells which lack the mechanism to terminate its own functioning. The main difference between cancer cells and normal cells is that cancer cells are extremely selfish and “egocentric”. They also have a tendency to proliferate indefinitely. The more malignant they are, the more likely they are to exhibit mosaicism, or the lack of uniformity. Cancer cells’ selfish desires turn them into cannibals. The strong create havoc by devouring the weak.
Present-day China bears an eerily close resemblance to cancer cells. Egocentrism and selfishness are the same spirits we find in China, where the watchword is, “What’s mine is mine, what’s yours is mine.” The mosaicism within China is exactly the same as that of cancer cells. There is also the phenomenon of cannibalism: the wide gap between the rich and poor, increased in crime, and environmental pollution.
But the important question here is how many of the world’s people, including the Japanese, are aware of this situation?
What if those who call themselves “China watchers” were physicians? Nine out of 10 of them would tell us that the patient (China) is just fine. One doctor may say, “This patient is a growing boy. Just give him nutritious food (capital and technology) and he’ll be fine.” Another may declare, “He’s a little wild now because his mind and body haven’t not matured. Give him time.” Both are saying that as intellectual growth progresses, the patient will become an upstanding adult.
But recently, some doctors have come forward and said, “This might be cancer. The patient is behaving strangely. We’ve given him time, but he still hasn’t come around.” Such doctors have increased in number, but even as they examine the patient, they adopt a wait-and-see attitude. Even though the cancer cells have begun to spread, not one physician has discovered a treatment.

  HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1202/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Series-No.2-Lin-chapter-1.pdf
Chinese version(中文)
HTML: http://www.sdh-fact.com/book-article/1205/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Lin-China-Cancer-No.2C.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.214J 国連人種差別撤廃条約に対する中国の違反状況

2018年7月27日 金曜日

国連人種差別撤廃委員会へのNGO報告
国連人種差別撤廃条約に対する中華人民共和国における違反状況
アジア自由民主連帯協議会

 国連の第86回人種差別撤廃委員会(CERD)が、8月6日より開催されます。対中国審査は9日、10日、対日審査は16日、17日に行われます。「慰安婦の真実 国民運動」は、友好団体と協力してNGOレポートを提出し、またジュネーブの委員会に代表団を派遣することにしています。
 最初に行われる、対中国審査に向けて「アジア自由民主連帯協議会」(会長:ペマ・ギャルポ)は、中国に人種差別を受けているウイグル、南モンゴル、チベットの状況を報告し、結論の3で、「国連常任理事国の一つである中華人民共和国が、このような人種差別と迫害・民族ジェノサイドの可能性があることを行っていることは、国連の存在意義に関わる重要な問題であり、国連は,人種差別撤廃と人権擁護の視点から、中華人民共和国の上記各民族自治区に対し、中立的、国際的な人権査察団の派遣と調査を行うべきである。」との提言を行っています。

 レポート全文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/un.pdf

 この英訳レポートは、国連に提出され、国連の Official Site に、すでに掲載されています。

  Official Site: http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
  →Consideration of State Report →China →Info from Civil Organization

英文全文:http://www.sdh-fact.com/CL/The-report-is-for-consideration-of-the-State-Party-China.pdf

平成30年7月27日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

NGO Report to the Committee on the Elimination of Racial Discrimination
Situation of the Violation of the United Nations’ Convention on the Elimination
of All Forms of Discrimination in the People’s Republic of China

Submitted by the Asian Solidarity Council for Freedom and Democracy

The 86th session of the Committee on the Elimination of Racial Discrimination will be held this year beginning August 6. State Reports on China will be considered on the 9th and 10th. The Asian Solidarity Council for Freedom and Democracy has submitted a report titled:
Situation of Violation of the United Nations’ Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination in People’s Republic of China, which has been uploaded on the UN’s official website: https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1196&Lang=en
This is the Report:
http://www.sdh-fact.com/CL/The-report-is-for-consideration-of-the-State-Party-China.pdf
The following appeal is made in the Conclusion of the Report:

As it is a serious problem for U.N. of its significance of existence that suspicions of such racial discrimination, persecution and ethnic genocide have been recognized in China as one of U.N. permanent members, U.N. should dispatch international neutral team of inspectors for human rights survey to the above-mentioned each Ethnic Autonomous Regions in China from perspectives of racial discrimination elimination and human rights protection.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.213J 1910-1945朝鮮における日本の植民地支配

2018年7月11日 水曜日

<ブックレヴュー>
1910~1945朝鮮に於ける日本の植民地支配の遺産:新しい視点から
ジョージ・アキタ & ブランドン・パーマー
MerwinAsia Publishers 2015

書評者:アルドリック・ハマ

 韓国は日本の帝国主義の犠牲者だったのであり、「文化抹殺」「搾取」「慰安婦(性奴隷)」などの諸悪の根源は日本人だった、というのが韓国の民族主義的な歴史観です。
 ハワイ大学のジョージ・アキタ教授は、この広く広まっている史観を素朴に信じていたそうです。あるきっかけからこれを徹底的に検証してみようと決意し、ブランドン・パーマー教授とともに取り組んだ研究成果が『1910-1945朝鮮における日本の植民地支配の遺産:新しい視点から』という本です。
 「文化抹殺」を調べていくと、それどころか総督府は「朝鮮の文化遺産を保存する法律」まで制定して歴史遺産を保存することに尽力していたことが分かりました。朝鮮衣装ハンボクを禁止したわけでおないし、ハングルを使って朝鮮語と朝鮮の歴史を公立の学校で教えていたのでした。
 「搾取」についても、朝鮮人は課税もされましたが、朝鮮の近代化を賄うにはとても足らず、日本からの資金を当てました。もちろんこれは日本の納税者の負担によるものです。
 すなわち、韓国の民族主義的な歴史観は全く事実という根拠をもたない、イデオロギーに過ぎないことが明らかにされています。しかし、評者が、大きな問題と指摘しているのは、このような根拠のない幻の「歴史観」が韓国だけでなく、アメリカをはじめとして世界に当たり前のように広がっていることです。アメリカ議会で慰安婦非難決議が可決されたというのも、このような土台があったらばこそのことです。この虚偽イデオロギーとの戦いは容易なことではないことが痛感されます。しかし、虚偽は虚偽、戦い続けるしかないと思っています。

  書評英語原文: http://www.sdh-fact.com/CL/1910-1945-Japanese-rule.pdf
  書評日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/1910.pdf

平成30年7月11日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
http://hassin.org


The Japanese Colonial Legacy in Korea 1910-1945: A New Perspective
George Akita and Brandon Palmer
MerwinAsia Publishers, 2015
Reviewed by Aldric Hama

The prevailing Korean “nationalist” narrative of the colonial era (1910-1945) portrays the Koreans as victims of Japanese imperialism and ascribes numerous evils to the Japanese, including “cultural annihilation,” “exploitation” and “sexual slavery of women”.
Professors George Akita and Brandon Palmer shared this view until they conducted a thorough research into the colonial period history based on a wide range of sources.
The conclusion of their research completely contradicts the prevailing view. Japanese policies were “embedded in realism, moderation, mutualism and proportionality in its application” to Korea, thereby forming the “foundation for South Korea’s postwar developmental miracle.”
Regardless of the facts, the reviewer laments that the Korean “nationalist” narrative has been wholeheartedly accepted not only in Korea but also in Western countries, including America. This has led to US government pronouncements against Japan that are ideologically based and historically inaccurate–such as the House Resolution that condemned Japanese “forced military prostitution” during World War II.

Book Review: http://www.sdh-fact.com/review-article/1194/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/1910-1945-Japanese-rule.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 3 of 2512345...1020...最後 »