‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.289J Kindle, オンデマンド2

2020年10月16日 金曜日

「史実を世界に発信する会」 英訳書を
Kindle、オン・ディマンド(ペーパーバック)で2点刊行

『大東亜戦争で日本はいかに変えたか』(加瀬英明)、『通州事件 目撃者の証言』(藤岡信勝)の英訳版に引き続き、新たに下記2点を Kindle、オンデマンド(ペーパーバック)でAmazon より刊行しました。」
令和2年10月16日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>

原著:『戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのだ』(茂木弘道)
How China Started the Second Sino-Japanese War:
Why Should Japan Apologize to China?
¥531
https://www.amazon.co.jp/dp/B08F2DMBHH/

<オンデマンド・ペーパーバック> ¥880

原著:『中国ガン:台湾人医師の処方箋』(林建良)
The China Cancer: A Taiwanese Physician’s Remedy
<Kindle> \524

<オンデマンド・ペーパーバック> \1,518

SDHF Newsletter No.288J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!6

2020年9月23日 水曜日

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)
茂木 弘道
その6 第5章 秋丸機関と歴史の偽造

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」(以後「腹案」)に沿った戦いを進めれば、日本の勝利は極めて高い可能性があったことを第3章で詳しく説明しました。
イギリスのチャーチル首相が、開戦2年目の1942年4月7日付でルーズベルトへの手紙で「今、日本がセイロン島と東部インドからさらに西部インドへ前進してくれば対抗できない。蒋介石ルート、ペルシャ湾経由の石油輸送ルートやソ連支援ルートが遮断される」と悲鳴を上げているのを見れば、いかにこの作戦が有効だったか理解することができましょう。
なぜこの勝利の戦略が実行されなかったのかについて第4章でいろいろな角度から検討いたしました。
いずれにしても、日本は決して自国の力、世界情勢に盲目だったために無謀な戦争に飛び込んでいったのではない、ということは十分に理解いただいたことと思います。
ところが、戦後日本に勝利の戦略があったなどということは、全く論じられないできました。軍閥が、世界の情勢もわきまえずに、無謀な侵略戦争を起こした、という歴史観が支配してきたからです。
「腹案」のもとになった、秋丸機関の主査の有沢広巳が作成した「英米合作経済抗戦力調査―其1」は、その存在が抹消されていました。さらに、当の作成者である有沢広巳自身が、1956年に雑誌『エコノミスト』に「支離滅裂の秋丸機関」という回顧録を書き、その中で、提出した報告が国策に反するということで、報告書はすべて焼却させられた、と書いたのです。すべて報告書はなくなっている(はずである)ことをいいことに、全く反対のことを言っているのです。つまり、戦後の風潮に便乗して、秋丸機関は無謀な戦争を止めさせる報告書を出した、という大ウソをぬけぬけと書いたのです。
すると秋丸機関の責任者であった秋丸次郎(元中佐)も、1979年に回顧録『朗風自伝』で、同じようなことを書いているのです。
1988年に有沢は死去しました。すると、なくなっていたはずの「英米合作経済抗戦力調査―其1」が残された文書の中に存在していたのです。家族にの人は、そのようないわくのある文書とは知らず、これを東大経済学部図書館に寄贈したのです。かくして、有沢、秋丸の言っていたことは全くの虚偽であることが明らかになった、いやなる筈だったのです。
ところが驚いたことにこれを正しく読んで偽造された歴史を書き換える歴史学者、経済学者が出てきたかというと、実際は全く逆で、相変わらず、有沢、秋丸のウソが歴史学界の主流ではまかり通っています。これを根底からただしたのが『日米開戦 陸軍の勝算「秋丸機関」の最終報告書』(林千勝著)(祥伝社)です。この問題について本書ではさらなる考察を加えています。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater06.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.6.pdf

令和2年9月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018
Series No.6, Chapter 5: The Akimaru Unit and the Falsification of History

As I described in Chapter 3, had Japan adhered to “the Master Plan,” Japan might have had a good chance of winning the war. Churchill sent a letter addressed to Roosevelt, April 15, 1942, in which he wrote the following:
Until we are able to fight a fleet action there is no reason why the Japanese should not become the dominating factor in the Western Indian Ocean. This would result in the collapse of our whole position in the Middle East, not only because of the interruption to our convoys to the Middle East and India, but also because of the interruptions to the oil supplies from Abadan, without which we cannot maintain our position either at sea or on land in the Indian Ocean Area. Supplies to Russia via the Persian Gulf would also be cut. With so much of the weight of Japan thrown upon us we have more than we can bear.
This clearly demonstrates how much Churchill feared Operation 11 (the Indian Ocean Operation).
In Chapter 4, I explained why this effective operation was not conducted, even though Japan was fully capable of executing this operation.
After the war, the fact that Japan had a Master Plan for Victory has not been openly discussed in Japan, since the dominate view of the war is that militarist set off on a reckless war without even gathering global intelligence.
There is more to this line of thinking. Prof. Arisawa Hiromi, the very person who produced “Survey of US-UK Allied Economic War Potential”, which was the basis of the Master Plan of Victory, wrote a piece of fiction in the monthly magazine Economist in 1956. He said that his Survey was expunged by Sugiyama Hajime, chief of Army General Staff, because the Survey suggested not to start a war, considering the huge power differential between Japan and the US-UK axis. As explained in Chapter 3, this was contradicted to what was proposed in the Survey. However, Arisawa could say this since the Survey reports were supposedly expunged. Former Lieutenant Colonel Akimaru Jiro, chief of the Akimaru Agency, followed suit. They went along with the postwar flow by showing how pacifist they were.
Ariswa died in 1988 and his books and papers were donated to Library of the Tokyo University Department of Economics by his family. The Survey report was found in his papers. It should have been stated that Arisawa’s and Akimaru’s stories were contrary to the facts. But strangely enough, their fake stories were instead amplified by elitist historians.
Hayashi Chikatsu, an independent researcher who published Outbreak of War Between Japan and the US: Japanese Army’s Chances of Success: Akimaru Agency’s Final Report in 2015, thoroughly reviewed the Survey.
My book is very much based on Hayashi’s findings regarding this issue.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1590/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.6.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.287J スディルマン将軍像献花式

2020年9月7日 月曜日

スディルマン将軍像献花式

8月17日、インドネシア独立記念日に、防衛省内に立つインドネシアの国民的英雄スディルマン将軍像への献花式が行われました。防衛省からは防衛大臣代理の渡辺幸一政務官、インドネシアからはトリ・プルナジャヤ臨時大使が駐在武官10名とともに出席しました。
葛城奈海、献花式実行委員長が下記の挨拶を行いました。。
日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Sudirman.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Sudirman_e.pdf
2011年にインドネシア国防省から日本の防衛省にスディルマン将軍の像が送られてきました。鳩山政権下だったためか、像はしかるべき扱いを受けないままでした。
このことを知った加瀬英明先生が呼びかけ人となり、8月17日の独立記念日に、スディルマン将軍像への献花式を行おうということになり、今年はその6回目の献花式でした。
インドネシアは1945年8月17日に独立を宣言しましたが、旧宗主国オランダはそれを認めず、イギリス軍とともにインドネシアに再上陸してきました。日本統治下で訓練を受けたPETA(郷土防衛軍)を主体とするインドネシア共和国軍は、日本軍残留兵士2000名の支援も受け、4年5か月にわたる独立戦争を戦い抜き勝利しました。共和国軍の初代司令官がスディルマン将軍です。約80万の犠牲者という代償を払っての独立でした。
この独立戦争の真っ最中、東京では極東軍事裁判が開かれ、日本は侵略者、戦争犯罪国として裁かれていました。その裁判を行っていた連合軍が、同時にインドネシアで正真正銘の侵略戦争を行っていたのでした。
何とこのことを記述した「新しい歴教科書をつくる会」の新年度版が、文科省の検定で「不合格」となったのです。「インドネシアは今でも独立が日本の戦いを機縁として実現したこのに感謝の心を持っていたのです。」という記述は、「感謝しているかどうか不明」という理由で不合格とされたのです。日本にだけスディルマン将軍像を送ってきて、献花式に大使迄が出席しているというのに、「感謝」しているかどうか?などと不合格にする教科書調査官、教科書は適切に検定されている言い張る文科大臣、一体どうなってるのでしょうか?
令和2年9月7日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

A Ceremony Offering Flowers to the Statue of General Sudirman

On August 17, 2020, a Flower Offering Ceremony to the Statue of General Sudirman of Indonesia was performed in the presence of the Acting Ambassador of Indonesia and Mr. Watanabe Koichi, Parliamentary Vice-Minister of Defense, on the premises of the Ministry of Defense.
Ms. KATSURAGI Nami, Chairperson of the Executive Committee for the Ceremony of Offering Flowers to the Statue of General Sudirman gave the following speech:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1586/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Sudirman_e.pdf
In 2011, the Indonesian government presented to the Japanese Ministry of Defense a statue of General Sudirman. The Hatoyama cabinet that time did not bother to pay respect to the statue.
Mr. Kase Hideaki, chairman of the “Society for the Dissemination of Historical Fact”, found out and organized a team of volunteers to hold a Flower Offering Ceremony to the Statue. This year is the sixth time such a ceremony occurred.
On August 17, 1945, Indonesia declared independence under the leadership of Sukarno and Mohammad Hatta. However, the Netherland denied independence and sent its army along with the British army, to Indonesia. The Indonesian republic army, with the assistance of 2,000 Japanese ex-Imperial soldiers, fought a four-year and five month long war of independence. The first commander was General Sudirman. The war took nearly 800, 000 Indonesians.
During this war for independence against the Dutch and British, the Allies conducted the International Military Tribunal for the Far East in Tokyo, labeling Japan an “aggressor” and executing 7 Japanese leaders for “crime against peace”.
Ms. Katsurragi’s words should be interpreted within this context.
“I can never forget the impact I felt when I saw this statue for the first time. I felt as if General Sudirman was standing there, scowling at the Memorial Hall, which was a part of the former Imperial Japanese Army Academy auditorium where the Tokyo Trial took place, …. “

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.286J 金柄憲所長慰安婦問題を語るー2

2020年9月3日 木曜日

慰安婦問題の真実を語る
国史教科書研究所 金柄憲所長
その2:「最大限のウソを暴く!」(UNクマラスワミ報告書)

前回は、金所長の日本大使館前の慰安婦像の前における記者会見(演説)をご紹介しましたが、今回は6月23日行われた講義をご紹介します。

タイトルは、「最大限のウソを暴く!」(UN クマラスワミ報告書)です。
クマラスワミ報告書が今の大韓民国の慰安婦問題の
核爆発だったんですよ。本当に!
そこから(クマラスワミ報告書)
すべてのことが我が国の慰安婦問題の歪曲とか
慰安婦問題を政治的利用をする根拠になったんですよ。これが!!
すべての根拠になってしまって、全ての問題をここに押し付けて、
UNが認めたんだ!
これで解決してしまうんです。
(それ以上何も言わなくてもいい。)
でも、これは全部嘘なんです!!
クマラスワミUN人権報告書、
そしてマクドゥーガル報告書
全部、嘘なんです!!
そして、慰安所とは何か、慰安婦とは何かについての詳しい説明を行っていきます。それに基づいて国連の「クマラスワミ報告書」は全く事実無根としか
言えない、ウソまみれ報告書であることを立証し、次のように言います。
このクマラスワミと言う人は本当に悪い人だ!
ここにこの資料を提供した韓国の
挺対協のユン・ジョンオク(尹貞玉)氏と
シン・ヘス(申蕙秀)氏、イヒョジェ氏は
この人たちは本当に天罰を受けなければなりません。
金柄憲所長の講義(YouTube)の
日本語訳文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Press2.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Press_e2.pdf
令和2年9月3日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

KIM Byung-heon talks about the truth about the Comfort Women Issue
Series No.2: Press Conference in front of the Comfort Girl Statue in Seoul

In No. 1 of this series, I introduced Mr. KIM Byung-heon as he held a press conference in front of the Comfort Girl Statue in Seoul on May 15. This time, I am
presenting his lecture of June 23, 2020, titled “Reveal the Biggest Lie!”(UN Coomaraswamy Report). https://www.youtube.com/watch?v=07Jql2hqUb4

At the onset, he states:
The Coomaraswamy Report was the nuclear blast that propelled the current comfort women issue in the Republic of Korea. Really!
The [Coomaraswamy Report] provided the basis for the ROK to distort the comfort women issue and utilize the comfort women issue as a political weapon.
It provided the grounds for subsequent problems:
All problems are attributed to this [report], the UN sanctioned this [report] and this solves everything. (Nothing more needs to be said.)
However, this is entirely false! The UN Human Rights Report by Coomaraswamy
and the McDougall Report:
They are all lies!!
He concludes:
This person Coomaraswamy is a really bad person!
Those who supplied their stories,
YOON Jeong-ok, SHIN Hei-soo and LEE Hyo-jae of the Korean Council
for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan,
must be punished by Heaven.
His lecture on YouTube:
English translation of his lecture:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1584/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Press_e2.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.285J 金柄憲所長慰安婦問題を語るー1

2020年9月1日 火曜日

慰安婦問題の真実を語る
国史教科書研究所 金柄憲所長
その1:慰安婦像真実究明記者会見(演説)

2020年5月7日、慰安婦の象徴的存在である李容洙(イ・ヨンス)は、記者会見を行い衝撃的な発言をしました。
1)  挺対協(現在正義連)は集めた寄付金をほとんど慰安婦のために使っていず、その代表者(尹美香)の私的目的のために使われている。
2) 自分の慰安婦時代の経験についての証言は、尹美香(ユン・ミヒャン)から言われたとおりにしたものである。
3) 自分は「性奴隷」ではない。尹美香に「私が性奴隷ではない」といったが、尹美香は「こう表現してこそ米国が怖がる」といって使わされた。
要するに、慰安婦問題の虚構性、そしてこの問題が特定の政治的な団体のために利用されていたということを内部告発したものです。アメリカ議会で証言を行った張本人がこのような「内部告発」をおこなったのです。
韓国で、慰安婦問題が歪曲されて流布され、慰安婦像を建てることに反対しているグループがあります。韓国の「国史教科書研究所」の金柄憲所長もその一人です。李容洙記者会見の8日後の15日に、金所長は、ソウルの慰安婦像の前で記者会見を行い、李容洙発言に触れつつ、慰安婦問題の本質をズバリと直言する演説を行いました。
本質は、与党であれ野党であれ、
慰安婦が日本軍による日帝被害者だという認識を
基本的に持っていることです。
ところが、これは明らかに
嘘です。
この慰安婦は日帝による被害者でもなく、
日本軍による被害者でもありません。
記者会見の全容は、YouTube で見られます。https://youtu.be/ZnWorSfhGs0?t=859
その日本語訳の全文と、その英訳は下記の通りです。
日本語訳文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Press.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Press_e.pdf
令和2年9月1日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

KIM Byung-heon talks about the truth about the Comfort Women Issue
Series No.1: Press Conference in front of the Comfort Girl Statue in Seoul

On May 7, 2020, Ms. LEE Yong-soo, spokesperson for former comfort women, stated the following at a press conference in Daegu, South Korea:
1) Donations collected by The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan (KCWDMS) (now The Korean Council for Justice and Remembrance for the Issues of Military Sexual Slavery by Japan (KCJR)) were not used for former comfort women. Instead, the money was used primarily for Ms. YOON Mi-hyang’s personal expenses. Ms. YOON was the head of the group until this past March 2020.
2) Ms. YOON gave Ms. LEE instructions regarding her statements on her comfort woman days.
3) Ms. LEE was not a “sex slave.” Ms. LEE asked Ms. YOON Mi-hyang to not use the phrase “sex slave” but Ms. YOON made it a point of using the phrase at the UN because “the expression was effective in scaring America.”
This statement was made by the very symbol of former comfort women—Ms. LEE spoke her experience as a comfort woman in the US House of Representatives.
There is a Korean group that refutes the poorly understood Comfort Women Issue and demands the removal of the Comfort Girl Statue in Seoul. Mr. KIM Byung-heon, Director of the Korean History Textbook Research Institute is a member.
On May 15, eight days after Ms. LEE’s press conference, Mr. KIM Byung-heon held a press conference in front of the Comfort Girl Statue. He concluded that “Comfort women were neither victims of Japanese imperialism nor victims of the Japanese army.”
Here you can watch his speech on YouTube: https://youtu.be/ZnWorSfhGs0?t=859
English translation of his address:
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1578/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Press_e.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.284J 書評「ハワイの主権:事実が問題?」

2020年8月19日 水曜日

<書 評>
ハワイの主権:事実が問題?
サーストン・トゥイッグ・スミス
グッデイル出版 1998
書評者:タダシ・ハマ

最近のアメリカにおける黒人暴動を見ていると、人種的マイノリティーがその正当性を「被害者文化」的な価値観をバックに広がっていることがわかります。「被害者文化」とは、自分にとって不利益な事態が生じるとその原因は自分ではなく、外的要因にあると主張する最近はやりの人権主義者の思想です。
ハワイにおいてもこうした考えを持つハワイ主権主義者がおり、米国的な制度を廃して、「伝統的なハワイ文化」を復活させたいと願っています。(ホワイトアメリカンを祖先に持つ人も中にはかなりいます。また、ハワイ先住民も今ではハワイ人口のごく一部を占めるすぎなくなっている現実もあります。)
アメリカに併合されるに至ったハワイの歴史をホノルル・アドバタイザー紙の元オーナーで、宣教師の玄孫であるトゥイッグ・スミスが書いたのが、「ハワイの主権:事実が問題?」です。普通イメージされているのとはかなり異なる事実が記載されている貴重な書のようです。
アメリカの影響で、1840年には最初の憲法が制定され、立憲君主制となっています。1852年憲法では、国民の諸権利が20歳以上で納税する男子住民(先住民帰化人を問わず)権が与えられていました。1887年憲法では、「選挙権を与えられるのは、ハワイ人、アメリカ、ヨーロッパのいずれかの出自の男子で」。かつ、「ハワイ語、英語、あるいは他のヨーロッパ語で、通常の新聞を読んで理解できるもの」。ということで、アジア系の人には選挙権が与えられていなかったのです。
カラカウア王が1881年に日本を訪問し、姪のカイウラニ王女と東伏見依仁親王との結婚を持ちかけたことはよく知られています。カラカウア王は、日本の支援を求めるだけでなく、「アジア諸国及び元首の連合体」もしくは「ポリネシア連合」の建設を模索していたといいます。しかし、一方では、日系人(そのころ人口の半分近くを占めた大勢力)には選挙権を与えていないなどという不可思議なこともあります。
ハワイ王国の滅亡は政府の腐敗無能のため、アメリカ系だけでなく、ハワイ人の多くが望んだ結果であったようです。
書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/Hawaiian_e.pdf
日本語訳:  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Hawaiian.pdf

令和2年8月19日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>


Hawaiian Sovereignty: Do the Facts Matter?
Thurston Twigg-Smith
Goodale Publishing, 1998
Reviewed by Tadashi Hama

One notes from the current rioting in America not only how rapidly American racial minorities escalate to raw violence in response to alleged injustice but how tightly enveloped they are in victimhood culture. “Victimhood culture” is belief in externalities beyond one’s control are responsible for one’s failings. In the US, the White majority ruling class “oppresses” non-Whites via “institutional racism”. Thus, tearing down White institutions and overthrowing the White ruling class will lead to a brighter future for non-Whites—so it is hoped.
Native Hawaiians, specifically, the race that existed in the islands prior to the arrival of European explorers, have also called for secession from the US and restoration of the Kingdom of Hawaii, which ceased to exist with the abdication of the last sovereign, Queen Liliuokalani, on January 17, 1893. As with other racial minorities, Hawaiian sovereigntists aim to replace White American institutions with “traditional Hawaiian culture”.
However, Thurston Twigg-Smith’s book tells a different tale. Former publisher of the Honolulu Advertiser, Twigg-Smith was the great-great-grandson of one of the first missionaries to arrive in Hawaii and grandson of a former cabinet member chosen to serve the Hawaiian monarchy, who later took part in the Hawaii “revolution” of 1893 which led to the end of the Hawaiian monarchy. Few visitors, as well as locals, know anything of the true history of Hawaii and Twigg-Smith gives reads an unflinching look at the real past.
It should be noted that the Constitution of 1887 had the following stipulation for voters: “every male resident… of Hawaiian, American or European birth or descent” and “he shall be able to read and comprehend an ordinary newspaper in either the Hawaiian, English or some European language…” Thus, Asians were excluded from voting—Japanese immigrants consisted of the largest population group at that time.
Behind the story of Hawaii’s final days as a monarchy is an interaction of numerous Hawaiian and non-Hawaiian personalities and competing agendas. Numerous non-Hawaiians were in fact loyal to the Kingdom and worked with the monarchy to preserve and continue Hawaii’s independence in the face of encroaching European powers. When the rulers failed their subjects, non-Hawaiians, as well as Hawaiians, put interests of the people of Hawaii first.
The Hawaiian monarchs were shewed politicians by any standard—today’s sovereigntists consider them dupes of foreign influence, but on reading Twigg-Smith’s account, this is patently false. Twigg-Smith’s book is an island of measured and calm facts in a sea of emotional propaganda.
URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1574/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Hawaiian_e.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.283J 書評「知的劣化」

2020年7月27日 月曜日

<書 評>
困ったことだ:
なぜ我々は知的に劣化してきているのか、その将来に対する意味は?
エドワード・ダットン&マイケル・ウッドリー・オブ・メニー著
インプリント・アカデミック 2018
書評者:アルドリック・ハマ

現在、われわれ(直接的には欧米の人々)の知性が劣化してきている、というかなり衝撃的な論を主張している人がいます。本書にその論拠が書かれています。ブリタニックス(英国人及び海外に植民した人々の子孫)の歴史・行動・心理・遺伝表現形態などのデータをベースにこの主張を組み立てており、恣意的な判断、というわけではなさそうです。
特に、産業革命以来科学テクノロジーの分野で「重要な改革」に貢献した「大改革者」やエリートの天才が減りつつあることを指摘しています。全般的な知性の劣化の論証についてはなるほどと思わせるものも多いですが、書評者が最もショックを受けたのは、コンコルドという画期的な超音速機が、2003年に墜落して以来、全く姿を消すてしまったことだといいます。これは結局は、人類がもはや超音速輸送機を開発し維持するだけの「認知能力」を持たなくなってしまった、つまり「無能」のせいだというのです。
さて、劣化した知性が示す将来にかかわる問題として、「反理性的なイデオロギー」が「認知エリート」の間に広まりつつあることを評者は取り上げています。
生物学的な現実を無視して、結果の平等を期待し、要求する考えです。「性差別」と「人種差別」さえなければ万人は能力的にも平等になる。したがって、どんな手段を使ってでも差別を根絶するという全体主義的な思想です。
東アジアの国々もこうした影響を強く受け、西洋と同じ運命をたどりそうな状況にも見えます。西洋の自由民主主義イデオロギーに否定された、血縁と集団の絆こそ、東アジア諸国が自らの衰退という問題に対応し、西欧の衰退という世界の中で大きな役割を果たしていく可能性があるのではないか、と評者はいいます。

書評英語原文:  http://www.sdh-fact.com/CL/Whye.pdf
日本語訳:  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Why.pdf

令和2年7月27日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>

At Our Wit’s End: Why We’re Becoming Less Intelligent
and What it Means for the Future
Edward Dutton and Michael Woodley of Menie
Imprint Academic, 2018
Reviewed by Tadashi Hama

A previous book by Woodley of Menie, Rhythm of the West (Council for Social and Economic Studies, 2017), outlined the rise and fall of general intelligence in the West, extrapolating from historical, behavioral, psychological and phenotypic data obtained from Britannics (meaning the British and those descended mainly from British colonists overseas). The current book, co-authored with Edward Dutton, reiterates the observation that general intelligence is currently declining and demonstrates the decline with data that did not appear in Rhythm of the West. The current book goes further than the previous book, addressing the source of the decline, lucidly spelling out what is in store for western civilization if current trends continue unabated and suggests what could be done to halt or at least retard the decline.
The authors demonstrates that general intelligence is decreasing and has been in decline since the Industrial Revolution, particularly in the number of “macro-innovation” or elite geniuses who are responsible for the “significant innovations” in science and technology that have led to fundamental changes in our lives.
The book’s overall message, that the West will fail due to its own success, should be remembered upon reviewing current events, particularly the political turmoil in the US. As intelligence in post-industrial humans is in decline, as suggested by recent studies in European countries, there appears to be greater adoption of “anti-rational ideologies”. The more intelligent, the cognitive elite, are most affected. They are caught by the foolish and highly divisive idea that everyone is equally capable were it not for “racism” and “sexism”, which need to be suppressed using old-fashioned totalitarian methods pioneered by the likes of Hitler and Stalin.
In any event, it seems that some but not all East Asian countries understand the root of the problem as outlined by the current book.

URL: http://www.sdh-fact.com/review-article/1569/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Whye.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.282J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!5

2020年7月9日 木曜日

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)
茂木 弘道
その5 第4章 なぜ勝利の戦略が実現できなかったのか

第3章で、「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」に沿った戦いを進めれば、チャーチルがルーズベルト宛書簡(17年4月7日)で悲鳴を上げているように、日本の勝利は極めて現実的なものとなっていたのでした。
しかし、実際に行われた日本軍の作戦は、「腹案」に全く背いたものでした。ミッドウエー、ガダルカナル、ニューギニアと太平洋方面前方決戦に突入し、最も避けるべき消耗戦へのめり込んでいってしまったのでした。
ではなぜそうなってしまったのか。結論をいえば、もともと「腹案」にはあり得ない「真珠湾攻撃」が、余りにも大成功を収めたために、「勝利病」が海軍のみならず、陸軍にも影響を与え、本来の戦略から逸脱していってしまったということです。
17年の2-3月、第2段作戦の検討会において、陸軍は「腹案」にそった長期不敗の防衛体制を整えることを主張したのでしたが、海軍は敵の前進大拠点(オーストラリア)攻撃を主張するという対立が生じたのでした。結果として、「勝利病」蔓延の状況下で、妥協というより、海軍よりの路線が選択されてしまったというのが真相です。3月7日に決定した「今後採るべき作戦指導の大綱」がそれです。
こうして、太平洋前方決戦が行われていき、ガダルカナルで途方もない消耗戦に引き込まれることになります。そして発動直前であった勝利の決定打であるはずの、5号作戦、11号作戦が中止となり、勝利の可能性が消えていったのでした。
その根本原因は、陸軍と海軍の統帥権が分立していて、統合参謀本部が不在てあったところにあると考えています。「腹案」の実行を「命令する」部署が存在していなかったということです。天皇がいるではないか、という方がいるでしょうが、天皇は究極の権威ではありますが、具体的な実行命令者ではありませんでした。具体的な軍事の統合者=統合参謀総長の不在が致命傷でした。
いいかえれば、アメリカにはルーズベルト、イギリスにはチャーチル、ソ連にはスターリンという陸海軍を直接統帥し、政治権力も支配する独裁者が日本にはいなかったということです。天皇が独裁者であったなどというのは全く実態を知らない人の錯覚です。
日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater05.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.5.pdf

令和2年7月9日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018
Series No.5, Chapter 4: Why Japan Could Not Implement Master Plan

As I described in Chapter 3, had Japan adhered to the “the Master Plan,” Japan would have had a good chance of winning the war. I showed Churchill’s letter of April 15, 1942 addressed to Roosevelt in which he pointed out that the UK was facing a critical situation with Japan’s advance to Ceylon and India.
However, Japan took a very different course; starting with Pearl Harbor, followed by Midway, New Guinea, and Guadalcanal. The Pearl Harbor attack itself was a deviation from the Master Plan. But the dramatic success at Pearl Harbor spawned a “victory contagion”, which greatly affected not only the Navy but also the Army.
In February and March of 1942, a time when Phase 1 operations were proceeding smoothly, a heated debate was exchanged between Army and Navy staff officers concerning Phase 2 operations.
• The Army’s viewpoint: Bring about the downfall of England, which was the objective of operations in Western Asia. Use political strategy to achieve the surrender of China without outside help. Avoid launching major operations in outlying areas; instead, concentrate on strengthening occupied areas.
• The Navy’s viewpoint: Launch aggressive operations aimed at crushing the main strength of the US Navy and attacking the enemy’s advance bases. Attack Australia, an advance base.
On March 7, 1942, a liaison conference between Imperial General Headquarters and the Japanese government was held to adopt Phase 2 operation guidelines. The guidelines were a compromise between the Army and the Navy, but more along the lines of the Navy’s thinking. Consequently the Navy’s offensive operations in the Pacific were carried out. Both the Navy and the Army were bogged down at Guadalcanal.
Operations 5 and 11, key operations for victory, as Churchill so feared, were cancelled just before commencement.
I conclude that the basic reason for Japanese wartime failure was the split in supreme command authority between the Army and the Navy. In Japan, there was no overall commander of operations, but the Army and Navy chiefs of staff executed their respective operations anyway.
It is widely believed that the Emperor was a dictator, but this is not true at all. While the Emperor was the ultimate authority, he was not a director of operations, as Roosevelt, Churchill, Stalin, and so on were.
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1564/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.5.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.281J 韓国の詐欺的なNGOによって提起された慰安婦問題

2020年6月23日 火曜日

韓国の詐欺的な市民団体(NGO)によって提起された慰安婦問題

皆様ご存じのように、去る5月7日、慰安婦の象徴的存在である李容洙(イ・ヨンス)は記者会見で衝撃的な発言をしました。
1) 挺対協(現在正義連)は集めた寄付金をほとんど慰安婦のために使っていず、その代表者(尹美香)の私的目的のために使われている。
2) 自分の慰安婦時代の経験についての証言は、尹美香(ユン・ミヒャン)から言われたとおりにしたものである。
3) 自分は「性奴隷」ではない。尹美香に「私が性奴隷ではない」といったが、尹美香は「こう表現してこそ米国が怖がる」といって使わされた。
要するに、慰安婦問題の虚構性、そしてこの問題が特定団体のために利用されていたということを、内部告発したものです。アメリカ議会で証言を行った張本人が行った「内部告発」です。
慰安婦問題の虚構性をつとに指摘してきた「新しい歴史教科書をつくる会」と「国際歴史論戦研究所」は、連名でこの度の証言に関連して、強硬な意見書を国連人権理事会に送りました。

意見書日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Deceitful.pdf
意見書英文(国連に送付したもの):http://www.sdh-fact.com/CL/Deceitfule.pdf

「国連人権理事会」とその諸委員会が、今回暴露されたような虚偽を真実と仮定して、日本政府に対して慰安婦問題に対する反省と謝罪を迫ってきたという事実に対して、その謝罪と事実の見直しを迫ったものです。
国連の人権理事会並びに諸委員会は、MGOが提出する意見書に対して、まともな事実確認をすることなく、またそれに対する反論があるにもかかわらず、勧告を出すという傾向が顕著です。その問題性の見直し、改革を迫る画期的な意見書といえるものです。

令和2年6月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

A Deceitful Korean Citizens’ Group (NGO) and Comfort Women Issue

On May 7, 2020, Ms. LEE Yong-soo, spokesperson for the former comfort women stated the following at a press conference in Daegu, South Korea.
1) The donations collected by The Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan (KCWDMS) (now The Korean Council for Justice and Remembrance for the Issues of Military Sexual Slavery by Japan (KCJR)) were not used for former comfort women. Instead, the money was used primarily for Ms. YOON Mi-hyang’s personal expenses. Ms. YOON was the head of the group until this past March 2020.
2) Ms. YOON gave Ms. LEE instructions regarding her statements on her comfort woman days.
3) Ms. LEE was not a “sex slave.” Ms. LEE asked Ms. YOON Mi-hyang to not use the phrase “sex slave” but Ms. YOON made it a point of using the phrase at the UN because “the expression was effective in scaring America.”
This statement was made by the very symbol of former comfort women—Ms. LEE stated her experience as the comfort woman in the US House of Representatives. YOON Mi-hyang forced Ms. LEE to use the phrase “sex slave”. The comfort women story we have all heard of is in fact “fake news”.
The Japan Society for History Textbook, which has repeatedly demonstrated that the stories of the comfort women are not true, and the International Research Institute of Controversial Histories jointly submitted a statement to the UN Human Rights Council:

URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1555/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Deceitfule.pdf

The groups demanded the following:
・The matter of the KCJR (the former KCWDMS) must be vigorously investigated and resolved by the ROK Government and the findings reported to the UN Human Rights Council. The UN Human Rights Council must demand immediate action by the ROK Government.
・The accusations made by six human rights treaties-based bodies against Japan were based on the KCWDMS’s falsehoods and deceit. These bodies repeatedly issued misinformed recommendations to the Japanese government concerning the comfort women issue. We demand that the human rights treaties-based bodies thoroughly investigate the facts without reliance on the victims’ so-called testimonies and report their findings. A fact based investigation on this issue is most desirable.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.280J 皇統問題ー女子差別撤廃委員会への意見書

2020年6月18日 木曜日

皇統問題についての国連女子差別撤廃委員会への意見書

3月9日付で、国連の女子差別撤廃委員会から日本政府に「皇室典範について、現在は皇位継承から女性を除外するという決まりがあるが、女性の皇位継承が可能になることを想定した措置についての詳細を説明せよ。」という質問が送られてきました。日本の伝統と国家の主権にかかわる問題に内政干渉介するとんでもない質問です。
そもそも、これは日本の左派系NGOが女子差別撤廃委員会に出した意見書をもとにして出されたものです。いわば反日左翼が、国連を利用して日本の伝統破壊を行おうというたくらみに、国連が悪乗りしたよくあるケースです。
さすがに外務省もこれははねつけてはいますが、いつの間にか、国連のお墨付きを得たかのように左翼が悪宣伝するようになる恐れがあります。我々が「声」を挙げることが必要です。
この度、国際歴史論戦研究所の呼びかけにより二つの意見書が、国連の女子差別撤廃委員会に送られました。
一つは、「皇統(父系男子)を守る国民連合の会』(会長:葛城奈海)からのものです。
日本の皇室典範「皇位の男系男子継承」は古代伝承に基づく信仰であり、
女性差別として扱うことは「宗教の自由」への侵犯である
日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CEDAW1.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW1e.pdf
もう一つは、百地章日本大学名誉教授と「国際歴史論戦研究所」(所長:山下英次)連名のものです。
「男系男子による皇位の継承」は、わが国の2千年近い「皇室の伝統」にかかわる、純然たる国内問題であって、国際組織の管轄外にある
―国連女子差別撤廃委員会の日本政府に対する事前質問に答える―
日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/CEDAW2.pdf
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW2e.pdf
女子差別などと次元の違う国家の伝統と主権にかかわる問題に対する見当はずれな見解を真っ向から批判する卓論かと思います。こうした論を内外に発信していくことが必要ではないでしょうか。
令和2年6月18日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

“The succession of the Imperial Throne” in Japan
Response from two NGOs to the questions to Japanese Government
concerning the above mentioned issue

The Japanese government received a demand from the Committee on Elimination of Discrimination against Women, March 9, 2020, “Regarding the Imperial House Act, the provisions of which currently exclude women from succeeding to the royal throne, please provide details on the steps envisaged to enable female succession to the throne.” This is extraordiny, a demand that meddles in a matter of national tradition and infringes on the sovereignty of the Japanese state.
Actually this inquiry is based on Japanese leftist NGOs that are intent on imposing their ideology through the United Nations. At the same time, the Committee accepts this very biased ideological assertion without any investigation and submitted this demand in the ninth periodic report of Japan.
Against such demands, two Japanese NGO sent responded to the Committee on Elimination of Discrimination against Women.
One was from the People’s Alliance for Protection of Imperial Lineage by Paternal Male Succession to the Imperial Throne (PAPIL), Katsuragi Nami, Chairperson:
The Japanese Imperial House Act states that “succession to the throne by the paternal male” is handed down as tradition since ancient times and to regard this as discrimination against women is an infringement of our “freedom of religion.”
URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1547/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW1e.pdf
One other response was from Momochi Akira, Prof. Emeritus at Nihon University, with the International Research Institute of Controversial Histories:
“Succession to the Imperial Throne by paternal-lined male” is a purely domestic issue related to a nearly two thousand years old Imperial Family tradition and is totally outside the jurisdiction of any international organization.
URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/1551/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/CEDAW2e.pdf
These papers state that “discrimination against women” is a matter unrelated to “the succession of Imperial Throne” in Japan.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 1 of 3012345...102030...最後 »