‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.297J 鯨は国を助く5

2021年1月26日 火曜日

鯨(げい)は国を助く(小学館)
小泉 武夫 著
その5 第4章 反捕鯨国が捕鯨再開に反対する三つの理由

国際捕鯨委員会(IWC)で決めたモラトリアム(商業捕鯨の一時停止)は遅くとも1990年に見直すということになっていたのに、反捕鯨国の工作により、いまだに商業捕鯨再開のめどはたっていません。
反捕鯨国が捕鯨再開に反対する一番の理由は、牛肉や豚肉の輸出国の利益のためです。強力な反捕鯨国がアメリカ、オーストラリア、ニュー人ランドという世界最大の畜肉生産国であることを見れば明らかです。
二つ目の理由は、クジラは環境問題の象徴として政治的に利用されているということです。「けなげなクジラを食べるなんてかわいそう」という宣伝が、政治的に利用できるということです。アメリカはベトナム戦争での虐殺非難をかわす手段として、クジラを救えキャンペーンを行ったという事実を見ればわかります。
3つ目の理由は、人種差別的な思想が背景にありそうだということです。「動物愛護」「資源保護」に反するクジラ殺しをする日本人!というプロパガンダが、反捕鯨国でなされているということです。
しかし、動物愛護なら牛や豚を食べるのはよくてクジラはいけないなどということにはなりません。資源保護ということで言うと、今や捕鯨が禁止されているためにクジラの増えすぎのためにサンマ、タラ、イカなどをクジラが食べるようになり、これらの資源が大きく減少していることは前章で見た通りです。
地球環境から見て決定的なのは、クジラは極めてエネルギー効率の良い食べ物である、という事実です。次の式が成り立つのです。

*鯨肉1キロカロリーを得るのに燃料1キロカロリーを消費
*牛肉1キロカロリーを得るには、120キロの穀物を必要とする
その穀物(主に小麦)1キロカロリーを生産するためには、燃料10キロカロリーを
必要とする
*したがって、牛肉1キロカロリーを得るためには、120X10=1200キロカロリーが必要
*結論:クジラは牛の1200倍のエネルギー効率である。=環境にやさしい。

日本は人種偏見を乗り越え、なんとしても捕鯨を守っていくべきなのです。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Counting-4.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Counting-4e.pdf

令和3年1月26日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Counting the Blessing of Whales:
Insights from a Chopsticks-Wielding Patriot
Koizumi Takeo
Series No.5: Chapter 4
Three Reasons Anti-Whaling Nations Are Against The Resumption of Whaling

The moratorium (suspension) of commercial whaling adopted by the International Whaling Commission (IWC) had a rider that the suspension needed to be reviewed by 1990, at the latest—and this has been scrupulously ignored. The resumption of commercial whaling is nowhere in sight and there are several reasons for this.
One reason for this is the political-economic game that the anti-whaling countries–the US, Australia, and New Zealand–play, in that they are also major exporters of beef and pork. Their primary motivation is the sale of meat.
One other reason is that whales are a convenient symbol of all environmental issues. Whales are the biggest mammals on earth. They flip their tails, females signal to their offspring and swim long distances. When people see whales, they reflexively respond with: “Eating such nice creatures is cruel and pitiful!” Naturally this is used as propaganda by anti-whaling countries to signal their “commitment” to the environment. This tactic was in fact used by the US during the Vietnam War—to distract the rest of the world from the horrible atrocities committed by the US military against the Vietnamese people.
Lastly, racism plays a role in the objection to whaling. For example, Yamamoto Shichihei stated in his book, The Japanese and Americans:
Racist thinking, “Japanese → whale killer → bad people”, has now spread to children.
At the same time, why do “wildlife conservationists” turn a blind eye to the slaughter of cows and pigs but oppose whale hunting? As shown in Chapter 3, the recent whale hunting ban has led to a significant decline in walleye pollacks, Pacific sauries, and squid—all because there are more whales. Saving whales does nothing for “resource security”.
Eating whales, compared to beef, is more ecologically friendly. Consider the following:
*To obtain 1 kcal of whale: 1 kcal of fuel is needed.
*To obtain 1 kcal of beef: 120 kcal of grain is needed.
*To produce 1 kcal of grain (wheat): 10 kcal of fuel is needed.
Thus, to obtain 1 kcal of beef, 1200 kcal of fuel is needed: whale meat is 1,200 times more ecologically efficient than beef.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1637/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Counting-4e.pdf

We welcome questions.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.296J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!全

2020年12月8日 火曜日

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!
全篇(ハート出版)
茂木 弘道

79年前の昭和16年12月8日、日本は真珠湾攻撃によって、日本の生存を否認するABCD包囲網による経済封鎖という戦争行為に対して、反撃を開始しました。
まさしく追い込まれて、やむを得ず開戦したものですが、しかし、勝利の見込みもなく、ドイツ頼みで無謀な戦争に飛び込んだなどという通説は、全くの見当はずれです。
ほとんどの政府、軍の経済研究所が、戦争に対してきわめて悲観的な見通ししか打ち出していませんでした。しかし、有沢広巳東京大学助教授が主査をつとめる陸軍省戦争経済研究班、通称「秋丸機関」は、仮想敵国の経済戦力を分析し、弱点を把握し、我が方の経済戦力の自給度を見極めた攻防の戦略を打ち立てました。それをもとに、昭和16年11月15日、大本営政府連絡会議で採択された戦争のグランドデザインが、「対米英蘭蔣戦争終末促進に関する腹案」です。
この戦略に沿った戦いを進めれば、日本は勝利する極めて高い可能性があったことを本書では。シミュレーションによって証明しました。イギリスのチャーチル首相が、開戦2年目の1942年4月7日付でルーズベルトへの手紙で「今、日本がセイロン島と東部インドからさらに西部インドへ前進してくれば対抗できない。蒋介石ルート、ペルシャ湾経由の石油輸送ルートやソ連支援ルートが遮断される」と悲鳴を上げているのを見れば、いかにこの作戦が有効だったか理解することができましょう。
また、なぜそれが出来なかったのかについても考察しました。
是非お読みいただきたいと思います。
世界の常識とされている「こんな無謀な戦争を開戦に導いた責任ある人々は
無知であり、無分別であり、あるいはその両方であって、同時に、生来、邪悪な人々である。それはとりもなおさず、すべての点で日本は近代性の勝者というべきアメリカの全く正反対存在であるということである。」という差別的、侮蔑的な見方が全く間違っていることを世界に訴えるべく、英訳版が完成しましたので、近々、Kindle版、オン・ディマンド・ペーパーバックでの出版を行う予定です。

日本語原文:https://www.amazon.co.jp/dp/4802400713/
英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Japans-Master-Plan-for-Victory.pdf

令和2年12月8日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝
JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN (complete edition)
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018

History professor James B. Wood of Williams College sums up Western thinking regarding this topic in his book Japanese Military Strategy in the Pacific War: Was Defeat Inevitable?, stating:
“Why were the Japanese so crazy as to take on the United States?” or “How could a country with a GNP about that of Italy or Canada, expect to win?” or “Why should we expect anything else from a country with a feudal warrior code and culture, emperor worship, racial supremacy notions, and a total lack of sympathy or respect for her neighbors?” The implication is that those responsible for Japan’s path to war were ignorant or irrational, perhaps a blend of both, as well as basically evil — a perfectly other counterpoise to the victor of modernity in all respect, the United States.
However, the extremely dismissive view of Westerners has no basis. Japanese leaders were not at all “ignorant”.
On November 15, 1941, three weeks prior to the attack on Pearl Harbor, the Japanese government and Imperial General Headquarters held a liaison conference. Those present discussed the “Draft Proposal for the Promotion of the End of the War Against the United States, the United Kingdom, the Netherlands, and Chiang Kai-shek,” and decided on its execution. I consider this the “master plan”, a plan for victory, and I will lead readers though this with the aid of practical examples throughout my book.
Had Japanese military leaders stuck to this master plan, the outcome of the war would have been very different, an outcome that Winston Churchill feared in his April 15, 1942 letter to Franklin D. Roosevelt:
I must revert to the grave situation in the Indian Ocean … arising from the fact that the Japanese have felt able to detach nearly a third of their battle fleet and half their carriers, which force we are unable to match for several months. The consequences of this may easily be: (A) The loss of Ceylon. (B) Invasion of Eastern India with incalculable internal consequences to our whole war plan and including the loss of Calcutta and of all contact with the Chinese through Burma. But this is only the beginning. Until we are able to fight a fleet action there is no reason why the Japanese should not become the dominating factor in the Western Indian Ocean. This would result in the collapse of our whole position in the Middle East, not only because of the interruption to our convoys to the Middle East and India, but also because of the interruptions to the oil supplies from Abadan, without which we cannot maintain our position either at sea or on land in the Indian Ocean Area. Supplies to Russia via the Persian Gulf would also be cut. With so much of the weight of Japan thrown upon us we have more than we can bear.
The entire volume has been translated and will be soon be published as a Kindle Edition and as a print-on-demand book from Amazon.
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1630/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Japans-Master-Plan-for-Victory.pdf
MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.295J 金柄憲韓国歴史教科書研究所長野演説10.28

2020年11月30日 月曜日

金柄憲(韓国歴史教科書研究所所長)
「歪曲慰安婦像撤去」を訴える演説(ソウル江北区庁前、10月28日)

金柄憲所長は、「歪曲慰安婦像撤去」を訴える活動を続けておられます。今回は10月28日にソウル江北区庁前で行った演説をご紹介します。
「慰安婦が日本軍によって強制的に連れて行かれ日本軍の性奴隷で戦争犯罪被害者だ」というのは全くのウソで、そのウソを今もつき続けているのが、韓国政府の女性家族部であり、正義連であり、文在寅政権の集団であると糾弾しています。
そもそも、慰安婦、つまり売春婦という職業には17歳以上でなければつくことができず、厳格に規制されていたということです。ところが、韓国慰安婦の代表的な人たち金福童(キムボクドン)は、14歳の時に連れていかれといい、李容洙(イヨンス)は、14歳、15歳、16歳ところころ変わりますが、寝ていたら連れていかれたといい、吉元玉(キムオノク)は、13歳の時に連れていかれて慰安婦になったといっています。つまり、全部ウソということになります。
金所長は、こうした大ウソが韓国中に広まり、国民同士の葛藤と分裂が生まれ、そしてこのウソが日本に影響し、韓日関係を破綻させていると主張しています。
金所長は言います。
「憎悪と葛藤の象徴の慰安婦像」
「嘘と捏造の象徴であるこの慰安婦像」
これは必ず撤去されなければいけないと。

金柄憲所長演説日本語訳文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/kim.pdf
〃 英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/kim_e.pdf

令和2年11月30日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

KIM Byung-heon (Director of the Korean History Textbook Research Institute)
Address to call for the Removal of the Comfort Woman Statue of Falsification
(in front of the Gangbuk District Office on October 28)

November 30, 2020

Mr. KIM Byeong Heon, Representative of the Korean History Textbook Research Institute, has demanded the removal of the “comfort women statue” in Seoul.
He addressed his appeal on October 28, 2020, in front of the Gangbuk District Office as seen in the Youtube video above.
He states that the claim, “Comfort women are war crime victims who were forcibly taken by the Japanese army to be their sex slaves,” is a sheer lie, even if the Ministry of Gender Equality and Family, the Korean Council for Justice and Remembrance for the Issues of Military Sexual Slavery by Japan and those in the MOON Jae-in administration insist otherwise.
Basically, being a comfort women or prostitute is not allowed without legal authorization. For example, the law stated that women needed to be 17 years of age or older.
However, Korean comfort women figureheads tell conflicting stories. KIM Bok-dong said she was taken away at age of 14 to become a comfort woman. LEE Yong-soo claimed that she was taken away by Japanese army at age of either 14, or 15, or 16. KILL Won-wok said she was taken away at the age of 13. These testimonies clearly show that they are lying.
Mr. KIM says that the reason why he is making a statement here is that these lies fill the entire ROK, causing conflict and division among the Korean people. The lie forces Japan to break their relationship with South Korea.
He emphatically states:
“the comfort woman statue symbolizing hatred and conflict”,
“this comfort woman statue symbolizing lies and fabrication”
must definitely be removed.

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1627
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/kim_e.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.294J 南京事件48人の証言

2020年11月24日 火曜日

『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)(全訳版)
阿羅健一著

南京事件を解明する本は沢山出ておりますが、当時南京戦の現場にいた人々の証言を大量に集めて整理した本といえば、阿羅健一氏のこの本に勝るものはありません。
ここにまとめられた証言者は、新聞記者22人、軍人19人、作家・画家等4人、外交官2人、僧侶1人の計48人です。
これらの証言を組み立てていくと、当時の南京の様子が浮かび上がってきます。貴重な情報です。率直に内容を検討していけば、言われているような大虐殺など起こりようがなっかことが明らかになることでしょう。ぜひお確かめください。
このニュースレターで英訳シリーズとして連載してきましたが、全篇をまとめたものが添付のものです。
日本語原本: https://amzn.to/2Hhdk2D
英訳全訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing.pdf
近々、これをkindle版、そしてオン・ディマンド・ペーパーバック版をアマゾンより出版いたします。
海外には下記の通り発信しました。
令和10年11月24日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

The Nanjing Incident: Japanese Eyewitness Accounts
-Testimony from 48 Japanese Who Were There-
By Ara Ken’ichi

This book is highly significant in that it contains the words of military officials, journalists, diplomats and others who were in Nanjing in 1937. The so-called “Nanjing Incident” is a very controversy issue – even what to name it is controversial. The most obvious path to take to arrive at the facts is to listen to the people who were actually there that time. Therefore, Mr. Ara Ken’ichi adopted this approach for this book–the most forthright and honest from a journalistic perspective.
What did the Japanese do or did not do? What did they see? Was there anything that they saw that could be considered a massacre? After you read this book, you will see the truth.
This book will be published in kindle and on-demand-publishing from Amazon soon.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1622/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.293J 金柄憲韓国歴史教科書研究所長のオープンレター

2020年11月4日 水曜日

オープン・レター
「大韓民國國史敎科書硏究所/慰安婦法廢止國民行動」
ベルリン慰安婦像問題に対する声明

ベルリン中区にいわゆる「平和の像」とよばれる慰安婦銅像が9月28日に設置されました。日本政府の要望もあり、区長は設置承認をいったん取り消しましたが、その後現地市民団のコリア協議会の抵抗にあい、銅像の撤去は保留され、法院の判断に待つことになりました。
これに対して、多くの抗議が中区に対して寄せられていますが、このほど韓国の教育団体から、この「平和」という名前の慰安婦像は歴史的事実を歪曲した造形物である、という理由で撤去を要求するオープン・レターが区長宛に提出されていることが分かりました。
その原文のコピーと日本語訳とをご紹介いたします。
オープン・レター・コピー: http://www.sdh-fact.com/CL/Berlin_e.pdf
日本語訳: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Berlin.pdf
オープン・レターでは、
1. 日本軍は朝鮮女性を强制連行しなかった。
2. 慰安婦は日本軍性奴隸ではない。
3. 慰安婦は戰爭犯罪被害者ではない。
ということを、詳しく説明しています。
このいわゆる「平和の像」の問題は、親韓・親日の問題ではなく、何が歴史に真実かが問われている、ということをこのオープン・レターは問題提起しているわけです。
ベルリン中区長のStephan von Dassel 氏宛に、是非皆様も「平和の像」撤去要求を出してください。

Der Bezirksbürgermeister
Stephan von Dassel
bezirksbuergermeister@ba-mitte.berlin.de

令和2年11月4日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

OPEN LETTER
Our standpoint on the statue erected in Mitte Borough, Berlin
Korean History Textbook Research Institute

Mr. Byeong Heon Kim, Representative for the Korean History Textbook Research Institute, sent an open letter to Mr. Stephan von Dassel, mayor of Mitte Borough, Berlin, asking him to remove the so-called “Statue of Peace”, because the “Statue of Peace” is a symbol of gross distortion, a result of a combination of distorted facts and fabricated stories of the comfort women on the part of the Korean Council for Justice and Remembrance.
He explains the group’s reasoning in an open letter:
1. The Japanese army did not forcibly transport Korean women,
2. Comfort women are not sex slaves of the Japanese army, and
3. Comfort women are not victims of a war committed by the Japanese army.
Open Letter:
URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/1610/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Berlin_e.pdf
I would ask Mr. Stephen von Dassel to carefully read Mr. Kim’s open letter and make a sound judgement on the so-called “Statue of Peace”. This is not the matter of being either pro-Korea or Pro-Japan, but purely a matter of the “Truth” of the comfort women issue.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.292J 「軍艦島」(全)

2020年10月29日 木曜日

軍艦島―韓国に傷つけられた世界遺産(ハート出版)
松木 國俊

本書の英訳を10回に亘ってご紹介してきましたが、今回はその全編、すなわち全訳をご紹介します。

第1章 「軍艦島」の世界文化遺産登録
第2章 映画『軍艦島』の歴史歪曲
第3章 『軍艦島は地獄島』子供向け本
第4章 「軍艦島」で反日を煽る韓国マスコミ
第5章 日本発の「軍艦島は地獄」情報
第6章 朝鮮人虐待行為はなかった
第7章 「軍艦島から脱走」の真実
第8章 朝鮮人への差別はなかった
第9章 戦後歪曲された韓国の歴史
第10章 日本への憎悪を煽る「反日施設」
第11章 慰安婦像と徴用工像
第12章 日本企業に牙をむく韓国の司法
第13章 徴用工は「強制連行」ではない
第14章 ある朝鮮人徴用工の手記
第15章 自ら日本に渡ってきた朝鮮人
第16章 高額を稼いでいた朝鮮人労働者
第17章 「慰安婦強制連行」の虚構
第18章 補償問題は解決済

近々この全訳を、Kindle版、およびオン・ディマンド・ペーパーバック版でアマゾンより出版いたします。
日本語原本:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/gunkan0.pdf
英文全訳:http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjimaall.pdf
海外には下記の通り発信しました。
令和2年10月29日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

Gunkanjima (Battleship Island): A World Heritage Site Soiled by Korea
–Another distortion of history, akin to the “comfort women”
(Complete version)
By Matsuki Kunitoshi

The film Gunkanjima (Battleship Island) was first shown in Korea in August 2017, a work of fiction created to bash Japan and nothing else. Within a couple of weeks, around 6 million Koreans saw the film. The film was advertised in the US, for a week, with the help of the New York City Times Square billboard.
In the beginning of the film, “mobilized workers” and “comfort women” brought over from the Korean Peninsula were packed into windowless freight trains by Japanese soldiers–from the start, the film depicts a Japanese-style “holocaust” against Koreans, akin to the real German Holocaust against the Jews. In fact, there was absolutely nothing that this piece of fiction claims that occurred in Japan at that time—none whatsoever.
Moving to the end of the film, Korean “mobilized workers” and “comfort women” take up arms and overcome Japanese soldiers. The Koreans then escape to freedom from Gunkanjima by boat. This is really laughable, as at the time there were only two police officers in one koban on the entire island—there were no Japanese military. Koreans lies need to be exposed for what they are and Koreans need to be chided for lying.
The current book critically analyzes the film in light of historical facts and exposes the lies and the anti-Japanese propaganda that is a theme in Korean state-sponsored museums and other facilities.
This book will be published in kindle and on-demand-publishing from Amazon soon.
URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1608/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjimaall.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.291J 鯨は国を助く4

2020年10月28日 水曜日

鯨(げい)は国を助く(小学館)
小泉 武夫 著
その4 第3章 捕鯨をめぐる現実

1948年、国際捕鯨取締条約に基づき、鯨資源の保存及び捕鯨産業の秩序ある発展を図ることを目的として、国際捕鯨委員会(IWC)が、組織されました。
ところが、1960年ころから地球環境の保全や野生動物保護運動が盛んになってくると、この流れに乗って反捕鯨国の影響力が強まってきました。
アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリアなどは採算が合わなくなった捕鯨業から完全撤退し、IWCを地球環境保全活動の場にするようになってきたのです。
1972年に国連の主導による第1回国連環境会議が開かれ、アメリカ代表の提案が圧倒的多数を得て、商業捕鯨の10年間のモラトリアムが採択されました。
しかし、IWCで採択しない限り、このモラトリアムに拘束力はありません。IWC総会では、科学的正当性がない、という理由で否決されました。すると、アメリカを中心とした反捕鯨諸国は捕鯨とは全く関係のない国をIWCに加盟させ、多数派工作をを行い、1982年に10年間のモラトリアムが決定してしまいました。さらにこのモラトリアムは、1992年までにクジラ資源を調査して見直す予定だったのが科学的根拠のないままそのまま延長されているのです。
科学的な実態把握の目的で日本は1987年から調査捕鯨を行ってきました。その結果様々な事実が明らかとなりました。例えば、アメリカの反捕鯨派の生態学者であるシドニー・ホルトは1970年代に「南氷洋のミンククジラは約2万頭」と主張しこれがまかり通っていました。しかし、調査捕鯨の結果少なくとも76万頭がいることが明らかになりました。さらに、調査捕鯨でクジラの胃袋からサンマやタラなどが大量に確認され、クジラの増えすぎが、これらの小魚の大幅減少につながっていることもわかってきました。
実際には70万頭以上いるのに2万頭などという科学者(?)の主張に支配されているIWC は、もはやクジラの保全のための組織ではなく、非科学的なイデオロギーが支配する機関と化しているのが実態なのです。こんな迷信の強制によって、長い歴史を持つ日本の捕鯨産業が衰退させられるのを見過ごすことはできません。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Counting-3.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Counting-3e.pdf

令和2年10月28日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Counting the Blessing of Whales:
Insights from a Chopsticks-Wielding Patriot
Koizumi Takeo
Series No.4: Chapter 3 Realities in Relation to Whaling

International Whaling Commission (IWC) was founded under the International Convention for the Regulation of Whaling in 1948 for the purpose of determining whale quotas.
Global environmental conservation and wild animal protection came into being around 1960, which increased anti-whaling feelings worldwide. Countries such as the U.S., the U.K., the Netherlands and Australia completely withdrew from whaling as it ceased to be profitable. But they tried to influence IWC with this anti-whaling feeling.
In 1972, the first United Nations Conference on the Human Environment was held in Stockholm, wherein the U.S. proposal of a 10-year moratorium on commercial whaling was adopted by the UN Conference on the Human Environment.
However, this moratorium was not binding unless adopted by the IWC. The U.S. proposed a moratorium on commercial whaling in the IWC general assembly in 1973, which was rejected because it was “not scientifically justifiable.” Anti-whaling countries led by the U.S. then gradually implemented a more overt strategy, encouraging landlocked countries and countries that had nothing to do with whaling to join the IWC. In this way, the 10-year moratorium was enacted in 1982. While this moratorium was scheduled for review based on the latest science on whales by 1992, it has been extended and maintained to this day–the moratorium has no basis in science.
Japan conducted research whaling from 1987 to gain scientific whale biological data.
A lot of unknowns were made clear when data became available from the research. For example, in the 1970s, when accurate scientific research had yet to be conducted, an American anti-whaling ecologist, Sidney Holt, said that the population of minke whales in the Antarctic Ocean was about 20,000. But research confirmed that there were at least 760,000 minke whales. The stomachs of minke whales were examined and large volumes of walleye pollacks sauries were found. This implies that excess feeding by whales has caused the decline in coastal fishing in recent years.
The IWC, which is dominated by unscientific “scientist” like Sidney Holt, is not an organization that “provides for the proper conservation of whale stocks” but one that provides anti-whaling ideology.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1604/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Counting-3e.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.290J 今、なぜ台湾なのか

2020年10月23日 金曜日

今、なぜ台湾なのか
―台湾の今置かれている状況と世界から寄せられている期待―
杉原誠四郎(元城西大学教授)

7月23日のポンペオ国務長官の「共産党中国と自由政界の未来」と題する歴史的演説は、共産中国との決別を鮮明にしたものです。
こうした状況下で、台湾は今や大きな期待を世界から寄せられている存在となっています。特に、共産中国発の新型コロナウィルスに対して、中国政府情報に惑わされることなく、先手を取り、早々と対策を打ち、コロナ対策の世界一の優等生となったことは、台湾の民主主義体制が、共産中国に勝るだけでなく、世界をリードするものになってきていることを示すこととなりました。
このような前提に立ち本論文は、台湾に関して6つの提言を行っています。その要旨は、
(1) 台湾安全保障のためのアメリカとの安全保障条約の締結。
(2) 準国家扱いの台湾を事実上独立国と同じ主権を持つように見なすこと
(3) ポンペオの新しい民主主義国同盟結成の時の呼びかけに率先して呼応すること
(4) 全体主義国家中国とは存在していないかのような関係を呼びかけること
(5) 新しい国際同盟では、特定国に敵意を育む教育を禁止すること
(6) 李登輝元総統が主張したように台湾政府は尖閣は日本領と認めること
台湾とは関係のないことが出ているように思われるかもしれません。しかし、実は関係しています。本文をぜひお読みください。

日本語本文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Taiwan2020.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Taiwan2020_e.pdf

令和2年10月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Why Taiwan now—the situation of Taiwan today and global expectations toward Taiwan
By Sugihara Seishiro
Former professor, Josai University

This year, on July 23, United States Secretary of State Michael Pompeo made a historical speech regarding U.S.-China policy. He demanded China completely abandon its policy of hegemony.
Given the circumstances, the world is greatly expect Taiwan to rise. In the midst of the novel coronavirus pandemic, when the virus first struck Wuhan, China, without being deceived by the Chinese Government, Taiwan took prompt measures and prevented the spread of the virus. This shows that Taiwan’s democratic system is not only superior to Communist China’s regime but also ahead of the rest of the world.
On this premise, Prof. Sugihara made six suggestions to the people of Taiwan:
1) In order to consolidate national security of Taiwan, Taiwan should conclude a security pact with the US;
2) Taiwan should ask countries of the world to recognize Taiwan as a “quasi-state” and that, as such, Taiwan possess the same sovereignty as independent nations;
3) We want the people of Taiwan to be the initiator of Pompeo’s idea of a new group of like-minded nations, a new democratic alliance;
4) Until China changes from an authoritarian state to a democracy, we want Taiwan to persist in demanding the rest of the world to cut its ties with China, have nothing to do with China, politically, economically and culturally–as if China disappeared from the face of the earth;
5) At a new, reformed United Nations, as a symbol of human progress and as nations of the 21st century, it should be resolved that hostile propaganda against specific nations be prohibited;
6) Former Taiwanese President Lee Teng-hui, who just recently passed away on July 30, reportedly stated, in official capacity, that the Senkaku Islands are Japanese territory. We want the Government of Taiwan to back Japan’s assertion that the Senkaku Islands belong to Japan.

URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/1601/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Taiwan2020_e.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.289J Kindle, オンデマンド2

2020年10月16日 金曜日

「史実を世界に発信する会」 英訳書を
Kindle、オン・ディマンド(ペーパーバック)で2点刊行

『大東亜戦争で日本はいかに変えたか』(加瀬英明)、『通州事件 目撃者の証言』(藤岡信勝)の英訳版に引き続き、新たに下記2点を Kindle、オンデマンド(ペーパーバック)でAmazon より刊行しました。」
令和2年10月16日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
<回覧大歓迎>

原著:『戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのだ』(茂木弘道)
How China Started the Second Sino-Japanese War:
Why Should Japan Apologize to China?
¥531
https://www.amazon.co.jp/dp/B08F2DMBHH/

<オンデマンド・ペーパーバック> ¥880

原著:『中国ガン:台湾人医師の処方箋』(林建良)
The China Cancer: A Taiwanese Physician’s Remedy
<Kindle> \524

<オンデマンド・ペーパーバック> \1,518

SDHF Newsletter No.288J 大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!6

2020年9月23日 水曜日

大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!(ハート出版)
茂木 弘道
その6 第5章 秋丸機関と歴史の偽造

「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」(以後「腹案」)に沿った戦いを進めれば、日本の勝利は極めて高い可能性があったことを第3章で詳しく説明しました。
イギリスのチャーチル首相が、開戦2年目の1942年4月7日付でルーズベルトへの手紙で「今、日本がセイロン島と東部インドからさらに西部インドへ前進してくれば対抗できない。蒋介石ルート、ペルシャ湾経由の石油輸送ルートやソ連支援ルートが遮断される」と悲鳴を上げているのを見れば、いかにこの作戦が有効だったか理解することができましょう。
なぜこの勝利の戦略が実行されなかったのかについて第4章でいろいろな角度から検討いたしました。
いずれにしても、日本は決して自国の力、世界情勢に盲目だったために無謀な戦争に飛び込んでいったのではない、ということは十分に理解いただいたことと思います。
ところが、戦後日本に勝利の戦略があったなどということは、全く論じられないできました。軍閥が、世界の情勢もわきまえずに、無謀な侵略戦争を起こした、という歴史観が支配してきたからです。
「腹案」のもとになった、秋丸機関の主査の有沢広巳が作成した「英米合作経済抗戦力調査―其1」は、その存在が抹消されていました。さらに、当の作成者である有沢広巳自身が、1956年に雑誌『エコノミスト』に「支離滅裂の秋丸機関」という回顧録を書き、その中で、提出した報告が国策に反するということで、報告書はすべて焼却させられた、と書いたのです。すべて報告書はなくなっている(はずである)ことをいいことに、全く反対のことを言っているのです。つまり、戦後の風潮に便乗して、秋丸機関は無謀な戦争を止めさせる報告書を出した、という大ウソをぬけぬけと書いたのです。
すると秋丸機関の責任者であった秋丸次郎(元中佐)も、1979年に回顧録『朗風自伝』で、同じようなことを書いているのです。
1988年に有沢は死去しました。すると、なくなっていたはずの「英米合作経済抗戦力調査―其1」が残された文書の中に存在していたのです。家族にの人は、そのようないわくのある文書とは知らず、これを東大経済学部図書館に寄贈したのです。かくして、有沢、秋丸の言っていたことは全くの虚偽であることが明らかになった、いやなる筈だったのです。
ところが驚いたことにこれを正しく読んで偽造された歴史を書き換える歴史学者、経済学者が出てきたかというと、実際は全く逆で、相変わらず、有沢、秋丸のウソが歴史学界の主流ではまかり通っています。これを根底からただしたのが『日米開戦 陸軍の勝算「秋丸機関」の最終報告書』(林千勝著)(祥伝社)です。この問題について本書ではさらなる考察を加えています。

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Greater06.pdf
英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.6.pdf

令和2年9月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

JAPAN’S MASTER PLAN FOR VICTORY:
WHAT COULD HAVE BEEN
By Moteki Hiromichi
Heart Publishers, Tokyo, 2018
Series No.6, Chapter 5: The Akimaru Unit and the Falsification of History

As I described in Chapter 3, had Japan adhered to “the Master Plan,” Japan might have had a good chance of winning the war. Churchill sent a letter addressed to Roosevelt, April 15, 1942, in which he wrote the following:
Until we are able to fight a fleet action there is no reason why the Japanese should not become the dominating factor in the Western Indian Ocean. This would result in the collapse of our whole position in the Middle East, not only because of the interruption to our convoys to the Middle East and India, but also because of the interruptions to the oil supplies from Abadan, without which we cannot maintain our position either at sea or on land in the Indian Ocean Area. Supplies to Russia via the Persian Gulf would also be cut. With so much of the weight of Japan thrown upon us we have more than we can bear.
This clearly demonstrates how much Churchill feared Operation 11 (the Indian Ocean Operation).
In Chapter 4, I explained why this effective operation was not conducted, even though Japan was fully capable of executing this operation.
After the war, the fact that Japan had a Master Plan for Victory has not been openly discussed in Japan, since the dominate view of the war is that militarist set off on a reckless war without even gathering global intelligence.
There is more to this line of thinking. Prof. Arisawa Hiromi, the very person who produced “Survey of US-UK Allied Economic War Potential”, which was the basis of the Master Plan of Victory, wrote a piece of fiction in the monthly magazine Economist in 1956. He said that his Survey was expunged by Sugiyama Hajime, chief of Army General Staff, because the Survey suggested not to start a war, considering the huge power differential between Japan and the US-UK axis. As explained in Chapter 3, this was contradicted to what was proposed in the Survey. However, Arisawa could say this since the Survey reports were supposedly expunged. Former Lieutenant Colonel Akimaru Jiro, chief of the Akimaru Agency, followed suit. They went along with the postwar flow by showing how pacifist they were.
Ariswa died in 1988 and his books and papers were donated to Library of the Tokyo University Department of Economics by his family. The Survey report was found in his papers. It should have been stated that Arisawa’s and Akimaru’s stories were contrary to the facts. But strangely enough, their fake stories were instead amplified by elitist historians.
Hayashi Chikatsu, an independent researcher who published Outbreak of War Between Japan and the US: Japanese Army’s Chances of Success: Akimaru Agency’s Final Report in 2015, thoroughly reviewed the Survey.
My book is very much based on Hayashi’s findings regarding this issue.

URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1590/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Greater-East-Asian-War-No.6.pdf

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 1 of 3012345...102030...最後 »