‘ニュースレター’ カテゴリーのアーカイブ

SDHF Newsletter No.166J 国連特別報告者デヴィット・ケイ教授の「暫定報告書」に「学者グループ」が意見書提出

2017年5月4日 木曜日

国連特別報告者デヴィット・ケイ教授の
「暫定報告書」に「学者グループ」が意見書提出

 国連特別報告者に指名されたデヴィト・ケイ教授は昨年4月19日に日本の外国人特派員協会で記者会見をし、「暫定報告書」を発表しました。
    http://www.sdh-fact.com/CL/open05.pdf

 全く事実に反した認識を基に書かれている、この暫定報告書は、第二のクマラスワミ報告となりかねない危険性があります。2月23日付の Newsletter No.159J でお知らせしましたように、「放送法遵守を求める視聴者の会」では、1月15日にこれに対する反論の意見書をオープンレターとしてデヴィト・ケイ教授に送付しています。
    http://www.sdh-fact.com/CL/open01.pdf
    http://www.sdh-fact.com/CL/open02.pdf

「慰安婦の真実 国民運動」は、2月20日に英文意見書をデヴィト・ケイ教授ならびに8名の国連高等弁務官、5名の国連人権理事会理事長・副理事長あてに発送しました。
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/David.pdf
   (英文)http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Letter-to-Prof.-David-Kate.pdf
 5月2日には、「不当な日本批判を正す学者の会」(会長:田中英道、東北大学名誉教授、事務局長:山下英次、大阪市立大学名誉教授)が日本プレスセンターで記者会見をし、暫定報告書に対する批判として、学者グループの意見書およびゼイード・ビン・アーラッド・フセイン国連人権高等弁務官宛の書簡を発表しました。

1、 暫定報告に関する日本人学者の声明
日本語:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/2017-05-02-1.pdf
英文:http://www.sdh-fact.com/CL/2017-05-02-Statement-on-UN-D.-Kaye.pdf
 
2、 暫定報告に関した国連高等弁務官宛て日本人学者の公開書簡 
日本文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/2017-05-02-2.pdf
英文:http://www.sdh-fact.com/CL/2017-05-02-Open-Letter-to-UNHCHR.pdf

平成29年5月4日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

Japanese Academics Express Serious Concerns Regarding the “Preliminary Observations by the UN Special Rapporteur on the Right to Freedom of Opinion and Expression”

As reported in our previous newsletter, Newsletter No.159, Professor David Kaye, United Nations Special Rapporteur, issued a “Preliminary Observations on the Right to Freedom of Opinion and Expression” at a press conference held on April 16, 2016 in Tokyo.
http://www.sdh-fact.com/CL/open04.pdf

The Preliminary Observations contained numerous serious errors, and these errors could be perpetuated as truths should the report be finalized in its current form.
On January 25, 2017, ‘Viewers and Listeners for Legal Compliance in Broadcasting’ sent an “Open Letter” to Prof. Kaye.
 http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Letter-to-Prof-Kaye.pdf
http://www.sdh-fact.com/CL/Statement-on-the-Reporters-Without-Borders-World-Press-Freedom-Index-and-on-Special-UN-Rapporteur-David-Kaye.pdf On February 20, 2017, the ‘Alliance for Truth about Comfort Women,’ which is comprised of 15 private organizations, also sent an open letter to Professor Kaye, with carbon copies to the UN High Commissioners for Human Rights and President of the Human Rights Council:
  URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/920/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Letter-to-Prof.-David-Kate.pdf

On May 2, 2017, the “Academic Alliance for Correcting Groundless Criticisms of Japan” (AACGCJ) held a press conference at the Press Center in Tokyo to admonish the “Preliminary Report” by David Kaye.
Two documents were distributed at the conference:

1. Japanese Academics’ Statement on the Preliminary Report
  URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/945/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2017-05-02-Statement-on-UN-D.-Kaye.pdf
2. Japanese Academics’ Open Letter to the United Nations High Commissioner
URL: http://www.sdh-fact.com/opinion-article/947/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/2017-05-02-Open-Letter-to-UNHCHR.pdf
Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.165J 新しい歴史教科書ーその1(序章)

2017年5月1日 月曜日

『新しい歴史教科書』(新版・中学社会)(自由社)
英訳シリーズ その1-序章「歴史のとらえ方」

 「新しい歴史教科書をつくる会」が製作し「自由社」から出版した中学校向け歴史教科書は、一昨年の採択においては、いろいろ事情があり、極めて限られた学校での採択でした。しかし、これは一般国民に支持されなかったということを意味しているわけではありません。これまでの慣行、日教組の影響力、ことなかれになりがちな教育委員会が採択しなかったわけですが、市販本は非常に反響が良く、すでに1万部以上を販売しているということです。言ってみれば、「国民」による採択はきわめて順調といってよいかと思います。
 この教科書が、決して一部の人たちが言うような偏向したものではなく、世界に向けて堂々と紹介できるものであることを示す意味でも、英訳版を出そうということになりました。つくる会・自由社のご了解をいただきまして、「史実を世界に発信する会」 より、英文発信していくことになりました。
 ご覧いただきますように、各ページ対訳方式を取っております。図表・それに準ずるものは英訳をしておりません。コラムは訳しております。
 対訳方式ですので、英語に関心のある日本人向けにもお使いいただけるかと思います。原則として一章ごとに掲載していく予定ですが、量的に多くなる場合には、二回に分けて掲載することもあるかと思います。

対訳版:http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Introduction%20E%20version1.pdf

平成29年5月1日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
http://hassin.org

New History Textbook for Middle School Students
Series No.1, Introduction: Understanding History

The Japanese Society for History Textbook Reform was founded in December 1996 to promote middle school history textbooks that are free from a biased view of history. The formation of this group was due to the appearance of so-called “comfort women” in middle school textbooks, undoubtedly influenced by Yoshida Seiji’s tales of kidnapping in his book titled “My War Crime” and by a leading Japanese newspaper, Asahi Shimbun, which published many articles based on his book.
It is unimaginable that the Japanese military kidnapped women and force them to have sex with soldiers. A number of people have investigated the facts concerning comfort stations found in overseas battle zone. The comfort stations were similar to lawfully operated brothels prevalent throughout Japan at the time. In other words, they were businesses, and the women commonly received an income much higher than that of domestic prostitutes. No forced mobilization by the military or coercion to perform sex was ever recorded.
The group requested that the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology remove the errors from textbooks, but the Ministry did not take action. So the group produced and published their own textbook. In April 2001, the first edition of “New History Textbook” was authorized by the Education Ministry for use as a formal middle school textbook.
The mass media, especially overseas media, smeared the textbook as having a “nationalistic view.” However, nationalism itself is nothing to be ashamed of. We believe that the “New History Textbook” reflects positive nationalism. Please read the textbook and see for yourself.
We will introduce the textbook chapter-by-chapter as a series with this Newsletter. The textbook we will introduce is the fourth edition published in 2016.
Photo captions and graph legends will not be translated. Japanese, Chinese, Korean names are written surname first according to customs of these countries.
    
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/942/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Introduction%20E%20version1.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.164J大東亜戦争で日本いかに世界を変えたか

2017年4月24日 月曜日

『大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか』
加瀬英明著・KKベストセラーズ社刊

 日本はなぜ対米戦争を戦ったのか?
 終戦70年をめぐり、相変わらず侵略であったのか、日本はどう反省すべきであったのか、といったことが大真面目で議論されていました。
 しかし、あの大戦争は世界史的な視野の下で、日本の置かれた状況、開戦に至った事情、理由、そしてその果たした役割、といったものを広く検討していかないとその本質を理解することはできないのです。
 加瀬英明氏(本会会長)は、このような視点から「大東亜戦争」が実は世界を大きく変える歴史的な快挙(一言で言えば、人種差別撤廃に向けた巨大な前進)を成し遂げたことを本書で解明しております。
 
 日本語版:https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%8B-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8A%A0%E7%80%AC-%E8%8B%B1%E6%98%8E/dp/4584124752#reader_4584124752

英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/The-Greater-East-Asian-War-by-Kase.pdf
 英文は、下記の通り、英文Newsletter で海外に発信しました。

平成29年4月24日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
http://hassin.org

The Greater East Asian War: How Japan Changed The World
By Kase Hideaki
(Published by KK Bestseller in Japanese, 2015)

The Greater East Asian War (the so-called Pacific War) is generally perceived as Japan’s “war of aggression”.
Mr. Kase, Chairman of Society for the Dissemination of Historical Fact, presents in this book a completely different, diametrically opposite view—that the war broke down the long entrenched Western global colonial system and played a key role in promoting racial equality around the world.
The usual, knee-jerk “revisionist” label will be cast concerning this point of view. The term “revisionist” has been frequently used by Marxists. German SDP reformist Eduard Bernstein was accused of being a “revisionist” by orthodox Marxists—with their doctrine entirely collapsing with the fall of the Soviet Union. It is bizarre that “revisionist,” a dogmatic, Marxist term, is still used today to label non-orthodox historical views.
The 31st President of the US, Herbert Hoover, wrote a great work over a period of 20 years, Freedom Betrayed (Hoover Institution Press, Stanford University, 2011). In this book, Hoover stated: “I said that the whole Japanese war was a madman’s [FDR] desire to get into war. He [General MacArthur] agreed.” (p. 833) So should former US President Hoover be accused of being a “revisionist”?
“Revisionist” or not, he nonetheless corrects the outrageously distorted prevailing historical view. The “revisionist” historian is a methodical historian.
This is English translation of Mr. Kase’s book 「大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか」(Daitoa-sensou de Nihon ha ikani Sekai wo kaetaka) published in Japanese by KK Bestseller in 2015.
    
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/939/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/The-Greater-East-Asian-War-by-Kase.pdf
Author profile: http://www.sdh-fact.com/auther/kase-hideaki/

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.163J 戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのだ!

2017年4月18日 火曜日

『戦争を仕掛けた中国になぜ謝らなければならないのだ!
― 「日中戦争」は中国が起こした ―』(自由社)
茂木弘道著

 アメリカとの戦争については、アメリカが仕掛けたと考える人が増えておりますが、日中戦争については、中国の大陸に入っていって戦ったのだから、侵略戦争に決まっている、と思い込んでいる人が圧倒的に多いようです。
 そのため、「侵略者日本」ということが中国政府の日本に対する「歴史の切り札」として使われています。靖国、歴史認識の押し付け、尖閣の領有権主張などはその最たるものです。
 しかし、中国の中で戦いがあったからといって、日本が侵略していた証拠には必ずしもなりません。現在日米安保条約によってアメリカ軍が日本に駐屯しています。もし、日本の自衛隊が何かの口実を付けて一方的にアメリカ軍に攻撃をかけ、「日本国内で」戦闘が始まったとします。日本国内ですが、国際法的に言えば、侵略者は日本です。
 戦前中国で起こっていたのは、これに類似したことだったのです。
 義和団の事件の後の北京議定書により、英米日など8カ国は、居留民保護のために駐兵権が認められました。5千6百名の支那駐屯軍は、この条約に基づき、「合法的に」天津―北京間に駐屯していました。これが一方的に攻撃されて、それに反撃して北支事変が起こりました。一方的な中国軍の攻撃から始まったことは、事件勃発から4日後の現地停戦協定第1項に「第29軍代表は日本軍に遺憾の意を表し、かつ責任者を処分し」と書かれているので明白です。29軍は、北支に展開する中国軍でした。
 本格戦争に発展した上海事変については、反日的であったニューヨーク・タイムズが次のように書いています。
「上海の戦闘に関する限り、証拠が示している事実は一つしかない。日本軍は上海での戦闘を繰り返すことを望んでおらず…事態の悪化を防ぐために出来る限りのことをした。だが日本軍は中国軍によって文字通り衝突へと無理やり追い込まれてしまったのである。」
 日本軍とは上海の租界の日本人居留民3万を守るために合法的に駐屯していた4千2百の海軍陸戦隊のことです。
 このように、全面戦争を仕掛けてきて本格戦争に日本軍を引きずり込んだのは中国軍でした。したがって、中国内の戦闘でしたが、侵略者は中国でした。
 こうした事実を、満州事変から、盧溝橋事件、通州事件、上海事変、南京事件、そしてその後の和平工作、日本軍の占領地対策などについて、資料に基づき、その実態を明らかにしようとしたものが本書です。

日本語書籍:https://www.amazon.co.jp/dp/4915237885?tag=shijituwo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4915237885&adid=003B8BK68VYXFTKQM2ES&
英訳版 http://www.sdh-fact.com/CL/How-China-Started-the-Second-SinoJapanese-War-Whole.pdf

平成29年4月18日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
http://hassin.org

How China Started the Second Sino-Japanese War:
Why Should Japan Apologize to China?(Jiyu-sha)
By Moteki Hiromichi

The conventional wisdom, even in Japan, is that Japan is guilty of waging an “aggressive” war against China. Many people will state: “Is that not common knowledge? The Japanese Army invaded continental China and waged war. Surely that constitutes a war of aggression.”
Let’s imagine the following scenario. What if the Japan Self-Defense Forces launched an unprovoked attack on American military units, which are stationed in Japan in accordance with the provisions of the US-Japan Security Treaty, and a war broke out as a result on Japanese territory? Since the fighting takes place in Japan, does that mean that the US Army is undeniably the aggressor? No matter how distasteful a person might find the US military presence to be, under international law, in this scenario, Japan would be deemed the aggressor.
Therefore, the most important question we ought to be asking is not “Where did the Second Sino-Japanese War take place,” but rather “Who started the Second Sino-Japanese War?” The present work shall attempt to answer that question, and I hope to demonstrate to the reader that the reality is utterly contrary to the conventional wisdom.
This is the whole translation of a book Naze sennsou wo shikaketa chuugoku ni ayamaranakereba naranainoda!(in Japanese) (by Moteki Hiromichi, Jiyu-sha, Tokyo, 2015).
  
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/937/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/How-China-Started-the-Second-SinoJapanese-War-Whole.pdf
Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.162J 南京虐殺記念日制定に対する反対意見書

2017年4月10日 月曜日

Bill 79「南京虐殺記念日」制定に対する反対意見書
シャロン・アイザック 

 カナダのオンタリオ州では、中国系の議員がBill 79「南京虐殺記念日」を制定する法案を提出し、審議が行われています。
 この法案審議に対してJCCC日系文化会館を中心に反対署名活動が行われております。
日系カナダ人のシャロン・アイザックさんは2月15日に、歴史歪曲を全面的に批判する意見書を議長並びに州議会議員全員 に送りました。さらに4月3日には、トロントの高校生に洗脳に等しい教育を行ってよいのか、プロパガンダの対象にしてしまうことがこのカナダで許されることなのか、という痛烈な抗議の意見書を提出しました。
4月3日の意見書には2月15日に意見書が、添付されていますので両方に意見書を読むことができますので、皆様にご案内します。
英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/Hon-Shafiq-Qaadri57065710.pdf
日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/79.pdf

日本からも抗議の手紙・メールなども送れますので下記をご覧ください。
      http://nadesiko-action.org/?p=11084

平成29年4月10日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

Letter Opposed to Proposed Bill 79, Nanjing Massacre Commemorative Day Act,
by Sharon Isac

Bill 79, Nanjing Commemorative Day Act, is now under deliberation in the Standing Committee on Justice Policy of the Parliament of Ontario, Canada.
Ms. Sharon Isac, an Ontario resident, submitted a letter denouncing the proposed bill, decrying its unfairness, citing numerous historical facts in support of her opposition. The following is her letter, sent April 3, with an attachment of her first letter, sent February 15.
URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/933/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Hon-Shafiq-Qaadri57065710.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.161J 通州事件:目撃者の証言

2017年4月7日 金曜日

『通州事件:目撃者の証言』(自由社ブックレット)
藤岡信勝編著

 Newsletter No.147J でユネスコ記憶遺産に登録申請した資料の一つ「佐々木テンの証言」をご紹介しました。
   http://hassin.org/01/wp-content/uploads/sasaki.pdf

 この証言は、もともと浄土真宗本願寺派因通寺16世住職であった調(しらべ)寛雅氏が西本願寺別府別院で講話をしたときに熱心に通ってこられた佐々木さんから話を直接聞いて、『天皇様が泣いてござった』(教育社)という本に載せたものです。
 藤岡信勝教授が、調寛雅氏の本との出会い、本の意義などについた解説をし、さらに調寛雅氏の本の中の文章を加えて編集したものが本書です。内容は次の通りとなっています。

 はじめに
 1、通州事件の真相を伝える校正日本人への贈り物
   ―調寛雅著『天皇様が泣いてござった』と佐々木テン証言の意義
     藤岡信勝
 2、通州事件の惨劇
   ―日本人皆殺しの地獄絵 調寛雅
 3、通州事件目撃者佐々木テンさんの証言
https://www.amazon.co.jp/dp/4915237931?tag=shijituwo-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4915237931&adid=13CKHFQEFTZB3PBAG4YC&

 海外には、下記の通り英文で発信しました。

平成29年4月7日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org

The Tongzhou Massacre:
Testimony of an Eyewitness
Edited & written by Fujioka Nobukatsu
Ms. SASAKI Ten’s testimony was introduced in SDHF Newsletter No.147 as material submitted to the UNESCO for Memory of the World Register for concerning the Tongzhou Massacre.
We would like to introduce the book (in the Japanese language), “The Tongzhou Massacre: Testimony of an Eyewitness,” by Professor Fujioka, which contains Ms. Sasaki’s Testimony and background information and an essay by Shirabe Kanga, a monk. It is in this book that Ms. Sasaki’s testimony was first published.
The contents of the book are:
Introduction by Fujioka Nobukatsu
(1) A Gift to Future Generations in Search of the Truth about the Tongzhou Massacre: The Significance of Shirabe Kanga’s Tears of the Emperor and the Testimony of Sasaki Ten – By Fujioka Nobukatsu
(2) The Tragedy of the Tongzhou Massacre – The Hellish Slaughter of Japanese Citizens – By Shirabe Kanga
(3) The Testimony of Ms. Sasaki Ten
(4) Postscript
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/930/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/The-Tongzhou-Massacre-by-Fujioka.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.160J スリランカの独立

2017年3月9日 木曜日

日本の参戦によりヨーロッパ植民地主義体制が崩壊し
その恩恵を受けた「スリランカの独立」
セナカ ウィーララトゥナ,弁護士(スリランカ)

 2月4日は、スリランカの独立記念日ですが、この日に向けて スリランカで弁護士をされているセナカ・ウイーララトゥナさんは、上記の趣旨の文章をLankawebに投稿しました。

http://www.lankaweb.com/news/items/2017/02/02/sri-lankas-independence-a-beneficiary-of-japans-entry-to-the-second-world-war-which-sealed-the-fate-of-european-colonialism-in-asia/

 インドのネルーが1930年代に、インドの英国から独立のはいつになるだろうか、と聞かれたときに「はるか先のことだ。おそらく1970年代になるだろう」と答えました。それが予想もできない1947年に独立し、48年にはビルマもセイロンも独立しました。
 その最も大きな力となったのは、日本がアジアのヨーロッパ勢を駆逐したことにあることは明らかですが、著者は「チャンドラ・ボース:インドのサムライ」(G.D.バクシ著)の中から次のような興味あるエピソードを書いております。
 アトリーがイギリスの首相の時にインドに独立を与えたのですが、アトリーがその後インドに来て独立時西ベンガルの知事代理をしていたチャクラボーティと会った時に、イギリスがインドを放棄した理由を聞かれて「インド国民軍将校裁判がきっかけで暴動、反乱が起きたこと」を第一の理由に挙げたといいます。
 さらに「ガンジーの影響はどの程度あったか」を聞いたところ minimal 、すなわち「ごくごくわずか」「もしくはほとんど全くない」と答えたとのことです。
 ご存知のようにインド国民軍は日本軍が育て、チャンドラ・ボース指揮の下、インパール作戦を日本軍とともに戦った軍です。これこそがインド独立の最大の要素であったと筆者は言っているわけです。

 セナカ論文の日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Senaka2.pdf

平成29年3月9日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝
Sri Lanka’s Independence: – a result of Japan’s entry in the Second World War, which sealed the fate of European Colonialism in Asia
–by Senaka Weeraratna
(Lankaweb, posted on February 2, 2017)

February 4 is Sri Lanka’s Independence Day. Sri Lankan Mr. Senaka Weerarantna, Attorney at Law, posted an essay as titled above in “Lankaweb” to commemorate this year’s Independence Day on February 2, 2017.
http://www.lankaweb.com/news/items/2017/02/02/sri-lankas-independence-a-beneficiary-of-japans-entry-to-the-second-world-war-which-sealed-the-fate-of-european-colonialism-in-asia/ Indian Prime Minister Jawaharlal Nehru was asked in the 1930s to name the date that India would win its independence from Britain. He replied that it would probably be in the late 1970s, i.e. long after their time. The fact that India its gained freedom in 1947, much sooner than Nehru thought possible, and Burma and Ceylon thereafter in 1948, was largely due to Japan’s fight to erase European power from Asia.
Mr. Weerarantna mentions an interesting episode from Bose: An Indian Samurai, written by G.D. Bakaki.
When former British Prime Minister Attlee visited Ceylon in 1956, he had a conversation with P.B. Chakraborty, acting Governor of West Bengal, who wrote: “My direct question to Attlee was that since Gandhi’s Quit India Movement had tapered off quite some time ago and in 1947 no such new compelling situation had arisen that would necessitate a hasty British departure, why did they had to leave?”
Attlee’s reply was that he feared Indian mutiny inspired by the trial of Indian National Army officers’ at Red Fort. The INA, fostered by Japanese Army, was led by Subbas Chnadra Bose and fought the battle of Imphal together with Japanese Army. He further stated that the extent of Gandhi’s influence upon British decision to leave India was “minimal”.
URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/924/
  PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Sri-Lanka-Independence.pdf

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.159J デヴィット・ケイの「予備的報告書」への意見

2017年2月23日 木曜日

国連特別報告者デヴィット・ケイ教授の
「予備的報告書」に「慰安婦の真実 国民運動」が意見書提出

 国連特別報告者に指名されたデヴィト・ケイ教授は昨年4月19日に日本の外国人特派員協会で記者会見をし、「予備的報告書」を発表しました。
    http://www.sdh-fact.com/CL/open05.pdf

 内容はみたとおり、ひどいもので日本の出版の自由は「広範な領域において、事態は甚だしくかつのっぴきならないほどに、悪い方向へ向かっているのではないかという深い、かつ見過ごしにできない懸念が生じているということを私は知りました。」と述べ、例えば「辛辣な質問をすることで有名なアナウンサーやコメンテーターが政府を非難した場合、局側が不快感を持ち、あるいは後難を恐れたために、長年勤めていた職を去らなければならなくなることがあるとのことです。」などと全く事実を無視したことを次々に述べています。
 慰安婦問題については、「第二次世界大戦中の「慰安婦」という犯罪」などと、とんでもない誤認を前提とした議論を展開しています。当時、売春は合法的であり、軍は強制など行っていませんので、まったく間違った認識です。教科書における扱いについても、まる慰安婦記述が政府による検定の圧力で外されていったかのような言ってみれば大ウソを書いています。
 こんなものが正規の国連特別報告として採用されると、第2のクマラスワミ報告となって、日本の名誉を傷つけ、そして日本政府を拘束することになります。
 すでに、「放送法遵守を求める視聴者の会」では、これに対する言論の自由という観点からの反論の意見書をオープンレターとしてデヴィト・ケイ教授に送付しています。
    http://www.sdh-fact.com/CL/open01.pdf
    http://www.sdh-fact.com/CL/open02.pdf

「慰安婦の真実 国民運動」は、このほど下記の意見書をまとめ、このうちの英文意見書をデヴィト・ケイ教授ならびに8名の国連高等弁務官、5名の国連人権理事会理事長・副理事長あてに21日に発送しました。会の幹事の一人としてご案内する次第です。
    http://hassin.org/01/wp-content/uploads/David.pdf
   (英文)http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Letter-to-Prof.-David-Kate.pdf 
平成29年2月23日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝

‘Alliance for Truth about Comfort Women’ Expresses Serious Concern
on the “Preliminary Observations by the UN Special Rapporteur
on the Right to Freedom of Opinion and Expression”

Professor David Kaye, United Nations Special Rapporteur, issued a “Preliminary Observations on the Right to Freedom of Opinion and Expression” at a press conference held on April 16, 2016 in Tokyo.
http://www.sdh-fact.com/CL/open04.pdf

The Preliminary Observations contained serious errors and many expressed concern that these errors would be perpetuated as truth if the report is finalized in its current form.
On January 25, 2017, ‘Viewers and Listeners for Legal Compliance in Broadcasting’ sent an “Open Letter” to Prof. Kaye.
 http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Letter-to-Prof-Kaye.pdf
http://www.sdh-fact.com/CL/Statement-on-the-Reporters-Without-Borders-World-Press-Freedom-Index-and-on-Special-UN-Rapporteur-David-Kaye.pdf

The ‘Alliance for Truth about Comfort Women,’ comprising of 15 private organizations, also sent an open letter expressing serious concerns regarding the entirely inaccurate content of the “Preliminary Observations”.
  URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/920/
  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Open-Letter-to-Prof.-David-Kate.pdf
We hope that the finalized report will contain facts and be free of the erroneous claims currently contained within the Preliminary Observation.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.158J 中国の尖閣領有権否定のもう一つの根拠

2017年2月16日 木曜日

中国の尖閣領有権否定のもう一つの根拠
日清戦争以前のイギリス・ドイツの地図に日本領となっている

中国の尖閣領有権の主張には一点の正統性も無いことはこれまで再三に亘って発信して
来ました。
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/senkaku1.pdf
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Senkaku-Incontrovertible.pdf
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Shimojo-Senkaku-Islandsj.pdf
http://hassin.org/01/wp-content/uploads/senkaku.pdf
何しろ、日本が領有するまでに、ただ一人の中国人も尖閣に上陸したことはありません。
又、清代の公文書(「大清会典」)には詳細な台湾の地図と付属諸島がしるされていますが、尖閣などどこにも出てこないのですから、話になりません。古い本の中に名前が出てきたからといって、そんなものは領有の根拠などになるはずもありません。本に載っていたことが領有の根拠になったら、世界中に大混乱が起こるでしょう。国際法に無知な国ならではのはなはだ程度の低い主張です。
さて、更に尖閣が中国領などでは全くなかった「決定的な」資料が出てきました。イギリスとドイツの日清戦争以前に発行された地図に明らかに台湾、中国ではなく、日本側の領土と記述されていたことが分かってきました。
 添付の資料 http://www.sankei.com/west/news/150624/wst1506240018-n1.htmlにに見る通りです。
 これは、前述した「大清会典」に台湾の付属諸島という記述が皆無であることと符合する、当然の記述です。中国は、様々なデタラメの理由を並べていますが、もっともそれらしき理由は、「日清戦争」で台湾とともに日本は尖閣を略奪した、というものです。しかし、これはイギリス、ドイツのこれらの地図によって木っ端微塵に粉砕されました。まともな国家であろうとするなら、中国はこれ以上尖閣領有妄論を主張すべきではありません。
 外務省出身の孫田亮は、尖閣は台湾に属していていたという論拠から、必ずしも日本の固有の領土とは言えない、などという妄論を言ってますが、その無知が改めて証明されました。
平成29年2月16日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道外

More Facts Repudiating China’s Claim to the Senkaku Islands:
English and German Maps Published before the Sino-Japanese War

We have published essays rejecting China’s claims to the Senkaku Islands a number of times in our Newsletter:
http://www.sdh-fact.com/CL/SENKAKU-Shimojo.pdf
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/77_S4.pdf
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/87_S4.pdf
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/79_S4.pdf

China’s claims are mostly ludicrous from the view point of modern international law. The only claim which is seemingly reasonable is that the Senkakus, as a part of Taiwan, was taken by Japan under the Treaty of Shimonoseki after the first Sino-Japanese War. But as shown by the essay mentioned above, “The Senkaku Islands constitute an Intrinsic Part of Japan,” http://www.sdh-fact.com/CL02_1/79_S4.pdf , the last version of the Qing Huidian (1889), the statutory encyclopedias of the imperial dynasty, contains a map of Taiwan and the islands attached to Taiwan, but none of the islands are the Senkakus. So, the Senkaku Islands have nothing to do with Taiwan.
Two maps were recently found to clearly show that the Senkaku Islands belonged to Japan before the first Sino-Japanese War (1894-95). One was the London Atlas, published in 1887 in Great Britain and the Handatlas, made in 1868 by German master cartographer Adolf Stieler.
URL: http://www.sdh-fact.com/essay-article/909/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Senkaku-Europe-Maps-.pdf

China must cease making absolutely ridiculous claims on the Senkaku Islands if she wants to be a normal member of the international community.

Questions are welcome.

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

SDHF Newsletter No.157J 中国政府の不当介入に抗議

2017年1月24日 火曜日

中国政府によるAPAへの不当介入に
「新しい歴史教科書をつくる会」抗議声明

 APAホテルが、いわゆる「南京大虐殺」を否定する書籍を客室に備え付けてていたことを中国外務省が非難しました。言論の自由のまったくない独裁国家が言論の自由が保障されている国に「言論統制」を迫るという、まさに滑稽極まりないブラック・ユーモアそのものです。
 APAは、これに対して「公式見解」で堂々と反論しました。
https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325
 また、多くの人々がこれに反発し、非難しましたが、「新しい歴史教科書をつくる会」は直ちにこれに対して下記の抗議声明を出しまし。
  http://hassin.org/01/wp-content/uploads/PROTEST.pdf
この抗議文の最後に、「8年間以上も放置し続けている「公開質問状」への返答をするよう、この際改めて要求する。」と述べていますが、「公開質問状」は、下記の通りです。 
日本文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/19_S1.pdf
  英文:http://www.sdh-fact.com/CL02_3/17_S1.pdf
  中文:http://www.sdh-fact.com/CL02_3/18_S1.pdf
なお、「史実を世界に発信する会」 では、南京事件については、書籍・論文等30点近くをサイトにアップロードしています。その主なものは下記の通りです。今や国際論戦を英文の文献根拠に基づいて戦える備えはできています。中国政府は、まともな議論によってこの問題の決着をつけるべきあります。
    http://www.sdh-fact.com/CL/List01.pdf
海外には下記の通り発信しました。
平成28年1月24日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

STATEMENT OF PROTEST REGARDING THE CHINESE GOVERNMENT’S INTERFERENCE WITH PRIVATE SPEECH ON THE “NANKING MASSACRE”

On January 17, the Chinese Ministry of Foreign Affairs attacked Japan’s APA Hotels for placing books that refute the so-called “Nanking Massacre” in its guest rooms. The Ministry insisted that, “some forces in Japan are still reluctant to look squarely at history,” and urged “the Japanese side to … educate its people with the right historical perspective, and win the trust of its Asian neighbors… with concrete actions.”
   It is the height of hypocrisy that a one-party dictatorship, with tight media controls, tries to lecture a liberal democracy on the issue of history based on free thinking discussion.
The APA group immediately issued a formal statement rebutting the Chinese demand:
https://www.apa.co.jp/newsrelease/8467
Many groups and individuals in Japan have spoken against this unconscionable Chinese demand, including the “Japan Society for History Textbook Reform,” which issued a strong statement of protest:
  URL:http://www.sdh-fact.com/essay-article/899/
PDF:http://www.sdh-fact.com/CL/PROTEST-AGAINST-INTERFERENCE-WITH-PRIVATE-SPEECH.pdf
The end of the statement states that “We would like to reaffirm at this time that the Chinese Ministry of Foreign Affairs, rather than attacking the actions of APA Hotels, should respond to the open letter of inquiry that they have been conspicuously ignoring for over eight years.” The open letter of inquiry is;
English:  http://www.sdh-fact.com/CL02_3/17_S1.pdf
Chinese:  http://www.sdh-fact.com/CL02_3/18_S1.pdf Japanese: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/19_S1.pdf
Over 30 English language books, articles and commentary on the so-called “Nanking Massacre” can be found at our website:
   http://www.sdh-fact.com/CL/List02.pdf

Questions are welcome.
MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact

ページ 1 of 1812345...10...最後 »